2015年11月08日

内視鏡DEフレーム探索

snake007.jpg
自転車の電動シフター:アルテグラDi2のフレーム内装を夢見てBB(ボトムブラケット)を外してみるも、完全密室という事が分かり一気にテンションが下がりました。

しかし待てよ、BBの上部が開通していればまだ(文字通り)道はある!という事でフレームの内部を覗いてみる事にしました。↓これはBB上部が開通してた場合のイメージ図。
snake006.jpg

そこでまず思いついたのは、数年前からDIY用として出始めたファイバースコープキット。価格もこなれてきて、安い物なら1万円を切る価格で手に入れる事ができます。


しかし、商品レビューを見ると「しょせんオモチャ」だの、「値段なり」だの、そこまで性能の良い物ではなさそう。そして、1回使ってその後の用途が想像できない。それに8,500円も出すのはもったいないな〜とモヤモヤしながら考えました。カメラだけ安く手に入れて、PCかスマホで見れないかな〜?と。

ありました!2300円。
snake001.jpg


中身は、紙1枚の説明書とドライバCDとカメラ。
snake002.jpg

これをスマホに差し込んで使います。スマホはUSBカメラアプリをインストールすると簡単にカメラを認識します。
snake003.jpg

フロントフォークを抜いて、ヘッド側の空洞から探索。
snake004.jpg

カメラのチューブがフニャフニャで少し心配でしたが、気持ち良くスルスル〜と入って行きます。
snake008.jpgsnake009.jpg

で、割と簡単に右側のチェーンステー後端までたどり着きました。カメラの先端部分の径は5.5mmなので、これがスルスルと入って行くという事は約5mm径のDi2ケーブルも簡単に通るという事になります。
snake005.jpg

さて、必要な情報は揃ったぞ。後はフレームへの穴あけの決心がつけば作戦決行だ。
果たして、ドリルはうなるのかっ!?いやその前に電動アルテグラが買えるのか?(笑)
posted by ないちん工場長 at 00:09| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: