2019年02月24日

高さも角度も自由自在!ローラー台に最適なミニテーブル

ローラー台で汗を流す時、テレビを見たりタブレットやノートPCで動画を見たり、Zwiftやったり、何も見ずにただ黙々と・・・様々なスタイルがあると思いますが、「手の届く所にテーブルがあったらな」と思った事はみなさんあるんじゃないでしょうか。

いや、結構多いはず。だってメーカーからも専用品が出てますもんね。
canvas.png

55,000円!ちょっと意味が分かりません(笑)

探せばもっと安いものがあるのかな?

しかし小物を置きたいという願望のためだけに数千円も数万円も使ってられないので、どこの家庭にも大体置いてある「ある物」を活用してシンプルかつ高機能、そして安い費用で実現してしまったというお話です。これに気付いたワタシって天才かも(笑)

まずは厚さ5mmのアルミ板を準備します。
tble001.jpg
え?こんなの普通の家庭には無いって?大丈夫です。この部品さえ準備できれば誰でもミニテーブルが作れるので希望者がいれば販売する事も可能です。

そのアルミ板を40x60mm程度にカットします。
tble002.jpg

切りました。
tble003.jpg

穴を開ける場所にポンチを打って、
tble004.jpg

まずは中心の穴から。
tble005.jpg

この少し特殊なタップを使って、中心にはネジ山を切ります。これが今回の核となる工作。
tble006.jpg

垂直にネジ山が切れるように最初のひと噛みだけマシンにセットして、スイッチは入れずに手回しで喰い込ませます。
tble007.jpg

喰いこんだらドリルチャックから外して、
tble008.jpg

タップハンドルを装着して手作業で丁寧に。
tble009.jpg

ネジ山が切れました。
tble010.jpg

四隅は皿ビスがツライチに埋まるようにカウンターシンクで座ぐり。
tble011.jpg
tble012.jpg

M4のタッピング皿ネジがすっぽりと。
tble013.jpg


さてここでネタばらし。

テーブルの脚として、カメラの三脚を利用するのでした〜!
tble014.jpg

テーブル天板は何でも良いのでそれぞれの用途に合った物を準備すればOK。今回はとりあえず試作的なものだったので100円ショップで簡単に調達した物を活用しました。
tble015.jpg
tble016.jpg

天板の裏側に先ほどのプレートをビスで固定すれば完成。
tble017.jpg

これを、カメラを三脚に固定する要領で固定します。
tble018.jpg

平坦にしてドリンク類を置くも良し、
tble019.jpg

斜めにしてスマホやリモコン類を置くも良し、
tble020.jpg

タブレットで読書するも良し。
tble021.jpg

これで退屈なローラー台が少しは粘れるようになるかな?
明日から本気出す!

あ、このプレートが欲しい方っているのかな?希望者が多いなら注文フォームを作ったりして販売対応しようと思います。プレート(バリ取りなどの最終仕上げ無し)と皿ビス4個のセット、ゆうパケット送料込みで1,000円なら頑張れます(笑)
ラベル:自転車 DIY
posted by ないちん工場長 at 00:30| Comment(2) | アルミ加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

バレンタインの夜はオトナの火遊び。空缶でアルコールバーナーを作ってみた

マウンテンバイクのセンパイが空き缶で作ったアルコールバーナーでお湯を沸かしているのを見ているうちに、自分でも作りたくなってわざわざ面倒なやつを作ってみたというお話です。

ちょっとネットで検索すると出るわ出るわ、色々な種類の空缶バーナーが出てくる。自分はその先人の知恵を借りて、少しの試行錯誤で楽しく工作します。参考にしたのはこちらのサイト。ゴトク一体型だと荷物が一個減らせるし、炎の形も面白かったのでこれにしました。

今回使ったのはWONDA極・微糖(微糖は関係ありません)
gs001.jpg

これ系の良い所は、ペットボトルみたいにラベルを剥がすとまっさらになる事。
gs002.jpg

まずは予め作っておいた型紙を貼り付けて、
gs003.jpg

ハサミでチョキチョキと整形。
gs004.jpg

成功するかどうか分からないので仕上げはそこそこに。
gs005.jpg

穴を開ける場所にはポンチで下準備。
gs006.jpg

薄いアルミ板に穴を開けるのは結構デリケートな作業なので、治具(って言うほど大層なものでもないけどw)を準備。
gs007.jpg

こんな感じで穴を開けて行きます。
gs008.jpg

16ヶ所!
gs009.jpg

型紙通りハサミでカットして、アウターピースは完成。
gs010.jpg

インナーピースはもう1本の空缶から取ります。
gs011.jpg

筒状に切り出して、
gs012.jpg
縦線に沿って折り目を付けて行くんですが、この先何度も作業するのを想定してこれも治具を作ります。

四角棒の一角を削ってフラットに。
gs013.jpg

もう一個は薄いプレートに一筋の溝を。
gs014.jpg

こんな感じでサンドイッチする作戦。
gs015.jpg

これら二つをクニペックス・プライヤーレンチの顎に両面テープで貼り付けて完成!
gs016.jpg
gs017.jpg
顎が平行に動くのがこのプライヤーレンチのウリ。


筒をグニュッ!と。
gs018.jpg

16本、溝を入れ終わった所。
gs019.jpg

アウターピースの方を少し高めに作っておいて、折りしろを手で折っていきます。
gs020.jpg

全て折り終わったところ。一応、完成体。
gs021.jpg

着火!狙い通りの炎が出て一安心。
gs022.jpg

直接乗せられるってのが良いっすなぁ
gs023.jpg

色んな缶で試作したり、仕上げを綺麗にしたり色々やってみよ。
posted by ないちん工場長 at 22:38| Comment(2) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

南小国の素敵なカフェで優雅なランチをするだけのお気楽ライド

連休最終日、ちょっと長めに走りたいな〜と突然思い立って、想像をめぐらす。こういう時、引き出しが少ないのは非常に楽である。迷わなくて良いから。距離と獲得標高と目的地(もちろんグルメスポット)で分類され、ナビが無くてもスムーズに辿り着くスポットは5個だ!(ドヤァ

その日、キャンプ終わりに大藪サイクルへ立ち寄った時、店主のさおりさんとカレーの話になり「茶のこ」のハヤシライスが美味しいという話を聞いた。そういえばあそこではスイーツかチキン南蛮丼しか食べたことなかった。よし、今回は茶のこで食べた事がないものを食べるライドにしよう、そうしよう。と心に決めたのがライド前日の19時半。

それからうちの奥さんの許可をもらう交渉へ。

私「明日、茶のこ行ってくるけん」
嫁「えぇ〜!あんなところまで?ひとりで?」
私「いやいや、行って帰ってくるだけなら120kmぐらいしかないよ」
嫁「あらそう、ならいいか。」「一人じゃ心配だから誰か誘ってみたら?」

夫婦の絆は強いまま、距離感覚は完全にブッ壊れてます

確かに一人では若干寂しいのでごくごく近しい間柄で、急に言われて動けそうなフットワークの軽い仲間数人に声を掛けるも・・・祝日は仕事(2名)、熊本にいない(2名)、家族の許可が出ない(もしくは言い出せない)(2名)という散々たる結果(笑)

ボッチライド確定で、当日の朝を迎える。

8時出発予定で7時に目覚ましをセットして起きると、ザーッ!と雨が降ってる・・・しとしと、ではなくザーッ!と。早朝ライドならそのまま二度寝するところだけど、睡眠時間は足りているし、乗らなくてもやりたい事はたくさんあるのでとりあえず起きて朝食を。と同時に、前夜にルンルン気分で準備していたおニューのラファのウェアをそっと押し入れに仕舞う・・・と同時に撥水性と対候性の高いウェアを出す。

ゆっくり朝食をとりながら雨雲の動きをチェックするとすでに県南の方にあり、そこからは南下する一方。これ、何とかなるんじゃないの?午後からは晴れるってなってるし!と思って予定より1時間遅れの9時に出発。路面はヘビーウェット、どんより曇天。

ミルクロード手前のローソンでトイレ&スイーツ休憩をしていると、しとしと降ってきた・・・もう帰ろうかな。でもせっかくの自由時間、満喫したいな。という葛藤をしながらとりあえず前へ。そう、最初はあんまり気分が乗らなかったので、ここまで写真なし!(笑)

大津のミルクロード入口交差点から県道339号線に入り、泥水を浴びながら行き交うダンプカーやエネオスのタンクローリー(なぜかやたらと多かった)をパスさせつつ、ストレスMAXで淡々と登り、二重峠交差点を過ぎたところでやっと交通量が減る。

と同時に、気温が一気に下がりまさかの0度!
bcr002.jpg
あのー、5〜10℃のウェアで来たんですけども・・さすがミルクロードは別世界だ。
さあ、盛り上がって参りました!

さらに登っていくと、路肩にはうっすらと雪が見え始めて、
bcr003.jpg
ラピュタの道のかなり手前の方から銀世界に。


めっちゃいい景色なんだけど、残念ながら立入禁止。
bcr004.jpg

そこからしばらく色んな脇道に後ろ髪を引かれつつ進んで、ついに飛び込んでしまった。
bcr005.jpg

どこの雪山だここ(笑)
bcr006.jpg

あ、こんなんなるのでロードではおすすめしません。
bcr007.jpg

ホッと一息つこうと思っていた「北山レストラン」は残念ながら休業中。撮影だけでもと思って近づいたら「休業中は立入禁止」の看板が立っていたので華麗にスルーして、阿蘇スカイライン駐車場へ。
bcr008.jpg
もやっと。うん、知ってた。


ミルクロードから「茶のこ」まではほぼ下り基調なので、大型サドルバッグに忍ばせていたエチェオンドの高性能ベストを羽織ってバビュ〜ン!と一路、南小国へ。

茶のこへ到着すると、念願のハヤシライスを注文。大盛で!
旨みとコクが凝縮された専門店の味。めっちゃ美味い。よくランチセットに付いてくる、オマケ程度のテキトーなサラダではない「ちゃんとした美味しいサラダ」と、味わい深い上品な漬け物、それにデザートまで付いてきて1,100円は街中では絶対に味わえない。大盛無料(ですよね?誰に聞いてんだw)なのも嬉しい限り。

ハヤシライスとかカレーとか、それ系はどんなに頑張っても美味しそうに撮影する技術がないので写真は撮らなかった・・・撮影するのを忘れてガッついたのでは決してないんだからねっっ!

シメにはこれまた食べた事のないスイーツ、おしるこを。
bcr009.jpg
雪だるまさんが寂しそうにこっちを見つめてる・・こっち見んな!

これ、どうやって食べたらいいんでしょ?と店主の松崎さんに尋ねると
「お風呂だ〜」なんて言いながら召し上がるお客さんとか様々ですよ、とアドバイスをいただいたので、
bcr010.jpg
デデンデンデデン♪と、ターミネーターを口ずさみながらザブーンしてあげました。
味の方は、これもまた美味!なめらかでトロっとした汁と、モチモチの白玉が相性抜群。さすが「茶」のつくカフェのスイーツはレベルが高いぜ!べ、べつに次回は白玉1個多めに入ってるかなーとか期待してませんからねっ

これにてミッションコンプリート!

帰りは少しルートを変えて、内牧へ一旦下りて長陽大橋経由で帰宅した。
サドルバッグがこんなに汚れたのは初めてってぐらい全体的にドロドロになったけど満足感でいっぱいのサイクリングだった。この日すれ違った自転車乗りは1名(ミルクロードですれ違った白いスコットの人)。

走行距離120km、獲得標高1,520m、茶のこで使った金額3,800円(お土産含む)
bcr001.jpg
posted by ないちん工場長 at 21:21| Comment(6) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

MTB積載アダプターver.2

前に作ったのはフルサスMTB用。もう1台のも作らないとMTB2台+kidsMTBを積載したまま車中泊はできないので、そのうち作ろう!と思ったままかなりの月日が経ってました。今まで不要だったんならもういらないんじゃね?こういうのを作る時、大抵は終盤に差し掛かると「次はああしよう、こうしよう・・」と、違うやり方を考えながらやってしまうのでいつまで経っても時間短縮が実現しません(笑)

今回は材料費の軽減と、構造をシンプルにするというのを目標に進めます。時間はまあ、やってみないと分かりませんが、当工場ではTime is moneyではなく、Time than moneyなのでノンビリ試行錯誤しながら楽しみます。

新たに買い足した材料はこれだけ。116円(税込)
ffa001.jpg

これ、めっきされてるのかな?表面がツルツルで、ドリルの刃が滑りそうな気がしたので、グラインダーで表面を軽くさらいました。気持ちの問題かもしれません。
ffa002.jpg

で、20mmのホールソーでゴリゴリと。
ffa003.jpg

折り曲げる所の溝掘りはバンドソーで簡単に。彫り込み深さは完全に目分量で。
ffa004.jpg

平べったいうちに開けられる穴は全て開けておきます。
ffa005.jpg

下準備完了!
ffa006.jpg

穴の位置、バッチリ!
ffa007.jpg

それをバイスに挟んで、ハンマーでコンコンと。
ffa008.jpg

まあまあ思い通りに曲げる事が出来ました。溝を掘っておいたのが良かったかな?
ffa009.jpg

曲げ加工も目分量でやったけど、わりとちゃんと直角が出ている模様(笑)
ffa010.jpg

あとはお馴染みの旋盤でカラーを作ってハメるだけ。
ffa011.jpg

これにも少し溝を掘ってみたりなんかして、
ffa012.jpg

これまたお馴染みのOリングを作って、
ffa013.jpg

パチン!と土台に固定。
ffa014.jpg

当初はそれで完成と思っていたけど、アクスルシャフトが剥き出しなのが気になり、急きょ保護カバー(パイプ)を挿入。
ffa015.jpg
フリーハンドフレア加工が泣かせるぜ!

初期型(右)に比べて、見た目スッキリ!材料費も718円の削減に成功!
ffa016.jpg
時間は・・・めちゃめちゃ掛かりました(爆)

手間賃を考えるなら、1個5,000円(材料費込み)もらえれば渋々作るかな?ってレベルですな(笑)

ラベル:自転車 DIY 旋盤 MTB
posted by ないちん工場長 at 01:05| Comment(0) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする