2019年05月25日

3−2+1=体感的に10になったライド

知り合いが菊池の「わいふ一番館」のギャラリーを借りて飛行機の写真展をしているので、そうだ!自転車で見に行こう!という計画に、土曜早朝練を盛り込んだら誰か一緒に来てくれるんじゃないか?と思って、比較的釣れ易い朝練仲間に声を掛ける。何とか2人釣れて、完全ボッチは回避できた模様。

写真展を見に行く事だし、ちょっと今日は久々に一眼レフを担いで行ってみっか!と3年半前のこのスタイルで。※ウェアは違います。
ore02.jpg
思えばもうずいぶんと素敵女子たちとのライドをしてないなぁ・・・

門限があってナルシスト折り返しするメンバーに合わせて、いつも通り5時半にセブンイレブン集合。薄暗いうちに自宅を出発。
kcr003.jpg

10分ぐらい早く到着すると、すでに1人来ていた。が、大体みんないつもギリギリにしか来ないし想定外の白いフレームだったので、「あ、偶然居合わせた別グループの人かな?」と思ってジーっと見てると・・・まさかの某日田店長がサプライズ参加ww
そして予定していた2人のうちの1人は急用でDNSの連絡があり、門限があって早く帰るはずのもう1人は寝坊で連絡がつかず強制DNS。

スラムダンクのリバウンド理論に当てはめると、−2人が+1人になるので体感的に+3ぐらい、しかもボッチ回避ともなるとさらに2倍の効力が発生して某店長(そもそも、転勤後も店長だっけ?)1人で6人分の効果が!
kcr004.jpg

15年ぐらい前の入門機だけどやっぱりスマホよりは綺麗に撮れるなぁ的に、ナルシスト。
kcr005.jpg

途中、コンビニ休憩で長めのオシャベリをしてみたけれど、出発が早かったしペースも速かったので、開館40分前ぐらいに「わいふ一番館」へ到着。
kcr006.jpg
近隣でどこかお茶できそうな所を探すも、開店時間前だったり営業時間データ無しだったりで不発。

すぐ近所の「きくち観光物産館」に行けば足湯もあるし、何かお店もありそうだし・・と行ってみるも、足湯には一滴も水分が無くカラッカラ、お店も開店前。

なので写真だけパチリ
kcr007.jpg
うーん、やっぱよく撮れてるなぁ。カメラ本体の液晶で見てもそれほど良く見えないんだけど、PCで見てみると綺麗。

逆にスマホだと液晶が綺麗だからよく撮れてるように見えるんだけど、PCで見てみるとイマイチだったり。
kcr008.jpg
レンズが2個付いてる今時のスマホだともっと綺麗なんだろうけどね、ちゃんと撮りたいならやっぱ一眼ですよ。

そうこうしていると8時50分ぐらいになったので「わいふ一番館」へ戻ると、開いてた。
kcr009.jpg

飛行機の写真展を堪能して、
kcr010.jpg

シメはやっぱグルメだよね!と。
kcr011.jpg
近場で良さ気な「ポエトリー・ファニスタ」へ

グーグルマップでは営業時間データ無しだったけど、オープン前でしたわ。路頭に迷う・・
kcr012.jpg
よし!ここも営業時間データ無しだけど「リンデ」に行ってみよう!

開いてた!
kcr013.jpg
外観から滲み出る昭和臭。良い!非常に良い!

店内も、漫画がたくさん置いてあったり、なんかようわからんアイテムが所狭しと置いてあったり、非常に落ち着く空間。
kcr015.jpg

テーブルなんてインベーダーゲームチックなアレですよ。コンパネは取り外されてたけど。
kcr014.jpg

メニューを見ながら2人で「なんかコーヒーセットみたいなのがあるといいんですけどね〜」なんて話してると、マスターが「じゃあモーニング出しましょうか?」と。メニューには載ってないようだったけど、この店の雰囲気なら疑う余地もないですな!
kcr016.jpg

コーヒーも、どこぞのチェーン店では絶対に出せないようなザ・喫茶店の味。激ウマ。
kcr017.jpg
ご馳走様でした〜!とレジに行くと、「550円です」と。え!?やっす!いいんですか?と聞き返すと、「モーニングだからねー」と(笑)

超大満足でシメられた、ちょっと長めの朝活でした。体感的に10点満点!

走行距離82km、獲得標高860m
kcr001.jpg

最高速度、232.9k/h
kcr002.jpg
posted by ないちん工場長 at 22:05| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

大藪サイクルイベント・山鹿100kmは今回ハードモードだった

自転車を販売した後もきっちり最後までフォローをするという、大藪サイクルの理念に基づいて開催されるサイクリングイベント。いつも事前に下見を重ねて地図を作り、飲食店や施設との交渉・手配をし、当日はサポートカー出動まであるという、個人店とは思えない素晴らしい内容で、特に初心者の方には長距離サイクリングの醍醐味を味わってもらうのにもってこい。

難解な手作りの地図を読み解いたり(オイ)、普段は体験できない事が盛り込まれたりと、自転車歴が長い人にも楽しめる内容になっている。

大半の人は2〜3年もすると「自分のサイクリング」を確立して大藪イベントを卒業してしまうんだけど、道を覚えない&知らない・計画性が無いワタシにとって、ルートを引いてもらえてメシを準備してもらって、程よくルールで縛ってもらえるこの心地よいイベントが大好きなのであ〜る。

まずは集合場所の「水辺プラザかもと」へ車載で集合。ここも、参加費の中にここの温泉券を盛り込むことで一番奥の駐車場をお借りするという事前交渉の上に成り立っています。ちなみに参加費の1,000円に含まれるものは温泉券300円、昼食代600円、補給食代100円・・・驚愕の実費のみ!

当日受付を済ませて、
ymg003.jpg

渡された参加者セットに入っている地図の解読作業に入ります(笑)
ymg002.jpg

と、ここまでは良かったんだけど、どんどん雨脚が強くなってきてブログを書こうと思う心が折れる・・カッパは通常のサイクリングお出かけセットに入っているので問題ないんだけど、まさかこんなにガッツリ降るとは思ってなくて上着以外の防水装備が全くなく、もちろんカメラも非防水のものしか持ってなかったので撮影断念。

という事で、天気やコースの状態、イベントの雰囲気などは1008さんのブログでどうぞ(爆)

序盤の平地移動はおしゃべりしながら20km/hもいかないぐらいのペースで走り、登りに入ってからは各自マイペースで!となって、気持ち良いペースで登っているとだんだんバラけてきて、いつの間にかコルナゴ部長さんとランデヴーに。ずーーっとジロ・ディタリア観戦旅行の話を聞けて、ものすごい有意義な上り坂になった(笑)

山道の上りも下りも前日の暴風雨で荒れまくり、枝と落ち葉とその他諸々が散乱しているうえにウェット路面。カメラを持って行ってても写真を撮る余裕なんてない道中で、ちゃんと撮影していた1008さんはやはり流石だな!と思います。
DSC03690_20190519201943f0f.jpg
※1008さんのブログより拝借

岳間渓谷キャンプ場を横目に下り、大きな通りに出てからは見覚えがある道だったので、スル〜っと昼食ポイントの岳間小学校跡地へ。
ymg005.jpg
部長さんのコルナゴと一緒にパチリ。

めっちゃ汚れた・・けど、コルナゴ部長さんなんて前日にショップで綺麗にしてもらったばかりだとか(笑)
ymg006.jpg

ブッチャーKこと、カルキフーズ代表・軽木さん特製のカレーonコルナゴ部長さん差し入れのトマトを堪能。
ymg007.jpg
このカレーが食べたくて山鹿100kmに申し込んだと言っても過言ではない(と言っておけば次回は山盛りにしてもらえるかな)。

食後にはTeamO3(チームおっさん)長崎支部から参加のお二人にいただいた差し入れと、
ymg010.jpg

前回もいらっしゃったお菓子1個付きで150円ハンドドリップコーヒーのおばちゃ・・オールドお姉さん。
ymg008.jpg

夜なべして作ったというサーターアンダギーをいただきました。おば・・お姉さん、来年もヨロシクね!
ymg009.jpg

後半は若干の登りがあるものの、おおむね平坦基調。これまた気持ちよくビャ〜っと走ってコルナゴ部長さんとランデヴー。からの、花の香酒造に立ち寄り、お酒好きな長崎支部のお二人を待ちます。
ymg011.jpg
なんか、去年に比べるとだいぶ綺麗になったような・・・儲かってますなぁ(笑)

去年はこんな感じでした
oyc021.jpg

そこから先は猛烈な向かい風と横風で、自転車にしがみついてないと飛ばされそうになるぐらいハードな川沿い。右から左から不規則にビュウビュウ来て車体ごと持ってかれるので、土手の真ん中を走ってないと転げ落ちそうになるほど。めちゃくちゃしんどかったけど、久々にガッツリ脚に刺激を入れられてとても充実したライドになった。

帰宅したらすぐ洗車!
ymg004.jpg
そう、どっちみち乗ったらすぐ洗車するので自転車はいくら汚れてもそんなに気にならないのであ〜る!

スタートボタン押し忘れ&一部曲がり損ねによるショートカットにより、走行距離86.62km
ymg001.jpg

いやー、写真素材が少ないのによく書けた!頑張ったな、俺!
posted by ないちん工場長 at 20:05| Comment(6) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

ないちん工場のマイペースなG.W.【後編】

5/2は粛々とお仕事に勤しんでおりました。4日休んで1日仕事して、また4日休み。ちょっと休みすぎかなぁ。毎週、2日休んで2日仕事、2日休んで1日仕事・・ぐらいが楽しそうでいいなぁなんて(笑)

さて、後半初日の5/3。

とりあえずAM5時半からいつものコース、峠の茶屋〜ナルシストへ(笑)
gwb001.jpg
FBで告知したり、ありとあらゆる手で誘っても某坊さん以外に滅多に参加者が集まらないのに、日田から遠路はるばる某店長がサプライズ参加してくれました。集合場所に到着した時、水曜会ジャージの人が一人いたので心の中で「ヒェッ!」となったけど、顔が認識できた瞬間に真逆のびっくりに。チョー嬉しかったですヨ!

そして3人でそのまま令和初メリチェルへ!
gwb002.jpg
セレブなお歴々の方々の朝活の集いは変わらず開催されてました。改元なんてさ、ぶっちゃけ暦の表記が変わるだけなので、我々の生活には何の変化もないよね〜。

メリチェルでカロリーを充分に摂取して、この連休のメーンイベントに備えます。帰宅して、洗車して、シャワー浴びて、オートバイに乗り換えて・・いざ!キャンプへ!

到着!
gwb003.jpg

ゆくゆくは自転車キャンプするつもりだけど、テント泊キャンプスキルが0なので、キャンプ&アウトドア経験値がかなり高いキノPさん(初めてこんな呼び方したわw)にお供してもらい、野良キャンプへ。

あそこ、テント張るのに良さげだな〜、あの人たちは今夜泊まるのかな〜なんて話しながら遠目にジロジロ見てたら、「ここ、いいですよ!私たち、ラーメン食べたら帰りますので・・あと2〜3時間はいると思いますが」と仰ってたのに、10分後ぐらいには移動してくれました。
gwb004.jpg
ジムニーのサスペンションをぐにょんぐにょん動かしながら川を渡って向こう岸まで・・・すんごい走破性。というか運転めっちゃ上手かった!

到着してからの段取りはキノPパイセンに従って、とりあえずランチ。
gwb005.jpg

食後にぼちぼちテント設営。
gwb006.jpg

自転車キャンプ用に買ったこのテントは、収納時サイズが400mm×直径150mm程度と値段にしてはまあまあコンパクト。グランドシートまでセットになってて、Amazonセールで9,900円也!
gwb007.jpg
gwb008.jpg


中敷きのマットは空気で膨らますタイプの軽量コンパクトな物。


寝袋は最低8℃、快適気温15℃という設定の安くてコンパクトな物。

朝晩冷えそうだったので、それにユニクロのウルトラライトダウンジャケットを持って行きました。

テント設営が終わったら、夕食まではまだ時間がたっぷりあるので渓流釣り体験を。体験なのでね、かる〜く雰囲気だけ(釣れなかった言い訳じゃないですよ、決してね)。
gwb009.jpg

それから、夜のお楽しみ会のために焚き木拾いへ。
gwb010.jpg
まあ、たっぷりあります。

太めの木は持参したノコギリでギコギコと。
gwb011.jpg

他は手で拾い集めたものや、
gwb012.jpg

ミニ焚火台用に細かく鉈でカットしたものを準備して、
gwb013.jpg

肉の塊を焼くぜ!
gwb014.jpg
見た目は良さそうだけど、マルキョウのセール品だから硬いのなんの(笑)
焚火は火加減が難しいから、料理するにはバーナーが最適だと悟った41の夜。

ダウンジャケットを着込んでいても背中が寒くて、早朝から活動している疲れも押し寄せてきて20時過ぎに就寝。暗闇から聞いたことがない鳴き声や、静まり返ると結構な音量に感じる川のせせらぎでなかなか寝付けないかな?と心配していたけど、横になって10分もしないうちに寝てしまった(と思う)。

一つだけ言える事は、こんな場所にテント張って寝るなんて一人じゃ絶対無理(笑)

川のせせらぎが雨音に聞こえて目が覚めたのはAM5時過ぎ。就寝が早かったので二度寝もできず、とりあえず一人朝食開始。
gwb015.jpg
ジェットボイル、お湯を沸かす性能は高いんだけど、着火装置がすぐにダメになったのでライター持参。火花は飛ぶのに火が付かない。着火装置があるのと無いので結構な価格差があったんだけどなー、金額は覚えてないけど。

そして、キノPさんが起きてきて朝食を済ませ、テントはそのままにとりあえず渓流釣りへ。
gwb016.jpg
前日よりも上流の方へグイグイと進む。

登ったり、
gwb017.jpg

下ったり、ラジバンダリ
gwb018.jpg
これ、普段ちょっとだけ運動してるから平気だったけど、全く運動していない人はキツいんじゃないかなー。自転車乗りは大丈夫だと思いますけどネ。

人工的な滝も2か所ほど。
gwb019.jpg

道中、ラクダに見える切り株や、
gwb020.jpg

ワニに見える倒木なんかもあって、何だか得した気分。
gwb021.jpg

しかし1匹も釣れないまま、撤収。
釣れはしなかったけど、安心して下さい。キノPパイセンさすがです!
gwb025.jpg

帰りに不足がちだった炭水化物をシマダ白藤店でチャージして、初キャンプ終了!
gwb022.jpg
キノPさん、本当にお世話になりました。またよろしくお願いします。でもここ、自転車じゃ絶対行きたくないですねww

今回のキャンプ泊に必要な道具一式は通称・ホムセン箱に詰め込んで、バイクのリアフェンダーに無理やり縛りつけました。
gwb023.jpg

箱に入らない分はダイソーの自転車かごネットLを使用。
gwb024.jpg

ここにパチノックスと予備ガソリンタンク、その他こまごましたものを。
gwb026.jpg

箱のスペックは内寸W238xD358xH240mm
gwb027.jpg

この中にテント、寝袋、エアマット、ミニ焚火台、シーツ、ジェットボイル、マグカップ、ナイフ、ライター、着火剤、ロープ、革手袋、林業用蚊取り線香、ノコギリが入ります。
gwb028.jpg

重量は約8.5kg。
gwb033.jpg

我が家のリドレー号と同じ重さ(笑)
wt007.jpg

最下層にミニ焚火台、エアマット、シーツ、ロープ、着火剤。
gwb029.jpg

2段目にテント、寝袋、ジェットボイル。
gwb030.jpg

あとは隙間にテキトーに。もう少し余裕があるかな。
gwb031.jpg
食料と飲料とダウンジャケット、その他こまごましたものはリュックで背負って結構な荷物に。これらをさらに省略してどうにか自転車で運べるようにするのが当面の目標。さらに目的を絞らないと厳しいかな〜

連休最終日は自宅から一歩も出ずにDIYをして終了。
gwb032.jpg

プチお出かけはしたものの、熊本県内で過ごした大型連休でした〜
posted by ないちん工場長 at 21:33| Comment(2) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

ないちん工場のマイペースなG.W.【前編】

大型連休に家族や仲間とお出かけできる人はセレブだと思っている。移動するのにいつもより時間とコストが掛かり、目的地でも時間とコストが余計に掛かる。そんなおハイソな事、ボンビーな我が家では絶対に無理!これは皮肉でもなんでもなくて、私の勤務先は有給休暇が理由不問で割と自由に取得できるので、わざわざゴールデンウィークに非日常な事をする必要がないのである。そして、ボンビーというのも謙遜ではありません。一般的なサラリーマンの平均年収よりだいぶ低いです。酒もタバコも女遊び(笑)もやらないし、昼食は愛妻弁当なので普段は全然お金使わないんです。全部オゴるからオネエさんと遊ばない?っていう奇特な方がいればコチラより募集します。※応募は締切りました

というわけで、普段通りの休日の過ごし方です。

世間一般でいう所の初日4/27は仕事でした。普通の土曜日だもんね〜。

我が家の初日4/28はいつもの早朝金峰山から。
gwf001.jpg
相棒は毎度同じみ某坊さん。いつもありがとうございます。一生お世話になります。一生どころか、死後もお世話になります。その時はお経をお願いしますね!

綺麗に整地された峠の茶屋から先の下りをぴゃ〜っと下って、
gwf002.jpg

その先の横断歩道で子どもの手を引いて渡ってあげました。こういう所で徳を積み重ねると極楽浄土に行けるかもしれません(そんな事を考えている時点で不純)。
gwf003.jpg

ナルシストへ到着!
gwf004.jpg

いつもと違う事をちょこっとだけしようと、ここでプチ朝食を(笑)
gwf005.jpg

お疲れ様でした。
gwf009.jpg

朝の爽やかフィットネスの後は、菊鹿ワイナリーで開催されている「大藪サイクル主催・e-Bike(電動アシスト付自転車)試乗会&カルキフーズBBQ」へ。菊鹿ワイナリーに行きたがっていた妻も、従妹とお出かけしたがっていた娘も、私もみんなシアワセなお出かけ。予想通り渋滞など全くなし!到着時は会場駐車場も空いてました。
gwf006.jpg
フルサスMTBの電動アシスト付。65万円
gwf007.jpg
めちゃくちゃ乗り心地よくて、楽しくて、欲しい!けど、嫁さんの方が欲しがっていた。もうこれ買っていいって事よね?ハイエースのローンが終わったら考えよう。うちのハイエース、7年ローンですのよ・・・

うちの娘も試乗。パナソニックの初代e-MTBかな。フツーに乗れるのね!?
gwf008.jpg

2日目の4/29は妻子不在の自由dayだったので、阿蘇くじゅうサイクルツアーさんの「押戸石の丘感謝祭 MTBトレイルツーリング」に参加。参加費は2500円+牧野保全料1000円=3,500円。集合場所からスタート地点まで自転車ごと送迎してもらえて、コースガイドまでしてくれてこの値段!
gwf013.jpg

そして、牧野ガイドの資格を持っているガイドさんに牧野保全料込みの代金を支払っているという事は・・・
gwf014.jpg
gwf015.jpg
一般の人が立ち入れないエリアに胸を張って堂々と入れるんですね〜。

こういう所が走れちゃいます。
gwf017.jpg
gwf016.jpg
gwf018.jpg

プチ川渡りの動画


吹き荒れる突風の中、押戸石の丘へ行くと・・悪天候にて感謝祭は別の場所になってました。
gwf019.jpg

素敵トレイルをお替りしつつ移転先の公民館へ行き、お祭りにちょっとだけ参加。
gwf020.jpg

平成最後に素敵なトレイルライドをたっぷり堪能して、泥を落として車へ積み込み。
gwf021.jpg

阿蘇くじゅうサイクルツアーの橋本さん、ありがとうございました!
gwf010.jpg
結構色んなイベントが目白押しなので気になる方はフェイスブックページをフォローしておくと良いです。イベント通知がきます。

明けて4/30は我が家の地震部屋(地震以降、放置して物置と化していた部屋)の修復工事に着工。もちろんDIYで。このネタは工事が完了したら記事にします。
gwf000.jpg

さて、令和元年!一発目はもちろん・・・早朝のセブンイレブンからスタート(笑)
gwf022.jpg
くもり予報のはずが、ずっとシトシト降っていたけどもう着替えちゃったし、行く気マンマンだったので出走。

雨のナルシストで、令和元年記念撮影with小道具
gwf023.jpg

峠の茶屋でも新聞と一緒にパチリ
gwf024.jpg

雨のライド後はいつもより入念に洗車。
gwf025.jpg
ここでも新聞とパチリ。いつもやっている事なので、本当に令和元年なのか?という疑いを晴らすためであって、決してこの為だけにセブンイレブンで買った新聞代の元を取ろうなどと考えてはいない。

チェーンの洗浄にはこのAZ(エーゼット)のフィルタークリーナーを使ってみました。
gwf026.jpg

ハケでペタペタと塗ったあと、水でジャーッと流しただけでかなりピカピカに!
gwf027.jpg
こりゃーええで!4Lも入って2,000円ちょっとでかなりお買い得!


と、こんな感じで一旦区切ってG.W.前半終了。
5/2は仕事なのでね。
posted by ないちん工場長 at 21:06| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする