2019年11月29日

工場長的天国来吐準備

今回でラストを迎える九州ヘブンライド。登りと下りしかない120kmほどの道のりに獲得標高3000mとガレ場を含むグラベル区間で絶妙に味付けされたスペシャルコースは多くの自転車人を魅了し、ゆるポタ勢からリアルガチ勢まで幅広い中毒者を輩出している。

MTBで走ってギリギリ楽しいと思える程度の酷道をロードで走るなんて頭おかしいと思っていた傍観者の私は、2年前に酷道ハンター1008さんの代役(仕事が入りそう)として参加し、去年は本番前にリタイヤした1008さんの代わりにリーダー的存在になり走った。

その時、どういう形でリーダーシップを発揮するか?と考え、自分なりにできる事を模索した。そして、メカトラブルが起きても不安を感じないような体制で臨むという結論に至った。様々な状況を想定し、思いつく限りの物をフレームバッグに詰め込んだ。
nofh020.jpg
このCO2ボンベ5本ホルダーは一部のマニアには大ウケだった。

幸いにもCO2ボンベの出番は無かったが、ほぼ全てのディレーラーハンガーの代替になる「エマージェンシーハンガー」は少し役に立った。

さて、今年はどうするか。

1008リーダーも直近の活動は自粛していたようで(ほんとかな?)、無事にスタートラインに立てそう。よって、自分はリーダーシップを発揮する必要が無くなった。しかし自称・工場長の名にかけて、メカトラブルへの対応力は発揮しようと思う。

ただ、今回のグラベル区間は結構ハードで、自転車を担ぐシーンが幾度となく訪れる。フレームバッグは邪魔で使えない・・・よし!大型サドルバッグに詰め込もう。CO2ボンベの収納どうしようかな・・

と、本題に入る前に11月に42歳の誕生日を迎えて我が工場に導入したニューマシーンの話を。


ドーン!
lh001.jpg
lh004.jpg

ドドーン!
lh002.jpg

ドドドーン!
lh003.jpg
このサイズのボール盤を買うような人に六角レンチ付ける必要ある??

いつも使っている卓上フライス盤の方にもボール盤の機能があって精度は段違いに良いんだけど、小さいし非力だしモーターの負担を考えて、ちょっと出力に余裕のある大きな専用機を購入。現状、置き場が無いので床に直置きで・・。頑丈な台を作りたいなぁ、溶接機欲しいなぁ・・・(溶接経験なし)。

そしてやっと本題へ(笑)

スムーズに、スマートにC02ボンベを収納&取り出しできるものをボヤッと考えながら端材BOXを物色していると、良さげなものを発見。何に使った物かは覚えていない。
lh005.jpg

ふむふむ、これをこうやって、ああやって・・とイメージしながら製図。
lh006.jpg

外径が大きいので、結構な量を削り込み。作業自体は面白いんだけど、単純作業の繰り返しって苦痛だ
lh007.jpg

ボール盤で穴を開けて、タップ切って、
lh008.jpg

うん、いい感じ!
lh009.jpg
10本もいらない、というか何で10本もうちにあるんだよ(笑)

あるものでテキトーにベアリング受けを作って、
lh010.jpg

圧入。
lh011.jpg

そして10mmの丸棒で軸を作り、、
lh012.jpg
lh013.jpg
lh014.jpg


完成!
lh016.jpg

めっちゃよく回るでしょww


これをイメージして作りました。
lh015.jpg

スペアタイヤ(中古)は輪ゴムで縛って、
lh017.jpg

衣類用圧縮袋で
lh018.jpg

ギュッギュッ!プシュ〜っと。
lh019.jpg

ツール&小物類は広げるとそのまま敷物にもなるロールバッグへ。
lh020.jpg
先日、宮崎の国見峠でパンクした時に学んだのは、ガレ場や未舗装路で物をそのまま地面に置くと見失ったり汚れたりするので、敷物があった方が作業性が良いという事。足の踏み場もない、じゃなくて「物の置き場も無い」ってのは急いでいる時には特にストレスを感じるので、敷物はオススメ。


これにて最後のヘブンライドは終了!
posted by ないちん工場長 at 23:02| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする