2017年01月04日

ガレージの電気工事

ガレージ内であーんな事やこーんな事をするには電気が無いと話になりません。なのでまずは電気を引っ張ってきます。しかし、いくら自宅であっても電気工事は電気工事士の資格が無いとやってはいけません。資格を持っている人なら誰でも分かる事なので、細かい方法や解説は書いても意味がないので書きません。え?僕ですか?資格なんて持ってません。それについては後述します。
追記:2017年夏に第二種電気工事士の資格を取得しました
【関連記事】ガレージのコンセント増設 ガレージにエアコン取付け、まさかのDIYで。

まずは材料調達。資格なんてなくても材料の調達はできる!
dk001.jpg
VVF2芯に各種パネルや、

露出ボックス、差し込みコネクタなど・・
dk002.jpg

下準備として、ガレージ内の壁にどうやってスイッチやコンセントを設置するか考えます。壁は薄い鉄板1枚のみなので、直接ビス留めするワケにはいきません。

そこで、ほぼ等間隔にある出っ張りに木枠をビス留めし、そこにパネルを挟み込みました。
dk008.jpg

出っ張りの高さとほぼ同じサイズの桟木2m(1本80円)をハンズマンで発見!
dk009.jpg

それに「コーナーフィット」を使用してパネルを取り付けます。
dk010.jpg

ちゃんとフタも付いていて仕上がりもバッチリ。
dk011.jpg
コーナーフィットはキャンピングカー屋さんの通販にてご購入下さい。他所で見た事ないです。

そして、電線の引込口を作ります。
20mmのホールソーで穴を開け、リーマーでバリ取り。
dk012.jpg

電線を傷つけないようにグロメットを取り付けます。
dk013.jpg

ここから水が入ったら大変な事になるので、引込カバーを取り付けます。PF管を差し込むタイプ。一応、コーキングを塗ってからビス留め。
dk014.jpg
dk015.jpg

電源は屋外コンセントの「送り側」から取ります。
dk005.jpg

が、この屋外コンセント、数年前にプロに依頼したものですが仕上がりが雑なのでちょっと手直し。
dk004.jpg

露出ボックスとPF管コネクタを使って、ちゃんとね。
dk006.jpg
dk007.jpg


その穴から引き込んだ線を上まで立ち上げ、
dk016.jpg

ブレーカー→差し込みコネクタへ
dk017.jpg

この差し込みコネクタは電源・送り・スイッチ・負荷と、差し込むだけでスッキリ分岐出来るスグレモノ。
dk003.jpg
普通の差し込みコネクタに比べると数倍の値段がしますが、たくさん使うものでもないし、スッキリ仕上がるので使ってみました。


その送り側から伸ばした電線は、換気扇近くのコンセントへ。
dk018.jpg

そこから下へコンセントボックスを延ばして完了。
dk019.jpg

で、今回の電気工事は資格が不要な部分までは全部自分でやって、資格が必要な部分は近所に住んでいる(と思い込んでたけど実は違っててわざわざうちまで来てくれた)高校時代の同級生に手伝ってもらいました。
ik.jpg
ワイヤーストリッパーの存在意義を否定するかのように、普通のニッパーでピュンピュンと電線の被覆を剥く様は見ていて気持ちいい職人技でしたね。マジすごいの!IK君お世話になりました。

照明がついて明るくなったガレージ。壁が寂しいから時計が欲しいなぁ〜(チラッ
購入したら自動的に「ないちん工場」へ届くAmazon欲しい物リストはこちら→http://amzn.asia/akYSOqN
クリックすると匿名で送れます。
ガレージ完成祝い、お待ちしております(笑)

2020.4.18
あまりにもアクセス数が多いので、一歩踏み込んだ具体的な内容をnoteに書きました。


ラベル:DIY
posted by ないちん工場長 at 01:27| Comment(0) | イナバFXN-81HDドマール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: