2016年04月30日

超簡単な監視カメラ「スマカメ」

今回の震災で、遠くはなれた場所の状況をすぐに把握したいというシーンは多かったんじゃないでしょうか?お店がどうなっているか知りたい、家がどうなっているか知りたい、しばらく家から離れるのでどうにか監視したい・・など。それを安価で簡単に実現する監視カメラをご紹介します。

sc01.jpg
スマカメ
スマカメナイトビジョン

簡単に説明すると、カメラ設置場所にネット環境と電源がある・スマートフォンを持っているという2つの条件を満たせば運用できます。

<大まかな流れ>
カメラ本体を設置する→電源をつなぐ→ネットをつなげる(有線LAN・無線LANどちらでもOK)→スマートフォンに専用アプリ(無料)をインストール→アプリを立ち上げて自宅のカメラを登録&画質などの設定

わずか5ステップほどで完了します。今までのネットワークカメラのような難しい設定はいりません。

開封の儀
sc02.jpg

同梱内容
sc03.jpg

組み立てるとこんな感じ
sc04.jpg
カメラ映像の設定で、上下反転・上下左右反転などが選べるので、置いて設置も逆さ吊り設置もOKです。

また、アプリで「カメラ追加」もできるので、複数台の運用もできます。
sc05.jpg

動体検知モードも付いていて、動体を検知したらお知らせを鳴らしたり、挿入したmicroSDへ録画をしたりする事ができます。アプリ上からは、リアルタイムに映像を見ながら、写真を撮影したり音声を聞いたりできます。

1万円にも満たない金額でちょっとした安心、一家に一台どうでしょうか?
※一通り設定が終わったら必ずパスワードを変更して下さいネ


夜に暗視撮影ができるスマカメ・ナイトビジョンの方がオススメ
ラベル:Team物欲 カメラ
posted by ないちん工場長 at 08:14| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

体と心、リハビリライド★グルメもあるヨ!

rb001.jpg
体調を崩してしばらく乗ってなかった体と、色々な気持ちでとっ散らかった心をほぐすためにリハビリライドをしてきました。え?家ですか?まだ壊れたままだし、屋内はぐちゃぐちゃのままです。今日できる事は明日やればいいんです。しないけど。

「リハビリライドしたいです!」と声を掛けたところ、4人の有志が集まってくれました。僕のためにありがとうございます(たぶんみんな気晴らしに乗りたかっただけ)。ルート考案はいつもの頼れるお坊さん。大体の時間と運動強度を伝えると、いつも楽しい所へ連れて行ってくれます。今日はフードパルの入り口付近に集合、そしてどこかへ出発します。たぶん北の方へ。

少し登るとそこには玉東町の看板が。
rb002.jpg
裏から見ると、熊本市。当たり前か(笑)
rb003.jpg

その少し先の激坂を華麗にスルーし、
rb004.jpg

また少しグネグネ行くと、ひと気の無い公園が。西南戦争の慰霊碑がそびえ立つ、景色の良い公園(写真は撮り忘れました)。そこで、コーヒーを振る舞ってくれました。なんと豆を挽くところから!これが深炒りで超ウマイの。お替り!と言いたかったけど、我慢しました。
rb005.jpg

そこから下って、下って、
rb006.jpg

たどり着きました。ランチスポット。
rb007.jpg
ちょうど前夜にダウンタウンの浜ちゃんのテレビ番組で要潤とさぬきうどんの事をやっていて、さぬきうどんがすごく食べたいと思っていたのでタイムリーでびっくりしました。

メニューもシンプル。生じょうゆ(つまり麺のみ)、ひやひや(うどん冷・だし冷。以下同ルール)、ひやあつ、あつひや、あつあつの5種類。それにお好みで天ぷら(1品100円)などを自分で選ぶシステム。いなりとオニギリもあったかな?

生じょうゆ(300円)+大盛150円と、大根おろし(50円)、温玉の天ぷら(100円)、カボチャの天ぷら(100円)にしました。
rb008.jpg

これにしょうゆを掛けて〜の、
rb009.jpg
あ、ワカメはステキ女子におすそ分けしてもらいました。惚れてまうやろ。

温玉を割り〜の。
rb010.jpg

結構満腹になりながら、うどん屋さんを後にして、次は食後のデザートスポットへ移動します。うどん屋さんを出て200mぐらい先だったので、ほんとに食後のデザート(笑)
rb011.jpg

イチゴがウリのお店みたいですが、不知火っていう名前のデコポンも置いてました。
rb012.jpg

メニューを見たらテンション上がるぅ〜
rb013.jpg

私は迷う事なく生いちごソフトを。
rb014.jpg
いちごソース・ソフトクリームと一緒に食べてもちゃんと甘い生いちごのパワーに圧倒されました。ケーキ屋さんのショートケーキのいちごが全てここのいちごだったらどんなに幸せか?というぐらい美味しいいちご。

何かのソフトに特別にりんごトッピングをしてもらったものや、
rb015.jpg

デコポンのソフトクリームもかなり美味しそうでした。ワッフルコーンもお店の手作りだそうです。
rb016.jpg

そこからまた登ったり、
rb017.jpg

登ったりして、
rb018.jpg

定番?のナルシストの何とか(丘だっけ?椅子だっけ?)。
rb019.jpg

でまた、下ったり登ったりして、いつもの「峠の茶屋」看板へ。そこで解散。お疲れ様でした&ありがとうございました。
rb020.jpg

現実逃避したくなるほどつらい思いをしているわけでもなく、天気が良さそうだから自転車に乗ろう!ぐらいの軽い気持ちでサイクリングに出掛けたんですが、とても気持ちがスッキリしました。まだまだやる事が山積みで、こんな事やってる場合じゃないんですが、考える事がたくさんあって頭の中がごちゃごちゃと忙しくなった時こそ、ひたすらペダルを回して、美味しい物をお腹一杯食べて、一度頭の中を空っぽにしてみるのもいいと思います。
posted by ないちん工場長 at 22:58| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

震災メモ色々

大地震を実際に体験して、気付いた事、大事な事などを忘れないうちにメモしておきます。

【14日(木)1回目の震度7】
大混乱にはなったものの、翌日金曜の昼間はガソリンスタンドもスーパーも普通に入れて混雑する事もありませんでした。さすがに飲料水は売り切れていたけど、お茶やその他飲料、食料品など不自由なく買い物できました。この時点では水道・ガス・電気は生きていました。余震回数も減ってきて、収束ムードというかもう終わってほしいという希望的観測により完全に気を抜いていた方も多かったんじゃないでしょうか。私は知人のアドバイスもあり念のため、ハイエースと原付バイク(GROM)のガソリンを満タンに。そしてお茶やパン、冷凍食品や即席麺などの食料もある程度買いこみました。米も買ったかな。

【15日(金)2回目の震度7】
正確には明けて1時26分だったので16日ですが、、まあそれは置いといて、この2回目の地震で被害は一気に拡大。水道・ガス・電気のライフラインが途絶え、建物は壊れ、道路や橋が不通になる。ここで物資の不足が加速します。ガソリンスタンドは大行列で1時間以上待ちのうえ数量制限、飲料水の配給も大行列、スーパー・コンビニなど店舗はほとんど開いていないという状態に。生活用水も不足してトイレも困ります。

水に関しては給水ポイントが徐々に増え、井戸水を電気ポンプでくみ上げている方が自宅の水道を開放したり、江津湖の湧水をくみに行ったりと、くみに行ける人は何とかなる程度になるものの、容器が不足していました。

【そして3、4日経つと飲料水・食料は供給過多に。】
全国各地からありがたい支援物資が届き出すのと、流通が復旧してスーパー・コンビニが機能し出すのがほぼ同じタイミング。水・保存食・お菓子が余って増えて行きます。そう、普段の生活よりも物(主に食料品)が増えます。

震災から13日目、困っている人の多くは、寝る場所が無い・ライフラインの復旧待ち(風呂に入れず銭湯では1時間以上待たなければならない、料理できない、トイレが不自由)がほとんど。
なので、飲料・食料の備蓄はそこそこ(3,4日分)に、生活用水の確保とテントや寝袋などのアウトドアグッズを比較的出入りが容易な屋外物置や車のトランクなどに準備しておくと良いかもしれません。

我が家はと言いますと、実家にある備えと総動員して何とか乗り切りました。

東日本大震災を受けて、もしもの備えにと買っておいた発電機(実家の機材)と私のガソリン携行缶。
hh.jpg
これで電気が復旧するまでの二日間、実家の2台の冷蔵庫やケータイ・スマホの充電をまかないました。

水用のポリタンク2つは私のサーフィングッズ。
pump01.jpg

特にこの冬のサーフィンのお供、電池式ポンプシャワーは大助かり。
pump02.jpg

黒いレバーを倒すと、勢いの強いジョーロのようなシャワーが出ます。
pump03.jpg
カセットコンロとヤカンで沸かした熱湯と水でぬるま湯を作り、簡易シャワーに。

左は電池不要の手動ポンプ式。20回のプッシュで1.5L出るそうです。
右はラクラクな電動式(電池orシガー電源)。

そして就寝はハイエースのベッドに。
bed01.jpg

横幅170cm、縦184cm、家族で足を伸ばして川の字になって眠れます。
bed02.jpg

今までの自分の趣味が全て役に立っているようで、一気に元をとった気分。ほらね、ハイエースを買ってて良かったでしょ?と奥さんに言える!言いたい。言えないけど。

ただ、生活は問題なく出来てるってだけで、自宅の修繕工事はいつになるかわからないし、屋内の片付けもほぼ手付かず(やっと家の周りが終わったぐらい)。日常生活を取り戻すには程遠いですナ。
posted by ないちん工場長 at 20:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

こちら、熊本市ド真ん中

文字通り激震が走りました。
発生当時は通信制限により電話が全く繋がらない状態。遠方の沢山の友人たちからメールやSMS(ショートメッセージサービス)、Twitter、Facebookなどあの手この手で私の安否確認の連絡がありました。気にかけて頂きありがとうございます。家族、近所に住む両親ともども怪我もなく無事です。この場を借りてご報告します。

まだまだ余震が続き、全く気の抜けない状況ではありますが、工務店さんに電話したところ、できるだけたくさん写真を撮って送って下さいとの事だったので、写真の整理がてら少しだけアップします。

1回目の時は自宅内で被災。割れ物や家具のずれ・転倒など少し出たものの、割と被害は少なく楽観視していました。ただ、屋内で寝るのはさすがに気色悪いので、ハイエースをガレージから自宅前の袋小路に出して、車中泊しました。

そして翌日、昼間はバタバタと動き回ったあと、自宅で軽く夕食をとり団らんの時間。余震もだいぶ減ってきて収束ムードが漂いながらテレビなどを見て過ごす。しかしさすがに睡眠という無防備な時間を築28年の木造家屋で過ごすのは気色悪いので、また自宅前に出したハイエースの中で就寝。そこで2回目のドでかいのをくらう。車が横転するんじゃないか?というぐらい揺れたあと、崩れ落ちてきた瓦の雨が車を直撃。そこから急いで近所の広い店舗駐車場へ移動し、一夜を明かして歩いて家を見に行きましたが、道中に落ちたガレキの山で、車では近付けない状態に。屋内は予想以上に悲惨な状態でした。


ぐっちゃぐちゃ。
js004.jpg
js005.jpg
js006.jpg
折り重なって倒れた上に、用品やら工具やらが棚から落下して直撃していたカーボンロードバイク2台はもうダメかもしれない・・けどまだ状態は確認していません。趣味の物は当然後回し。他にするべき事が山積みで。とはいえ、生活の一部になってしまっている自転車。これがヤラレているとさすがに萎えるなぁ。BOMA(ボーマ)さん、KUOTA(クオータ)さん、神対応をお待ちしております。

こんな中、自分の事は後回しにして会社に出てきている人や、店を配給&避難スポットとして開放しているショップさんの活動を見ると本当に頭が下がります。

とりあえずの近況報告でした。同情しなくてもいい、カネをくれ!
posted by ないちん工場長 at 21:03| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

ハンズマン・ガラクタ市(2016年春)

garakuta01.jpg

ガラクタ市の前後で当ブログのアクセス件数がハネ上がるのは毎度の事。「ガラクタ市」で検索すると、NAVERまとめサイトで当ブログの写真が使われ、出典としてリンクが貼られていました。そんなのも要因の1つかな?しかし、そういうのを期待してガラクタ市に足を運ぶ人の為にあえて書きます。

今回、2016年春のガラクタ市は前回の2015年秋に引き続き大ハズレでした。掘り出し物を見つけるという意味でのガラクタ市はもうオワコン(終わったコンテンツの意)なのかもしれません。

駐車場の埋まっている割合は普段とは比べ物にならないぐらい多かったけど、従来のガラクタ市のように駐車場に入りきれない車の列がバイパス沿いに溢れている光景を見なくなったので、客足も徐々に遠のいているのではないでしょうか。ガラクタ市と言えば、チラシにも載っていない掘り出し物をガラクタの山から発掘するのが最大の楽しみで、今までは途中投入されるアイテムがあり期間中にタイミング良くそれに出会えればラッキー!という展開があったんですが、ここ数回は途中投入もなく日に日にガラクタ陳列スペースが空いていく自然消滅パターン。と言う事は、木曜開始のこのイベント、朝7時オープンの店で一番良い状態でお宝発掘を楽しめる一般人はどれ程いるのでしょうか?お店がそういう層(いつでも買い物に行ける悠々自適な生活を送っている富裕層)をターゲットにしているなら成功していると言えますが、果たして実際はどうでしょう・・

ガラクタ商品の質も下がったというか、いつも楽しみにしている工具に限って言えば同じような、見飽きた物ばかり。何かそういう激安品を扱う仕入れルートでもあるんでしょうね(笑)

と言った感じで、ガラクタ市は「普段より”広告の品”の掲載点数が多いだけの単なるセール」になりました。いつもチラシは出しても実はセール品の点数が少ないハンズマン。こんな事ならわざわざコストを掛けて捌ききれない客を1点に集中させるよりも、普段のセール品点数を増やして集客を分散させた方がトータルではプラスになるような気がします。ガラクタ商品が集まらないなら無理して開催しなくてもいいです。

余談ですが、私は掘り出し物を見つけるのが一番の楽しみで、決して転売などは一切していない事をここに誓います。
garakuta02.jpg
ありがたく使わせてもらっているものもあれば、倉庫の肥やしになっているものもありますが(笑)

今回は2度、お店に足を運びましたが、もしかしたら本当にタイミングが悪かっただけかもしれません(まあ、今までずっと見てきた身からすると、とてもそうは思えませんが)。実際は途中追加品もたくさんあったし、質も落ちていないヨ!という事であればゴメンナサイ。どっちにしろ、そこらへんは自分の目で確かめるしかありませんけどね。そして、ここまで酷評しても、結局は次回も行ってしまうんだろうなぁと思うないちん工場長でした。オワリ。
ラベル:DIY Team物欲 工具
posted by ないちん工場長 at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする