2017年03月23日

ツールキャビネット導入

どうも、廃番とか限定とか処分特価という言葉に弱い工場長です。

屋根と壁とドアがちゃんとあるガレージになったら買おうと思っていた、というよりもずっと欲しかったけど屋根しかないガレージには置けないので買えなかったツールキャビネット。予算さえ気にしなければ欲しい物はいくつかあるけれど、使用頻度を考えるとそこまでお金は掛けられない。自分の必要とする機能と、ある程度のクオリティを満たすもので、なるべく安い物を探します。

本当はこれが欲しかったけど、実物を見て触る事ができなかったのと、ちょっと高い(実売13〜15万程度)、メーカー直送&トラックの荷台で引き渡し(110kgある)なので断念。
ekx-118.png


何かいいものがないかな〜と色々見て回ったら、アストロプロダクツでちょうど良いのを見つけました。
tc001.jpg
転がしやすい、引き出しにロック機構がある、サイドパネルが使える、サイドラックがある・・と、多機能で質感もまあまあ。そして何より、在庫限りの処分特価(笑)

衝動買いをしそうになりつつも、一旦頭を冷やすために帰宅。2週間ほど悩んでいるうちに、アストロプロダクツ熊本店に2個あった在庫が全部売れてしまっていました。

しかし、在庫を持っている他店舗(他県)より取り寄せてもらい、無事に入手する事ができました。
tc002.jpg
控えめの色・濃度とはいえ、アストロのロゴ大きすぎじゃない?主張しすぎじゃない?

どげんかせんといかん!(これ、鹿児島弁らしいですねw)

ダメ元で、ガムテープでベリッ!!作戦
tc003.jpg

おおぅ・・・イケそうではないか!これぞアストロクオリティ!(失礼)
tc004.jpg

しかし、シボ加工って言うのかな?表面がザラザラしている所へ印刷されているロゴの入り組んだ所はガムテープだけでは剥がれませんでした。

続きまして、木工ボンドを塗ってベリッ!作戦。スネ毛除去的なアレ・・
tc005.jpg
多少は剥離できたけど、完全には取れませんでした。

友人からのアドバイスを受け、最終手段として剥離剤を使ってみました。
tc006.jpg
「環境に優しいをウリにしている剥離剤ならシルク印刷だけをペロンと剥がせますよ」と。

ぬりぬりして・・すぐに拭き取る。
tc007.jpg
本当は剥離剤は塗布して数分置いて、塗料が浮いてきたら剥がすんだけど、それをやると下地も剥がしそうだったので。

目を凝らすと、うす〜く残っているかな?ぐらいはあるけれど、納得のいく仕上がりにはなりました。
tc008.jpg

完全に無地だとちょっと寂しいので、とりあえずカッティングシートでも。
tc009.jpg
何故か元々のアストロロゴに寄せたデザインで(笑)

完成!
tc010.jpg

posted by ないちん工場長 at 01:19| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: