2020年07月07日

ついにアレを導入!

10年ぐらい前に家庭用・個人用として商品化されたものは、その当時は数十万円していたけど、世界的にかなり普及してきて買いやすい値段になったので遂に導入です。なので、トレンドとしてはかなり周回遅れ。とはいえ、自分のまわりに持っている人がいないので、日本ではまだまだ普及していないのかな?それとも、持っているのを隠しているのかな?

調達はAmazonさんで、32,000円。
3dp004.jpg

箱をパカッと開けると、なぜかチョイ見せ窓が・・・
3dp005.jpg

その緩衝材を剥ぎ取って、まずは二の重(上段)から。
3dp006.jpg

そして、一の重(下段)。
3dp007.jpg

半完成品(組立式)なので、英語マニュアル(ほぼ絵だけど)を見ながら自分で組み立て。
3dp008.jpg

できた〜!めっちゃ簡単。
3dp009.jpg
一応、スコヤを当てながら直角を気にして組み立てたけど、そもそもの素材が産業用資材のアルミフレームなので、ネジを均等にきちんと締めれば実用レベルに組みあがります。たぶん。


ということで、アレとは3Dプリンターでした〜!
3dp010.jpg

とりあえず動作確認で同梱されていたSDカードに入っていたサンプルデータを出力。
3dp011.jpg

このペースでいくと6時間コースだな。動作確認で6時間(笑)
3dp012.jpg

この全然カワイクない謎の生物を出力するのに6時間・・・
3dp018.jpg
まあ、データを用意していなかった自分が悪いんだけど。


さて、3Dプリンターはここからが本番。


形状としての3Dデータを作成するハードルと、その3Dデータを出力する為の出力用データを作成するハードルの2つが待ち受けている。インクジェットプリンターでも用紙選択とか印刷品質等の設定があるでしょ?それと同じで、材質・密度・積層の厚み・ノズルの温度・ベッドの温度、、、現時点で習熟が追い付いていない項目を含めるととてつもない数の設定項目がある。


3D形状データの作成は、20年ぐらい前にSHADE(シェイド)を使っていたので、
cg02.jpg
cg04.jpg
どういう操作の流れになるのかは何とな〜く覚えている。これ、ワタシが描いたのよ〜

けど、インターフェースとか機能が全然違うので長方形を思った場所に思ったサイズで描画するのにも難儀している、なう!
3dp001.jpg

イラストレーターからファイルが読み込めるのは便利でイイネ!
3dp002.jpg

高校で微分・積分をやっていたあの頃は「将来y軸を中心に回転させねぇよ!」とブツブツ言ってた気がするけど、大人になったのでz軸を中心に回転させてみました(何のこっちゃ
3dp003.jpg
まあ、半径とか回転数とか入力すればソフトがやってくれるので、公式を覚える必要はなかったネ!

出力データ作成はまだお勉強していないので、簡易設定でGO!
3dp013.jpg
まずはBRIMと呼ばれる、餃子の羽根みたいなやつから生成される。これは出始めの層が薄い時に工作物が土台から剥がれたり反ったりするのを防ぐために足場のようなものを付ける工程。

そして本体が着々と・・
3dp014.jpg

これも3時間コースかよぉ、、
3dp015.jpg

できた!
3dp016.jpg

ちょっと表面の仕上がりがイタダケナイので要改善ですね。
3dp017.jpg

こういうのが作れるようになるまで長い道のりになりそうだ
3dp019.jpg

※制作依頼は受け付けておりませんが、使えそうな良い3Dデータあったよ!という情報なら喜んでお受け致します(笑)
ラベル:DIY
posted by ないちん工場長 at 22:56| Comment(4) | 3Dプリンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする