2018年10月22日

MTBクランク交換

我が家の嫁号MTB(フルサスマシン)は福岡の専門ショップ「takebow-tune Bikeworks」で組んでもらったもの。フレームだけ好きなのをチョイスして、あとは予算だけ伝えてフォークからホイール、コンポーネントまで全てお任せで組んでもらった。何の不満もない。逆に言うと、満足しかない。こちらのニーズを汲み取って、お金を掛ける必要がないものは最低限の物、しかしながら必要十分な作りのものをプロショップならではのノウハウを駆使してチョイスしてくれた。嫁号なのに何でオマエが使用感を語ってるんンだ?というのは置いといて。


でもね、Team物欲に所属していると欲しくなるんですよ、パーツが。
セールがあると買ってしまうんですよ、パーツを。

で、安さにつられてXTRクランクを買ってしまったのが10ヶ月前

xtr001.jpg
最上級グレードのXTRを下位グレードのXTより安い値段で買ってしまったものの、ダブル→シングル化するのに追い銭が25,000円ぐらい掛かると知って途方に暮れたまま放置していたら、新しいモデルが出て型落ちになってしまった一品です(笑)

XTRが下位グレードより安いってのがどれだけすごいかって言うと、シマノのコンポーネントは上から下まで8種類ぐらいグレードがあって、上位2番目までは徐々に価格が上がっていくのに、2番目から最上位グレードに上がる時だけ急に3倍近い値段になるという無慈悲な設定なのです。

一番のハードルだった取付ナット&ボルトのセット。
xtr002.jpg
ボルトと化粧ナットが4ペアで10,000円超もするので、安いところを探し続けていたらAmazonでたまに半額ぐらいになる周期を発見!2回目のチャンスでモノにしました。長かった・・・

シングルチェーンリングはポイントが貯まっていた楽天で安いところを見つけて、これも安価でゲット。
xtr003.jpg

シングルとダブルは固定ナットが違うんやで〜!と書いてある。
xtr004.jpg

これで晴れてXTRクランク(1コ前の型)がフロントシングル仕様になりました。まあ、SLXからXTRに変わって体感できる違いってのは所有欲以外に何も無いんですが、FC-M9020という品番の「トレイルモデル」はQファクターが通常のものより10mm広くなっているので、その部分で体感的な違いが出るか期待してました。
xtr005.jpg

で、ホームコースをくまなく試走してきました。舗装路メイン、少し荒れた舗装路、少し未舗装路。
xtr006.jpg
xtr007.jpg

なんかペダリングがしやすい気がする。XTRというプラシーボ効果は否めないけど、このフルサスマシンであれだけしんどい思いをして登っていた峠がいつもより楽な気がした。そもそもがフラットペダルなので実は全くカンケーないのかもしれない。しかし実際、STRAVAの区間タイムを見るとロードバイクで登った時(タイム計測を意識してない時ね)と変わらない。Qファクターが広くなってペダリングしやすいって事は・・・ガニ股なのかしら(笑)

ただ、スタンスが広がった分、いつものように下りコーナーの立ち上がりでペダリングを開始するとペダルが地面に接触してしまうので、そこだけがネガティブなポイントかな〜
posted by ないちん工場長 at 23:22| Comment(2) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

Switchのスイッチをスイッチしました(ややこしい)

sw001.jpg
ニンテンドースイッチをプレイしていると、ある日突然 あらら?あれれ?と勝手にあさっての方向にキャラクターが動くようになった。どうやら、スプラトゥーン2をやりすぎるとコントローラーのジョイスティックが壊れて誤作動を起こすようになるらしい。小学校のスプラ仲間はみんなそうなっているそうな・・・

修理できるのかな?と、ニンテンドーのサイトを見に行くと、修理代金2,160円。しかも送って修理してもらってまた送り返してもらうという無駄な時間も掛かる。その間、何もできなくなるので自分で修理できないかな?と。世界的に売れているものなら修理部品が出てるでしょ?と思って、Amazonを覗いてみると・・・あった!

2つで710円(2018.10現在)

送られてきたパーツはこんな感じ。説明書などは一切なし!まあ何とかなるでしょ。
sw002.jpg

カバーを留めているのはメルセデスベンツタイプの特殊ネジ。まあ、このへんは昔からケータイの改造をしていたので工具はある。
sw003.jpg

開いた!
sw004.jpg

もう一層剥いて、やっとジョイスティックにたどり着いた
sw005.jpg

壊れているのを外して、
sw006.jpg

新しいのを取り付け。
sw007.jpg

青い方とは中身の構造が若干違う
sw008.jpg

ジョイスティックの取付ネジがフレキコネクタの下に隠れていたりと楽しませてくれる
sw009.jpg

作業時間は写真を撮りながらでも5分ずつぐらい。ケータイやスマホの修理・改造ができる人なら難なくこなせるレベルじゃないでしょうか。
sw010.jpg
使用工具は主にスマートフォン用工具だけど、コントローラー内部のプラスねじだけはKTCのベビードライバーの食いつきが抜群に良くて、ネジをナメる事もなく、外れたネジもドライバーに食いついたままキャッチできて作業性が良かった。安いしオススメ。

ラベル:DIY おもちゃ 修理
posted by ないちん工場長 at 00:26| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

初めてのチェーン交換。のはずが・・・

1台目のロードは途中でコンポをグレードアップ、2台目のロードと1台目のシクロクロスは1から自分で組んだので、チェーンの装着経験はあるけれど、そんなに距離を乗る方ではないので摩耗によるチェーン交換は未経験。あ、ピストなんかはギア比によってチェーンの長さが変わるので、チェーン交換自体は山ほど経験はありますね。忘れてました。ついでに言うと、オートバイのチェーン交換も自分でやってたので作業経験自体は普通の人よりも多いかもしれない・・・


先日のツール・ド・佐伯に参加した時に、たまにチェーンが歯飛びしていた。そうだ!たしかうちにチェーンチェッカーがあったぞ!すっかり忘れてた・・使ってみよう!と、試してみました。

chc001.jpg
貼ってあるラベルによると、チェッカーがハマらなければオールOK!0.75mmの方がハマったらチェーンのみ交換、1mmの方がハマったらチェーンリングとスプロケも要チェックやで!という事みたい。

0.75mmは・・・すっぽりハマった
chc002.jpg

1mmは・・・ハマらない。セーフ!
chc003.jpg

今回、せっかくなので「携帯工具、どれにする?」の記事で紹介したトピークの携帯用チェーンツール「LINK11」を使ってみました。
chc004.jpg


というのも、携帯用チェーンツールは使い物にならない物が多いので、緊急時に困らない為にも一度使っておいた方が良いというのをどこかで読んだから。
chc005.jpg

結論は・・・めっちゃ使いやすい!
chc006.jpg
手が痛くなるほど力を入れる必要もなく、チェーンとのガタもなく、あっけないぐらい簡単にピンが抜けた。これは本当におすすめ。

で、チェーンを外すとチェーンリングとスプロケットの汚れが気になりだしたので外して、
chc007.jpg

そこまでやるなら・・と、ブレーキやディレーラーも外して、
chc008.jpg

中性洗剤を使ってゴシゴシと洗いました。
chc009.jpg

じゃあここまできたらフレームも!と、BB回りのチェック&清掃&グリスアップと、
chc010.jpg

フロントフォークを外してヘッド回りのチェック&清掃&グリスアップ
chc011.jpg
洗車の時は水をジャバジャバ掛けながらやるスタイルなんだけど、錆などの水分を起因とする劣化は全くありませんでした。最初の組み付けが良かったのかな?(自画自賛)

今朝、峠の茶屋〜ナルシストを走ってみたけど、不思議と乗り心地が良くなった。
chc012.jpg
何がどう良くなったのか?と言われると即答できないんだけど、鈍感な自分でも分かるぐらい滑らか&スムーズに。

気分が良いのでメリチェルまで足をのばして美味しいパンとコーヒーで朝活のシメ!
chc013.jpg
posted by ないちん工場長 at 00:12| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

「お土産は、おやつでいいのよ、お父さん」ツール・ド・佐伯2018に参加

今回も家族3人で車中泊の旅です。

子どもの自転車は、ペダルを外して
tds2018-002.jpg

ハンドルを90度回して、
tds2018-003.jpg

ベッド下へ収納。
tds2018-004.jpg

ロード2台は、MTB積載アダプターを作った時の応用で、取り付け位置に自由度を持たせたフロントフォークホルダーを利用。
tds2018-005.jpg

こんな風に荷室スペースの一番前に詰めて積載。こうする事により、家族3人分の自転車を積載したままベッドスペースが確保でき、就寝前のベッドメイクをしなくて済みます。
tds2018-006.jpg

外したフロントホイールは専用バッグに入れて、壁際にぶら下げ。
tds2018-007.jpg


前日入りなので、翌朝のパンを阿蘇のパン屋さん「豆の木」で調達。
tds2018-008.jpg

ランチは「道の駅すごう」の丸福で唐揚げづくし!
tds2018-009.jpg
tds2018-010.jpg

食後のデザートは「道の駅あさじ」で
tds2018-011.jpg

謎のスイーツ・たいパフェを頂きました。
tds2018-012.jpg

佐伯の前日受付開始までは少し時間があったので、久々にナイアガラを見に「原尻の滝」へ。
tds2018-013.jpg
何か妙に水量が多くて荒ぶってました

そんなこんなで会場へ到着
tds2018-014.jpg

ちょっと時間を潰したのち、夕食は回らない回転寿司「マルマン」へ
tds2018-015.jpg

というのも、ツール・ド・佐伯の参加者には1,000円の寿司チケットが付いてくるのです(大人のみ)
tds2018-016.jpg

一皿180円〜550円まであるちょっとお高級な回転寿司(しかし回らない)。チケットのお陰で思う存分食べる事ができました。
tds2018-017.jpg
※右の皿タワーは1008夫妻の分です(笑)

夕食後は「道の駅・弥生」で温泉に入って、
tds2018-018.jpg
会場の駐車場に戻り就寝。

翌朝は5時半に起きてテーブルセットを出し、コーヒーを淹れてゆっくりと美味しいパンを食べながらまったりと準備。
tds2018-019.jpg

陸上競技場の方で開会式を経て、
tds2018-020.jpg

スタート!
tds2018-021.jpg
ペースがちょうど良さそうだなーと思った小集団に付いて行ったら結構なハイペースでグイグイ進む。登りに入った所で「もう無理〜!」と離脱したんですが、その先の下りで落車が発生してました・・・下りきった所あたりで救急車とすれ違ったので早めの処置はできたと思いますがちょっとその後が気になりますね。

第1エイドでは名物の「うずまき」などを。もちろん両方の「あん」を頂きます。
tds2018-023.jpg

それと冷え冷えのコーラも。
tds2018-024.jpg
その後の全てのエイドでコーラは2杯ずつ頂きました。

次のエイドは見晴らしの良い山の上だと知ってるので、登ってる途中の「あと2km」は心折れそう・・
tds2018-026.jpg

空の公園へ到着!
tds2018-027.jpg

アジのまる寿司ゲット!
tds2018-028.jpg
tds2018-029.jpg

何だこのパン?ここのエイドで初めて見るような・・と思いつつ、美味しく頂きました。
tds2018-030.jpg

帰宅してツールド佐伯の公式FBページを見たら、、、
tds2018-001.jpg
アジのまる寿司が無くなった時に代替品として振る舞われるものだと書いてありました。そんな説明もなく、フツーに配ってましたけど(笑)

次の昼食会場までは主に海岸沿いを走ります。ちょっと向かい風が強かったので、見知らぬこの方に牽いてもらいました。
tds2018-031.jpg
ここの区間、時おり見通しが悪くて狭い急カーブがあって、凄い勢いで車が突っ込んで来るので用心しながら走ってましたが、前を走るこの方も「あわや・・」という瞬間が1回だけありました。実際、車と正面衝突する事故が発生したという噂が・・・

この海岸線の景色は最高でした。自撮り技術は非常にザンネンですけど。ほぼ腕の写真!
tds2018-032.jpg

昼食エイドへ到着!
tds2018-033.jpg
空いてて非常に快適でした。

あつめし、干物、ごまだしうどんの豪華セット。
tds2018-034.jpg

なるべく危険が少ないように&一般の人の迷惑にならないようにという主催者の苦悩がうかがえる、たまに出現する「歩道を走ったり、ぐにょぐにょ行ったり来たり」の道。迷わないように地面に矢印が書かれているのはありがたいですね。
tds2018-035.jpg

ここの川沿いはちょっと向かい風が強くてしんどかったです。
tds2018-036.jpg

気温は快適そのもの!最高の自転車日和。
tds2018-037.jpg
しっかし、そこそこの登りと向かい風区間を走ってきたにもかかわらず、ここまでの平均速度が27km/hっていくらなんでもオーバーペース。これ、後半持つかな?という不安がよぎります。

そんな心配をよそに、胃袋に追い打ちをかける私設エイド。
tds2018-038.jpg

いつもありがとうございます!
tds2018-039.jpg
ちょうど居合わせた若者が「こういうイベントに初めて参加したんですが、めっちゃ楽しいですね!」とエイド主に話しかけてて、「この先5kmに公設エイドがあるけどなっ!」「え!ここ公設じゃないんですか?」「ここはね、勝手にやってるとこなんよ。日本一の私設エイド目指してる!」っていうほほえましい会話を横で聞きながら椅子に座ってまったりと休憩。

で、すぐに公設エイドの「やよい」へ到着(笑)
tds2018-040.jpg
ここの右3人のレディの黄色い声援が凄まじく、ずーっと笑いっぱなしのエイドでした。笑いのパワーって凄く元気出ますね。

しょうがモチや
tds2018-041.jpg

しょうがコロッケ、
tds2018-042.jpg

特製しょうがサイダーやラスクをいただいて大満足!
tds2018-043.jpg
「また来年もきないえー!顔は覚えたきなー!(訳:また来年もきてネ!顔は覚えたからね!)」という声援を浴びながら会場を後にします

ここら辺から前半の無理がたたって、全然脚に力が入らなくなりながらやっとこさ「大水車のエイド」へ到着
tds2018-044.jpg

魚ではないお寿司や漬け物を頂き、
tds2018-045.jpg

ほたっぴーと記念撮影(笑)
tds2018-046.jpg

デザートの抹茶アイスはラグジュアリーな休憩スペースで他の参加者と談笑しながらまったりと
tds2018-047.jpg

大水車を後にして、前にも後ろにも人が見えない一人旅で「道合ってるかな?」とドキドキしながら終わりかけの脚で登ってると、
tds2018-048.jpg

地元のオバーチャンによる私設エイドが!良かった、道合ってた(笑)
tds2018-049.jpg
超濃厚な搾りたてのカボスとはちみつの入った特製ドリンクを頂いて、元気回復!お替りしちゃいましたよ。

ここまで来ると、ゴールは近い!
tds2018-050.jpg

悲鳴を上げる胃袋に鞭打って、唐揚げと
tds2018-051.jpg

栗の回転まんじゅうをいただきます。
tds2018-052.jpg

これが見えたらあと少し。
tds2018-053.jpg

ここの最終エイド、こんなに寂しかったっけ・・・
tds2018-054.jpg

名物・カブトムシパンはまだまだ大量にありました。
tds2018-055.jpg
これ、いつもここから先の道中に落として行く人がいて、今回も1つ誰かのポケットからこぼれおちて無残な姿で道路上に転がってました・・アーメン

残り距離は少ないのに地味に登りが続いて参加者の心を弄びます
tds2018-056.jpg
ラストに登りが待ちかまえているのは何となく覚えてたので、ちょっとしか心は折れなかったです。

そして、感動のゴール!の写真はないので、ゴール後にもらったジュースの画像でも。
tds2018-057.jpg

ゴールでのかしわ餅とすり身バーガーもちゃんといただいて、グルメの旅は終了!
tds2018-058.jpg


さて今回は秘策がありまして、このシートチューブのボトルケージに刺さっている工具ポーチ、
tds2018-059.jpg


オヤツを収納する為のものでした(笑)
tds2018-060.jpg

トップチューブの小物入れにも食料が満載!
tds2018-061.jpg
カブトムシパンを安全に大事に運ぶ為に、背中ポケットを空にしておくという秘術でした。これで家庭内平和維持も万全!
posted by ないちん工場長 at 01:40| Comment(6) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

商品パッケージを使った工具ホルダー

自転車を触るようになって、圧倒的に出番が増えた六角レンチ。使用頻度が高いと色々と欲が出てきて「これ使勝手良さそうだなぁ〜」とか、「あれカッコイイなぁ〜」とか、気になる物を買ってみたり、ワゴンセールでお得そうなのを見つけては買ってみたりするうちにどんどん増えてしまった・・・
hex001.jpg
我が家は至る所に自転車が置いてあって、どこそこで整備し始めるから常に手の届くところに六角レンチがあるというのは便利っちゃ便利なんだけど(笑)

これだけたくさん持っているのに、一番使い勝手の良いお気に入りの六角レンチはメインのメンテナンススタンドの所に1組、そして車に常備しておく用にもう1組と、合計2セットも買ってしまいましたよ。
hex002.jpg
【UNIOR(ユニオール) Tハンドルヘックスレンチ】
ボルトに差し込んだ時の先端のカッチリ感と、レンチ本体の剛性感が何とも心地よく、整備性の向上と心の充足感を高めてくれます。
噂によるとハゼッ・・・いや何でもありません。
お買い求めは最寄りのtakebow-tune Bikeworks(タケボウチューンバイクワークス)へ。通販対応可(たぶん)

で、これパッケージも良く出来ていて、なかなか捨てられない。
hex003.jpg

ガレージのオブジェ?なんかにもしてるんだけど・・
hex004.jpg


何かに使えないかなー?と考えた時に、「そうだ!車載時のホルダーとして使おう!」となりました。やっと本題(笑)

横から見るとこんな風に固定されていて、
hex005.jpg

引っ張ると「ジョリンッ!」とピンが抜ける。
hex006.jpg

このままでも繰り返し使えそうではあるけど、工具の出し入れの度にこんな事はやってられないので、マグネットでパチッとなるような構造を考えます。

この抜けたピン、ネジ山のようなものが切られているので、目測でM4のナットをねじ込んでみると・・
hex007.jpg
入った!

ピンの方に鉄を配置したので、あとは受け側にマグネットを配置するだけ。なので、受け側の方のピンをバツンッと切り取って、
hex008.jpg

そこへネオジム磁石を強力両面テープで固定します。
hex009.jpg

の前に、ナットは接触面積の広いフランジナットに変えます。
hex010.jpg

完成!
hex011.jpg

レンチを収納するとこんな感じ。
hex012.jpg
何故かマグネットの中心に収まってくれないのは少しモヤモヤするけども、良しとしよう。

揺さぶって保持力のチェックなど。


さっそくハイエースのベンチシート下収納へ設置。
hex014.jpg
hex013.jpg
うん、いい感じ。揺れてもガチャガチャ鳴らないのもイイネ!
posted by ないちん工場長 at 23:42| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする