2017年02月21日

ステキ女子と行く、諫早サイクリング

ihr001.jpg

いつも頼りになるお坊さんから、「フェリーであっち方面に渡って、ぐるっとあちらこちら走りませんか?」とお誘いを頂いたので二つ返事で参加してきました。本当はちゃんと地名を織り交ぜながらどこどこを走って・・・と説明を受けたんですが、道を覚える気がない私の脳内で前述のように変換されます。脳って万能。

まずはお寺に集合し、熊本からの参加者5名を自転車運搬車と人間運搬車の2台に集約して長洲港へ向かいます。「自転車」としてバラバラでフェリーに乗ろうとすると車両スペースの関係で全員同時に乗れなかったりするので、大事を取って自転車は全てハイエースに積載し、「自動車(運転手1名)+大人4人」で乗船しました。

8時出港のフェリーに、7時58分に到着するというギリギリっぷりにもかかわらず、車両はガラガラ・・・
ihr002.jpg

45分の船移動はオヤツを食べながらゆったり過ごす(つもりでした)。
ihr003.jpg
コーヒーとチーズちくわと、カモメパン。

「有明フェリーに乗るなら、ちくわは食べておいた方が良い」と、助言をいただいたので食べてみると、確かにウマい!(まだ自転車に乗る前なので、乗った後は何でも美味しく感じてしまう自転車補正は掛かっていません)。クリーミーなチーズがぎっしり詰まってて、ちくわとの相性も抜群でした。
ihr004.jpg

カモメパンは、「オススメ品」と書いてあったので。
ihr005.jpg
シンプルかつ素朴な味で、ちょっと物足りないかなーと思いつつ噛んでいくと甘みが出てきて、まあこんなもんか?と思っていたら、「え、食べてる・・・」的な雰囲気を察したので、冷静に状況を見てみると、どうやらカモメに餌付けする為のものだったみたい。奈良公園で鹿せんべいを食べてしまったような心境ですな。


誰かがパンをやり始めると、たくさんのカモメが近づいてきました。
ihr006.jpg

試しにパンを持って待ちかまえてみると・・・近づいてきた
ihr007.jpg

キャッチ!!
ihr008.jpg
ihr009.jpg
おもしれ〜!

ちなみに、撮影風景をはたから見るとこんな感じになります(笑)
ihr0081.jpg

遊んでいるとアッという間に多比良港に到着。
ihr010.jpg

下船する時はみんな一緒に行きましょう!と、密航スタイルで。何でそんなに楽しそうなんだ(笑)
ihr011.jpg

あ、ちゃんと運賃は払っておりますよ、大人なので。
ihr012.jpg

下りたら準備して、
ihr013.jpg

長崎組と合流しました。
ihr014.jpg

長崎の方々に先導してもらいしばらく進んでトイレ休憩の後、
ihr015.jpg

堤防道路と呼ばれる「雲仙多良シーライン」に突入します。
ihr016.jpg
ず〜〜っと直線。


中間地点の展望所に立ち寄り、休憩&撮影会。仲間にリドレー乗りのコがいたので、
ihr017.jpg

チーム・リドレー結成!
ihr018.jpg
「僕のリドレーが組み上がったらチーム・リドレーを結成しましょうね!」と約束した、大藪サイクルでリドレーのフレームを買ってくれたMさん(男)、すみません先に女の子と結成してしまいました(爆)


で、見晴らしの良い所で自転車を並べてパチリ
ihr019.jpg

客観的に見るとこんな感じ(笑)
ihr020.jpg

そこからまったりと進み、昼食スポットの隆砲ラーメンへ。長崎へ来て、久留米ラーメン。
ihr021.jpg
写真はこれだけ。

なぜなら、撮影お断り。
ihr022.jpg
店内にも色々なルールが書かれており、面白いお店でした。覚えているもので、14時まで禁煙・取り皿は出しません・子ども用を含め飲食物の持ち込み禁止・会計は一緒で・段取りがあるので替え玉を注文予定の人は先に言っといて・バイクは入り口前に止めて、など。なるべくたくさんの人に快適にラーメンを食べてもらうという事を突き詰めれば、こうなるんだろうなと妙に納得しました。もちろん、美味しかったです。替え玉すればよかったなぁ〜と食べながら後悔はしましたけどね。


ラーメンを食べ終わると、「五家原岳を見たくないですか?」との提案が・・
ihr024.jpg
イベント概要のメールには、登りはほとんどなしと書いてありますけど?はて?


イケる所まで行きましょうか、と結局向かうハメに。
ihr023.jpg

いつも走っている金峰山とは違って、ほぼ直線の登り。
ihr025.jpg

結成ホヤホヤのチーム・リドレー+αで登って行きます。
ihr026.jpg

今日のところはこれぐらいでカンベンしてやるか!と、ここで折り返し。助かった!
ihr027.jpg

そこからビャーッと下って、干拓地の方へ。
ihr028.jpg
気持ちいいぐらい、ずーっと直線。風が強くなければ最高なんですが、遮るものがないのでビュービュー。

ここは日本か?っていうぐらい、だだっ広い湿地帯へ到着。見晴らしはすごく良い。何もないけど。マイクロバスでここを見に来たじぃさま達がいたけど、ここを見る為だけに来たのかな?干拓地マニア?
ihr029.jpg

そして、帰りの港を目指しながら、シメのスイーツスポットに向かいます。
ihr030.jpg

長崎石畳ショコラでおなじみの、「ネオクラシック クローバー」へ到着。
ihr031.jpg

しかし、自分はケーキの気分ではなかったので、隣の和菓子屋さん「しみず茶屋」で、
ihr032.jpg

ソフトクリーム!・・いたって普通のソフトクリームでした。
ihr033.jpg

女子たちは店内で名物の石畳ショコラを注文。
ihr034.jpg

ヨダレを垂らしながら見ていたワケじゃないけど、ステキ女子から「ないちんさん一口食べますか?」と、「あ〜ん」してもらいました!

あ〜ん♪されたケーキを口に含んだん瞬間、「お坊さんと間接キッスになりますけどねっ!」の一言。

チッキショ〜〜〜!!※小梅太夫風に


間接キッスのショックを引きずりながら、多比良港へ到着。
ihr035.jpg

帰り仕度をしてフェリー乗り場に並ぶも、次の次!というところで満車・・次の便に回されました。その待ち時間の間のオシャベリ会議で、「せっかくだからどこかで晩御飯食べて帰りますか!」となって、まさかのグルメスポット追加!やったぜ!

念願の夢だった荒尾の「シャ・ラ・ラ」
ihr036.jpg
ずっと気になるお店だったけど、わざわざ荒尾までは来ないよね〜的な。


何で気になっていたかというと、
ihr037.jpg
99種類のパフェ!!メニュー裏面もびっしりです。いやー、そそられますなぁ〜

しかし、ハンバーグについてきた大盛り御飯の量が予想以上に多くお腹一杯になってしまったので、
割とスタンダードなマロンパフェにしてしまいました。ホントは冒険したかった。
ihr038.jpg


日曜日に、ほぼ丸一日家族をほっぽって遊びまわった代償は・・

これと(これは嫁様用)
ihr039.jpg

これ(これは主に娘用)
ihr040.jpg
ihr041.jpg
ihr042.jpg
石畳ショコラ・お持ち帰り用ハーフサイズ。

やっぱリドレー乗りは石畳と聞けば外せないよね!
ihr043.jpg
Tested on pave=パヴェ(石畳)走行による厳しいテストを経た証

たった一日しか家を空けていないのに、帰宅すると何だか長い間旅に出ていたような、そんな気になる楽しい一日でした。遊んでくれた方々、遊ばせてくれた地域の方々、ありがとうございました。

【追記】
※石畳ショコラの持ち帰り方※
(1)バイシクルクラブ3月号を買います。
ihr045.jpg


(2)付録のハンドルバッグに詰めます
ihr044.jpg

(3)ハンドルへ装着します
ihr046.jpg

このバッグは折り畳むと、おまんじゅう1個分ぐらいの大きさになるので今回のような旅にはオススメですね!(実は今回の旅もリュックのサイドポケットに入れて持って行っていたんですが、すっかり忘れてて使わなかったという・・)
posted by ないちん工場長 at 23:19| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も最近はステキ女子とご一緒してます。
18日はSCYRONにフラペで35巡行女子や 先月は沖縄9位、英彦山優勝のVC女子。もうついていけません‼︎


私もチームリドレーに入れますか?
Posted by okd at 2017年02月22日 14:31
>okdさん

それは女子力が高いですね!ステキすぎて鼻血が出そうです(別の意味で)
リドレーをお持ちの紳士・淑女なら誰でも大歓迎です!
Posted by ないちん工場長 at 2017年02月22日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: