2020年01月25日

山鹿のMTBコース

山鹿市の大藪サイクルから10km離れた森の中にアウトドア体験ができる施設がある。
場所と施設名は大藪サイクルブログで公開されているので秘密にするつもりはないけれど、
ここで書くと完結しちゃってショップブログまで見に行かないと思うので(笑)、興味のある方はショップブログを要チェックやで!

ここは大藪サイクルが年間使用料を払って借りている場所で、MTBコースを作ってイイですよと正式に許可をもらっている空間。
ymg002.jpg

そこへ経験豊富な大藪さんと常連客の有志により手作業で作られたコース。
ymg003.jpg
ymg004.jpg
かなり手が込んでいて、楽しさとキツさとがいい塩梅に融合したクロスカントリーコース。
ショートコースへの分岐もあったりと、至れり尽くせりの設定も嬉しい。
コース監修のU田さんはしょっちゅう通ってコース整備をされているそうで、、今年はお中元を贈らねば(笑)

予約をすればキャンプもできるので、キャンプをしながらまったりと遊ぶもよし、補給所を設置して血ヘド吐くまで練習するもよし、なかなか素敵な環境ではないでしょうか。
ymg001.jpg

先日はブッチャーKこと、カルキフーズの軽木さんが特製バーガーを振舞ってくれるショップイベントが開催された。
ymg005.jpg
ymg006.jpg
国内の牛肉をふんだんに使用した分厚くジューシーな極上ハンバーグと地元野菜を阿蘇のパン屋さん「豆の木」特製のバンズで挟んだゼータクなハンバーガー。
スペシャルゲストのコルナゴ部長さんがバンズを焼いてくれるという謎のサプライズもあり、長崎からやってきた自称・熊本県民のkawaBさんから文明堂のオヤツも頂き、非常に充実したまったりイベントであった。最高オブ最高!

コース1周、息切れしながらもテレっと走った動画を上げておきますので、コースの雰囲気が知りたい方はどうぞ。


大藪さんの地道な活動により実現したMTBコース。コース利用だけなら今のところ利用料金の設定もないし、明確なルールは「事前に予約をする事」ぐらい。スタッフが常駐してるはずもなく、利用者の常識に委ねられている部分が大きいので、節度ある大人の楽しみ方でお願いします。こういうのって本当に伝わって欲しい人にはどんな書き方をしても伝わらないのでこのぐらいにしておきます。
posted by ないちん工場長 at 18:00| Comment(6) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

MTB遊びのジレンマを、お金で解決!

自分が楽しいと思う事は他の人にお裾分けしたいという気持ちはあるけれど、人口が増えると場が荒れて遊ぶ場所が減ってしまったり、自分たちの占有度が下がってしまう。しかし廃れすぎても遊ぶ環境が無くなってしまう、というのがMTBのジレンマ。

そういう理由からブログを書く身としても、めちゃめちゃ楽しかったのに記事内容は非常に薄いものにしかならずコスパが悪いというか何というか・・・いや自分自身はとても満足しているんですけどね、この楽しさを共有できないもどかしさたるや。あと、トレイルライドの場合は最も楽しい区間は未舗装路をそれなりのスピードで下っている時なので、写真撮れないし、動画では良さがほぼ伝わらないしで素材に乏しいというのもある。最近、更新が少ないのはそのせいw

そんな中、熊本ってけっこう恵まれた環境だと思うのです。

自分が知る限りでも常設コースは以下のものがあり、
・南関のセキアヒルズ(クロスカントリー)
・吉無田高原(クロスカントリー・ダウンヒル・パンプトラック)
・内牧の阿蘇MTBパーク(パンプトラック・トライアル)
・球磨郡五木村の渓流ヴィラITSUKI(パンプトラック)
・山鹿某所(大藪サイクルが年間使用料を支払って借りている、森を有効活用しようプロジェクト・クロスカントリーコース※試験運用中)
・南阿蘇クロスカントリーコース※試験運用中

トレイルコースは、阿蘇をはじめとする雄大な自然を走り放題!(やりたい放題はダメです)
これに関しては非常にデリケートな問題で、登山・トレランと被るルートがあったり、私有地や立入禁止区域など法律的なものも絡んだりして、ルールやマナーが複雑で「大人として正しく遊ぶ」にはちょっと面倒な部分が多い。一歩間違えれば遭難なんてこともあり得るので、軽はずみにルートを公開できないという理由もある。

しかし、大人ならではの方法で全ての悩みをクリアして気持ちよくMTBトレイルライドをする方法が1つだけある!

それは・・・金で解決!

専門業者にお金を払ってサービスとして提供してもらえれば、何も考える必要がない。ルートも、補給も、責任も、体力も心配する必要がない。究極のところ、自転車もウェアもプロテクターだって準備しなくて良い。お金だけ握りしめて瀬の本レストハウス(旧・三愛レストハウス)まで行けば、MTB遊びの醍醐味を味わう事ができる。ステマっぽくなったけど、とどのつまりそういう事。大多数の人はレジャーとして楽しむ分にはこれが最良であると思う。

その専門業者である「阿蘇くじゅうサイクルツアー」(トリムカンパニー)へ依頼するとどういう遊びができるのか?をざっくり書くと、

遊び場まで自転車ごと運搬してくれて、拠点にテント張って休憩所を作ってくれて、許可がないと立ち入れないエリアを含むトレイルを走ることができる。コースは様々で、強度高めのクロスカントリーからガッツリダウンヒル、まったり草原ライドなど参加者のニーズに合わせて幅広く対応してもらえる。
休憩所ではティータイム(スイーツ含)が楽しめる準備までしてくれるので、自転車の醍醐味を十二分に堪能できる。え?自転車の醍醐味にスイーツが含まれるのはワタシだけ??

それではここで阿蘇くじゅうサイクルツアー主催の過去のライドを写真で振り返ってみましょう

smr010.jpg
smr011.jpg
smr006.jpg
smr013.jpg

pjm001.jpg
pjm005.jpg
pjm007.jpg
pjm011.jpg

mosa001.jpg
mosa003.jpg
mosa005.jpg
mosa010.jpg

yse012.jpg
yse013.jpg
yse031.jpg
yse024.jpg
yse023.jpg
こんな素敵な遊びができる。

そして先日、そこが主催するモニターライドに参加してきた。
asokuju.jpg
今では瀬の本レストハウスに事務所を構えて続々とやってくるツアー参加者を待ち構えている。

借りてきたビデオカメラ「OSMO POCKET」をぶっつけ本番で使用したので、角度やら何やら思うようにはいかなかったけど、
osmo.jpgosmo2.jpg

今までの動画と違って酔わずに見る事ができると思うので、頑張って見てみて下さい笑)

コースの一例にしか過ぎないけど、何となく雰囲気は伝わればいいなと思います。

MTB初心者の最大のハードルは、コースの想像ができず自分の走力とスキルで果たしてちゃんと走り切る事ができるのか?という判断がつかない事。阿蘇くじゅうサイクルツアー代表の橋本さんに相談すれば、こちらのニーズを汲み取ってイイ感じにプランニングしてくれると思うので、気になる方は問い合わせだけでもしてみてはいかがでしょうか。

もしくは、カワイコちゃんからのオファーがあれば、
ticket.jpg
これを使ってワタシがお供します。グヘヘ

次回は山鹿コースについて少し書く予定
posted by ないちん工場長 at 23:00| Comment(6) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

安定の・・いや、グレードアップした年末年始

どうせ自転車ばっか乗ってたんでしょ?と思ったでしょう・・・まあ、その通りです。

■正月休み一日目(12/29)■

某坊さんと素敵女子の一人ももちゃんと三人でロード乗り納めへ。この日は天気予報がかなり微妙な感じだったのでギリギリまで集合時間とルートは決定せず、直前に決める作戦で。結局、8時にいつもの場所に集合し、定番ルートをウロウロしながらグルメを2件ハシゴする事に。

ということで峠の茶屋を経て、ナルシストへ。
nn001.jpg

一件目の店がオープンするまで少し時間に余裕があったので、玉東町?にある木のジャングルジムへ・・
nn002.jpg
無くなってた・・・

インスタ用の自撮り写真を撮ったりして時間調整をして(結局アップしなかったけど)、
nn003.jpg

「みしま」のオープン時間ちょうどに入店
nn004.jpg
あつ・あつ(熱い麺・熱いダシ)に、かぼちゃ天と茄子天、いなり寿司。たいへん美味しゅうございました。

そこから100m先の吉次園で
nn005.jpg

ソフトクリーム納めをば。
nn006.jpg

ソフトでカンパイ!
nn007.jpg

時間と距離は短かったけど、大満足でロード&グルメ納めが叶いました。
log29.jpg
==========================================================================

■正月休み二日目(12/30)■

去年から2回目となる「博多の集い」。岩国(山口県)・鹿島(佐賀県)・熊本に散らばった仲良しグループが博多に集まって童心に帰る?イベント。今回は趣向を変えてデイキャンプという名のBBQをしようと、福岡市某所の公営BBQ場を予約(12/10)。管理人さんから「その日は管理棟が休みだし、駐車場も閉まってるから車は駐車できないけど中に入ってBBQしていいですよ、頑張ってください」と言われ、こちらの連絡先も伝えていたんだけど・・・
nn008.jpg
こんなん貼られてたら何か無断で入って悪い事してるみたいじゃん

まあ、食材やら炭やら道具一式準備しているし、代替案はないからBBQするんですけどね。
nn009.jpg
nn010.jpg
nn011.jpg
nn012.jpg

肉の写真撮るの忘れてたぁ〜
nn013.jpg
nn014.jpg
てな感じで、2020はどこかでちゃんとキャンプしましょうという約束をして、アウトドア納め?終了(のはず)
==========================================================================

■正月休み三日目(12/31)■

しんよさんと、行こう行こうと話していた南阿蘇のMTBコース走行が年内ギリギリに実現!
nn015.jpg

春のセキアヒルズカップの時にMCをしていた、元SCOTTのMTBライダー・山内 健正さん(現・道の駅あそ望の郷くぎの観光局)がコツコツと作り上げているMTBコース。1周が1分半程度と距離は短いものの、バンクを使ったコーナーやコブ、ジャンプなどテクニカルなセクションがギュっと凝縮していて、ずーと走っていても飽きない。すぐにスタート地点に戻ってこられるし、登りも少ないけどちゃんとダウンヒル的な乗り方もできるし、上達すればするほどスピードが上がって難易度も上がっていくような、とてもよく出来たコース。
nn016.jpg
nn017.jpg
コースを歩きながら説明を聞いたり、
nn018.jpg
動画を撮ってライディングのアドバイスをもらったり、とても有意義で楽しい時間でした。
もともと、子どもたちに教えたりするのが好きだったという山内さん。大人(私たち)へ教えるのも上手でした(笑)

昼休憩はテーブルセットを広げて、動画を見ながらワイワイと。
nn019.jpg

log31.jpg
ここのコース、一般開放というかそういう仕組みが出来上がっていないので大々的には発表されていないけれど、走行自体はもうできる状態なので山内さんへコンタクトを取ることができれば走行可能です。ゆくゆくは仕組み作りが進んで、イベント開催などの情報がご本人より発信されるはずなので乞うご期待!(と、プレッシャーをかけてみるw)

そして大晦日の夜と言えば、除夜の鐘!
nn020.jpg
某坊さん、ありがとうございました。

==========================================================================

■正月休み四日目(1/1)■

除夜会から帰って三時間ほど睡眠を摂取し、初日の出を拝みに待ち合わせ場所へ。
nn021.jpg
GINRINイエロー軍団と水曜会メンバーだらけの参加者・・日の出を拝む前に地獄を見そうだぜ!
というのは冗談で、狭くて暗くて分かり辛い道を行くので千切り合いなどは一切なく、和気あいあいと登って行きます。いやほんと。

日の出予想時刻10分前ぐらいに到着し、ブルブル震えながらその時を待ちます。ガーミンの温度計はマイナス3.5度
nn022.jpg

キタァ〜!
nn023.jpg
nn024.jpg
天気も良く、最高の初日の出を最高のメンバーで共有できて、今年も幸先の良いスタートが切れました。

ここ、場所が分かっても車で行くのはオススメしません。車で来ていた方が帰り道にパンクしてタイヤ交換をしていたぐらい狭くて道が悪いです。
log1.jpg
==========================================================================

■正月休み五日目(1/2)■

これも毎年恒例となりつつある、チポリーノ初め。

まずは自転車のお守りでおなじみの浮島神社へ
nn025.jpg

そこから10人程度のメンバーでチポリーノを目指します。
nn026.jpg

登る前のコンビニで補給休憩
nn027.jpg

そこから延々と登りなので写真はなくて、、チポリーノへ到着!
nn028.jpg

正月休みですっかり胃も膨らみ、パン3つなんて一瞬でペロリ!
nn029.jpg

自転車自走のお客へのサービス(いつもありがとうございます)、お正月はおみくじ付き。
nn030.jpg

吉ぃ・・
nn031.jpg

3000円分(胃袋に納めたパン3つとコーヒー代含)のお土産はフロントバッグとサドルバッグへIN
nn032.jpg

チポリーノを出るとしばらくは登りで、下り始める前のトンネルで一旦集合。
nn033.jpg
去年は3度だったんだけどなぁ、今年は9度もある。ほんと自転車日和。

びゃ〜っと下って最後の集合ポイント、霊台橋でトイレ休憩など。
nn034.jpg

これにてチポ初め完了!
log2.jpg
==========================================================================

■正月休み六日目(1/3)■

自覚はないけど、さんざん一人で遊びまわっていたようなので、嫁様の接待ライドの命を受けました。じゃあついでに大藪さんから入荷連絡を受けていたアレを取りに行こう。

車もアップダウンも少ないルートで大藪サイクルまで行くには・・ゆうかファミリーロードがベスト。走りにくいけどネ。
nn035.jpg

大藪サイクル年明け一発目は13時オープンなので、先に昼食をとって時間調整。
nn036.jpg
入屋うどん

食べ終わったら大藪サイクルへ立ち寄り、これをゲット!
nn037.jpg
チューブレスタイヤのパンクを、タイヤを外さずに修理できるスグレモノ「DART TOOL」

若干数ですが、大藪サイクルに在庫ありマス

大藪サイクルで予定外にゆっくり過ごし、慌てて帰路に。
nn038.jpg

慌てていても、スイーツは外さない。夫婦水入らずでスイートな時間を・・
nn039.jpg
ってことで吉次園初めもコンプリート。

ゆるゆるっと回復走ができました。
log3.jpg
==========================================================================

■正月休み七日目(1/4)■

午後から娘のプログラミング教室があるので午前中だけ自由時間をもらってサイクリングへ(またかよ

花園にある「パンの家」で朝食をとってスタートしたかったので、いつもよりだいぶ遅めの7時半に出発
nn040.jpg
ちょうどオープン直後ぐらい(8:15)に到着

横の自販機で缶コーヒーを買って、併設のテラスで食す
nn041.jpg

からの、峠の茶屋
nn042.jpg
連日走ってるし前日は回復走だったので、結構調子よく足が回り、久々に17分台いったかな?と思ったら18:11だった・・・惜しい!というか正月太りで重くなった体の割には良いタイムだったのかも。

からの、金峰山山頂。
nn044.jpg
さるすべりから上の一方通行区間では暑くてジャケットを脱いでインナー1枚で登りました。なお気温は3度前後だった模様。

展望所の神社へ参拝したら、みかんくれた
nn043.jpg

からの、ナルシスト
nn045.jpg
昼食は帰路に「ラーメン横道」へ立ち寄る予定で、行きは峠の茶屋から芳野の方へ登り、帰りはラーメンだ!と嬉々として下って行ったら・・年明け営業は1/5よりって貼紙が・・チックショー!

しょんぼりしながらいつもの道を帰ってると、何やら美味しそうなサンドイッチ屋さんを発見!
nn046.jpg
んん!このサンドイッチは某星人さんのブログで見たような(笑)

いつも通る時間は朝の7〜8時だから全然気付かなかった!
nn047.jpg
おかず系とデザート系を購入し、大事に大事にフロントバッグへIN!

ローストビーフサンドは・・思っていたのと違った。
nn048.jpg
もうちょっとジューシーだったら良かったかなー。完全に好みの問題です。不味くはないです念のため。

ハニーアップルシナモンサンドは・・・めっちゃくちゃ美味い!!生クリームもたっぷりでフルーツもしっかり味がついていて、ケーキを食べているよう。しかしケーキのように胃にもたれる感じは全くないので、非常に良い!
nn049.jpg

あれもこれも!と買えるような値段ではないけれど、フルーツサンドはマジでオススメです。
nn050.jpg
パン屋さんのサンドイッチに比べると倍ぐらいの値段なんだけど、スタバのサンドイッチとは同程度の価格って考えるとクオリティ比で不思議と安く感じる・・価値観って面白いですね(笑)

ってことで工場長の自由時間はここまで!
log4.jpg

正月休み合計313km走りました〜

posted by ないちん工場長 at 01:59| Comment(12) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

謹賀新年2020

新年あけましておめでとうございます。
2020hinode.jpg
2020.1.1 初日の出

今年もないちん工場ブログをよろしくお願いします。
95%の自己満足と、4%の備忘録、1%のアフィリエイト収入をモチベーションにコツコツと書いております。ページのどこかに貼ってあるAmazonかWiggleかCRCで買い物していただけると、モチベーションが2%ほど上昇しますのでどしどしポチッて下さいませ。


さて、毎年恒例となった初日の出ライド。
2020hinode2.jpg
GINRINイエロー軍団と水曜会メンバーなど、熊本の自転車競技ガチ勢と一緒にゆるっと走れる数少ない貴重な日。

参加メンバーには「場所の公開はしないで下さい」と周知はしているものの、SNSが活発なこのご時世に混雑する事なく快適に日の出を拝むことができます。この日も我らの他には2グループ(3〜4人)のみ。なぜかというと、車では入りにくい細くてガレた道を行かないと辿り着かないからなんです。帰りに1台、車がパンクしてタイヤ交換していました・・・こういう道を数百メートル進む点だけ、“やべぇ”ポイントであとは本当に和気あいあいとしてますので次回参加してみたいという方はご一報ください(笑)
ラベル:サイクリング
posted by ないちん工場長 at 00:00| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする