2019年01月28日

南小国MTB雪山アタック

前回はMTB遊びを約束していた日に「たまたま」雪が降ったというラッキーdayだったけど、今回は「雪の予報が出たので雪山遊びしませんか?」と急きょお誘いがありました。

首謀者(あえてこの表現ね)は「阿蘇くじゅうサイクルツアー」を運営されている橋本さんと、トライアル車&MTBを主体とする内牧の自転車ショップ「Nao's BASE」を営み、プロのパフォーマーでもある松山さん。遊ぶ環境を提供するスペシャリストと、遊び方をレクチャーするスペシャリストの最強タッグである。楽しくないはずがない。

朝10時という参加者に優しい時間に内牧のNao's BASEへ集合。そこから最小限の台数に乗り合わせて目的地へ向かいます。
mosa001.jpg
遊び場まで自転車ごと運んでくれて、なるべく辛い乗車(ヒルクライムや舗装路の長距離移動)をしなくて済むというのが阿蘇くじゅうサイクルツアーさんのいい所。

目的地へ到着。
mosa002.jpg
もう一つのウリが、橋本さんの開拓したトレイルコースは一般の人が立ち入ることの出来ないような所も走れるという点。ちゃんと許可をとっている走って良い場所をガイドさんが案内してくれるって、これほどありがたい事はない。

とはいえ、車で入って行ける所にも限界があるので、「面白スポット」まではちょっとは登ったり、
mosa003.jpg

川を渡ったり、「移動」もあります。
mosa004.jpg

難所っぽい所や盛り上がる所では止まって、
mosa006.jpg

1人1人がクリアするのを皆で見守って、「ウェ〜イ!」ってします(笑)
mosa005.jpg
mosa007.jpg

で、前にも書いたけど、楽しければ楽しいほど写真素材が少なくなるのが悩ましいところ。今回は一応、動画を撮っていたので雑に切った貼ったしただけの物を貼っておきます。

こんなんじゃ楽しさの半分も伝わらないだろうけど、お暇な人はどうぞ。

下り終えて車に戻ってからは恒例の?おやつタイム。
mosa009.jpg

あず姉さんに差し入れていただいた上質なスイーツに一同舌鼓。
mosa010.jpg
濃厚で、大人の味で、ヤミツキになる美味しさ!なんだろう、上手く説明できないけど上質で味わい深いものがギュッ!と濃縮されている感じ。阿蘇乙姫にお店があるみたいなので、そっち方面に行かれるかたは是非。

という事で、絶品な雪山トレイルに始まり、絶品スイーツでシメる、大変充実した1日でございました。
ありがとうございました。
こういう所を走ってみたい方は「阿蘇くじゅうサイクルツアー」まで。
posted by ないちん工場長 at 00:57| Comment(2) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

内牧で雪山MTB遊び

マウンテンバイクの季節がやってきた!

雪が降ったから嬉々として出かけて行った訳では決してなく、阿蘇の山々それも滅多に人の立ち入らないような道に詳しい「読み逃げ屋」さんに「どこか山遊びに連れてって下さい!」とお願いしていた日にたまたま雪が降ったのである。これは年明け早々ツイてる!もう1月も終わろうとしているけれども。

ミルクロードから内牧へ下りて行く二重峠(ふたえのとうげ)ではすでにうっすら積もっている。これは期待できそう。
uya001.jpg

内牧へ集合してからは、そこから気軽に入って行ける程度のわりと低い山をウロウロしながら遊ぶ。
uya002.jpg

結構ダイナミックな倒木がちょこちょこ現れたり。
uya003.jpg

終盤はちょっと斜度がキツイところを乗りきると、休憩スポットに到着!
uya004.jpg
超綺麗なトイレに新しいサイクルラック。ロードバイクサドルラックって書いてあるけど、ここまでロードバイクに乗車して辿りつける勇者はいるのか?ってぐらい路面と斜度は険しいです(笑)

バイクラックの先に屋根付きの休憩所があるので、そこでラーメンタイム。
uya005.jpg

日当たりも良く、ルンルン気分でラーメンを食べ終えると・・・
uya006.jpg

急に吹雪いてきた
uya007.jpg


立て掛けていた自転車にも雪が積もりつつある。
uya008.jpg

そこから頂上まで登って素晴らしい景色を堪能。
uya009.jpg

振り返ると後ろは吹雪いてるんだけど(笑)
uya010.jpg

帰りは波乗り観音様を拝みに立ち寄り。
uya011.jpg

観音様の先は倒木や道の消滅などがあり引き返し。
uya012.jpg

階段を下ったり、
uya013.jpg

倒木や茂みに行く手を阻まれる足場の悪い細い道をそろり、そろり。
uya014.jpg
赤線の左側を踏むと一気に山の麓までワープできます。

山を下ってからは貸切状態の阿蘇MTBパークでひと遊び。
uya015.jpg
uya016.jpg

注意書きをよく見ると・・利用後は自転車の洗車が義務付けられている。むしろ願ったり叶ったりだけど(笑)
uya017.jpg

洗車場も完備。タダで遊べて洗車も出来る。ちょっと意味わかんない。
uya018.jpg

雪山での汚れまでついでに落とせてホクホクしております。
uya019.jpg

雪山遊びにパーク遊びに、とても充実した1日でした。かまってくれた方々、ありがとうございました。

あれ・・・・今日はスイーツが足りないぞ?ということで、

uya020.jpg
Tea room 茶のこで、いちごパフェを一杯ひっかけて帰りました。満足満足。
posted by ないちん工場長 at 01:31| Comment(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

ジャストなOリングを作る

灯火類やセンサーなどのアクセサリーを自転車に固定する時、Oリング(ゴムバンド)を使う場合が多い。手軽で汎用性が高く、自転車へ与えるダメージも少ないというのが理由だと思う。

しかし汎用性が高い故に、合わない場合もある。
oring001.jpg
このテールライトに付属しているOリングはシートポスト用なのかな?シートステーに固定するには結構ゆるくて、走行するとライトがずれてしまう。

やわらかくてよく伸びる方が色々なサイズに対応するというのは分かるけど、そのぶん保持力にばらつきが出るのはお察しの通り。ゆるければ外れて落としてしまう心配があるし、逆にキツすぎると「引っ張り過ぎてOリングの劣化が早まり、ちぎれて落ちてしまうのではないか?」という心配が出てくる。
oring002.jpg

それは考え過ぎかもしれないけど、我が工場にはそれを解決する素材が余っているので、ちょうどいいやつを作ってみた。

ミニコンポ修理その2の時に使った「ゴムベルト代替品」。好みの長さに切って、熱で溶着するだけ。

切った両端を同時に溶かすのに最適な、「ドレメルのガスはんだごて」でジュッ!と。
oring003.jpg


熱で溶かして、冷めないうちにヌルヌルッと押し当て合うので、このような形に。
oring004.jpg

ライトに付属していたOリングより少し小さめに。
oring005.jpg

30秒後にはこのように引っ張っても大丈夫なぐらい強力に着く。
oring006.jpg
これ、指が痛いぐらい引っ張ってます。

指で引っ張るのにも限界があるので、別の方法で強度チェック。

まずはサドルに引っ掛けて、
oring007.jpg

自転車をぶら下げてみた(笑)
oring008.jpg

めっちゃ伸びてる!
oring009.jpg
oring007.jpg
でも、千切れない。

これで脱落の心配なく、快適サイクリングへ♪
oring010.jpg

まだ材料に余裕があるので、お困りの方にはお裾分けします。もちろん手渡し可能な方に限ります。
ラベル:DIY 自転車
posted by ないちん工場長 at 00:20| Comment(5) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

グルメ、多め、距離、長め。

計画性とペース配分、体力と根性。ブルべに必要な要素を何一つ持っていないワタシでも200kmぐらいなら何とかイケる。いや、去年はイケた。しかしながら今年の200kmは去年と違って登りが多いしそれが終盤にあるので出る気はありませんでした。そう、本番の10日前までは。

SNSを見てたら朝練(とは書くけども・・(略)仲間の「じゃない方D橋」さんが出るって書いてある。じゃあ出てみようかな!と謎の動機が発動してエントリーをポチっとしてしまいました。後悔はしていない。

スタート時刻はAM7時。ブリーフィングの時間を入れると6時半には走る準備をして集まらなければならない。うちは近所だからいいけど、遠方の人は大変だよねー。近所(家から8km)だけど集合地点までは車載で行きました。温存、温存(笑)

市街地の移動は信号が多くて、最初の峠に突入する頃にはある程度バラけてました。ブルべだ!イベントだ!と心はウキウキするも、なんか既視感が・・
brm119-001.jpg
土曜の早朝は大体ここ走ってるしね(笑)
いや、7時過ぎに登り始めることは滅多にないからちょっと新鮮かも。


いつもは下りながら眺める朝焼けも、登りながらだとゆっくり堪能できますな。
brm119-002.jpg

で、チェックポイントでもなんでもないけど、つい癖でナルシストの丘で小休止。
brm119-003.jpg

そこから2〜300mぐらいかな?1つ目の写真ポイントでパチリ。
brm119-004.jpg

そのままビャ〜っと下って下って、第1チェックポイントのローソンへ。
brm119-005.jpg

炭水化物とカフェインを摂取。
brm119-006.jpg

天水のローソンから海沿いのアップダウンを進んで、熊本新港へ向かいます。
brm119-007.jpg

新港が見えてきた!
brm119-008.jpg

第2チェックポイントのフェリーターミナルへ到着!
brm119-009.jpg

お嫁ちゃんへのお土産(酒のつまみ)と、補給用のカップケーキを購入。
brm119-010.jpg

新港を出ると、それから先は宇土半島をぐるっと回ります。
brm119-012.jpg

宇土マリーナでネーブル&キャラメルソフトクリームチャージ(チェックポイントではない)。
brm119-011.jpg
うん、ネーブルとキャラメルは別々の方がいいね。1+1=0.5ぐらいになってるね。いや、うすうす分かってはいたけど商品化されてるぐらいだから何かしらのケミストリーが起こっているとか期待しちゃうやん?1番高いのに残念。※個人の感想です

せっかくならと、三角港のグルグル巻きに寄り道(チェックポイントではない)。
brm119-013.jpg
ソフトクリームLOVE民を惹きつける何かがあるのだろうか?※見たまんま

第3チェックポイントのファミリーマートではタンパク質とコラーゲンを摂取。
brm119-015.jpg
鶏ももと、鶏皮。海を眺めながら食す焼き鳥は格別ですな。

宇土半島もそろそろ終盤かなーという所で、およそ半分の100kmを消化。
brm119-016.jpg

さっき焼き鳥を食べたばかりなのに、無性にお腹がすいてきたので道の駅不知火へ寄り道(チェックポイントではない)。
brm119-017.jpg

お野菜と炭水化物をチャージ。
brm119-018.jpg

食後の眠気対策にカフェインも接種。
brm119-019.jpg

松橋に入り、美里町にも入ったのかな?今、どこらへんかな??
brm119-020.jpg
今、今にイマす(爆)

最後の難関、山都町への延々と続く登りでかなり汗をかいて喉が渇いたので最寄りの自動販売機でデカビタチャージ。
brm119-022.jpg

ここのおまんじゅう屋さん、ばら売りがなかったので買わなかったけど、いきなりだんご5個入り350円とかなりリーズナブルでした。
brm119-021.jpg

登って登って、トンネルを抜けた先は・・・
brm119-023.jpg

2つ目の写真ポイント通潤橋へ到着。
brm119-024.jpg

そこからは商店街を抜けて、
brm119-030.jpg
山都警察署のふもとから甲佐方面へ下っていくんですけど・・・


チポリーノなぅっ!!!(チェックポイントではない)
brm119-025.jpg

15時ちょうどだったので、おやつをいただきました。
brm119-026.jpg
家族へのお土産も忘れずに。

寄り道したら距離が狂ってしまって路頭に迷うんじゃないか?工場長はすぐ道に迷うでしょ?とご心配のアナタ!大丈夫ですよ、チポリーノに寄った場合の距離補正もキューシートに記載済み(笑)
brm119-027.jpg
上の赤枠は降雪時の迂回路(今回は無事回避)。

そこからはちょっと登ったりしながらも、基本的には快適な下り基調。下りきった先のローソンで最後のチェックポイント消化。
brm119-028.jpg

これを飲んで、理想のカラダへ!これで明日からモテモテだ!
brm119-029.jpg

このローソンから最後の写真ポイントまで約20km。多少だけど結構脚にキてると結構辛いアップダウンを経て、到着。
brm119-031.jpg
ゴールまであと少し!

そして、感動?のゴール。
brm119-032.jpg

ゴールチェックを受けて、無事終了。
brm119-033.jpg

205km走ったけど、意外と大丈夫だったなー。と走行直後は思ってました。
帰宅後、風呂に入った後の記憶がありません。
brm119-014.jpg


posted by ないちん工場長 at 11:01| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

2つのミラクル!2019チポリーノ初め

1008さんからチポライド初めに行きませんか?とありがたいお誘いがあったので、即答で・・・と言いたいところだったけど、年末から好き放題に自転車に乗っていたので「家族の了承を得てから」と、一旦保留。しかし、サイクリスト御用達の「お好み焼きシマダ白藤店」の若大将(と言ってもワタシと同い年w)と一緒にライドできるのは1年を通してこの日ぐらいしかないので、ちょっと強引に参加しました。

まずは自転車乗りの聖地?浮島神社へ集合。神社だと本当に聖地感がありますな(笑)
cps004.jpg

去年のチポリーノ初めと半分ぐらいは同じメンバーなのかな?
cps017.jpg
宇土半島一周ライドと聞かされて集合して、急きょチポライドに変更になった人もいたようです(笑)

なんだかパッとしない薄曇りの中走っていき、
cps005.jpg

トイレ休憩&どのルートを行くかの作戦会議も兼ねてコンビニ休憩
cps006.jpg
コンビニに寄ると何か食べちゃう病です。写真を撮る前に食べちゃった症候群も併発してしまいました。
その横では道に詳しい方々が「あそこ行ってあそこ経由でうんぬんかんぬん・・・」と、どのルートを行くか活発な議論が交わされていましたが、当然のことながらワタシには暗号にしか聞こえません。

結局、時間が押していたので無難に国道を進んでチポリーノへ到着!
cps007.jpg
約1か月前に大ケガをされた1008さんも、口の中以外は完全復活したのかな?あの力強く粘りのある走りは取り戻してました。

当然ながら家族へのお土産もたんまり買って、自分は「きなこベーグル、カツカレーパン、チーズタルト」とホットコーヒーをチョイス。
cps008.jpg

そんな中、娘とグルメライドに行っているらしいうちの奥さんからメッセージが・・
cps002.jpg
「ローリン(バーガー)来たら閉まってたので丸亀(製麺)に...」

でしょうね!
だってそこの店主はさっき夫婦でパン買いに来てたもんww


※ちなみに開いていたらこいうのが食べられます
cps003.jpg

そんなこんなしていると、某有名歌手さんがパンを買いにご来店する様をチラ見。何だか新年から得した気分♪今もハーレーに乗ってるんだろうか・・

そして、自転車自走での聖地巡礼を果たした勇者のみに与えられる差し入れはお正月仕様。
cps009.jpg

このダルマさんの飾りはおみくじになっていて、
cps010.jpg

中吉!ザ・中途半端!
cps011.jpg
何事もほどほどに、というワタシの信念にふさわしいクジが出て、今年一年も無難に過ごせそうです。
ほどほどな気持ちでやり過ぎずにやりきる!可能性は無限大!Do as infinity!

お土産を山ほどサドルバッグに詰めて、帰路へ。
cps012.jpg

13時過ぎの気温は3℃。下り基調だったけど、冬装備ならさほど気にならない程度。
cps013.jpg

霊台橋で撮影やらトイレ休憩やらを経て、
cps014.jpg

快適な川沿いルートを走って、嘉島町のあたりで解散しました。
cps015.jpg
速すぎず、遅すぎず、皆でワイワイと楽しいチポライドでした。付き合っていただいた方々、ならびにお店を開けていていただいたチポリーノ様、ありがとうございました!

さて、気になるサドルバッグの中身は
cps016.jpg
修理セット+スコーンセット、ラズベリーパン、シナモンロール、カレーパン、カレーナン、浮島神社の自転車お守り(ジテツウ)でした!

走行距離94.8km、獲得標高1008m
cps001.jpg
posted by ないちん工場長 at 08:46| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

波乱の幕開け!初日の出ライド2019

もはや毎年恒例になりつつある(って昨年も書いたような気がする)初日の出ライド。今回は少し趣向を変えてもらったというのと、常連だった長崎勢(サイクルフレンドタカタ店長率いる愉快な仲間たち)が欠席ということで、今年は少ない人数で粛々と行われるのかな?と思っていたら、
hhr001.jpg
めっちゃいた(笑)

しかし、待てど暮らせど企画・立案・道案内の某坊さんがやって来ない。某坊さんは大晦日のカウントダウンパーティー「除夜会(じょやえ)」を主催しているので、ほとんど寝る時間がないのを知っている。かくいうワタシもその除夜会に参加し、人を送り届けたりライドの準備をしたりで2:30就寝の4:30起床であった。

もしかして、、寝坊しているのか・・・

もしかして、、昨日の下見はこれを想定しての事だったのか・・

ただ、暗闇&超複雑なルートな上に、下見した2人の人間は「ソトムる」という言葉を作ってしまった、九州ヘブンライドでチーム先頭を走り分岐点を間違ったまま20km走り、復帰するのにまた20kmつまり40kmも余計に走ってしまうという伝説を作った「ソトムー」さんと、ご存知「道を覚える気が全くない」工場長のワタシ。某坊さん抜きで無事にたどり着く気が1mmもしない。迷ってしまって日が昇ってしまっては目も当てられないので、「某坊さ〜ん!!」とメールを送ってしばらく待つ事に。

そう、前日の下見ライドの際にワタシが集合場所を間違って出発が20分遅れた上に、ワタシに合わせたゆるポタペースで登っても日の出の時間に間に合うのは実証済なのである。なんてことだ!全てが某坊さんの手のひらの上で踊らされていたのか!今からちょうど6時間前に袈裟を纏って煩悩について熱く語っていた某坊さんの緻密な計算だったのか!・・などと余計な事を考えているうちに某坊さんが登場。予定通り?20分遅れのスタートになった。

メンバーがメンバーだったので、前日よりも少し早いペースで登って早めの到着。コーヒーを淹れながら日の出を待つ。
hhr002.jpg

ちょっとずつ昇ってきそうな空気が出てきた
hhr003.jpg

キタァー
hhr004.jpg
全体的に雲が掛かっていて少し不安だったけど、奇跡的に雲が切れて日の出を拝む事ができた。

2年ぶりにこの絵が見られてさらに得した気分(笑)
hhr005.jpg

お日様がまん丸なのは一瞬で、すぐに上の雲に消えて行った
hhr006.jpg

今年も良い一年になりますように。
posted by ないちん工場長 at 23:46| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする