2016年06月30日

ヘルメットを勝手にナショナルチャンピオン仕様?に。

去年かおととしのツール・ド・フランスでチームSKYが使っていて話題になった、パカッとなるヘルメット。フォルムは好きなんですが、好みのカラーリングが無かったので白色を購入し、自分好みのカラーリングにする事にしました。

閉じた状態から〜
kask01.jpg

パカッ!
kask02.jpg

この可動式シェルはネジ2本で簡単に取り外せるので、
kask03.jpg
ここの色をお手軽に変えてみて、しっくりきたら塗装してみようかと思います。

まずは日の丸仕様に。やはり下地が白だと真ん中に赤を入れたくなりますよね。カッティングシートでお手軽に色を変えます。ラッピングってやつですね。
kask04.jpg

貼りました。
kask05.jpg

装着すると・・・
kask06.jpg
kask07.jpg
ん〜微妙〜(笑) 真ん中のシルバーが合ってないのかな?
それとも、しばらくすると見慣れるのかな?飽きたら次はカーボン柄にしてみよう。

後頭部右側に空きスペースがあったので、ないちん工場ロゴを入れておきました。
kask08.jpg

円高万歳!
ラベル:Team物欲 自転車 DIY
posted by ないちん工場長 at 00:09| Comment(6) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

自転車xジョーブレイカーは正解なのか?

サイクルロードレースのトッププロ、マーク・カヴェンディッシュが開発に携わり、オークリーとしては初めてサイクルスポーツに特化したモデルを出すということで話題になったJawbreaker(ジョーブレイカー)。自転車用と謳うだけあって、自転車乗りにはありがたい仕組みがいくつかある。
cav-4.jpg
※写真はcyclist.sanspo.comの記事より。詳しい説明は左記サイトへ飛んで下さい。

発売当初はお店に足を運び、実物を触り、試着などをしてみた。確かに機能はすごく良い。よく考えられている。でも、カッコイイかな?うん、はげしくカッコ悪い。(個人の感想です)
jaw05.jpg※サイクリング仲間に借りて撮影。少なくとも自分には似合わない(笑)

sagan.jpg
乗り方・勝ち方・普段の姿、どれをとってもカッコイイ世界王者のペーター・サガンが装着しても、ん?あれれ?である。

デザインもさることながら、作りも非常にチープ(価格の割には)。軽さを考えたらプラスチックになってしまうんだろうけど、フレーム部の質感はお子様ランチに付いてくるオマケのオモチャを彷彿とさせる。初代ロメオやジュリエットなどのX-METALシリーズからオークリーに惚れ込んだ自分としては、「どうした!?オークリー??」である。そして、国内正規代理店で買うと37,800円、海外通販で買うと2万円からお釣りがくるというのもモヤモヤポイントの1つ(笑)

以上、貧乏人のヒガミでした。終わり。

いや、終わりません。実際、自分もそろそろ海外通販で買うつもりで、カウントダウンが始まっていたんですが、先日オークリーストア福岡に立ち寄った際に別の物に一目惚れし衝動買いをしてしまいました。

そのモデルは、「EVZERO PATH(イーブイゼロ・パス)」。
evzeropath.jpg
※写真はオークリージャパンサイトより

前述のジョーブレイカーのウリの1つに、「前傾姿勢をとった際の視界を確保する為にレンズの上部周辺の面積を拡張」とあるが、じゃあそれってフレームも邪魔じゃね?と思っていたので、まさにこれだ!と見た瞬間に思いました。そして、EVZEROは「限りなく0gに近い」というコンセプトなので、本体そのものの重量も軽いが、フレームレス構造によりテンプルを締めつける力がレンズの弾性のみになり着け心地も非常に軽い。価格も21,000円(税抜)と、オークリーにしては安い。海外通販でも税込19,000円程度で差がほとんどないのもポイントが高い(笑)

EVZEROのシリーズはレンズの大きさ・形状によりPATH(パス)とRANGE(レンジ)の2種類がある。
レンズが小さい方が私の購入したPATH
evzeropath.jpg

レンズが大きい方がRANGE。どちらもプリズムロードレンズ。
evzerorange.jpg

別々に見ると分かりづらいので、画像を重ねてみました。
hikaku01.jpg

え?分かりづらい?じゃあ、PATHの輪郭に線を引きます。
hikaku02.jpg

差だけを見るとそうでもないように思えますが、小さい方のPATHでもそれなりに大きいです。目を守るものなので大きいに越したことはないんですが、自転車に乗る時はヘルメットを被るのでヘルメットとの干渉も考えなければなりません。オークリーストアに立ち寄った時はレーシングジャケットを着けていたので、それと比較してPATHを選びました。RANGEはヘルメットと干渉する可能性が高いです。

そこで、レーシングジャケットとEVZERO PATHとの比較。
jaw03.jpg
jaw04.jpg
大きさほとんど同じ。つまり、レーシングジャケットのフレーム部までレンズ、と考えてもらえればOKです。

ついでに重さも比較してみました。
jaw01.jpg
jaw02.jpg
元がプラスチックなのでそれほど大きい差はありませんね。なのにこの着け心地の軽さはなんだ?というほど軽く感じます。

つまり、ジョーブレイカーは正解か?・・・そんなモン、好きなの買えばいいじゃない。
以上、サングラスを衝動買いしてしまった自分に言い訳をする日記でした。
最後まで読んでくれてありがとうございました。
posted by ないちん工場長 at 20:06| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

震災復旧のDIY、終わらぬ補修

ないちん工場のポリシー、「自分でできる事はなるべく自分でやりたい(楽しさ一番、予算は二番)」とは少し違い、今の熊本では業者さんに依頼したくても途方もない順番待ちがあり、価格も相場の2〜3倍が当たり前という現状であります。

2度目の本震で降り注いだ瓦は、カーポートや自動車のみならず、物置の屋根にもダメージを与えていました。
inaba01.jpg
これは大きな瓦を取り除いた後。瓦の下に敷き詰めてある土もたくさん落ちています。激しく瓦がヒットした部分に大きなヘコミができて水たまりができています。水たまりができているって事は下には落ちていないな、と解釈して放置していました。

が、その判断が間違いでした。優先順位からして後回しだったのと、物置の扉を開ける用事がなかった、扉を開けたくない理由があった事もありしばらく放置していたら実は雨漏りしていて、中に水たまりができていました。

説明書・マニュアル類が濡れてブヨブヨ、カビが生えていたり。工具の外箱もカビだらけ。ほとんど紙類は捨てなければならなくなりました。※写真は無事だったもの(なんぼかマシだったもの)
inaba02.jpg
inaba03.jpg


ちなみに、物置の扉を開けたくなかった理由はこちら。
inaba07.jpg
パーツBOXで綺麗に仕分けしていたネジ類が散乱し、扉を開けるたびに雪崩が起きてレールに入り込んで開け閉めが困難になるから。

このままでは物置も意味を成さないので修理します。
まずはダメになった屋根材を外して、
inaba04.jpg

新しく買ってきた屋根材を適正サイズにカットして、ハメました。終わり。
inaba05.jpg
材料費は、我らの味方ハンズマンにて432円!今日のスコールのような大雨でも雨漏りなく耐えました。

とまあ、自分で出来る事はいいんですよね。生活は普段通りに戻っても、ずっと心に引っかかっているのは屋根の修理。
inaba06.jpg

冒頭で少し触れましたが、熊本では屋根修理の人手も材料も不足している状態です。会う人会う人に「瓦屋さん知らない?」と声を掛けた結果、実際に屋根を見に来た瓦屋さん0件、瓦屋さんが動けないからと代わりに見に来た工務店が2件、ざっくりと見積りが出せるからと家の面積だけ聞いて凄い値段を言ってきた業者2件、あやふやになって自然消滅した業者2件という感じ。

住む家すらなく避難所で暮らしている方々もたくさんいるのでゼータク言ってられないんですが、屋根が不完全なのもまあまあのストレス。もうすぐ台風もやってくるし、どーにかならんかなぁ〜
ラベル:修理 DIY
posted by ないちん工場長 at 23:45| Comment(4) | 日曜大工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

フロントドア用防虫ネット

お久しぶりです。2年ぶりのハイエースネタです。

2年前の「ハイエースに蚊帳を。」記事で、スライドドアとリアゲート用の防虫ネットについて書きました。今回は残りの窓、フロントドアガラスに防虫ネットを取り付けます。ワゴンGLはスライドドアが左側にしかないので、ドアを開けても風が通りません。外気を入れるには運転席の窓を開けるのが望ましいからです。

購入したのは「ジェット イノウエ」のECOネット。防虫&日よけと書いてあります。
net01.jpg


収納状態はポップアップテントのように三つ折りに畳まれています。
net02.jpg

で、手を離すとバフッ!と一瞬で開きます。
net03.jpg

取り付けは、窓を全開にして窓パッキンの隙間に防虫ネットの枠を差し込んでいけばOK。ジャストフィット過ぎて慣れないうちはちょっと苦戦するかもしれませんが(それでも1分もかからないと思いますが)、コツを掴めば簡単です。

すんごいクオリティ。
net04.jpg
net05.jpg


2年前に購入した防虫ネットも全く問題なく使えております。
net06.jpg

こういった季節商品は安ければ安いほど、ショップはそのシーズンで売り切ってしまう傾向にあるので、必要性を感じてからではすでに遅いです。売り切れています。できるだけ安く購入したい方は早めの購入をオススメします。
posted by ないちん工場長 at 23:05| Comment(0) | 200系ハイエースワゴンGL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

ハイスピード迷子サイクリング

大藪サイクルの山鹿サイクリングイベントに家族で参加してきました。

水辺プラザかもとに集合。いつものことながら、20名で締切ります!という割に参加者が多い(笑)
yc001.jpg

まずはロードコース(約80km)のスタート!ぼちぼち出発します。
yc002.jpg
お馴染み?のステキ女子もちゃんといましたよ(笑)
yc003.jpg
ステキ女子に会いたい方は、大藪サイクルで自転車を購入してイベントの参加権を得て下さい。※これは宣伝です

そしてステキ女子に気を取られて、サイクルコンピュータのスタートボタンを押すのを忘れていました。
lost01.jpg
スタート地点(緑)とゴール地点(赤)が一致していないといけないんですが・・2kmほど遅れてスタートを押しました。今思えば、これが後に起こるハプニングの予兆だったのかもしれない。

ほどなくして登りに入ると、金峰山朝練仲間のお二人が後続をグイグイと引き離しにかかっている。
yc004.jpg
いつものように後ろからプレッシャーをかけて、火を点けるだけ点けて自分はさっさと千切れる作戦をしようと、猛ダッシュで追い付いて後ろに張り付いたのに一向に火が点いてくれない。気付けば3人一緒にハイペースで登ってました・・・。

そこそこ登った所で分岐点が。林道か、鯛生金山か。さすがに林道は無いだろうと、直進。
yc005.jpg

ちょっと開けた場所で後続を待ちませんか?という事になり、待てど暮らせど誰もやって来ない。
yc006.jpg
これはどう見てもおかしいだろ?という結論に至り、先ほどの分岐点まで戻る事に。
以下の地図の青丸の部分が分岐点で、左上に曲がって行くのが正解だったようです。3kmほどムダ走り。
lost02.jpg
分岐点から正解ルートへ入ると、最後尾を発見しました。つまり、先頭グループから一気に最後尾に転落。ま、レースやってるワケじゃないから全然いいんですけどね。

そこから結構なアップダウンのある面白いコースを走り抜け、2番手グループへ合流。広い道に出ると、先頭の人が40km/hオーバーのペースで牽きだしたので頑張ってついて行く。するとあっという間に昼食会場の「ゆ〜かむ」へ到着。
yc007.jpg
実を言うとここでも迷子未遂をしてしまいまして、危うく通り過ぎる所でした(というか、先頭の人は通り過ぎてしばらく走っていました)。

ここでは1,200円でバイキング料理をいただきます。
yc008.jpg
料理の方は写真を撮り忘れたので、デザートを。
yc009.jpg

昼食会場を出てすぐに前を走る小集団が分岐点で逆方向に行ってしまう(ゴールから遠ざかる)ハプニングが発生。私は偶然、頼れるお方のそばにいたので難を逃れました。あの人たち、逆行っちゃったよ〜!と皆で待っているの図。
yc010.jpg

そこからまた鬼牽き合戦が始まり、鉄砲玉たちが脇目も振らず突進した結果、またもや迷子に(笑)
yc011.jpg
現在地はここで、分岐点があそこだったのかな〜?なんて話してます。

本当は青丸地点で右下に左折しなければならない所を、まっすぐ行ってしまったようです。戻りました。
lost03.jpg

迷ったおかげで、景色の良い所を通る事ができました。
yc012.jpg

ん!?UFOが写ってる(笑)
yc013.jpg

そしてまたもやハイスピードで正規ルートから外れた感触を肌で感じながら、何とかルート復帰?して「ゆうかファミリーロード」へ合流しました。
yc014.jpg

ゆうかファミリーロードではゆったりと談笑しながら。ほぼずっと「コルナゴ部長さん」としゃべってました。
yc015.jpg
yc016.jpg
yc017.jpg
yc018.jpg

やっとの事で正規ルートを走ってきた先頭メンバーに合流。
yc019.jpg
「あんたらドコ走ってたんだよ?」的な会話で盛り上がります。この地点からゴールの「水辺プラザかもと」まではすぐ近くで、サクッとゴール。ゴール地点ではどこそこで大ダベリング大会が行われてました。我が家はダベリングは程ほどに、水辺プラザでソフトクリームを食べて温泉に入って帰路につきました。お疲れ様でした。

で、基本的にはその日のうちに洗車です。特に雨の日に乗った時は大事なこと。
yc020.jpg
yc021.jpg
かなり汚れています。

ないちん工場の自転車洗浄グッズはこちら。
yc022.jpg
フレームは「フィニッシュライン・バイクウォッシュ」で汚れをふき取り、「ワコーズ・バリアスコート」でコーティング。チェーンは「パークツール・チェーンギャング」で。


器具に洗浄液を入れて、
yc023.jpg

器具内にチェーンを挟み込んでクランクを回すと洗浄完了。チェーンに付着した洗浄液&汚れをふき取る作業はあります。
yc025.jpg

チェーンが汚れているということは、スプロケットも同じなので外して洗浄します。
yc026.jpg

ピッカピカ〜
yc027.jpg
posted by ないちん工場長 at 00:40| Comment(6) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする