2016年01月30日

vivosmart HRJを1週間使った感想など

ライフロガー「ガーミン vivosmart HRJ」を使い始めて1週間が経ちました。使いながら気付いた点や、気になった点、これから買おうと思っている方への注意点などを挙げていきます。


購入時のざっくりとしたインプレッションはこちら。
GARMIN vivosmart HRJとmio FUSEを実物で比較

まずは、しつこく書いてきたサイズ感。ライフロガーは四六時中装着するものなので、腕へのフィット感や普段着との相性はかなり重要です。着けていて不快なら長続きしません。

私の仕事着はスーツなので週に5〜6日x10時間ほど(通勤時間もろもろを入れてね)、ワイシャツを着て過ごします。なので、ワイシャツとの相性が一番大事。ワイシャツではなくても、キュッと締まった袖のある制服の方は多いんじゃないでしょうか。
【vivosmart HRJ】
vivo011.jpg

【mio FUSE】
vivo012.jpg
この絶妙なサイズはワイシャツの袖との相性は抜群です。vivosmartは心拍数の計測を正常に行うために、尺骨(手首付け根の出っ張った骨)に掛からないように装着する必要があります。その尺骨を避けて装着した状態で、袖との干渉を絶妙に回避しています。また、mio FUSEと比べるとディスプレイ部の厚みはあまり変わらないんですが、バンドの厚みや全体の厚みの差が手首一周分にもなると結構な差になり、mio FUSEではほとんど実現しなかった袖の中に収めるというのがvivosmartでは可能になりました。

また、1枚目の写真で分かる通り、ディスプレイの視認性もかなり良好です。黒バックに白文字というのが良いんでしょうか。これ、バックライト照明は点いていない状態です。なので、普段使いとしての装着感と利便性はかなり高いものとなっています。

次はメインの機能面。まずは動画をご覧ください。※音は出ません

画面の切り替えはタッチパネル式でスッ、スッ!と。

かなりのページ数があるように見えますが、全部で7ページ。どのページを表示していても、一定時間が経過すると標準画面に戻ります。つまり、腕時計の状態になります。
・標準画面(時計・日付・曜日)&ムーブバー
・現在心拍数&平均心拍数
・移動距離(km)
・消費カロリー
・週間運動量
・上昇階数
・歩数(万歩計)
上昇階数と歩数の目標値は、初期設定で入力した自分の身体データ(身長体重など)を元に自動的に設定されます。後で自分で変える事もできますが、今のところ1日の活動の終盤(17時前後)に目標値クリア!の通知が出て心地良いのでそのままにしてあります。このクリア時の「ゴール!!」というのはとても気持ち良いです。これはハマる!

また、ムーブバーという機能は、一定時間動いていないとバイブと同時に画面上に「move!」(動け!)と表示が出る機能です。ザ・余計なお世話(笑)

そして、これが自分のメイン用途ですが、外部機器への心拍データの送信機能を見て行きます。まあガーミン製品なので、ガーミンエッジシリーズとの連携は言うまでもありません。ウチのガーミンは500Jという2世代前のモデルですが問題なく連携できています。

ここで検証すべきは、その他のデバイスとの連携ですね。付属の取扱説明書には「vivosmart HRJで計測した心拍データを、対応のガーミン社製デバイスに転送する機能です。」としか書かれていないのでちょっと不安になりますね。本体にはANT+とBluetoothの機能がついているので、どちらでも心拍データの送信ができるのか?を検証してみました。

まず、外部機器への心拍データ送信はvivosmart本体を「心拍データ転送モード」に切り替えます。やはり電波の送信は電池を食うみたいで、常にその状態にはならないようです。

そして、ANT+対応のスマートフォンとANT+には対応していないがBluetoothは付いているスマートフォンの2台を使って検証してみました。
vivo013.jpg
結果としてはANT+対応のスマートフォンのみ、心拍データの受信ができました。

Bluetoothでは心拍データの送信はできず、スマートフォンとのデータ連携にのみ対応しているようです。Bluetoothで出来るスマートフォンとのデータ連携とは、ガーミンコネクトへのログデータ同期、vivosmart画面へスマートフォンの情報表示(天気・着信通知・ミュージックコントロール)です。まあ、データ同期以外はいらんかな(笑)

ANT+対応スマートフォンに関しては搭載・非搭載にかなり偏りがあります。Xperia arcやrayの世代のXperiaには全て搭載されていたかと思えば突然パッタリと無くなり、数年経って突然他のメーカーも搭載し出した・・にもかかわらず、カタログにはひっそりと記載されるだけで全くウリにされていないという謎の経緯があるので、スマートフォンをご購入の際はご自分で調べるのをオススメします。

最後に、データ管理画面を見ていきましょう。
PC用ウェブサイト上のガーミンコネクト画面TOP
vivo014.jpg

どうやって計測しているかは分かりませんが、睡眠時の詳細データも分かります。
水色が浅い睡眠、紺色が深い睡眠、ピンク色が起床状態です。
vivo015.jpg

常時、心拍数も計測しているのでグラフになってます。
vivo016.jpg

歩数なんて今まで意識した事もなかったんですが、データで見ると意識してしまいますね。毎日の目標クリアが快感で、いつもより遠回りしてみたり(笑)
vivo017.jpg

これも計測方法が謎ですが、上昇階数。何の参考にもなりませんが。
vivo018.jpg

合計睡眠時間もグラフ表示があります。月曜は11時間と出ていて???となりましたが、思い返すとこの日は体調不良で午前中は仕事を休んだのでした。会社の人、すみません。
vivo019.jpg

おっと、書き忘れるところでしたが、懸念していた電池の持ちは・・取扱説明書によると「フル充電より5日間」。実際、22日の夜にフル充電して26日の夜には残り1メモリになりました。どうやらスペック通りのようです。4〜5日に1度、充電しなければならない腕時計。そこだけはネガティブ要素ですね。mio FUSEはその2倍は電池が持ちます。

posted by ないちん工場長 at 00:55| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

携帯用トルクレンチ「M-Torque 4」

カーボン製品のメンテナンスをする時の必須アイテム「トルクレンチ」。ネジを締めつける力を数値化する工具です。相手が鉄やアルミであっても強く締め過ぎれば壊してしまうんですが、よりデリケートなカーボン製品を扱う時は必ず使用しましょうという事になっています。トルクレンチに関しては要・不要を論じ出すと決着がつかない永遠のテーマですが、私は必要派です。だって工具が好きなんだもの。

ただこのトルクレンチ、測定工具という位置づけなだけあって、普通のレンチより大きいんです。自宅でじっくり整備をする分には問題ないんですが、サイクリングに気軽に持ち出す大きさではありません。

どうしても持って行きたい場合はこうなります(笑)
torque001.jpg


あ、もっと小さいの持ってるんだった。うっかり!
torque002.jpg

とまあ、こんな事にならないように発売されたのが「Birzman M-TORQUE 4」。←使い方や商品詳細はこちらをクリック!
torque003.jpg


パッケージには「使用方法はここから動画をチェックして下さい」とQRコードが記載されていますが、取扱説明書はちゃんと中に入っています。
torque004.jpg

この仕組みのキモはここです。
torque005.jpg
この要領で締め付けていくと、5Nmに達した時に親指部分のプッシュボタンがカチッ!と沈みます。
そう、5Nmに限定したトルクレンチです。潔い!

それでいいのか?いいんです。
シートポストも、
torque006.jpg

ステムも、
torque007.jpg
torque008.jpg
大体5Nmぐらい。

本体フレームはアルミなので、思ったより軽いです。
torque009.jpg

大きさも気になるほどではありません。みんな大好きなビットリアのツールケースにもスッポリ!
torque010.jpg

これが必要な部分、シートポストやハンドル周りのネジは乗っている時に緩むと危ないし、かと言って強く締め過ぎるとバキッ!っといってしまうので、出先に触らなければならなくなった時に非常に悩ましい所です。携帯用のトルクレンチ、お一ついかがですか?

ちなみに、自宅でじっくり整備する時はKTCのデジタルトルクレンチがオススメです。
torque011.jpg
従来のトルクレンチのような小難しいルールがなく、初心者でも気軽に扱う事ができます。

posted by ないちん工場長 at 00:10| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

GARMIN vivosmart HRJとmio FUSEを実物で比較

ちょうど一ヶ月前、「mio FUSEで脱・乳バンド」という記事でリストバンド型の心拍計について語ったのは記憶に新しい。それを購入してわずか2週間ほどで、本家ガーミンからより高機能なリストバンド型の心拍計付きライフロガーが発表された。なんて事だ!!

いくらTeam物欲のチーム員とはいえ、そんな短期間に2万円近くするアイテムを2つも購入する男気は無い。しかし、mio FUSEを購入した時に羨ましそうに熱視線を送っていたうちの奥さんが快く買い取ってくれたので、その資金を元にvivosmart HRJ(以下、vivosmart)の購入に至りました。
vivo001.jpg

機能だけで選ぶならば断然vivosmart一択ではあるけれど、価格・デザイン・サイズ感・質感など他の要素も考慮して悩む方もいらっしゃるかもしれないので、簡単に比較してみます。

では、開封の儀。
vivo002.jpg

中蓋を取った裏側はこんな感じ。
vivo003.jpg
購入動機には全く関与しない部分ではあるが、パッケージのレベルはmio FUSEの圧勝ですな(笑)

バンド裏側の心拍を読み取るセンサーはこんな感じ。
vivo004.jpg

センサー部は部品ごとに軽くシーリングされているmio FUSEに比べ、vivosmartは全体がシーリングされていて防水には安心感があります。
vivo005.jpg

腕へ装着したサイズ感はこんな感じ。
vivo006.jpg
あら?写真で見るより意外と大きいのかしら?と思ったけど、、、

mio FUSEの方が断然デカい!
vivo007.jpg

幅はこれだけ違います。
vivo008.jpg
厚みはほとんど変わらないんですが、mio FUSEの方が洗練されたデザインで厚みを感じさせないようになっています。バンドの質感は写真だと硬そうに見えるんですが、普通のスポーツタイプの腕時計に比べると想像以上に柔らかくフィット感抜群です。

充電器のデザインもmio FUSEの圧勝。mio FUSEの充電器はPCの周辺にポイッと置いといても違和感のないデザインですが、ガーミンのこれはいちいちしまわないと散らかっているように見えますね。
vivo009.jpg

そして、充電器へのセット方法はmio FUSEはマグネットでパチッと吸いついてくれるのに対し、vivosmartはリストバンド本体のくぼみへ充電器のツメを掛けるタイプ。何度か使っているうちにバカになってしまわないか心配です。
vivo010.jpg

発売日の翌日に、いち早く紹介したかったので今回は簡単に違いだけをまとめました。実際に使用した感想などはまた日を改めて。
posted by ないちん工場長 at 21:52| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

Amazon好きな方は今月中だ!

Amazonのギフトカードを3,000円以上購入すると、500円のクーポンがもらえるというキャンペーンが開催されています。
amazon.jpg

AmazonギフトカードのEメールタイプは、メールで送られてきたコードを自分のAmazonアカウントへ登録するとすぐに利用可能になる。キャンペーンのサブタイトル?に「まずは自分で使ってみるのもおすすめ」と書いてあるので、お言葉に甘えて自分に贈ってみましょう。自分へ、いつもありがとう。

贈りました。
amazon2.jpg

EメールタイプのAmazonギフトカードを3000円分、クレジットカード決済で購入して、直後にメールで送られてくるコードを自分のAmazonアカウントへ登録すると完了。
※500円クーポンの受け取りは後日になるので、すぐに3,500円使えるようになるワケではありません。


posted by ないちん工場長 at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

ディレイラーハンガー修正

うちの奥さんが立ちゴケしてディレイラーハンガーを曲げてしまったので修理しました。しめしめ、また新しい工具が買えるぞ!

がっつり曲げてしまったのならハンガーを交換するんですが、「それ曲がってない?」と指摘され、「え?そうですかねぇ?」と自分ではよく分からない程度だったので修理する事にしました。

使用するのはリアハンガー修正ツール
rd001.jpg
イギリスから取り寄せたLifelineというメーカーの物で3,300円。安い!
定番のパークツールの物は1万円ほどするので、3分の1の価格です。



安いので少し心配していましたが、予想外にガッチリしっかりしていてガタもなくちゃんと使えました。
取り付け部側と、
rd002.jpg

ゲージ側。
rd003.jpg

まずはリアディレイラーを外します。
rd004.jpg

外れました。
rd005.jpg

そこに、ディレイラーの代わりにこのツールを取り付けます。
rd006.jpg

こんな感じで0時・6時・9時の位置でゲージをリムに当てて歪みを計測します。
rd007.jpg

ゲージの移動量をゴムリングで記憶させて、その差異を無くしていきます。これだけ差異がありました。15mmほどでしょうか。
rd008.jpg

で、この棒(ツール全体)を握って、グイッと手動で曲げて修正します。ゴムリングの中間になるように修正すれば平行が出ます。
rd009.jpg

修正が終わったらディレイラーの調整をして終了。

あと、このLifelineというメーカーから出ているこんなアイテムも買ってみました。
rd010.jpg
エマージェンシーハンガーというやつです。ある程度の調整幅があり大体の自転車にマッチするはずなので、ツールバッグに忍ばせておいてもしもの時に備えます。

説明書には、緊急用なので変速しないで下さいとか、スプリントしないで下さいとか書かれていました。変速ぐらいは許して〜。
rd011.jpg

10g。確かにスプリントしたら折れそうだ(笑)
rd012.jpg

ラベル:自転車 修理 工具 DIY
posted by ないちん工場長 at 00:29| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

2015年の通信簿

以前から何度かお伝えしておりますが、当ブログに貼り付けてあるamazonのリンクは全てアフィリエイトです。こちらをクリックしてamazonサイトに入り、何かしらの買い物をしていただくと買い物金額に対して数パーセントの手数料が私のフトコロに入ってきます。と言っても、現金が振り込まれる訳ではなくamazonギフトカードという形で私のamazonアカウントへ還元されます。

それもあってか、当サイトのアクセス解析とamazonアフィリエイトのアクセス解析はほぼ毎日チェックするのが日課となってます。そこで、記事のアクセス数や内容に連動してamazonの商品購入があった時は思わずニヤリとしてしまいます。決して売るための記事を書いているんじゃないんですが、日記に共感してもらえた、見に来た人のお役に立てたという実感が嬉しく、ブログを書くモチベーションにもなりますネ。

最近の傾向としては、工具系の記事のアクセス数が多く、KTCやネプロス、クニペックスといった割とお高級な工具の購入が増えてきました。みんな寒くてシーズンオフに入ったんでしょうか(笑)

あとは、amazonで買い物をする際にわざわざウチのアフィリエイトを経由して行ってくれると明らかに分かるような、生活必需品や事務用品・備品の購入も嬉しいです。いつもありがとうございます。

と、毎度の事ながら長い前置きはこのぐらいにして、成績発表です。
※参考:2015年上半期の成績はこちら。

2015年の年間売り上げは・・・
amazon.jpg
売上325,266円、手数料10,141円でした!下半期は上半期を少し上回った形になりました。ありがたや〜ありがたや〜

ちなみに、ブログの日別アクセス第1位は12月10日に「エリーゼの為に、サイクルキャリアを」の記事がアクセス数480件/日をたたき出し、ブログランキングも歴代最高位のカテゴリ25位まで登りつめました。
hit.jpg

ブログを更新した時に、連動しているFBからイイネやシェアをされた時はポンッとアクセス数が上がるんですが、この12月10日だけは謎でした。ロータス・エリーゼのオーナーの方に当記事のシェアをされた時もかなりのアクセス数だったんですが、この日はそれを上回るアクセスでした。なぜだ?!

そんな感じで今年もどうぞご贔屓に。
posted by ないちん工場長 at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

サイクルスタンドを手直しして納品しました

昨年というか先月、行きつけの美容室で「マッチサイクルさんがやってきて美味しいコーヒーを淹れてくれる&ちょっとした自転車用品などの展示即売」という、俺得なイベントが行われました。ここの美容室「Trinity Hairstudhio」のオーナーも自転車好きなので、みんなが集まって自転車の話になると止まりません。

で、そのイベントの日に「自転車乗りが集まるならこれ使って下さい」と、ないちん工場サイクルスタンドを持って行きました。
std001.jpg
ちなみに、このぶら下がっている自転車は私がこの日に譲り受けた極上中古のMTBです。

後日そのサイクルスタンドを回収に行った際に、店先に設置したいとのご要望をいただいたので、これを手直しして持って行く事にしました。その時に打ち合わせをした手直しポイントは(1)設置場所に合わせて幅を詰める、(2)設置場所の段差に合わせて片方の足を延長する。で、もう1つ勝手に(3)ワイヤーロックを通す穴を増設する、も追加しておきます。店先とは言え、大事な自転車をロック無しで放置しておくのは落ち着かないものです。

穴の開けっ放しでは芸がないので、トリマーで面取りをしておきます。
std002.jpg

ハイエース内装DIYの時に購入したこのトリマー、価格の割に性能が良くかなりサクサク削れます。切削抵抗が手に伝わって来ないぐらいスルスル進みます。普段はアルミばかり削っているのでそう感じるだけかもしれませんが(笑)。しかし、扱いやすいし物もしっかりしているので、欲しいけど何を買えばいいか分からないという方には自信を持ってオススメできます。
std004.jpg


幅を詰めた部分もしっかりと面取りして、切断面には軽く塗装をしておきます。
std003.jpg

完成!
std005.jpg

自分で言うのもナンだけど、オッシャレ〜
std006.jpg
ラベル:自転車 修理 工具 DIY
posted by ないちん工場長 at 22:52| Comment(2) | 日曜大工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

竜門ダムとナポリピッツァDE初ライド

新年あけましておめでとうございます!
思ってもない人から「ブログ見てます」と言われたり、年賀状にも「ブログ見てるヨ!」と書かれたり、色んな人が読んでくれているのを噛みしめながら、今年もマニアックでどうでもいいネタを書いて行く所存であります。

1/2に予定していた走り初めを夜更かしのしすぎでスルーしてしまった所に(予定時刻にちゃんと起きて、朝食を食べながら迷った結果、眠いのでヤメました。寝坊ではありませんので念の為)、3日に竜門ダムへサイクリングしませんか?とのお誘いを思い出し、参加してきました。

ルートやメンバーなどの詳細は知らされず、集合時間と場所だけ聞かされて到着した北熊本のマクドナルド前。メンバーは自分よりもだいぶ速い人達ばかりで不安をよぎらせながら総勢5人で出発します。

途中、鞠智城でトイレ休憩やら撮影タイムやら。
zome001.jpg
反対側の景色もとても綺麗でした。
zome002.jpg

そこから下って、登って、竜門ダムへ。
zome003.jpg
車でしか行った事がないし、かなり昔で全く覚えてなかったので心配していましたが、そこまで激しい登りもなくすんなり到着しました。

そこから少し下って、きくち観光物産館へ。
zome004.jpg
ランチ予定のお店の開店まで少し時間があるので足湯に浸かって時間調整をします。
zome005.jpg

途中、ピザを食べるとだけ聞かされていて到着したのはこのお店。
zome007.jpg
そう、念願の「ナポリピッツァ研究所 イルフォルノドーロ」です。

開店3分前に到着した時点で先客が1組おり、食べている頃には満席&待ち客でごった返していました。
zome006.jpg

メンバーの提案により、せっかく5人いるんだから5種類注文して好きにつまみましょう!という事で、大人買いならぬ、大人注文を。ピザが出来上がるまでのしばしの間、競輪&競輪場トークで盛り上がりちょっと嬉しかった。

運ばれてきたピザは・・・ドン!!
zome008.jpg
菊池マルゲリータ、クワトロフォルマッジ、ベーコンミックス、アンチョビ、なないろ農園。写真一番手前の「なないろ農園」は食べられる花びらがのっていて、見た目も華やか。味もこれが一番好みでした。

今日運動した分プラスアルファの分までカロリーを摂取して、満腹で帰路へ。
zome009.jpg
1月3日にもかかわらず最低気温9度・最高気温15度の好天に恵まれ、ビブタイツ(短パン)&長袖ジャージ(+ウインドプレーカー)で超快適な、走行距離約80kmのサイクリングでした。
posted by ないちん工場長 at 23:40| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする