2015年10月26日

ハンズマン・ガラクタ市(2015秋)

久々に大ハズレの回でした。

ガラクタ市は始まった頃に比べると最近はかなり認知度も上がり、回を重ねるごとに来店者数も増えている半年に一度の一大イベント。平日にもかかわらず朝からあのだだっ広い駐車場は満車で、駐車場に入れない車が列を作る。やっと店に入れても一番に目に飛び込んでくるのはレジの順番待ちの長蛇の列。ここまでして苦労したからにはお宝の1つでも手にして帰らないと気が済まない。今はそんな感じになっています。

ガラクタ市を心待ちにしている人たちの期待も大きく、我がないちん工場ブログのガラクタ市関連記事は開催1ヶ月ぐらい前から徐々にアクセス数が伸びてきます。開催2日前〜開催2日目は1日に200件を超えるアクセスがありブログカテゴリランキングも36位まで上がりました。

中には直接、「ガラクタ市っていつから?」と問い合わせてくる人もいて(知らんがなw)、みなさんのワクワク感が伝わってきます。

そんなガラクタ市の素晴らしさを説く者の一員として、今回のガラクタ市のガッカリ感はここを読んてくれている方に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。いつか行ってみたいな〜と言ってくれていた山口県岩国市の友人が遠路はるばる来なくて本当に良かったです。

初日の木曜は画図店と菊陽店の2店舗、金曜は画図店、土曜も画図店、日曜も画図店に行ってきました。初日から割とショボく、土・日にかけて追加補充を充実させていくいつものやり方か?と思わせておきながら、まさかのどんどん商品が減っていくという状態。一応、月曜まで開催されるはずなのに日曜にはもうガラクタ市用の特設棚の一部(しかも工具関連が陳列される場所。画図店のエスカレーター横と言えば分かるだろうか?)がすでに撤去されているという何ともさみしい結果。なので、月曜は行きませんでした。

店舗で働く方々は気に病む必要はありません。連日の大混雑・大混乱の中、大変お疲れ様でした。しかし、企画・販促担当の方は気に病んで下さい。店舗数も増えた上に開催時期も半年に一度と短い。ガラクタ商品として出せる商材の調達が難しいなら年に一回にしてはどうでしょうか。ハンズマン大好きな者の1人として、期待値を込めて厳しい言葉で書かせて頂きました。
※あくまで私個人の感想であり、一般の大多数の方とは求めるモノが違うかもしれませんし、たまたま私の来店のタイミングが悪かっただけかもしれませんのでそこはご了承下さい。

まだ初日だし今日はこのぐらいにしておこう、と購入した物がまさかのメインになるとは・・
garakuta01.jpg
エアーダスターセット497円(以下全て税込)・・ネット実売2,000円程度でした。

garakuta02.jpg
ヤスリも普通に買うと高いので、何本か購入。205円

garakuta03.jpg
PBスイスツールには遠く及ばないクオリティだけど、ショックレスプラハンマー。205円

そして土曜日に、ガッカリ感に打ちひしがれながら購入した作業用手袋199円
garakuta04.jpg
ラベル:工具 DIY おもちゃ
posted by ないちん工場長 at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

新城幸也→ランプレメリダ移籍記念!島原一周サイクリング

sbc001.jpg
ランプレ・メリダが好き!新城幸也が好き!な自分にとって、今回の移籍は飛び上るほど嬉しかった。1+1=2ではない、もう、100ぐらいですよね。好きなものと好きなものの組み合わせって。ならば特別な、記念サイクリングをしようと、フェリーに揺られて島原半島まで行ってきました。
※本当は結構前から島原サイクリングのお誘いをいただいており、新城選手の移籍発表はその後です。自分が脳内で勝手に記念サイクリングと位置付けただけです。

今回、イベントリーダーを買って出てくれた方は、フェリーの手配から昼食場所の手配・メニュー注文、参加者への連絡、ルート作成、休憩ポイントの設定まで、個人レベルじゃね〜ぞっ!てぐらいお世話をしてくれました。
sbc002.jpg
当日には各個人にジップロック袋に入れたマップと行程表(個々への一言コメント付き)まで配布するという徹底ぶり。速くて、優しくて、マメで、行動力のあるお坊さん。惚れてまうやろ!

フェリーの車で乗り込む所の壁際に自転車を並べてロープで固定されます。ちなみに、自転車+人間で熊本→島原まで片道1,030円です。
sbc003.jpg
一応、傷などがつかないように配慮されているようです。
sbc005.jpg

船に揺られること60分(といってもそんなに揺れませんけどネ)、
sbc004.jpg

島原港に到着。
sbc006.jpg

出発前に大まかな流れやハンドサインの確認などをして、いざ走行開始!
sbc007.jpg

普賢岳っぽいところは割とどこを走ってても見えます。島をぐるっと回って走ってるから当たり前か(笑)
sbc008.jpg

シャッターチャンスを逃さずに済むぐらい遠くから見える巨大な像。何だこれ?
sbc009.jpg

そうこうしているうちにスタートから25.7km地点の「古野いこいの広場」に到着
sbc010.jpg
sbc011.jpg
sbc014.jpg

あ、そうそう、今回は若い女子三人と、
sbc012.jpg

ピチピチの男子大学生4人を含む合計13人の大所帯となりました。
sbc013.jpg

めがね橋で記念撮影をしたりなんかして、
sbc015.jpg

昼食場所の「レストラン・ニュー小浜」へ到着
sbc017.jpg
自転車をガシャガシャっと駐輪して店内へ。施錠も忘れずに。
sbc016.jpg

ここではトルコライスをいただきます!
sbc018.jpg
チャーハン+カツカレーみたいな感じ?見た目通りの味でございました。

そしてデザートにはミルクセーキを。「長崎のミルクセーキは飲み物にあらず」と聞いていたのでどんなものかと思いきや、、かき氷のような、スムージーのような代物でした。写真を撮らずにはいられない(笑)
sbc019.jpg

小浜市のオバマさんを拝んだあとは
sbc020.jpg

ちょっとした登りのある、細くて車通りの少ないルートを行きます。天気が良くて本当に海と空が綺麗でした。ず〜〜〜〜っと景色が良かったです。
sbc021.jpg
sbc022.jpg

それから登り切って大通りに出たあとは、割と交通量の多い道を走ってゴール!
sbc023.jpg
ゴール地点の島原港では足湯が待っていてくれました。が・・・

めちゃくちゃ激アツで3秒も浸けてられないスパルタ足湯。びっくりして一瞬で疲れが吹っ飛びました。これ、しゃぶしゃぶできるんじゃないの?というぐらい熱かったです。マジで。
sbc024.jpg

フェリーから、島原残留の2人に別れを告げる。
sbc025.jpg

熊本に到着して、みんなで帰りの会を。お疲れ様でした〜
sbc026.jpg
フェリーで移動するという非日常感と、島を一周するという充実感、みんなでワイワイ遠足感、とても楽しい一日でした。フェリー往復、昼食、コンビニで補給を含めても全部で4,000円もかからない最高の遊び。

今回、初めてサイクリングで一眼レフを携行してみました。
ore01.jpg
ore02.jpg

そこで役に立ったのが「忍者ストラップ」。有名なので知ってる方も多いとは思いますが・・一応紹介。
ns02.jpg
ストラップの長さを伸ばす・縮める(もしくは、締める・緩める)を片手で一瞬で行えるのがウリ。走行中はキュッと締めてカメラ本体を背中に乗せる感じで、撮影時はシュッと緩めてカメラを前に回す。

ストラップの太さは何種類か設定があるんですが、体への負担を考えて一番太い38mmタイプを選択。

ニコン・D60に装着するとこんな感じになります。
ns01.jpg
posted by ないちん工場長 at 23:56| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

ラピュタの道の惨状

誰が言い出したのか分からないけど、ミルクロードからちょっと入った所から見える珍しい景色を「天空の道」とか「ラピュタの道」とか呼ぶようになって、大勢の観光客が見に来るようになった。

運が良ければ雲海とセットになって島が空中に浮いているように見えるらしい。何年前かは忘れたけど、最初のころは見物客も多くて数人程度だったのでツーリング・サイクリング・ドライブと、近くを通った時には立ち寄って覗いてた時もありました。もう今は車が多くて立ち寄る気にもなりません。

どのぐらい多いかと言うと↓↓

思わず「何だこいつら?ばかじゃねーの?」とつぶやいてしまったので音声はカットしてあります(笑)

路駐が少ない時間帯は、どこかな〜?あ!あった!ここかな?と言わんばかりにノロノロ行ったり急に止まったりする車が多くて危ない。路駐が多いのもそれはそれで危ない。そもそも、バスで乗り付けるほどのとこか?やりすぎだろ。警備員が2人立ってたけど、誰がお金を出しているんだろう?ここの見物客が増えて観光収入は増えるんだろうか?

別にね、見たくて見に行く人を責めているわけではありません。でもね、車が止められないなら諦めてもいいぐらいの、その程度のものですよ。
posted by ないちん工場長 at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする