2019年09月29日

燃費について考える

自転車はエコだって言われるけど、サイクリングに出かけると「つまみ食い」でけっこうお金使っちゃうから車でドライブした時のガソリン代より高くついちゃうんですよね〜なんて言うのがグルメライダーの鉄板ネタである。

今日、午前中だけ無理やりもらった自由時間に完全ノープランでサイクリングしてきたので検証してみましょう。

天気予報がイマイチで予定も立てられず、起きてから考えるか・・・と、6時起床。すると娘はすでに起きていて、録画してたアニメを見ていた。自由時間はこうやって作る・・先を越されたのは初めてかも(笑)

6時半に自宅を出て、金峰山へ向かう。購入したばかりのスマホ「HUAWEI P30 lite」のカメラ機能を色々と試すのが楽しい。これだって、トリプルカメラだもんね!
nnp002.jpg
この場所、朝は完全に逆光で従来のスマホや普通のデジカメだと自転車は真っ暗で景色は白飛び気味になってしまうのに、AIカメラ機能で撮影するとどっちも明るくクッキリ!こいつぁすげぇぜ!

インカメラもそこそこの性能で、これなら使えそう。
nnp003.jpg

一通り撮影遊びをしたら、麓のセブンイレブンで買っておいたパンと山頂自販機のコーヒーで朝食タイム。ボトルに入っているポカリも合わせて合計389円。

さるすべりから下りはじめて直線に入った所の左側にある梨の直売所で家族へのお土産を購入。営業中って書いてあるのに誰もいなくて、しばらく「おはようございま〜す!」「すみませ〜ん」と人探し(笑)
nnp004.jpg

大型サドルバッグは正義!
nnp005.jpg
梨4個入りで350円。

それからナルシストへ寄って、カベルネ・ソーヴィニョンをチャージ。100円。
nnp006.jpg

ダメ元でCafe GIROを見に行くと、やっぱり営業してなかったので(笑)、先に進みます。三の岳の入口で吉次園カフェの営業時間を調べると、ちょっと待てば済むぐらいの時間だったので、三の岳はスルーして吉次峠へ。

カフェオープンを店頭で15分ほど待って、吉次園なぅ!
nnp007.jpg
シャインマスカットあかくま1,080円と、ホットコーヒー330円の合計1,410円ナリ!
削りイチゴとソフトクリームの甘さに打ち勝つほどの糖度があるシャインマスカットさんがふんだんに使われていて大満足。

獲得標高があと100mほどで1,000mを超えそうだったので、保健科学大学の方からメリチェル坂を登り、北バイパス経由で帰宅。
nnp001.jpg
走行距離58.5km、消費カロリー1,570kcal、使ったお金2,249円

うちのハイエースは燃費6km/Lほど、最近のレギュラー価格139円/Lで計算すると、2,249円で16.18L。16.18x6=97.08km

結論 車の方が燃費が1.66倍良い(爆)
posted by ないちん工場長 at 14:56| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

初開催のツール・ド・KAMAはスイーツ界のヘブンライドだった。

記念すべき第一回目のツール・ド・KAMAに参加しました。
イベントを知ったきっかけはとある女性サイクル系インスタグラマーの投稿。スイーツがかなり充実してそうだったので即決、そして数人の道づれと共に(笑)。

スタート&ゴールは飯塚オートの第5駐車場。参加者用の駐車場はそこから少し離れた第6駐車場。こういうサイクリングイベントは受付時にパンフレットやら記念品やらのセットを渡されてそのまま出走する事が困難になるので、とりあえず無防備で受付会場へ。
kama001.jpg

今回はじめて体験したのが「Quick Ticket」というシステム。参加受理のメールに添付されているURLに飛ぶと、スマートフォン画面にwebチケットが表示され、各チェックポイントで電子スタンプが押されるという仕組み。参加者としては少々不安な気持ちではあるけど、これだと事前案内などを封書で発送する手間とコストが大幅に抑えられるのでその分のコストを他に充てられる。合理的で素晴らしいシステムだと思います。

どういう仕組みか分からないけど、スマホに電子スタンプを当てると、
kama002.jpg

画面にスタンプが押される。近未来だ!
kama003.jpg

で、受付で渡されたものは・・なんとゼッケンのみ。
kama004.jpg
これ、このまま出走できるパターンやん。もう駐車場に戻らなくて済むやん・・・完全無防備で受付に来たのでまた駐車場へ戻ります。

気を取り直して、正装してドリンク作って、妻子も連れて、会場へ。
kama005.jpg

会場併設の「サイクルエキスポ」に私が絶大な信頼を寄せる超絶技巧自転車店が出展していたので、ご挨拶。
kama006.jpg
ここに未来のないちん工場ガレージのイメージが見える・・(笑)

うん、これもサイクルエキスポだよね!
kama007.jpg
誰得か?っていうと前述の超絶技巧自転車店の店主が一番目を輝かせながら見ていました。めっちゃ詳しく解説してくれたしw

初回からけっこうお金掛けてますなぁ
kama008.jpg

くす玉割りをする為だけにステージ車を手配してるあたりも、無駄にお金が掛かってます。
kama009.jpg
この方々が「うん」と言わなければこの素晴らしいイベントも実現しなかったでしょうし、感謝ですな。

そして、スタート。自己申告の平均速度?順に並ぶので、平坦は足並みが揃っていて心地の良いサイクリング。
kama010.jpg

宮若市(ってどこだ?)へ突入
kama011.jpg

今回はね、エイド重視なので各エイドの距離をメモしてステムに貼っちゃたりなんかして。
kama012.jpg

おぉ!懐かしい景色!大学時代の夏合宿で利用していた「八木山青年の家」の近くだ(った気がする)。
kama013.jpg

で、やっとこさ39km地点の第一エイドへ到着。
kama014.jpg

ここでは刺激的な格好のおじさまが、
kama015.jpg

シュークリームを配ってくれます。
kama016.jpg

その他、羊羹に、
kama017.jpg

マカロンに、
kama018.jpg

ゆでたまご。
kama019.jpg

マカロンは各色いいんですか?って聞くと、取り皿をどうぞ!って渡されたので、全種類いただいて皿のままサドルバッグへIN!
kama020.jpg
これで我が家の平和は保たれる。

そして消化する暇もなく第二エイドへ到着。
kama021.jpg

古代の謎フェスティバル??
kama022.jpg

何かの種入りクッキーと、
kama023.jpg

古墳マドレーヌ、
kama024.jpg

米粉アイスを頂きました。
kama025.jpg

3種のうち、ブルーベリー味をチョイス。
kama026.jpg
濃厚なのにフワッとシャリッ(米だけに)とライトな食感で美味しかったです。

古墳の写真が撮れますよ!と誘われるがままに・・・
kama027.jpg
This is 雑!

たま〜に入り組んだ住宅地を経由しながら、
kama028.jpg

昼食エイドへ到着。
kama029.jpg

お弁当がずらり!
kama030.jpg

スイーツで期待値をグググゥ〜と上げておき、お弁当で落とすスタイル(笑)
kama031.jpg
まあ、ボランティアさん達の手間という観点では理にかなっていると思います。そして、見た目とは裏腹に意外と美味しい。スイーツで膨れたお腹でも問題なく完食できました。でも、お箸かおしぼりが欲しかったなぁ。

昼食でお腹がパンパンになったところで、今回のヤマ場(文字通り)、八丁峠へ。途中、工事個所をパスしながら淡々と登ります。
kama032.jpg

峠まであと2.5km!人気(ひとけ)もなく一人旅。
kama033.jpg

朝倉市へ突入!
kama034.jpg

アンド、峠のピーク(日本語おかしい)へ到達!
kama035.jpg

下りはじめるも、サイクリングイベントでお馴染みの「この先下りが続くからスピード落とせオジサン」の姿が全くない。ちょっと違和感を覚えながらもそのまま下って行く・・・やっぱおかしい!こんなにグネグネ下りが続くのに減速指示スタッフが一人もいないのは絶対おかしい!と思ってかなり不安な気持ちを抱えつつ、引き返し。

八丁峠(2度目)
kama036.jpg

そこからちょっと心当たりのある所までサーッと下ると、
kama038.jpg
あるよね〜、分岐点。こういうけっこう大事な分岐点にはスタッフが立っていて欲しかった。どこのヘブンライドだよ

登っていてここを通り過ぎる時にガーミンさんは「オフコース」ピーピー鳴っていたんだけど、「ふつう、イベントだとピークまで登らせるよね?」という先入観と、「大事な分岐点にはスタッフが立っているよね?」という思い込み、そしてここに到達するまでに2ヶ所ほど、事前公開のGPSルートとは違うルーティングがあったという好条件?が重なって、ミスコースしてしまいました。
kama037.jpg
心の中ではブログネタができて非常にオイシイと思いながら登り返してましたけどね。

で、問題の分岐点から先はやっぱり数人の減速注意おじさんや、路面注意おじさんがいて、荒れた道を下ります。
kama039.jpg

サーッと下っている最中にまた、無人の分岐点。ここ、下ってるし見落とす人は一層多かったんじゃないかな。
kama040.jpg
この写真を撮っている最中も、通り過ぎそうになってこちらの存在に気付いて事なきを得た人が4人いました(汗

何とかルート復帰できたところで第四エイド。
kama041.jpg

梨と、
kama042.jpg

シャインマスカットとピオ―ネ、
kama043.jpg

山田饅頭とスティック状のパイシュー
kama044.jpg
もうミスコースの事なんて忘れてしまいそうなぐらい余は満足じゃ。(絶対忘れねぇぞ!根に持つタイプだからな!)

もう登りは終わっただろうという希望的観測をよそに、微妙なアップダウンが続いて、
kama045.jpg

あまりの暑さに自販機エイド。ボトルの飲み物は充分にあったんだけど、冷たくてシュワシュワするものが飲みたかったので。
kama046.jpg
数キロ以内に第五エイドがあるのは分かっていたんだけど、我慢できませんでした。

でも、進んでも進んでも第五エイドに辿りつかない。ミスコースにより距離の誤差が5〜6kmあるので、準備したメモも役に立たない。
kama047.jpg
信号待ちで後ろに付いた人に「今、何kmですか?」と聞くと、104kmです、と。

「たぶん寄られてないと思いますけど・・スポーツドリンクのみのエイドがさっきありましたよ!」

見逃したぁ〜!!

でもスポドリのみだったらいいや、さっきキンキンに冷えたコーラ飲んだしな(結果オーライ、ナイス俺!)

しばらく進んで、砂利の土手を下って河川敷のサイクリングロードへ。
kama048.jpg
※砂利の下りで片手運転は危険です

そしてまた、合ってるかどうか不安になるぐらい誰もいない河川敷をひた進むと、
kama049.jpg

最終エイドを発見!
kama050.jpg

シャインマスカット再び。
kama051.jpg
これめっちゃウマイ!!金アぶどう農園さまありがとう!(もちろん、他の協賛の方にも感謝してます)

最終エイドを出ると、この旅の余韻に浸る暇も無く、ゴール
kama052.jpg

ゴールチェックを受けて、
kama053.jpg

モツ鍋をもらいます(ゴールで待っていた娘に全部食べられました)。
kama054.jpg
妻子の待機所として利用させていただいた、超絶技巧自転車店こと「takebow-tune bikeworks」の竹本さま、非常にお世話になりました。

そして、駐車場への移動(登り)が地味にツラい・・
kama055.jpg

初開催とは思えないぐらいイベントとしての完成度が高く、エイドも充実していてまた次回も参加したいと思う内容でした。
配置されているボランティア?スタッフの方々もちゃんと自分の役割を理解して動いている感じがして、運営・段取りにはほとんどストレスは無かったし、スタート&ゴール会場はツール・ド・しものせきを思わせるほど広くて華やかで出店も多い。そして、「スタート&ゴール会場の周りが市街地」という他のサイクリングイベントにはない要素のおかげて、参加しない家族が一緒に来ても別行動でみっちり楽しめる。自然と、飲食店と、レジャー施設が周りにあるので、うちの妻子は河川敷をポタリングして、お寿司食べて、アイススケート(2時間)をしながら過ごしていたそう。めっちゃ楽しかった!と。

GPSデータの正確さと、大事な分岐点へのスタッフ配置だけ改善の余地はあるかなーと思いますが、迷う人なんてごく少数でしょうし、100点満点のイベントなんて存在しないしそれを目指す必要があるのか?とも思えるので、やっぱり長く続いていくように運営していただけると幸いでございます。

kama056.jpg
posted by ないちん工場長 at 10:24| Comment(8) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

真のガラクタ市

ホームセンターハンズマンが半年に一度、春と秋に開催する大人気イベント、ガラクタ市。
昔は本当に「これどこから持ってきたの?」的な掘り出し物満載で、発見する楽しさがあったけど、今となっては単なる「セール期間」になってしまい、ガラクタ発掘は初日(しかもド平日木曜日)の午前中で取り尽くされ終わってしまう印象。だって、仕事が終わって夕方に行っても全然残っていないんだもの。

【参考・ガラクタ市過去記事】
・ハンズマンのガラクタ市に行ってきた
・ハンズマン「ガラクタ市」・2014秋
・ハンズマン・ガラクタ市(2015春)
・ハンズマン・ガラクタ市(2015春)その2
・ハンズマン・ガラクタ市(2015秋)
・ハンズマン・ガラクタ市(2016年春)
・ちょびっとだけガラクタ市
・ハンズマンガラクタ市・2017秋

でも安心してください。真の掘り出し物は何でもない日に突然出現します。

【参考】
・ネジの福袋
・バンドソーがやってきた

特に「現品限り」の赤札は型落ち品やワケあり品、展示品ではあるものの、とんでもない価格になっている。


そして、9/13(金)、13日の金曜日の閉店間際、また出会ってしまいました。

一通り予定の買い物を終え、妻子と合流するまでの数分、ふらぁ〜っとそういうコーナー(定位置ではない)を見に行くと、「現品限り」の赤札を発見!その赤札に直接マジックで価格が書き込まれて、商品整理棚に貼られていたので「何が現品限りだろう?」と思っていくつか引き出しを開けてみたけど、全て空っぽ・・・

え!?これ本体が500円なの・・か・??

ほんとにこれ本体が500円かどうか店員さんに確認したかったけど、閉店間際だったためか近くにスタッフさんが見当たらない。ダメ元でレジに持って行こうと、外から台車を持ってきて載せていると、通りすがりのオバチャンが「これが500円なんですか?ほんとに?」と聞いてきた。心の中で「知らんがな!俺に聞くな!」と思いつつも、「そうだったらいいなーと思って台車に載せてます(笑)」と返答。

あまりに嬉しくて、記念撮影(笑)
sg002.jpg

電気小物コーナーで電子パーツを入れていた什器の中古。
sg001.jpg

記念にこのまま使っちゃおうかと思うぐらいハンズマン大好き。
sg006.jpg

引き出しも奥行きがあって、仕切りも付いてて、かなり使えそう。
sg007.jpg

福岡の超絶技巧自転車店の店主から「それ、HOZAN?」と聞かれ、改めて見ると何とHOZANのロゴが付いてました。マジか!!
sg008.jpg

まごうことなく、これでした。マジか!
sg010.jpg

こちらこそ、ありがとうございます!一生ついていきます!
sg009.jpg

※ちなみに翌朝には完売していました。
ラベル:Team物欲
posted by ないちん工場長 at 21:27| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

BONDIC(ボンディック)でベルト修理

長年愛用しているガーミンのライフロガー、vivosmartHRJ。ベルト交換や修理を重ね、大事に大事に延命しながら使ってましたが、充電で床に置いていたところを子どもが踏んづけて「バキッ!」と強制終了を食らいました。
bon001.jpg

本体がピンピンしてるのに買い替えるのももったいない。でも、メーカー修理に出して1万円超を払ってベルト交換するほど本体の寿命も長くないだろうから、とりあえずはアマゾンで社外ベルトを購入し、次のライフロガーを用意するまでの繋ぎにしようと。


その社外ベルトが届くまでの1〜2日使えるだけの応急処置をしようというのが今回の記事です。

シリコンバンドに接着されているブラスチック土台のネジ止め部分がモゲてしまってます。
bon002.jpg

ネジが貫通してしまいます。
bon003.jpg

そこでこのアイテム、「BONDIC」〜!!テッテレー
bon004.jpg

ドロっとした液体を塗布し、
bon005.jpg

付属の紫外線装置でピカー!っと
shu.jpg

あ、画像を間違えました。正解はコチラ。
bon006.jpg

わずか数秒でカッチカチに。
bon007.jpg

すぐに穴が開けられる程度に硬化します。
bon008.jpg

これ、けっこう凄くない?
bon009.jpg

ネジ径まで穴を広げて、
bon010.jpg

装着!ジャストフィットとまではいかないけど、ブランブランしても落ちない程度には付きました。
bon011.jpg


どのぐらい硬化が早いか、動画を撮ってみました。

これは使える!いや、できることなら必要な状況になるのは避けたいんだけども(笑)


ラベル:自転車 DIY
posted by ないちん工場長 at 22:58| Comment(5) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

リペアスタンドのツールトレイをリプレイス

カタカナ語を多用するとデキるオトコに見えませんか?・・・見えませんか、そうですか。
日本語タイトルは「修理台の工具盆を交換」になります。

天気が悪くてお外で遊べない日々が続いても困らないのが、ないちん工場。
「やろうやろうと思っているけどそのうち忘れてしまって放置されているリスト」が山のように積もっているので、楽しみは尽きません。

めちゃめちゃ使い勝手が良く、とても重宝しているUNIORリペアスタンドプロ。唯一の不満点はペラっペラのツールトレイ。
upk001.jpg

お弁当のパックを彷彿とさせるクオリティで・・・いや、バリが残っているあたりクオリティはお弁当パックよりも悪いかもしれない(笑)
upk002.jpg

というか、割れてるし・・知らんかった。
upk003.jpg

そんなわけで、ずいぶん前にセールで購入したこちらに交換します。パークツール#106
upk004.jpg

ちゃんとしてる!板厚もしっかり厚い!(笑)
upk005.jpg

装着イメージはこんな感じ。
upk006.jpg

問題はどうやって取り付けるか・・これがずっと手つかずで放置されていた理由です。
upk007.jpg

純正の取付パーツは供給されてるんですが、パークツールとUNIORのリペアスタンドの支柱径が全然違うのでボツ。
106-AC.jpg
パークツール>UNIORならスペーサーを噛ましてイケるんですが、残念ながら逆でした。

現代科学の粋を極めた最新鋭の計測システムで採寸して、
upk008.jpg

超精密な設計図を作成。
upk009.jpg

それをPCで作図して、出力。
upk010.jpg

必殺!段ボールフィッティングシステム!
upk011.jpg

ふむふむ。
upk012.jpg

ばっちりではないか。
upk013.jpg

それを工作室に転がっていた端材にペタリ。
upk014.jpg

余分な部分、直線カットで処理できる所はバンドソーで。
upk015.jpg

スイッチを入れて放置しておくとソー部分の重みで自動的にゆっくり切り進んで行き、切断し終わるとスイッチが切れるスグレモノ。
upk016.jpg
ほんと万能で有能。あの時、衝動買いしてよかったと心底思う。

ソーを立てて付属のテーブルを設置すると、糸のこ盤のような使い方もできます。
upk017.jpg

メインの大穴は旋盤の中ぐり加工で。
upk018.jpg
このデッカイ穴を開けるという作業、けっこう大変。面白いけど、大変。

穴あけ、整形、タップ切りなどをして、最後にスリットを入れて本体の加工は完了。
upk019.jpg
え?仕上げが雑?いいんです。ほぼ隠れる部分だし実用品だし効果の無い手間は省略です。働き方改革です。

そして、余っているクイックレバーを一刀両断し、
upk020.jpg

ダイス加工でネジ山を作ります。
upk021.jpg
おっと、ピントが奥に行ってしまいました。

失敬失敬
upk022.jpg

ネジ山ができました!
upk023.jpg

完成!
upk024.jpg

レバー比(キャッチ&リリース)もバッチリ
upk025.jpg

うむ、良いではないか。
upk026.jpg

良いではないか。
upk027.jpg
ラベル:UNIOR 旋盤 DIY 自転車
posted by ないちん工場長 at 01:38| Comment(5) | アルミ加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする