2021年05月31日

輪(りん)を編む

娘が小学校に入った年に買ってやったキッズMTB、目標は小学6年生まで完走する事だったけど、身長が伸びるのが想定外に早く明らかに乗りにくそうにしているので6年生の秋ごろに新しい自転車を買ってやった。
rwk001.jpg
高校まで完走して欲しいけど小径車通学が校則でNGな所がほとんどだそうで・・その時は親でも使えるようにちょっとオシャレな自転車をチョイス。そもそも大藪サイクルには普通のシティサイクルは置いてないのダ!

そしてオシャレでちょっとお高級な自転車は、車と同じで何でもかんでもオプション扱いなのでR
※写真に写っているカゴと泥除けも別売りオプション

ヘッドライトも付いていなかったけど、ライトは充電式のをたくさん持ってるから大丈夫・・・と思っていて、実際しばらくはそれで運用していたんだけど、充電式ライトもお高級な物しか持っておらず盗難リスクを考えると毎回付けたり外したり。そして出掛ける際に持って出るのを忘れたりと、なかなか不便だったので固定ライトと発電機(ハブダイナモ)を装着する事にした。

ハブダイナモ付きホイールも大藪サイクルで制作をお願いしていたんだけど、20インチリムの在庫を持っている取引先が無かったらしく、ゴメンナサイと。完成車の補修部品としてハブ・リム・スポークを取る事はできますけど、と提案もあったけど、それだと希望するシマノのハブダイナモが使えないので辞退させてもらった。

てな事を話していると、競技もメンテも常に全力ガチ勢の「ハヂメ」さんが「台湾から取れますよ」と、サクッと調達してくれた。※ハブは自分で調達した。
rwk002.jpg
リム4,700円、スポーク 1,680円、ハブ2,300円。合計8,680円
ハードルの高いスポーク長の計算はハヂメさんがしてくれたので、私はお膳立てされた部品を組み立てるだけ。ホイールの組み方なんてネットで調べればいくらでも見つかるし、何も特別な事はしておりません。


リムはバリが残っていたので、時間をかけて丁寧にバリ取り。作業がすぐ終わってしまうとつまんないからね(笑)
rwk003.jpg

ガレージの天井を叩く雨音を聞きながら、コーヒー片手にカンカン、シャリシャリ。
rwk004.jpg
ぼかぁ〜シアワセだなぁ〜。ガレージ最高。

うち、何でもあるな(笑)
rwk005.jpg

なお、重量・・・
rwk006.jpg
重量もさることながら、発電するから回転も重い。ハブが届いた時、シャフトを握って回そうとしても回らなかった。ホイールを組んだら無事にギュ〜ンと回ってくれて一安心。

そして、世界的なシマノ不足はハブダイナモにも影響が出ているのか、欲しいハブが手に入らずやっと見つけたものはサイズ違い・・
rwk007.jpg

しかし、ないちん工場にとっては誤差の範囲内
rwk008.jpg

て事で、ばっちり!
rwk009.jpg

ライトはここに。
rwk010.jpg

ヘッドライトと連動するテールライト兼反射板
rwk011.jpg

取付方法を無視して安さ最優先で選んだので、中々に悩ましい(笑)
rwk012.jpg

遊びだから、悩んでいる時間も楽しいですよね
rwk013.jpg
3Dプリンターは負荷の掛かる方向を考えて出力しないと、すぐにポキッとなっちゃうのでご注意を(誰に言ってんだ?)。

モノが小さく単純な構造なのでインフィル100%でも1時間程度で出力できる。
rwk014.jpg

ここに装着して〜の、
rwk015.jpg

ライトON!(ちょっと意味違う)
rwk016.jpg

これで日が落ちても安心だ。まあ、暗くなってから一人で乗る事なんてないんだけど。




posted by ないちん工場長 at 22:22| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月27日

一勝二敗のグルメライド

梅雨の晴れ間の休日、ほぼ丸1日の自由時間をもらったので久々に100km越えのグルメライドをしてきました。突然思い立ったというのもあるけど、グルメを楽しみたいのでお一人様で。

ここ最近は1回のライドで40km前後しか走らないし、梅雨に入ってからはMTBしか乗ってないので(雨の中乗ってるのかよ)、長距離ライドの不安はめっちゃある。(たかだか100km越えるぐらいで長距離とか言ってゴメンナサイw)
12-001.jpg12-002.jpg
12-003.jpg


それに加え、軽装で済む季節に合わせて積載量の少ないエアロロードへ自転車をスイッチしたので、しばらくは体の色んな所が痛み出すのが分かっていて、いつ「や〜めた!」となっても良いようにという意味でも単独行動なのであ〜る。決して友達が少ないワケではない。

この「自転車の衣替え」の初日はいつも「うっひょ〜!さすがエアロロードとディープリムホイール!めっちゃ進むぜ〜!」となるのが楽しいんだけど、乗り出して最初の10kmぐらいは変速レバーの操作感の違いによりグキッと指が捻挫しそうになる(学習しろ)。ワイヤー引きと電動シフター、レバーの可動域も必要な力も30倍ぐらい違う(当社比)ので、マジでグキッとなるんですよ(笑)

朝から阿蘇に向かう時の壮絶な向かい風と、意外とある高低差に苦しみながら、新阿蘇大橋を望む駐車場で一休み。ここでスポーツようかんをペロッと1グルメ。
12-005.jpg
天気の良い日曜なのに人っ子一人いない、そんな時間帯に行動するのが俺流。これはコロナとか関係なくね。


さっきようかんを食べたばかりなのに猛烈にお腹が空いてきたので、二重の峠トンネル道路(国道57号線北側復旧ルート)出口のセブンイレブンにて「熊本産ゆうべにのジャム&クリーム)とコーヒー補給(写真撮るのを忘れるぐらい腹減ってた)、ここで2グルメ。このパン、たまたま見かけて買ったんだけど、味も食感も良くて大当たり!熊本県内のセブンイレブン限定で6月中旬までらしいので、熊本の人は是非。
12-015.jpg

それから淡々と57号線を東へ進み、道の駅阿蘇をスルーしつつ(まだ開いてない)滝室坂をヨチヨチと。波野を過ぎたあたりでカルキフーズの軽木さん号(軽バン)に追い抜かれたので全力で手を振ったら先の方で停車し、どこ行くとー?的な会話を少々。

あ、次の日曜は軽木さん主催のイベントもあるので、色々大丈夫な人は是非(爆)
asr015.jpg

そんなこんなで昼食スポットへ10時過ぎに到着。昼食には時間も早いし、何故か入口にCLOSEDの札も出ていたので貸切状態で昼食開始、3グルメ。
12-006.jpg
他にお客いないから、すぐ出てきた(笑)

サッと食べてスッと出る。トイレも含めて滞在時間20分弱。唐揚げ定食を食べるために60km自転車漕いで・・ゼータクな遊びだねぇ〜
12-007.jpg

しまった!即トン(即トンズラする事)に気を取られて食後のデザートを忘れていた!

ので、「道の駅なみの」で蕎麦ソフトミニをペロリ4グルメ。
12-008.jpg

帰りは滝室坂を下らずに、手前で箱石峠の方に抜けるお気に入りの脇道へIN(何年か前の九州ヘブンライドで通った道)
12-009.jpg
途中、牛ガード(正式名称知らん)があるので突っ込まないように注意しながら。

根子岳が見えてきた
12-010.jpg
ここ、見晴らしがいいんだよねぇ〜

なぜ高森経由の帰路にしたのかと言うと、黒柴コーヒーのデザートをシメにするためなのダ!
しかし大賑わいならスルーする覚悟で。


お!空いてるじゃないの!ラッキー♪
12-011.jpg


ちょ、マテヨ!
12-012.jpg
まあいいや、満席だったと思う事にしてスルゥ〜

気を取り直して、今回ルートを引くにあたり3つの目的地を設定したうちの最後の1つ、長陽大橋を通って帰ろう。


ちょ、マテヨ!
12-013.jpg


ということで、一勝二敗のライドでした。日焼け止めを忘れてたのでいまだにヒリヒリする〜
12-014.jpg

posted by ないちん工場長 at 21:43| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

リアボックスに網を掛ける

ある日インスタグラムを眺めていると、付き合いは長いが数回しか会った事のないバイク友達がリアボックスに気になるカスタムを施していた。
リアボックスでは定番のGIVIボックスの4隅にフックを取り付けて、そこへカーゴネットを引っ掛けていたのである。

あとで知ったんだけど、製品としてもあるみたい
gbn012.jpg


んで、そんなカスタムを初めて知ったワタシは、めっちゃ使えるやん!とテンションが上がって、「詳細教えて下さい!」と聞いたんですよ。
kyo001.jpg
これぐらいの加工、ないちん工場長なら内容聞かなくてもサッとやっちゃいそうなのに笑



kintaro.jpg
※ウソですw

初めて見るパーツだったし、ウキウキで自分なりの方法を考えながらマネしました。

アドバイス通りにすると、箱の内側はアイナットという引っ掛けリング付きのナットで固定する。
gbn001.jpg

kyo002.jpg
しかしこれだと突起物が固定になって邪魔になったり、荷物へダメージを与えたりする可能性があるので却下で。と言うのは後付けで、実はハンズマンに買いに行ったら1個200円もしたので高くて諦めたのダ!4個で800円だからな。モッタイナイ

このDリングパーツも10個入りだから、内側もこれを使わないともったいないしね。


パーツ本体はネジが綺麗に収まるように皿穴になってる。
gbn002.jpg

ので、ボルト側は問題ないけど、ナット側を普通のナットにするのはイタダケナイ。
gbn003.jpg

あと、プラスねじもカッコ悪いので、バイクらしく六角穴付皿ボルトに換装。
gbn004.jpg

さて、ナットはどうするか・・・・

もう答えは出ているよね、そうだね、旋盤だね!

gbn006.jpg
丁度良い真鍮棒が家にあったので、実質タダ!(過去にお金払ってる)

合うように作ったんだから当たり前だけど、ピッタリ!
gbn007.jpg

そして念のため、Oリングを噛まして浸水予防。
gbn008.jpg

せっかく作ったんだから、見せていくスタイルで(笑)
gbn009.jpg

うん、なかなかいいぞ!
gbn010.jpg

内側もこの通り。
gbn011.jpg

DIY派は一家に一台、旋盤ですよ!
ラベル:DIY 旋盤
posted by ないちん工場長 at 21:54| Comment(0) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

よ、用途が違うんだよ!

趣味人なら誰もが発したことのある言葉だ。

同じのいっぱい持ってるじゃん!って言わないで。
何個も買ってどうするの?って言わないで。

用途が違うんだよ!(2回目)

ってことで、キャンプ道具を買い足しました。

先日行ったキャンプが駐車スペースから少し歩く、そしてテントを張るスペースが無いのでハンモックが必須と聞いたので、手持ちの35Lリュックに収まる大きさ、重さで、高くない物を選ぶ。趣味の世界では同じ機能で軽く・コンパクトになると価格が指数関数的にハネ上がる。アウトドアグッズで言うと「山岳用」がそれに当たる。が、捻出できないお金は頑張りでカバーする。そんな感じで。

私のキャンプ経験は「ふたりソロ(バイク)」、「ふたりソロ(車)」、「ファミリー(車)」で、今回は「ふたりソロ(車から少し歩く)」だ。まだ実現していないスタイルは「ふたりソロ(自転車)」。車で行ける所なら荷物は積み放題なので道具に気を遣う必要は全くないんだけど、バイク>歩き>自転車と運べる荷物に制限が出てくるので、道具の選定が難しいのダ。

というかそもそも、私のキャンプ趣味の始まりはコロナ禍や昨今のキャンプブームより遥か前に、自転車仲間の某坊さんと「自転車でキャンプに行きたいっすねー」から始まり、少しずつ道具を揃えたりテストを重ねたり「予行練習」ばかりして、本命がまだ実現していないのである。土日休めない坊さんとのキャンプは果たして実現するのか(笑)


んで、ハンモック。前から興味はあったものの機会が無くスルーしていたので今回はいいキッカケになった。
camp001.jpg
テントに比べるとかなり軽量・コンパクトではあるけど、手持ちのタープが安物で重くて大きいのでここは改善の余地あり。

イメージはこんな感じ、
camp003.jpg

実際に張るとこんな感じ。
camp002.jpg

そして焚火台。安くて軽量でコンパクトなものはこれ一択じゃなかろうか・・類似品がかなりある中、安くてすぐ届くものをチョイス。
camp005.jpg
折り畳むとA4サイズで厚さ3cmほど、重量も640gと軽量。
今回はバーナーの出番が無かったので、自転車キャンプの時は焚火台かバーナーか、どちらか1つだろうなぁ。

テントが張れないぐらい地面がデコボコで石がゴロゴロしていると聞いていたのでイスは欲しいところ。しかしヘリノックスタイプの椅子ではちょっとかさばるので、より小さく軽いものを。ハンズマンで1,300円ぐらい。
camp008.jpg

372g
camp007.jpg

折り畳んでリュックにくくりつける事ができる。
camp006.jpg
が、自転車キャンプだと落選要員か(笑)


このソロ用テーブルはず〜っと前に買っていて、今回初使用。やはりテーブルがあると快適。
camp009.jpg

収納サイズもコンパクトでイイ感じ。これは自転車キャンプでも持って行きたいなぁ
camp010.jpg

これはソロキャンプ用に買ったっていうわけじゃないけど、なんとなくツイッターを見ていて衝動買いした鉄板。
camp011.jpg
熊本のスター、ヒロシがプロデュースした鉄板(笑)

表面がツルツルしている為か、ほとんど焦げ付かず、焦げてもヘラでツルッと取れる。スキレットなんかに比べても遥かに使いやすく美味しく焼けた。
camp012.jpg

しかし予想外に使えたのがLEDランタンだったというオチ。
camp013.jpg

電池を入れても275gと軽量ながら、
camp014.jpg

雰囲気ばっちり!
camp015.jpg

調光機能もついているのに1,700円ぐらいだった。超お得!
camp016.jpg
南小国の素敵なお店「Tea room 茶のこ」で販売中。インテリアにもどうぞ!

これらの他、ぜーんぶ詰めたリュックは約11kgで(計測時にランタンと蚊取り線香を入れるの忘れてた)、本番前にしばらく背負ったまま家の中で過ごしてみたけど、辛すぎる。
camp017.jpg
さらに食材と飲み物が追加されるからね、体を鍛えるしかないのか(笑)

自転車キャンプだとさらに荷物を絞り込む必要があるので、オラわくわくすっぞ!
posted by ないちん工場長 at 22:49| Comment(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

雲海を見下ろす時、雲海もまたこちらを見上げているのだ

先日ひばり工房で買い物をした時、
hibari.jpg
オーナーの池田さんに「GWもモーニングしますから、是非!」なんて言われてしまい、家族にも聞かれてしまったので連れて行くハメに家族団らんをしに行ってきました。

密を避けるために6時オープンの一番乗りを狙い、4時起きの5時前出発だ!早起きは嫌いじゃない(ワタシはね)。
阿蘇に近づくにつれどんどん霧が濃くなって、二重の峠トンネルを出るとそこは濃霧オブ濃霧。

これ、上から見下ろすと雲海じゃ?

ということで、少し寄り道して坊中線の開けた所まで登ってみた。
asr001.jpg

反対側(山側)はクッキリ
asr002.jpg

あんまりゆっくりしすぎるとお店が密になってしまうので、撮影もそこそこにしてひばり工房へ。
asr003.jpg
濃霧オブ濃霧

先客が2組いたけど、オープン前に着いた。
asr004.jpg

クラムチャウダー、焼きチーズ、ホットドッグ、ドリンク、ノベルティーのドッグタグまでもらえて税込1,000円
asr005.jpg

他のお客さんはガレージの特設テーブルで食事していて、我が家は“グリル”の方の客席で貸切状態で食事。この日の阿蘇、1℃〜3℃だったのでストーブつけてもらった。
asr006.jpg

食べ終わる頃には霧も晴れてきた
asr007.jpg

食後はカルキフーズの軽木さんちに車を止めさせてもらって、サイクリング開始!

妻子は平地をポタリング、自分は草千里まで〜
asr008.jpg

何度見ても飽きない米塚を堪能しつつ、
asr009.jpg

草千里へ
asr010.jpg

火口は、、火山活動が活発で1km以内立入禁止になってました
asr011.jpg

下山後は「木村とうふ」で妻子と合流して買物&豆乳ソフト摂取
asr012.jpg

軽木さんちまでの帰り道、ちょっと寄り道して、
asr013.jpg

カップルズでいちごソフトも摂取
asr014.jpg

ゴールの軽木さんちでお肉を買ったらチラシをくれた
asr015.jpg
毎年恒例の、ほのぼのイベント。ブログで宣伝しといて!と言われたので。

「電話番号載ってますやん?」っていったら、「あー、よかよか!」だって。これを見た脚と胃袋と免疫力に自信のあるそこのアナタ、ふるってご参加下さい(笑)

posted by ないちん工場長 at 23:06| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

ヘブンのアレをアレする

今は亡き「九州ヘブンライド」の醍醐味の一つは、CO2ボンベを沢山持って行く為のカラクリ作りだった・・・いつからそうなった?

CO2ボンベとは二酸化炭素が圧縮注入されたミニボンベで、パンク修理の際に一瞬で高圧空気を充填してくれる自転車乗り必携のリカバリーアイテムなのである。イベント主催者の愛が強く、パンク不可避なルートを走らされる為、特にこのイベントでは重要なものだった。

1作目
nofh020.jpg

2作目
lh015.jpg

いやー、楽しかったですね〜

ちなみに、
この2回とも5人のチーム員誰一人パンクせず、CO2ボンベの出番は皆無だった。

これをね、貸して欲しいとチーム員のN家クンから申し出があった。なんでも、連休中にちょっと長めのサイクリングをするらしい。60時間以内に距離600km、総上昇量10,000mのコースだって。アタマおかしい。

まあ彼はエベレスティングといって、同じルートを往復してエベレストの標高を達成するというアレなチャレンジを、標高差25mのルートを360往復して達成したアレの中のアレなヤツなので、不可抗力のトラブルさえなければ問題なくゴールできることでしょう。CO2ボンベが役に立てばいいん・・いや、役に立たない事を祈る。あってはならぬが、無くては困るってやつか。幸いこのボンベホルダーを持って行くとパンクしないというジンクスがあるのでお守りとしての効果を期待。

しかしながら、これはもう分解してしまっている。電動コマ図ホルダーを作る時にベアリングが足りなくてね。
lh016.jpg


う〜ん、、ベアリング、どうしようかな・・・


あ、あったわ!
rvr001.jpg

この前、CRF150Rのエンジンをオーバーホールした時に外した古いベアリング。
rvr002.jpg
動きはシブいけどリサイクルってことで。

このベアリングをリボルバーのプレートに固定する部品を端材から適当に切り出して、
rvr003.jpg
rvr004.jpg

今回は置き型にした。使わない時はインテリアにどうぞ(ターゲット誰?)
rvr005.jpg

本当はこんな感じにサドルレールに固定するステーを作ってやりたかったけど、忘れてたから時間が無くてありあわせで。
rvr006.jpg



posted by ないちん工場長 at 19:11| Comment(2) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月19日

迷走グルメ〜新しくないサイクリング様式〜

我らゆるポタグルメ勢はガチ競技勢のように集団で身を寄せ合ってハアハアする習性は無く、大自然の中で美味しい空気を吸いながら適度な運動と過度な栄養の摂取をするので、どちらかと言うと心と体の健康維持に良い事ばかりをしていると言える。一点、注意すべきは会食ぐらいかな。

最近は色々なリスクを考えて、知っている所ばかりを走り、グルメもそこそこにしていたけど、土日に一人の時間を確保し、心に少し余裕も出てきたので昔に立ち戻り、自分の楽しみ方をしよう。

自分の楽しみ方・・・それはグルメライドと迷走(道に迷う)だ!

土曜は雨が上がる午後まで待って、とりあえず金峰山山頂へ。
mqg003.jpg
最近は「密を避けて自然の中へ」みたいな風潮があり、金峰山も昔に比べて人が多い。おじさん一人では恥ずかしくて自撮りができないよ(笑)

なので、下りの途中にタイミングを見計らって自撮り遊び。
mqg004.jpg

それから峠の茶屋まで下って、どっち方面に行くか考える。折り返しポイントは吉次園と決めているので、そこまでどのルートを通るか?

いつもならナルシスト経由で広域農道もしくはショートカットルートで吉次園に向かうんだけど、ナルシストは閉鎖されてしまったし、そのルートではアップダウンが無駄に多くてしんどいと思ったので、今回はJA芳野から三ノ岳を経由して吉次峠へ抜ける作戦で。芳野側から三ノ岳だとそんなに登らないし、いつも見ている向こう側(北側?)の入口に出られると聞いたので、そんなイメージで。

実際は意外とアップダウンがあり、見知った向こう側の出口にもなかなかたどり着けず、でも似たような景色と道で少し迷った。Googleマップで吉次園カフェを検索したら「1時間以内に閉店うんぬん・・・」とか音声が出て、ドキドキが増す。

なんだかんだ結局登らされたし、迷ったなぁとガーミンに目をやると・・・
mqg005.jpg
これが1008さんの呪いというやつか。この術式の発動条件は何だろう??

何とか営業時間内に滑り込み、貸切状態でスイーツを摂取。
mqg006.jpg
コーヒーメニューがリニューアルしたそうで、スイーツと相性抜群の美味しいコーヒーになってました。コーヒーセットは50円引きにもなるのでグルメ勢はぜひご堪能あれ!

てことで土曜の午後ライドは終了。
mqg001.jpg

日曜はチポリーノのオープン直後を狙って入店し、帰りに吉無田MTBフェスタをチラ見して昼過ぎには帰宅する作戦で。チポリーノの帰りに吉無田高原へ行くのはたぶん初めてなので、前夜にちゃんとルートを引いてガーミンのナビに従って進む事にした。珍しく準備万端!

早朝の市街地を抜け、益城に入ったところでTeam O3「のぶ」さんに遭遇。この方、ブログネタも豊富で行先も縦横無尽。いつも私の知らない所ばかりを走っているのに、偶然の遭遇率が最も高いという奇妙な間柄。練習コースがたまに被るGINRINの人たちとの遭遇率が高いのはまだ頷けるけど、のぶさんとの遭遇はほんと不思議。お互いの行先等を軽く話したのち、それぞれの行先へ。

射撃場の先の激坂をハアハア堪能したあと、いつもの橋でパチリ。
mqg007.jpg
天気が良くてもこの道は交通量が少なく、快適である。

この先、いくつか数少ない交差点があるんだけど、いつもの道をいつも通りに進もうとすると、ガーミンさんが「オフコース」を連呼する。どうやら前日に引いたルートの方が間違っていたようで・・こんな単純な道でさえいつも自分が走っているルートを地図でトレースできないなんて。道は合っているのにピーピーと鳴るオフコースの嵐で、すげぇ方向音痴の人みたい。いや、実際そうかもしれんけど。

で、通称・シマダの交差点に出たところで無事にコース復帰を果たす。
mqg008.jpg

ここね。
mqg009.jpg

予定通り9時過ぎにチポリーノへ到着し、イートイン一番乗り。
mqg010.jpg
あんもちパイ、ポテサラのパン、カツカレーパンを堪能し、もちろんお土産も購入。

ホットコーヒーが出てきたあたりで熊本のレジェンドサイクリスト・ゆーじさんとお連れさんが入店し、コロナトークなどを少々(どんなトークだよw)。自転車乗りは基本的に声が大きいので席が離れていても会話に困らないのがイイネ(笑)

チポリーノに行くとその居心地の良さから「帰りたくない症候群」にかかってしまい、出発後20分間はず〜っと足が重い状態が続くんだけど、今回は帰りに立ち寄る吉無田MTBフェスタが楽しみ過ぎて脚がクルクル回る。

お祭りは結構賑わってましたね。コロナ前とは比べ物にならないけど、みんなの表情はハツラツとしていてやはり遊びは必要なんだなとしみじみ。
mqg011.jpg

そして相変わらずモンドレイカーまみれで壮観なtakebow-tuneブース。いい!すごくいい!
mqg012.jpg

MTB養分も摂取して、大満足で日曜午前のライドも終了。グルメはいつものお店だったけど、ルートは少し変化もつけて迷ってる感もあって、それぞれ半日とは言えまあまあガッツリ走れてちょっと昔の感覚を取り戻したみたい。今現在も心地よい筋肉痛であります。
mqg002.jpg

ん?コロナ前と最中で違っているのはマスクとアルコールを持参してるだけじゃww
posted by ないちん工場長 at 22:51| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

ギャップ萌えなグルメ旅

昨年手に入れたおニューのサーフボード(中古だけど)を試しにちょっとソコまで。

サーフィンのメッカとも言える場所だけど、そもそも大きなボードがぶつからない距離感だから他人との距離は十分だよな・・でも密になってたらヤメとこうなんて心配していたけど、、、



悪天候で誰もいなかった。波、ぐっちゃぐちゃ。
gmg001.jpg


サーフィンは諦め、時間に余裕ができたので少し移動して久しぶりにチキン南蛮発祥のお店へ行く事にした。前回行った10数年前の記憶をたどると、めちゃくちゃ狭い店内、カウンター席にひしめき合って食事をしたのを鮮明に覚えている。あの状態で混雑しているならヤメようと、ダメ元で行ってみた。
gmg002.jpg
昔に比べ店内がめちゃくちゃ広く・綺麗になっていて、客席同士もちゃんと距離が保たれている。5年ぐらい前に移転したらしい。同じ通り沿いなのかな?全然気付かなかった(笑)

元祖チキン南蛮、イタダキマス!
gmg003.jpg

夕方からは予約していたキャンプ場へチェックイン!
まあまあ広いオートキャンプ場に、我が家の他に客は1組だけ(笑)

新調した焚き火台で色々と試し焼き。
まずは定番の肉。
gmg004.jpg

バターチキンカレーの缶詰とか、
gmg006.jpg

道の駅で購入したカキ(4個入り1,000円ぐらい)など。
gmg005.jpg


ず〜っと雨が降っていたから、タープを張ってその下で。
gmg007.jpg
炎と火の粉が舞い上がらないよう薪ではなく炭火にして、焚き火台もタープにかかるかどうかギリギリの外側に設置。テントを張ると撤収と後片付け(乾燥・収納)が大変そうだったので睡眠はハイエースベッドに3人川の字で。

翌朝も風と雨がおさまらず、海遊びは断念。キャンプ場でゆっくり過ごし、雨が上がったところでサクッと撤収して帰路へ。
時間はたっぷりあるからドライブ気分で帰りは南阿蘇経由(山は濃霧で全然楽しくなかったけどw)で新阿蘇大橋を通ってみよう的に。

南阿蘇あたりでちょうどランチタイムになり、通りすがりの洋食屋さんへ・・・

ふむふむ、カレーに、
gmg008.jpg

洋食ね!
gmg009.jpg

気軽にランチできそうでいいじゃない。


gmg010.jpg


ちょ、マテヨ!

コースしか無いんかーい!

いや、外観とのギャップよ。
gmg008.jpggmg009.jpg

店内めっちゃオシャレだし、メニューもお高級だし・・キャンプ帰りの格好で入店しちゃったよw
ファミリーじゃないレストランにファミリーで入ってしまった気まずさよ・・・

外観イメージとのギャップがありすぎて予算感という点では高いと感じてしまうけど、料理内容はボッタクリでも何でもなく、めちゃくちゃ満足度は高かった。

前菜で、この店アタリだ!と思った。
gmg011.jpg
全部手が込んでいて美味い。和食の八寸みたい。洋食だと何て呼ぶのかな?

濃厚なキノコのスープ
gmg012.jpg
キノコ系はちょっと苦手なんだけど、これは美味しかった。旨味がギュっ!と濃縮してゼータクな味わい。

そして、生パスタ。馬肉のボロネーゼ
gmg013.jpg
ピカーー!!うーまーいーぞぉ〜!(cv:味皇)

いや、あのノボリからこのパスタは連想できんわw
gmg009.jpg

ちなみに、うちの奥さんが注文したグリーンカレーのコースの方はこれ。
gmg014.jpg

いや、あのノボ(ry
gmg008.jpg
カレー!ってレベルじゃねぇ。

これさあ、この外観だと本当に来て欲しいお客さんを完全に逃してるよね(笑)

デザートも大変美味しゅうございました。
gmg015.jpg

あぁ・・お金と財布がソーシャルディスタンス!
ラベル:キャンプ
posted by ないちん工場長 at 21:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

ロードバイク用チューブレスタイヤのパンク修理でSTANS DART TOOLを試してみた

春の陽気を満喫してマッタリと休憩をしていたら、夏の虫の鳴き声のようなシュンシュンという音が聴こえてきた
ps001.jpg

耳を澄ますと、割と近くで鳴いているようだ・・・パンクしてた。

九州ヘブンライド用に耐パンク性の高いタイヤを履いているのでしばらくパンクとは無縁だったが、そろそろかな?というヤレ具合は把握していた。

そうだ!これを使おう!
nn037.jpg



家に忘れてきた。

まあ、替えのタイヤもチューブもあるからいいんだけど・・・めんどくせぇな。シーラントさん仕事してくれないかな?と、穴を下方にやって止血するように指でネジネジとコネていたらエア漏れが止まったので、とりあえずそのまま帰宅。

帰宅してもエア漏れは止まっている模様。
ps002.jpg

でもせっかく買った修理キットも1年以上出番がないので練習がてら修理してみる事にした。

改めて見ると、少し湿っているので微量のエア漏れはしているみたい。
ps004.jpg
けど、ペチャンコにパンクしているわけではない。チューブタイヤなら間違いなく即ペチャンコになって走行不能になるけど、そうはならないのがチューブレスの良いところ。

空気圧は3.5気圧ぐらい。乗り心地は最高の空気圧(笑)
ps003.jpg

というか、この切り傷が平気なのが理解不能である。
ps005.jpg

このぐらい深い傷。
ps006.jpg

凄いぜ!IRCのフフォーミュラプロ チューブレス クロスガード


タイヤの消耗具合はと言うと、スリップサインはギリギリのあたり、
ps016.jpg

サイド部分もひび割れて剥離している・・・
ps015.jpg

どのみち交換するんだけど、新品タイヤでは練習できないからあえてこの状態でパンク修理の練習だ!

ジャジャーン!!
ps007.jpg

これを穴にねじ込んで、と・・・


全然入らねぇ。マニュアルによると、先っぽのクサビ形の部分をねじ込んだらポキッと取れるらしいけど、まず入って行かない。

しょうがねぇ、ピッキングツールで穴を広げてと、
ps008.jpg

入らねぇ・・

5MMの六角レンチで穴を広げてと、
ps009.jpg

入らねぇ・・・すげぇぜ!IRCのフフォーミュラプロ チューブレス クロスガード。このガードの固さは信頼できる(困惑)


修理材がタイヤに食い込む前にポキッと折れる。3つダメにしたところで、マニュアル通りの方法を断念。
ps010.jpg

だってさ、これ1個550円もするのよ。この時点で1,650円消費。
ps011.jpg
※替えの修理材5個入り

この取れてしまった先っちょをガレージの工具でネジネジ。ひとまずマニュアル通りに挿入して、
ps012.jpg
見えている白いプラスチックの突起はポキッと折れてタイヤの中には入らない部分。

さあ、エア注入!なんでも、修理材とシーラントとCO2で反応して硬化するらしいので、空気入れではなくCO2ボンベで。





!!!
ps013.jpg
イメージではさ、ブクブクブク程度と思っていたんですよ。ぴゅ〜っ!と出るなや!

続きまして、クサビ形の突起とかは無視して、修理材のビロビロを直接穴にねじ込む。ピッキングツールで。
ps014.jpg

これだとイメージ通りにブクブクブクとなる感じ。が、硬化はせずにジワジワとシーラントが染み出ている。
ps017.jpg

6時間で2気圧抜けていた。が、ペチャンコにはならない。
ps018.jpg
でもやはり完全に硬化するわけじゃないのであくまでも応急処置。しかし効果は必要十分。

これさえ持っていれば安心!と思っていたけど、難易度たけぇな。他のタイヤなら楽なのかしら?


posted by ないちん工場長 at 19:18| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

今日、FOMA辞めます

20年ぐらいドコモのFOMA契約で携帯電話を利用してきた。3G契約である。

時代は4Gから5Gへシフトしていくなか、3Gサービスは2026年に終了する事が決定。
3G(FOMA)契約の新規受付も2019年9月に終了。いわゆるガラケーもずいぶん前から4G契約に移行し、最後まで粘っていた3Gモデルはキッズケータイか、らくらくホンという構図になった。

そもそも、10年ぐらい前からドコモのスマートフォンではFOMA契約のSIMカードではパケット通信ができない制限が掛けられていて、“普通に”スマートフォンを使いたい人は高額な4G(Xi)契約にプラン変更せざるを得なくなった。

今まで1,500円〜2,000円前後で利用できていた携帯電話料金が、急に6,000円前後払わなければならなくなったのである。

我が家はそんな経済力はないので、ドコモ契約でのパケット通信は諦めた形でFOMA契約を続行。ありとあらゆる方法で端末だけ調達し、3G契約でも通話ができるスマートフォンを使い続けてきた。

さすがに多少は出先でパケット通信ができないと不便なので、格安スマホのデータSIMを契約し、通信はそれで行っていた。

格安スマホ会社で販売されているスマートフォン本体はSIMカードが2枚搭載できるようになっていて、通話はこっち、通信はあっち、と用途に応じて使い分ける事ができる仕様になっている。ので、不便さは全くない。

利用料金の内訳は

ドコモ タイプシンプル(817円)+spモード(330円)+通話は使った分だけ(平均110円前後)=1,257円
格安SIM(IIJ mio) ミニマムスタートプラン(2G/990円)、SIM1枚追加(440円/嫁さんと共用)/2=715円

一人当たりざっくり2,000円ぐらい払っている。

前置きが長くなったけど、ついにこの運用に終止符を打つ時が来た。

5g-03.jpg

ドコモのはじめてスマホ割で1年目は毎月1,078円、2年目からは毎月1,628円で1G通信と5分以内通話無料ができるプランに乗り換える。

このプラン自体は結構前からあったんだけど、パケット通信は使った分だけどんどん上がっていく課金形式で、制限を掛ける事ができなかった。それが、今年の3月より通信制限が掛けられるようになったのでようやく乗り換える決心がついた。

まあ、現在利用している格安2Gプラン(夫婦でシェア)、オーバーした事ないんだけどw


で、スマートフォン本体の価格も3Gからの乗り換えは優遇されていて、
5g-01.jpg
GALAXY A51は一括1円(81,487円引き)

5g-02.jpg
ARROWS F-51Aは一括11,000円(118,008円引き)

mova(ムーバ)の時もそうだったけど、サービス終了間際は新サービスへの乗り換え促進をするために、本体代無料の施策を打ってくる。FOMAサービスはまだあと5年あるから、乗り換え施策の大幅値引き対象機種は少ないけど、もっと粘ればおそらく末期には「どれでも1円」(今は0円は禁じられている)という施策を打ってくるでしょうね(保証はしません)。

と、お役立ち情報的に書いたけど・・・この記事を読んでる人でまだ3G契約の人は果たして存在するのか(笑)
ラベル:Team物欲
posted by ないちん工場長 at 11:01| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする