2019年10月30日

低いところでも朝食を

参考記事:朝食は、高いところで

土曜早朝に行っている金峰山早朝フィットネス。集合時間が早すぎて付き合ってくれる仲間が少ないので、「いったい何時集合なら起きられるんだいっ?」と投げかけたところ、「7時なら・・・」と超久々のmkさんが釣れた。が、メッセージは「・・・7時にサイクルヒットを出て太郎迫を登ります」と続いた。この日は上熊本の自転車店「サイクルヒット」さんの試乗会で、試乗車を使ってのサイクリングだったもよう。

ならば!と、6時前に自宅を出発して峠の茶屋〜芳野の交差点まで登り、太郎迫のスタート地点まで下りる。予定通り7時前ぐらいに太郎迫のスタート地点に着いて、ウロウロしてると皆のアイドル・サブローさん登場!登りに備えてウインドブレーカーを畳んでいる僕をmkさんが見つけてくれて、一緒に来てたサイクルヒットの店長さんとそのお客さんの合計5人の超レアメンバーで太郎迫を登り返し。

BASSOの試乗車、カッコエエな!
pan003.jpg
試乗したmkさん曰く、堅牢そうな見た目の割には登りでスイスイ進んでくれるそう。

朝食はメリチェルにしようかと考えていたけど(早くから開いてるのはそこしか知らんので)、サイクルヒットのお三方は花園にあるパン屋さんに行くとの事でついて行きました。なんでも、朝8時から開いているそうで。

峠の茶屋をピャ〜っと下って、下りきった所の小さい橋を渡る前に左折して、ちょっと奥に入り込むとそのパン屋さんがあります。
pan001.jpg
その名も、「パンの家」

えらいカッコいいパン屋さんだなw
pan004.jpg
ここのサイクルラック、たくさん掛かってた方が写真映えするので行く時は4人以上がオススメ(笑)

店内は焼き立てのパンがずらり!そして、、、安い!
pan005.jpg
いつもの調子でパンを買ったのに、会計額がいつもより2割近く安い・・でもちゃんと美味しい!マジか!

隣にはテラスもあって、購入したパンをここで食べられる。
pan006.jpg
近々、紙カップコーヒーの自販機が設置されるらしいという裏情報?を得た。こいつはますますやべぇぜ。大抵の場合セブンイレブンで軽く済ませてしまうパンとコーヒー、すぐ近所にホンモノの店があるならそっち行った方が断然いいよね〜

ポイントカードなんてすぐ満タンなっちゃいそう
pan007.jpg

てなワケでこの日は綺麗に往復した早朝フィットネス
pan002.jpg
posted by ないちん工場長 at 22:27| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

朝食は、高いところで。

今まで食べてきた中で、一番高い朝食は京都「瓢亭」の朝粥定食(4,500円)でした(意味違う)。

何とかと煙は高い所が好き、と言うけれど、高い所で飲むコーヒーのなんと美味いことよ。
ぼちぼち涼しくなってホットコーヒーが美味しい季節になってきましたね。

自転車に乗らない人たちから見れば、いつも長距離&高地をサイクリングする我々は「ガチ勢」あるいは体育会系と誤解されがちだけど、そんなこたぁ〜ない。時間さえ許せば、食事や休憩はノンビリ過ごしたいのである。

ただ、時間は無限ではないので、手っ取り早く近場で気持ちよく汗をかいてほどほどの達成感を得るには、山を登るのがちょうど良い。そしてその頂(いただき)で、景色を見ながらコーヒーを飲む(オヤツ含)のが最高にゼータクな時間だ。ちょっと荷物が増えるけどね。

先日のツール・ド・佐伯の移動日(土曜日)、うちの奥さんの仕事の都合で出発は午後からだったので午前中はサクッと山コーヒーをしてきました。自分の紹介でモンドレイカーMTBを購入するも、なかなか山に行く機会のないキノピーパイセンを連れ出して、お接待ライド。いやすいません本当は一人じゃ寂しいので付き合ってもらいました。

いつもは待ち合わせ場所のコンビニパンで済ますけど、ちょっとゼータクに正統派パン屋さんのパンを買い出し。お接待ですしおすし(古)。
cts001.jpg
自分が小学生ぐらいの時からず〜〜っとある「九一屋」。最近リニューアルして小綺麗になったけど、昔ながらの正統派パン屋さん。今どきのお洒落こってりパン屋さんと違って食後に胃もたれしないし、かと言って味が薄いわけでもなく、うまく表現できないけど「ちゃんと美味しい素朴なパン」て感じ。朝6時から開いているのも嬉しい。

今回はMTBなので、水とバーナーは自転車に積載するスタイルにしてみました。
cts002.jpg
左の水筒はKlean Kanteen(クリーンカンティーン) のボトルとボトルケージ。

マリノアシティ福岡にあるアウトドアショップでアウトレット品を購入。ちゃんと買うと高いのね・・1.9Lも入るのでキャンプ向き。

右の水色のポーチはACEPAC(エースパック) 。大藪サイクルで購入。

中には「お湯を沸かす事にかけては世界一!?」と名高いJETBOIL(ジェットボイル) バーナーセットが入ってます。

見晴らしの良い場所で、コーヒー豆をゴリゴリと。豆は井の頭公園の素敵なコーヒー屋さん(行った事ないけどww)、ブルースカイコーヒーからお取り寄せ。送料無料で豆買えます。
cts004.jpg

九一屋のサンドイッチにスープとコーヒー。最高にもほどがあるぜ!
cts003.jpg

帰りに近所のサンドイッチ屋で本番の朝食を調達して帰宅。
cts005.jpg

それから約1週間あけて、即位礼正殿の儀の祝日はいつもより高い場所で厳かに朝食を。

俵山方面、ここから左折できるのほんと有難い!道路復旧工事、とても感謝してます。
cts007.jpg

風車と雄大な景色を堪能しながら、ハァハァしない強度で登る。
cts008.jpg

到着!逆光なのにこの写り。P30lite、安いのに凄い。ファーウェイ凄い。
cts009.jpg
自転車乗りとは一人としかすれ違わなかったけど、ハイキングの人は結構たくさんいた。

サドルバッグへロマンをたくさん詰め込んで。
cts010.jpg

ま、中身はほぼコーヒーセット(と九一屋のパン)なんだけど(笑)
cts011.jpg
荷物を減らすためにコーヒー豆は挽いたものを、ドリッパーは折り畳みタイプを。

この3枚のプレートを
cts012.jpg

組み立てて逆三角錐(すい)に。フィルターは円錐タイプを使用します。
cts013.jpg


ジェットボイルで沸いたお湯をジョボジョボと。このバーナーセット、使い勝手良すぎ。
cts014.jpg

そんなこんなで、「俵山でダバダ〜♪してます」とFBに書き込んだところ、近所に住むしんよさんから「そこで待ってて!」とコメントが。

FBメッセンジャーから位置情報シェアが送られてきて、見守ってるとスルスル〜と上がってくる。E-Bikeかな?と思ってたらまさかのロードバイク!
cts015.jpg
自転車きつい!坂嫌い!って普段ボヤいてる割には結構なペースで上がってきてびっくりしました(笑)
※ちなみに、完全アポなしのドッキリではなくちゃんと遊ぶ約束“だけ”はしてて、「(前日)自転車でそっち方面行きます、どこで何をするかはその時の感じで決めましょう。(翌朝)8時頃出ます→萌の里なう→今から俵山登ります、山頂でコーヒー飲みます」てな感じでこちらの状況を伝えながら進んで、どこかで落ちあって何かをするセミ・ノープランの、のんびり計画。いや、どこか途中で落ち合うってのも事前には決まってなかったか(笑)

山頂からはピャ〜っと下って、とりあえず「あそ望の里くぎの」まで行ってそこで考えよ、と第二休憩ポイントは「あそ望の里くぎの」へ。そこからあまり負担なく行けるランチスポットを・・・という事で、行先は「cafe LEEK」に決定!

意外と登ってる&向かい風にヤラれながら高森方面へ。久木野より標高たかいのね・・運よくトロッコ列車に遭遇し、眺めてたら中から子どもたちがバイバ〜イ!と手を振ってくれて、なんだかホンワカした気分に。
cts016.jpg

俵山ゴールと思って脚を使い切ってたしんよさんを巧みな話術で誘導し、なんとか到着(笑)
cts017.jpg

気持ちの良い気候だったので、テラスで。
cts026.jpg

すごく味の濃いトマトが印象的なサラダ
cts018.jpg

おかーさん(て呼んでいいのかな?(笑))が研究に研究を重ねて完成した特製カレー。
cts019.jpg
辛くないのにスパイシー。コクがあってスパイスの香りも効いてて、でも辛くない。「カレーの辛いのは痛いだけで味の邪魔をしている」という考えで、カレー屋さんで辛さが選べる時は甘口か普通にする自分にとって、最高にちょうど良いカレー。めちゃめちゃ美味い!これはねぇ、すごいですよ(語彙力)

バニラビーンズがふんだんに使われているプリンと、ドリンクまで付いてお値段たったの1,300円(税込)。まじやべー(語彙力)
cts020.jpg

帰りは月廻り公園経由で根子岳をバックにシクロワイアード撮りもどき
cts021.jpg

そして、拠点?の「あそ望の里くぎの」へ戻り、シメスイーツを。しんよさんまでシメスイーツに巻き込んでいくスタイル。
cts022.jpg

プチクライムして、何とか石(もう落ちてしまったやつ)の展望所みたいな所で撮影遊びして、解散。
cts024.jpg
cts023.jpg

そこから自分はまた俵山を登り返して帰路へ。
cts025.jpg

お疲れ様でした!不思議と疲れを感じなかったけど・・・カロリー採りすぎ??(笑)
cts028.jpg
posted by ないちん工場長 at 21:30| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

コースミスから始まる、ツール・ド・佐伯2019

「久々に灯台の揚げパンが食べたいですね〜」なんて仲間内で話していたのに、蓋を開けてみるとBコースでエントリーしたのは自分だけだったという波乱?の幕開けとなった今年のツール・ド・佐伯。いきなりのコースミスです(笑)

ま、このテのサイクルイベントはルート決まってるし食事も決まってるし、ほぼ何も考えずに走り抜けられるので、スタート前とゴール後さえ仲間内でワイワイできれば特に問題はありません。というか大体いつも自分が突っ走ってはぐれてしまうので(汗)

今年も前日入りで、参加賞に入っている寿司1,000円券を握りしめて(寿司だけに)佐伯のお寿司屋さん、「マルマン」へ。みんなで。
tds2019-001.jpg
ここ、回転寿司なのに寿司が回っているのを見た事がありません。オーダーして、職人のオジサンが「はい!」と手渡しでくれる、回転しない回転寿司(笑)

tds2019-002.jpg
tds2019-003.jpg
tds2019-004.jpg
tds2019-005.jpg
大変美味しゅうございました。
tds2019-006.jpg
家族三人で5,000円ぐらい(嫁が生ビール3杯も飲んだからな!)

そこから「やよいの湯」の100円割引券を握りしめて、やよいの湯でお風呂を済ませ、車中泊組は会場駐車場へ。
tds2019-007.jpg
なぜかプチ2次会・・(飲んでるのは嫁だけ)

あ、某1008さんは巨大なプリンを食べてました・・さすがスイーツ先輩だぜ!
tds2019-008.jpg

翌朝は美味しいコーヒーとパンから始まります。
tds2019-010.jpg
tds2019-009.jpg
今年から受付方式が変更になって、朝はゆっくりできるようになりました。こういった改善などをしていく姿勢、頭が下がります。

ゆっくりと会場へ向かい、
tds2019-011.jpg

入口に置いてあったインスタフレームでパチリ
tds2019-012.jpg
ちょうどイイ感じにフレームインしてくれたアナタ(知らん人)、ありがとうございます。

大人気のイベントはこんな感じですぞ
tds2019-013.jpg

スタート方式も変更になり、ゼッケン番号順に並んで(いたかな〜??)少人数ずつ、トラックを半周してスタート!
tds2019-014.jpg
この時点でAコーススタートした仲間たちから10〜20分のビハインド。

トンネル連続ゾーンに突入する前にAコース勢を捕らえ、そこから仲間を探しながらスルスルと前へ。
tds2019-015.jpg

何人かAコース勢の仲間をパスし、チームO3の仲間を捕らえるべく頑張って回すも、見つけられず第一エイドへ。
tds2019-016.jpg

しかし主目的はグルメなので、エイドではゆっくりと。
tds2019-017.jpg
tds2019-018.jpg

道中のオヤツも確保して、おやつBOXへIN!
tds2019-019.jpg
登りに入った時にぽたぽた焼きをバリバリ食べ始めたら前走者に振り向かれました(笑)

メンタルの弱い自分は速い人の後ろに付くことで頑張れる時もある。
tds2019-020.jpg
しっかしこのベステックスのスポンサーロゴが入ったお二人、ツキ切れしそうなぐらいゴイゴイ進んでて付いて行くのめっちゃしんどかった・・

そんな自分にムチを入れる遊びをしながら、空の公園へ。
tds2019-021.jpg

あじの丸寿司と、くじゃくパン押忍!
tds2019-022.jpg
コーラも3杯くらい摂取して、インスタフレームで撮影遊びしたりして(めっちゃしょぼい写真だったのでボツ)、下りへ。

結構な下りプラス、前のエイドから9km地点という胃袋にスパルタな設定の昼食ポイントへ。
tds2019-023.jpg
ポツーン・・・何も置かれていない長テーブルの向こうに立つスタッフさんに、「ここ、昼食ですよね?」と聞いてしまうぐらいポツーン感がすごい。どうやら昼食1番乗りだったみたい。

おなか減ってなくてもスルスルと入って行くほど旨い「しらす丼」。
tds2019-024.jpg
しらすにカボスに醤油の究極の組み合わせ!うーまーいーぞぉー!

おまえ、こっちな!
tds2019-025.jpg
はいはい、わかってますよ(渋々

ここからは海岸線を走りながら灯台登りへ向かいます。
tds2019-026.jpg
コースは全体的に強風だったけど、海岸線は特に不規則な暴風ビュンビュンで進まないわフラつくわで精神的にも体力的にもかなり消耗する区間でした。

Sコースのメンバーはもう灯台を消化して折り返してきてる・・・
tds2019-027.jpg
某XRBの九州最速店長とはこのトンネルに入るはるか前、さっきのコース分岐の直後ぐらいにすれ違いましたけどネ

トンネルを抜けても、海岸線
tds2019-028.jpg

九州最東端の案内を横目に、
tds2019-029.jpg

登りへ突入
tds2019-030.jpg
復路でここを通った時、すでにここから押してる人もチラホラいて、心の中で(がんばれ〜!でもそこで押してたら・・先は長いぞ〜)と応援しておきました。

ひと山越えて、揚げパンエイドの手前でちょっと寄り道。
tds2019-031.jpg

前日に下見ドライブした1008さん(本人はここ通らないんだけどなんでw)より情報をいただいた、絶景ポイントへ。
tds2019-032.jpg
1008さんに案内されるルートでは必然!

でしょうね!
tds2019-035.jpg

ほぅ!かなりの絶景ポイントではないか!
tds2019-033.jpg

と思ったその瞬間、ヘルメットに引っ掛けていたPOCのサングラスが突風と共に飛んで行った!
tds2019-034.jpg
ここらへんにサクッ!という音を立てて落ちてった。

どれだけ風が強かったかはこちらの動画をご覧ください。


クモの巣と枝をかき分けてしばらく探したけど見つからない。
tds2019-036.jpg
そもそも山に入る格好じゃないし(いや、すでに入ってるじゃん)、見つかる気がしなかったので断念。撮影遊びも含め、30分ほどここで過ごしてしまいました。

POCのサングラスをここで発見した方、ないちん工場までご一報下さい。だれか地元の人、ほんとお願い・・

そんなこんなで、揚げパンエイドへ到着!
tds2019-037.jpg

ふわっふわで、うめぇ〜〜〜〜
tds2019-038.jpg

そこからまた、ふた山越えと地獄の海岸線を進みつつ、次のエイドを探して淡々と。
エイドまであと2kmという看板を発見し、進むもそこはS・A昼食会場の「つるみ農水産物直売所」だったし、スタッフにも誘導されなかったのでスルー。
大会パンフレットのマップにも案内されてなかったしね。
tds2019-039.jpg

と思ったら、文字情報の所には記載されてた・・分かりづらい。
tds2019-040.jpg
現場の看板にも「S・Aコース昼食会場」とだけ大きく出ているだけで、他のコースの人たちも給水ポイントして立ち寄り可能なのが分からないしスタッフの誘導もなかったので、寄りたくても寄れなかった人がいるかも・・・

ということで、揚げパンエイドから先33kmはノーエイドでフィニッシュ!(ノーマネーでフィニッシュみたいに言うな)
tds2019-041.jpg

フィニッシュ地点でよもぎあんこ餅と、
tds2019-042.jpg

たこ焼きを堪能し、
tds2019-043.jpg
tds2019-044.jpg

一旦、車へ戻ってサングラスのスペアを装備し(涙)、裏の本番へ出発!
tds2019-045.jpg

さて、どこへ行くんでしょう(棒
tds2019-046.jpg

S・Aコース上にある、私設エイドへ(笑)
tds2019-047.jpg

もう撤収始めてた
tds2019-048.jpg

一回ゴールしたんですけどね、ここに寄りたくて戻ってきました!って言ったらみんなびっくりしてた。遠慮せずどんどん持って行って〜と、鶏飯と串焼きと、
tds2019-049.jpg

なんと、女子限定で振る舞われるケーキまで!!
tds2019-050.jpg
大変美味しゅうございました。来年は熊本からお土産もって行きますね!

無事にお替りも完了し、今度こそゴール!
tds2019-051.jpg

帰りは大分市内まで遠回りして、定番の「王府(ワンフー)」で晩御飯。

名物・ニラ豚と(ビールは嫁様)、
tds2019-052.jpg

とり天定食と、
tds2019-053.jpg

焼き飯で胃袋もフィニッシュ!
tds2019-054.jpg

今日は強風でめっちゃ頑張って漕いだからどれだけ食べてもゼロカロリー。


posted by ないちん工場長 at 11:59| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

いつかティファニーで朝食を

itc001.jpg
Amazonプライムの漫画を読んでハマってしまった。
ふとしたきっかけで朝食の素晴らしさ、大事さを思い出した主人公。
彼女と彼女をとりまく人間の、気持ちの浮き沈みを素敵な朝食との出会いでふわっと持ち直す、心温まる(かどうかはしらんけど)作品。
とにかく朝食を食べるシーンがウマそうなのよ。

確かにね、サイクリングで行った先でウマい朝食にありつけた時、すごく満たされる。人生が豊かになった気がする。早朝からとは言わないので、せめて9時ぐらいから朝食を提供するお店が郊外で(これ大事)増えたらなーと思う今日この頃。もうコンビニ飯は飽きた!

【参考記事・朝食編】
リンデ
あそら食堂
チポリーノ
メリチェル

で、日曜に半日の自由時間をもらい、どこに(食べに)行こうかな〜と思っていたところ、タイムリーな事にあの「阿蘇マルシェ」が開催されるという情報を得る。

阿蘇・内牧の「はな阿蘇美」の向かいの敷地で7時から行われる阿蘇マルシェ。200人限定の豪華朝ごはんの整理券の配布はもっと早い時間から・・自宅からは山越えて約40km。何時に出ればいいのかい?果たして間に合うのかい?

山越え含めたサイクリングでも平均速度を20km/hはたぶん割ったことがないので、多めに見積もってざっくり2時間掛かるとして、6時半〜40分ぐらいに着けばいいかな?てな感じで、4時40分に出発!
itc002.jpg
明け方というか、まだ夜ですな。ラグビーワールドカップの試合会場はすでに明かりがついていて、何やら準備をしているようでした。ご苦労様です。

さて、この日はなぜだかペースが上がらない。
徳を積みすぎたせいか、前方の草花たちがみんなこちらへ向かって深々とお辞儀してくれる。木の枝もゴウゴウと音を立てながらこちらへ手を振ってくれる。おかしい、地球上のみんながオラに力を分けてくれているのに、一向にスピードが上がらない。漕いでも漕いでも阿蘇さんから押し戻されるような感じがして全然前に進まない。これ。整理券配布に間に合わないのでは・・・(それはそれで美味しいと思っているし、朝食の他にもうまいもん沢山あるので焦ってはいない)

途中、写真なんか撮る余裕もなく時間と風との闘いの末、6時45分に到着!
itc004.jpg
え?81番!?
全然余裕どころか、7時を過ぎた時点でも若干残っていたようです。10分後ぐらいには捌けたかな。

恒例の、阿蘇ミルク無料配布の行列。ちょっと寒かったのでお腹の事を考えて並びませんでした。真冬でもソフトクリーム食べる奴が何言ってんだ。
itc005.jpg

今回は番号順に30人ずつ呼ばれてご飯をもらいに行く方式なので、順番が回ってくるまで場内をウロウロ。大藪サイクル繋がりの自転車仲間がお手伝いで光線銃サバゲーのコーナーにいました。
itc006.jpg

面白そうだったけど、子どもたちに交じってこんな格好の大人がいたら事案の発生ですよね。
itc007.jpg

呼ばれるまでまだまだ時間があったので、パンフレットでも見ながらまったり。
itc008.jpg

45km先まで朝食食べにサイクリングするって、ゼータクで豊かな遊びだよねぇ〜
itc009.jpg
サイコン見たら、きっちり2時間。たまたまだけど、すんげ〜タイムマネジメント(笑)

さてさて、お呼びが掛かりましたよ〜
itc010.jpg
itc011.jpg
itc012.jpg
itc013.jpg
itc014.jpg
itc015.jpg

今回は3種のお米を食べ比べをして、美味しかった順に投票するというシステム。
itc016.jpg

なので、ご飯が3杯!これはうれしいぞ!ご飯大好き。
itc017.jpg

よさこチーム「ASO KOI」の演舞を見ながら優雅に過ごし、
itc018.jpg

食後のデザートはこちら、社長の頑張りをめっちゃアピールしてくるマロンパイ。
itc019.jpg

コーヒーと一緒に、たいへん美味しゅうございました。
itc020.jpg

会場からはすぐに大観峰へ上る山道へ(国道212号線)入れるので、ひばり工房の池田さんにバイバ〜イしながら会場を後にする。

途中のビュースポットで撮影休憩。涼しいとそれほど苦も無く登れますね、ここ夏場はほんと地獄なんだけど。
itc021.jpg

登り切ったら大観峰には立ち寄らず、家路へ。
itc022.jpg
ミルクロードも風強かった。でもオートバイのツーリング集団がたくさんいた。今が最高の季節ですね。ここらあたりは気温17度でした。

ミルクロードをピャ〜っと下ると、門限までは時間があったので、HSR九州ドリームコースで行われていたモタードスクールを見学。
itc023.jpg
「モタードの日」という名称だったころは毎回出ていたけど、変わらずまったりと楽しそうな雰囲気でした。

そしてまた、ラグビーワールドカップの雰囲気を肌で感じながら帰宅。
itc024.jpg

洗車までして12時前に終了!
itc025.jpg
とても充実した半日でした。

posted by ないちん工場長 at 20:47| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする