2015年09月28日

【CRF150R】保安部品カスタム

作業をするにあたり、必殺!ネット検索!をするも、やはりマニアックな案件なのか1〜2件ほどしかヒットしない。そのうち、ちゃんと書かれているものが1件。誰もやろうとしない作業をするのが「ないちん工場」の真骨頂!燃えるぜぇ〜!!という事で、今回は自己満足の自分用記録です、はい。

とりあえず、アイデアのベースになったものが「DRC EZ電装キット 汎用」
DRC.jpg
売り文句は「コンペティションモデルにヘッドライト以外の電装パーツを手軽に取り付けられるキット」。まさに今回の案件にピッタリ!じゃあ、これを買えばいいじゃないか?という事になりますが、手持ちの部品と重複するものもあり、一つ一つのパーツのデザインもあまり好きではないので、スルー。自分で好きなものを寄せ集めて作る事にします。


まずはリア周りから。
150r001.jpg
アイエムトレーディング社の「LEDエンデューロテール ナンバー灯付き レッドレンズ」+キタコ・ワレンズウインカーミニ。このリアフェンダーはナンバー灯付きのテールランプまで付いてお値段たったの2,700円!


「ハンズマンにも売っていないネジ」に書いたフランジ付ボタンキャップボルトはここで使用しました。
150r002.jpg

裏側はこんな風になっています。
150r003.jpg
保安部品がいらない時はワンタッチで外せるように、配線は6Pカプラー接続。

プロっぽい仕上がりを目指し、配線を通す穴にはグロメットを入れてみました。
150r004.jpg

左右ウインカーとテールランプのマイナス(−)線をハンダで1本にまとめる事により、ウインカー(右)・ウインカー(左)・テールランプ・ブレーキランプ・マイナス(−)と、配線を5本にまとめてスッキリさせました。それでもAVS0.75のデイトナ純正色ハーネス5本をハーネスチューブ8mmに通すのには苦労し、試行錯誤の末に、全部束ねて自転車ワイヤーの切れ端にハンダ付けして引っ張るという技で何とか成功しました。
150r005.jpg


配線はこんな感じで前のほうに持って行きます。
150r006.jpg

そしてお次はフロントマスク。
150r007.jpg
これも前述のアイエムトレーディング社のウインカー付きヘッドライト・ホワイトです。こちらも激安の税込み2,900円!!もうずっと欠品しているようで、黒しか手に入らないようです。


裏側に主要な電装品をごっそり取り付けます。フロントマスクの車体への取り付けもゴムバンドで楽々。
150r008.jpg
単三電池4本用の防水電池ボックスx2個、DAYTONAデイトナ:LED対応ウインカーリレー、ヒロチー商事汎用ホーン、あと各種配線。


こちらも、保安部品が不要な時は簡単に取り外しが出来るように、カプラー3つを外すだけで脱着できるように工夫しました。
150r009.jpg

それらを操るスイッチボックスは「DAYTONA 集合スイッチ 左側」
150r010.jpg
コンパクトで、クラッチレバーを握っても干渉しません。
150r011.jpg


ブレーキスイッチは電子部品BOXに眠っていたマイクロスイッチがちょうどよさそうだったので、レバー部を切ったり曲げたりして取り付けました。
150r012.jpg
150r013.jpg

最後に、スピードメーターはド定番の「Trail Tech 多機能 スピードメーター・エンデュランス2」
150r014.jpg

スピードセンサーは旋盤でスペーサーを削りだし、
150r015.jpg

フロントフォークのマッドガードに取り付けました。
150r016.jpg


我ながらよく頑張った!あとはサイドスタンドがあれば完璧。
posted by ないちん工場長 at 23:53| Comment(0) | CRF150R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

ツール・ド・佐伯 DE グルメライド

garmin.jpg
ツール・ド・佐伯2015のレポートです。初の大規模サイクリングイベント参加だったので、申し込みに至った経緯やコース選択の理由、当日の様子など、来年参加してみようかな?と思っている人や、サイクリング大会未経験の人の参考になればなと思います。

まず、参加しようと思った理由は「エイドステーション(補給所)の食べ物が充実している」と評判だったからです。そして、コースはAコース(160km)かBコース(102km)で迷っていたんですが、ゆったりと時間を掛けてエイドを楽しむならBの方が良いのでは?と先輩方よりアドバイスをいただいたので、Bコースにして「まったりグルメライド」を楽しむ事にしました。後述しますが、Bコースだからとナメてかかってたんですが、まったりするどころか瀕死のグルメライドになりました。実際、同じBコースで登りの途中に心臓発作で亡くなった方がいらっしゃるようです。心よりお悔やみ申し上げます。
map.jpg


初の大イベント参加という事で万全を期してホテルをとって前日入りします。今回の宿はルートイン佐伯駅前でした。今年の7月にOPENしたばかりで綺麗で、大浴場の温泉もあり、ロビー&部屋にフリーWi-Fiがあり、無料のドトールコーヒーマシンがあり、スタッフさんの対応も良かったです。
tds001.jpg
前日の受付は佐伯球場でした。前日受付15時〜となっていたんですが、少し早目に到着したらもう受付OKな状態でした。こういう柔軟な感じはすごくありがたいですね。

そして当日。参加者合計1,195名に対し、スタート会場真横のアスファルトの第一駐車場が600台。それが埋まると少し離れた砂利の第二駐車場になってしまうので、開会式は7:30なんですが少し早目に宿を出ます。
route.png
眺めていると、7:00ぐらいに第一駐車場が一杯になって第二駐車場の方へ誘導されているみたいでした。ホテルによっては朝食開始時刻を待っていると第一駐車場は諦める事になるかもしれません。実はルートイン佐伯駅前も朝食開始時刻が6:30で、確実に第一駐車場落選タイムだったんですが、当日朝に出発準備を整えたあとダメ元でフロントの方に「朝食時間って早める事はできませんか?」と尋ねたら「何時頃がよろしいでしょうか?」と返ってきたので、「早ければ早い方が良いです、すぐにでも」と言ったら、奥に聞きに行って「3〜4分で準備できます!」と、かなり柔軟な対応をして頂きました。おかげさまで6:15にはホテルを出発する事ができました。余談ですが、朝食会場に残りゆっくりと朝食をとっていた妻の話によると、6:30に続々とやってきた自転車ジャージ軍団がセルフサービスの行列に並びながら、ほぼ埋まった客席を見て「うわ〜!混んでるな〜。なんだよー早く開いてたのかよ〜」とブーブー言ってたみたいです。俺、ファインプレー。

そして、会場。
tds002.jpg
参加者が多く、人混みが大嫌いな私は少し心配していたんですが、少しの時間差で100名ずつのスタートで進行もスムーズ、全くストレスなくスタートする事ができました。

スタート時に形成された集団でしばらく走るも、何となくスピードが合わずにモヤモヤしているところに尿意を催す。しばらく我慢して走ってたんですが「道の駅かまえまであと○km(数字は忘れましたが1ケタ)」の看板を見た瞬間に、仲間に「トイレアタック掛けます」と集団から飛び出しました。するとそこから1〜2km走った所で登りが始まって仲間に追いつかれるという辱めをうけつつ(あ、集団には追い付かれませんでしたよ)、第一エイド「蒲江翔南中学校」に到着。
tds003.jpg
ここでは蒲江町の特産品「うずまき」をいただきます。写真を撮り忘れたので、買って帰ったうずまきの写真です(笑)
tds005.jpg
そして、各エイドで共通のバナナとお菓子。
tds004.jpg
それとポカリスウェット・アクエリアス・コーラ・水も全てのエイドで準備されていました。

そこから少し登って、第二エイド「空の公園」へ。
ここでは米水津(よのうず)町特産品の「アジのまる寿司」をいただきます。
tds006.jpg
登りでハアハアなっていたので、寿司は無理かな?と思っていたんですが、シソの風味と酢飯、酢でほどよくシメられたアジが絶妙でスゥ〜っと体に取り込まれます。うーまーいーぞー!
tds007.jpg

第三エイドは昼食会場の「米水津地区公民館」。
tds008.jpg
第二エイドからは下り基調で、距離もあまりなかったので昼食には少し早いかな?とは思いましたが、意外と食べられます。佐伯名物「ごまだしうどん」と、釜揚げしらすおにぎり&しらすコロッケをいただきまーす!
tds009.jpg

ここからが割と地獄でした。ゆっくり行けば何でもないかもしれませんが・・・。海岸沿いを強烈な向かい風を浴び続けながら延々と走ったあと、鶴御崎灯台までは結構な登りで、この区間は往路と復路が同じだったんですが帰りに下っているとすれ違いに登って来る人たちはほとんど自転車を押して歩いて登って来ていました。亡くなった方もこの区間だったんじゃないでしょうか。

第四エイドの名物は「揚げパン」でした。
tds010.jpg
tds011.jpg
たくさんあって迷いましたが、きなこにしました。ウマし!
tds012.jpg
パン屋のスタッフをしていた女の子が可愛くて一緒に写真を撮るオッサンもちらほら。

そして、登りの時にはスルーした(立ち止まって写真を撮ると「途中で足を着いて休憩した事になる」という自転車乗りが誰でも持つマイルール)九州最東端に帰りに立ち寄り記念撮影。
tds013.jpg

下りきったらまた延々と(来る時に向かい風だったので帰りは追い風のはずが)強烈な向かい風を浴びながら海沿いを走り続け、第五エイドの「つるみ農水産物直売所」に到着。ここではカマボコと干物をいただきます。
tds014.jpg
tds015.jpg
その時、スタッフさんより思いもかけないお言葉が・・「S・Aコース用で余った昼食があるけど食べない?」と、Bコース参加者では本当は食べる事のできない「あつめし」をいただきました。
tds016.jpg

そしてなんと!!この記事を書きながら気付いてしまったんですが、Bコース説明では「エイドステーションは6ヶ所」と書かれています・・・最後の第六エイドを気付かずにすっとばしてしまっていました。ガーン!

全エイド制覇、未達成!

そしてゴール後に用意されていた「かしわもち」をいただいて、フィニッシュ!
tds017.jpg
お疲れ様でした。宿題を残してしまったので、来年も参加かなぁ・・・

帰りに竹田温泉「花水月」で温泉に入ったあと、そこの近所の「竹田丸福」で、とり天定食をいただきました。
tds018.jpg
よ〜食べたな〜。
posted by ないちん工場長 at 23:45| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

ハンズマンにも売っていないネジ

neji01.jpg
アイテム数では他の追随を許さない、天下のホームセンター「ハンズマン」にも置いていない商品は多々ある。ないちん工場的にいつも困っているのは丸棒や角棒、切板などのアルミや樹脂の素材、それとボルト・ネジ類。

オートバイや自転車のパーツの取り付け、またはアルミ工作においてよく使用するのが六角穴のキャップボルトなんですが、一言でキャップボルトと言っても多種多様。ハンズマンには最もポピュラーなタイプしか置いていません。オートバイや自転車に適した形のボルトは世間一般的にはマニアックな部類なので、ホームセンターに置いていないのは納得はできるんですが、「ハンズマンならあるいは」と、ついつい期待して見に行ってしまいます(無いものは無いんですが)。

まあ、オートバイ用はバイク用品店、自転車用は自転車用品店に行けば大概の物は手に入るんですが、足元を見ているというか、そんなに数が売れるものでもないからでしょうが、結構高いんです。びっくりするぐらい。

今回探したのは「フランジ付ボタンキャップボルト」だったんですが、バイク用品店に置いてありました。キタコというバイク用品の大手メーカーが手がける「キタココンビニパーツ(K-CON)」というシリーズで、かなりの種類のボルトからスペーサーから、DIY派のかゆい所に手が行き届いている素晴らしいラインナップです。

でもね、ネジ1本237円・・・。

急いでいる人にはいいでしょうね。でも4本必要な人はそれだけで1,000円近く行っちゃいます。

そんなにお金を掛けてしまうとDIYの醍醐味が薄れてしまうので、そんな時は「現場を支えるネットストア」でお馴染みの、モノタロウで調達します。3,240円以上は送料無料なところも嬉しいですね。

さっきの、1本237円のネジも、モノタロウなら6本入って320円!
neji02.jpg
いつか必要になるかも?とついでに5mm刻みで買ってしまうので危険ですが(笑)
ちなみに、現在M6x15/20/25のフランジ付ボタンキャップボルトを在庫しています。

そして、アルミ工作用&自転車用で「低頭六角穴付ボルト」も取りました。
neji03.jpg
これはM5x12/16/20を在庫しています。ちなみに、12〜14本入りで394円でした。

もうね、ネジを作るマシーンが欲しい工場長でした。オワリ。
posted by ないちん工場長 at 00:11| Comment(0) | バイク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

自転車的アイウェア考察

誰が提唱したかは知らないけれど、近年はカッコつけてアイウェアなんて呼んでますが、サングラスです。グラサン。(って今の人は言うのかな(笑))

サングラスは昔から好きで、サングラスに興味がない人よりは多く持っているんじゃないかな?という程度。あと、目が大きくてすぐにゴミが入るので、それ防止の意味でも掛ける事が多いです。

オークリーだけでも4本持っているんですが、自転車用は1本も無し。よし、自転車用のオークリーを1本買おう!と。
oakley01.jpg
この4本はすでに廃番。上から、モンスタードッグ・オーロッカープロ(Bluetooth内蔵)・ハーフジャケットBTOモデル・ジュリエット/ドゥカティコラボモデル。オーロッカープロとジュリエットドゥカティはほとんど使っていないので欲しい方は高価でお譲りします(笑)

んで、肝心の自転車用サングラスですが、最近まではジョーブレイカー(JAWBREAKER)を買う気マンマンでした。
jb.jpg
↑こんなの。

トップスプリンターと共同開発したらしく、前傾姿勢で前を見た時(上目遣いの状態)の視界を確保する為にレンズの上側が広くなっていて、フレームが邪魔しない構造になっています。ぱっと見、ゴーグルみたい。2015年ツール・ド・フランスの少し前のレースからチラホラと選手が使用しているのが見られ、ツール本番では主要な選手には供給されていたようです。

でもね、、実物を見れば見るほど購買意欲が減退していく。軽さを追及した結果なのか、高価な割にすごくチープなんです。オモチャっぽい。これに4万円だすのかぁ〜?と躊躇する。

で、最近気になりだしたのがレーシングジャケット(Racing jacket)。これももうじき廃番になるモデルらしいんですが、実物はジョーブレイカーに比べるとまだマシな質感。しかも、海外自転車レースを見てると使っている選手が多い。ちゃんと調べたわけではないけど、ジョーブレイカーより使用率が高い気がする。こっちの方が使いやすいのか?

そして、このモデルは各パーツのカラーを選択してオーダーする事ができます。

色々とシミュレーションしてみました。

無難に黒フレーム・赤アイコン。
rj02.jpg

ちょっと冒険して、ジョー(アゴ)を赤に。
rj04.jpg

もう少し冒険して、自分の自転車のフレームカラーに合わせて白・水色。
rj03.jpg

かなーり冒険して、トリコロール!ホンダが好きだ!フランスが好きだ!
rj01.jpg

と、やればやるほど泥沼にはまっていって、決心がついた頃には廃番になってる・・のは避けたいですね。
posted by ないちん工場長 at 20:40| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする