2019年03月30日

チェーン長の最適化とRDオーバーホール

先日、熊本のレジェンドと朝食ライドをした際に「それ、チェーン短すぎるよ!たすき掛けも良くないし、バネが駄目になるよ。」とアドバイスを頂戴した。

たすき掛けはついついやってしまう欠点として認識してはいたけど、チェーンが短すぎるというのは全くもって無意識でした。おそらく、組んだ時はリヤカセットが11-25Tで、後から11-28Tに交換した為ではなかろうか(気付けよ)。

確かにかなり窮屈そう。よく壊れなかったな・・・
rdm001.jpg
チェーンを長くして終わり、では芸が無いというか面白みに欠ける(記事としてではなく作業の楽しみという意味で)ので、ついでにリアディレーラーのオーバーホールもやります。

新品チェーンのストックはあるけど、もったいないのでコマを継ぎ足す作戦で。一旦外して洗浄。
rdm002.jpg

もう廃番になってしまったワコーズのフィルタークリーナーで。これ、ほんとによく落ちるし水で流せるし便利だったんだけどなぁ〜
rdm003.jpg

取り外したRD(リアディレーラー)
rdm004.jpg


プーリーを外して、プーリーケージの回り止めストッパーを外そうと、グイッと動かすと本体に当たる・・
rdm005.jpg

トップに入った状態だとケージは本体に干渉して回せないので、いったんDi2ケーブルを接続してロー側に4〜5クリック。ウィンウィンッっと。
rdm006.jpg

回りました。
rdm007.jpg

それから更に回して、ストッパーにアクセス。赤丸の部分
rdm011.jpg

外れました。組み立て時に困らないように記録写真をパチリ。
rdm008.jpg

B軸も記録写真をパチリ。
rdm009.jpg

分解して、洗浄。プーリーとケージ以外は新品に交換するんですけどね、古い物も一応洗ってストックへ。こうやってガラクタが増えていくんです。分かっちゃいるんですよ。
rdm010.jpg

そして新品へ交換。こういう消耗部品がAmazonで1〜2日後に届くのはありがたいですな。さすがにこれだけの為に1時間かけて30km先の馴染みの店に行く気にはなれません。
rdm012.jpg
rdm013.jpg

チェーンも継ぎ足して、窮屈さは解消。
rdm014.jpg

高級?チェーンオイルを注して、終了。
rdm015.jpg
ラベル:DIY 自転車
posted by ないちん工場長 at 21:57| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

まだ買ってはいけない!Digitsole(デジットソール)実走編

その1・靴底 de ペダリング分析【準備編】
その2・靴底 de ペダリング分析【設定&ローラー試走】
に続く、実走編です。
続編も書きました。

なぜ 「まだ」 買ってはいけないのか?

それはアプリがまだベータ版なので、動作が不安定かつ性能をフルに発揮できていないからである。

室内ローラー練のみではちゃんとしたインプレが書けないと思い、土日の両日を使って実走データをとってみた。先週土曜、いつもの朝練コース+吉次峠〜メリチェル
dgis030.jpg

自宅から集合場所までのデータはうまく取れていて、一旦「やめる」ボタンを押して終了。
そしてまた「スタート」を押して、自宅へ帰り着くまで計測。

しだれ桜の下で撮影したり、メリチェルで朝食会などをしてちょっと長めのライドになった。
dgis032.jpg
経過時間で言うと、みんな集まってからスタートして自宅に帰り着くまで3時間ちょっとのライド。

帰着して、さあアプリの「やめる」ボタンを押そうとしたら・・・
dgis033.jpg
同期中の画面から遷移せず、「やめる」ボタンが押せない・・

洗車して、シャワー浴びて・・としばらく放置したけど、押せない・・・

結局、同期が終わって操作できるようになったのは1時間後(汗
dgis039.jpg
「やめる」ボタンを押せたのがライド終了から1時間後なので、「時間」が1時間増えてる。
そうなってくると、分析されるデータもかなり不確かな物になる。

まあ、1度だけで判断するのは乱暴な気もするので、日曜も検証。
dgis031.jpg
鹿北の「山ろく」で昼食を食べて、大藪サイクルに寄って、吉次園でシメるライド。

dgis035.jpg
「山ろく」へ到着した時点でアプリを確認すると・・・やっぱり同期中で触れない。どうにかならないか?とインソールとの接続をやり直してみたり色々試しているうちに、アプリの再起動をきっかけにデータが飛んで消えてしまった。

店に到着してから待ち時間が1時間ほどあったので、のんびり上の方まで登ったり。
dgis034.jpg

途中、おやつなどをツマみながら行ったので特に腹ペコってわけではなかったけど、どんぶり飯の玉子かけご飯を2杯も食べてしまった。
dgis036.jpg
普段、玉子かけご飯は食べないし、旅館やホテルの朝食でも食べないぐらい玉子かけご飯はあまり好きではないんだけど、大盛2杯。

そして噂には聞いていたけど、順番が回ってきた頃にはメニューの半数が完売していた。
dgis037.jpg
まあ、基本の「地鶏焼き」が食べられれば余は満足である!

「山ろく」から大藪サイクルまでのデータはこちら
dgis040.jpg
これのデータ同期もすぐには終わらず、同期中画面が解除されるまで10分ほど待たされた。

そして、帰りは無事に「吉次園カフェ」でシメ!
dgis038.jpg


で、データ画面を見て気付いた方がいたかもしれないけど、「平均パワー」が表示されていない。
dgis040.jpg
アプリがベータ版だからかな・・・

ちなみに、メーカーサイトのFAQに記載がある

Q.“クロップ アウト”機能とは?

A. “クロップ アウト”機能で、不適当なデータを記録から削除できます。例えば、ス マートフォンでワークアウトをスタートした後、公園まで歩いていって、そこからサイ クリングをスタートするような場合、スマホには歩いている間のデータも記録されます 。このデータは、ワークアウトのデータとしては不適当なので、これを消去するために “クロップ アウト”機能があります。RUN PROFILER CYCLINGの“クロップ”機能で、 実際に自転車で走行していない間のデータを消去してください。ワークアウトの前後ど ちらでも行えます。 使い方は簡単です。消したいデータの部分まで指をスライドさせ、実際に走行した部 分のみ保存してください。


これ、無いです。

これらの問題を全て2日前に、購入したクラウドファンディングのプロジェクト実行者へメッセージを送るも、応答なし。メーカー公式サイト(プロジェクト実行者と同じ会社)のサポート受付先へメールを送るも、音沙汰なし。

よって、まだ買うべきではない。
posted by ないちん工場長 at 22:28| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

靴底 de ペダリング分析【設定&ローラー試走】

DISITSOLE導入、その2です。

その1・靴底 de ペダリング分析【準備編】はこちら


初期設定の為のフル充電が終わったら、スマートフォンに専用アプリをインストールします。

と、その前に・・・充電する時に驚愕の事実を知る!?

左足の方にUSB端子が付いてない・・・だと・・!

左右のペダリングバランスが分かるって書いてあったし、「右足のみ」ってどこにも記載が無かったから、てっきり両方にセンサーが付いていると思い込んでいたけど、センサーが入っているのはどうやら右足のみらしい・・・パワーメーターだと【片側のみ】って明確に記載されてるんですけどね、完全に確信犯です。ヤラレタ!

とはいえ、パワーメーターでも片側のみってのが成り立っているワケだし、単純に考えれば引き算すればもう一方のデータも算出できるだろうから、まあいっか!と自分を納得させます。じゃあ倍のお金払うか?って言われるともちろん嫌ですし(笑)

と、ボヤいているうちにアプリのインストールを済ませ、初期設定をします。

まずは人間のプロファイルから。
dgis013.jpg
ニックネーム、性別、生年月日、身長、体重を入力。


次に、自転車のプロファイル。
dgis015.jpg
車重、クランク長その他(画像参照)

どの部分を計測すれば良いか図で示してくれるので簡単です。面倒だけど。
dgis014.jpg

プロファイルの入力が終わると、アプリとインソールをペアリングさせます。スマホ側はBluetoothをONにしておくだけでOK、インソール側にはスイッチはないので何もしなくてOK。
dgis021.jpg
認識がうまく行かない時は、インソールに充電ケーブルを刺し抜きすると起きてくれます。

あとは、アプリ側でスタートボタンを押すと計測がスタートします。
試しに30分ほど、ローラー台で回してみました。


実走をしていないので、距離・スピード・パワーで未計測となってますね。GPSデータを元に算出するんでしょうか。ちなみに、ガーミンと見比べながらやってみましたが、ケイデンスの数値はリアルタイムでほぼ同じでした。それなりに精度は高そうです。
dgis016.jpg
ただ、左右バランスとか一切意識せずにアニメを見ながら回したのに、49%-51%となかなかのハイスコア。ほんとかなー(笑)


足首の角度がデータとして見れるって、結構イイかもしれない。一般的なパワーメーターじゃ見れないですしね。
dgis017.jpg

踏み脚と引き脚の効率が悪くてパワーロスしてるんですと。
dgis018.jpg
引き脚の抜重を意識して踏まないペダリングをしているつもりなので、自分としては「ちゃんとできているな」という感想だけど、どうなんでしょうね。実走だとまた変わってくるのかな。


この図は今のところ、どう解釈していいか分からないです(笑)
dgis019.jpg
dgis020.jpg

ざっと紹介するとこんな感じです。
あとは実走したらまたデータと共に紹介したいと思います。
posted by ないちん工場長 at 12:29| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

靴底 de ペダリング分析【準備編】

2か月前にSNSの広告だか、誰かのシェアだかで流れてきた自転車アイテム。
シューズのインソールに仕込んだセンサー類でペダリングを分析するという何とも面白そうな商品。

Digitsole(デジットソール)
makuake-main10.jpg

クラウドファンディングで先行注文すれば40%オフで購入できるみたいなので、初めてクラウドファンディングをポチッとしてみました。クラウドファンディングの使い方合ってます??クラウドファンディングと言ってみたいお年頃なんです。

待つこと2ヶ月、ついに届きました。
dgis001.jpg

日本正規代理店!良い響きだ!分かる人にしか分からないこのセレブ感(笑)
dgis002.jpg

クラウドファンディング商品ってベンチャー企業がゼロから創造したものって勝手にイメージしてたけど、これは単に海外で新発売されるものを日本へデリバリーしてるだけのものなのかな?パッケージとか洗練されていて、フツーにちゃんとした製品になってます。
dgis003.jpg

思ったほど厚くはないけど、薄くもない的な(笑)
dgis004.jpg
dgis005.jpg

購入したのはLサイズ(27.5cm〜29cm)
dgis006.jpg
足の裏にはピッタリと吸いつくような立体的な形状。フィット感は問題なさそうです。

27〜27.5cmの足にはちょっと長いのかな?
dgis007.jpg

でも大丈夫!足のサイズに合わせてカットするシステムなのです。
dgis013.jpg

今回は、数年前に購入して温存しておいたシマノシューズRC7(27.5cm)へ仕込みます。
dgis008.jpg

まずは既存のインソールを取り出して、大きさ比較。
dgis009.jpg

あれ?27.5cmのシューズの場合は最小のカットラインでカットするはずなんだけど・・・
dgis010.jpg
ほぼ、というかシンクロ率98%!(上:純正、下:デジットソール)

難なく、ほんとストレスなくジャストフィットで入ってしまいました。
dgis011.jpg
何も考えずにカットしなくて良かった(笑)

厚みも心配していたほどではなく、甲高の自分でもちゃんとシューズに収まってひと安心。純正ソールの右足に比べると、若干窮屈そうに見えるけど、許容範囲内かな。締めつけの不快感はないです。BOAダイヤル万歳!
dgis012.jpg

使い始める前に充電が必要なので、今回はここまで!
日本一早いインプレ記事を目指して書いたけど、果たして何着だったのか(笑)
posted by ないちん工場長 at 04:23| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

ガーミンマウントをちょっと変わったヤツに交換

どうも!ハンドル周りをごちゃごちゃさせたくない委員会のないちんです!

ヘブンライド対策練を始めた去年の秋ごろに文字通りお蔵入りさせていたロードバイクを引っ張り出して、ぼちぼち乗る準備を・・と言っても、お蔵入りさせる時にきっちり洗車と整備をしているので、やる事はホコリを払ってワックス掛けしたぐらい。
wax01.jpg

トゥルントゥルンの濡れたような艶を出したいなら、ワコーズの「shake wax」がオススメ
wax02.jpg


これだけじゃ物足りないので、ガーミンのマウントを交換してハンドル周りをすっきりさせてみます。

現状はこんな感じ。
gmm001.jpg
ガーミン純正のマウントもよく出来ていて、これ単体では全く不満がないんだけど、ヘッドライトを取り付けた時の、これじゃない感。

キャットアイ(ヘッドライトのメーカー名)のライトホルダーも汎用品としては完成度が高く、愛用者も多い。
gmm002.jpg
でもやっぱりライトは邪魔にならない場所に付けたいな。

それが解決できそうなマウントを買ってみました。ハンドルステムの固定ボルトに共締めするタイプ。
gmm003.jpg
LifeLineステムフェースプレート

取付部分は長穴になっているので、ある程度のステムには対応してるんじゃないでしょうか。
gmm004.jpg

カメラやライトなどを取り付けるための土台も完備。
gmm005.jpg

ただこれ、アルミでずっしり重い気がしたので、重さを比較してみました。軽量化にはこだわりがないんですけどね。
まずは純正マウント&純正ライトホルダー
gmm006.jpg
65g

そして、新しいガーミンマウントと、ライトホルダー(レックマウント製)
gmm007.jpg
60g

なんと、少し軽いようです。ラッキー!

取り付けは、付属の黒いスペーサーを入れて段差をなくします。こんな感じのイメージ。
gmm008.jpg

付きました。
gmm011.jpg

ガーミンとライトを付けるとこんな感じ。
gmm012.jpg
ハンドルと同じ高さにできる純正マウントに比べて、1段上がった位置になるのは見た目的に少し残念だけど、それだけ顔に近づいて表示が見やすくなるという事でヨシとしよう。

かなり主張が強かったメーカーロゴも、
gmm013.jpg

ガーミンを取り付けると見えなくなるので、これもヨシとしよう。
gmm014.jpg

取付角度が調整できないという所にだけ目をつぶれば、お勧めの一品です(笑)
ラベル:Team物欲 DIY 自転車
posted by ないちん工場長 at 01:30| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

対策練をするもDNA!雨の天草サイクルマラソン2019

天草サイクルマラソンを翌日に控えた土曜の午前中、自由時間をもらって天草対策練をしてきました。本番日曜の天気は雨確定!ということで少し路面が悪い道を走り込んでおこうという建前です。決して某坊さんに騙されて変な道に迷いこんでしまったワケではありません。
atr001.jpg
atr002.jpg

山頂にて私が持って行ったコーヒーと、某坊さんが持ち寄ったメリチェルのパンを堪能して下山。これにて対策練は終了。お付き合いありがとうございました。
atr003.jpg

昼過ぎから天草へ向かい、ホテルのチェックインを済ませたあと去年も行った海鮮居酒屋「ひらはた」へ。
acm001.jpg
チームO3(おっさん)メンバー数人と楽しい夕食会でした。飲み会ではありません。だって7人のうちお酒を飲んだのはうちの奥さんと、長崎からやってきた自称熊本人のKawaBさんの2人だけなんで(笑)

さて本番当日。予想通り雨模様。走るとは決めていたのでモンベルのカッパ上下と、レイン用シューズカバー、防水グローブという完全防備でスタートラインへ。とはいえ、完全にヤル気を失くしていたので、受付時に「Bコースで走ります」と伝えて、出走前に40kmのショートカットを実現!

そう、タイトルのDNAとはDNS(DO NOT START)の打ち間違いではなく、DO NOT Aコースだったのである!(文法おかしい)

そして、ヤル気の無さとカッパの下のジャージポケットからカメラを取り出すのが面倒なのが相まって、昼食エイドまで写真なし!

昼食エイドへ到着すると、ガラ〜ンとしている・・
acm002.jpg

われらグループが1番乗りだったようで、受け入れ準備が終わってなかった(笑)
acm003.jpg

雨で冷えた体に温かい豚汁が染み渡る。
acm004.jpg

2杯目と、3個目のオニギリ、押忍!
acm005.jpg

昼食後は、予め準備していた寄り道ルートへLet's GO!
acm006.jpg
前日の対策練が若干役に立ってる感(笑)

地味にしんどい登りを登りきったあと、分岐を右へ。西平椿公園を目指します。
acm007.jpg

大木?を見るために公園に行ったのに、超楽しそうなお祭りで賑わっていて、入口ではカワイコちゃんが風車(かざぐるま)を配布してました。
acm008.jpg
オッサンの相手してくれてアリガトネ〜

キレッキレの踊りを横目に、
acm009.jpg

階段を徒歩で下りて行くと、
acm010.jpg

ありました!
acm011.jpg

大きさの基準としてワタシを配置してみました。
acm012.jpg

公園を後にすると、風情のある街並みを抜けて、
acm013.jpg

トンネルをくぐったら、正規ルートへ復帰。
acm014.jpg

そこからはずっと向かい風に押し戻されながら、やっと最終エイドへ到着。
acm015.jpg

調理パンと黒糖ドーナツ棒を頂きました。
acm016.jpg
ヘロヘロの体に黒糖ドーナツ棒がキクぜ!

ゴールまで残り22km、向かい風とアップダウン地獄にヤラれながら無事にゴールできました。
acm017.jpg

「あおさ」てんこ盛りのあおさ汁でシメ!
acm018.jpg

お疲れ様でした。
それにしても500人のエントリーに対して欠席者が200人てどんだけ〜
map.jpg
※青い枠内が今回の寄り道ルート
posted by ないちん工場長 at 01:03| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする