2017年12月05日

天国だよ、全員集合!九州ヘブンライド2017 2日目

総括:本日はお日柄もよく、(今回は初参加で従来の超過酷なヘブンライドを体験した事がないのでそのありがたみはほぼ分からないんだけど)ポカポカ陽気で天国のような快適なライドでした(ただし登りは除く)。

前夜祭の余韻に浸りつつも、翌日に備えて熟睡したかったので車中拍を選択。ハイエース内のベッドに二枚重ねの寝袋と自宅のベッドから持ち込んだ毛布と掛け布団で快適睡眠。22時就寝〜6時起床でした。


が、しか〜し、起きてみると猛烈な頭痛と吐き気・・・睡眠時間は充分にとれたのに体調は最悪。ただでさえハードなコースなのに、こんな体調で走りきれるのか心配で、本気でDNSしようかと悩むぐらい辛かったです。
どうするにしろ、食事はとっておかないと後で困るのでとりあえずコーヒーを淹れる。そのうちいつものリズムを取り戻すかな〜と淡い期待を込めながら手回しミルをゴリゴリゴリゴリ・・・
kshr025.jpg

準備していた朝食の半分ぐらいしか食べられなかったけど、スープとパンとコーヒー(と、頭痛薬)を何とか流し込みました。
kshr026.jpg

ダラダラと準備を進めていると、当日合流のダンディN川さんから配給が。
kshr027.jpg
大藪サイクルさんが今回参加する皆のために補給セットを作ってくれてました(赤丸部分)。パワージェルの梅とバナナ、そしてザオラル・リカバリーソルト。これは嬉しい!本当によく効くんですよね。


時間になり、ブリーフィング開始。
kshr028.jpg

それからバタバタと出走の順番がやってきます。
左から、じょにぃさん、私、エースの姫(鮫ちゃん)、リーダー・ハヂメさん、ダンディN川さん。
kshr029.jpg

ヘブン大ベテランのハヂメさんが事前に周知していた攻略法のお陰で、スタート直後のダート入り口登りで前のグループを抜いて、トンネル手前ぐらいでさらに前のグループに追いつきました。ここで狩野智也選手とも合流。
kshr030.jpg
この先の市街地からダートまで、結構な区間を一緒に走ってくれて楽しかったです。

自分と同じくJ・SPORTS視聴者でサイクルロードレースマニアのじょにぃさんが狩野選手にどんどん質問したりして、テレビの中の解説者が自分達だけの為にしゃべってくれる幸せを噛みしめながら走りました。しかも一緒に走りながらって・・・ほんと天国かよ!
kshr031.jpg
と同時に、トップで活躍している現役ベテラン選手の本場のハンドサインと声掛けにも感動。自分達を追い越していく車への挨拶のタイミングと仕草(ハンドサイン)が絶妙にカッコ良く、手を上げた瞬間にチームカーがやって来るんじゃないかと錯覚してしまうぐらいキマッてました(笑)

そりゃ〜頭痛も忘れて笑顔になりますわな〜。私、ご満悦の図(笑)
kshr032.jpg

頭痛を忘れて、狩野選手と我がチームを牽引します(※たまたまです)
kshr033.jpg

リーダーのハヂメさんが定期的に補給を摂るよう指示してくれて、止まって皆で補給。しかし、食べ終わらないぐらいのタイミングで「はい、行くよー」と出発します。
kshr034.jpg
百戦錬磨のヘブン職人ならではのノウハウが満載です。

ここで姫はオニギリを頬ばってます。
kshr035.jpg
このオニギリ、ウェルカムパーティーで余った生姜ごはんを翌日の朝食の為にせっせと握っているところを、狩野選手に「明日の補給食にするの?オニギリは良いよぉ〜、マジで!背中に入れておくと温かくなってるし、腹持ち良いし、何よりもホッとする。結構持って行く選手多いよ」と熱くアドバイスを頂き、実践してみたようです(笑)


そして第一チェックポイントの三愛レストハウスへ到着。
kshr036.jpg

エイド食は準備しません!と主催者より周知があっているんですが、各チームが持ち寄った「お土産」が所狭しと並んでいます。そんなシステムがあったとは!次回は陣太鼓を持っていかねば。ちなみにチェックポイントではチーム員それぞれがサインをして、最後にサインした人がその時の時間を記入する事になっています。
kshr037.jpg

瀬戸内レモンもみじ饅頭!
kshr038.jpg
白あんにレモンピールが入っていて甘く爽やかな口当たり。大変美味しゅうございました。ほかにも丸ボーロや栗饅頭、カステラなどを摂取。たまらんぜ!スイーツ天国!

第一チェックポイントまでは他のチームからも抜かれる事はなく、順調に進んでいたんですが、ここらへんから徐々に速いチームに抜かれていきます。
kshr039.jpg

しばらく走ってまた自主補給。ちょっと腰を下ろすと良いですよ、とハヂメさんらしからぬ優しい休憩。
kshr040.jpg
ま、食べ終わらないうちに出発するんですけどね(笑)


それからまた登ったり下ったりして(ほとんど平坦がないのよ、ほんと。)第2チェックポイントの矢津田御霊神社へ。
kshr041.jpg
ここのチェックポイント、主催者の意図があったかどうかはわからないけどちょっとした罠になってて、下った先の折り返し登り口ラインから死角になってて、見落としやすい場所になってます。青丸の所。
kshr003.jpg
実際、先頭を走っていたうちのリーダーも見落としていてそのまま登ろうと入っていったので、ハヂメさ〜ん!と叫んで呼び止めました。ここのチェックポイントを後にして結構な距離を進んだところで、引き返してくるチームとすれ違ったので、そのチームはだいぶ先まで行って戻って来たんだと思います。ほんと気の毒。

ここの目玉はケンジーズドーナツの「熱源三号」
kshr042.jpg
今回のイベントの為に特別に作っていただいたものらしく、寒空の長距離ライドに最適な材料が入ってるのかな?グラノーラのような食感とスパイシーな風味が心地よく、体の底からパワーがみなぎってくる感じがします。めっちゃ美味い!

変り種もみじ饅頭シリーズの「いちごみるく」も頂きました。
kshr043.jpg

うん、非常にその、いちごみるくでした。
kshr044.jpg

そこからまた登ったり、下りたり、
kshr045.jpg

少しダートを走ったりして、
kshr046.jpg

最後から二つ目の登り、日ノ尾峠へ。
kshr047.jpg

おなじみの「あとぜきゲート」を通り、牛糞の道を突き進みます。
kshr048.jpg

下りだけは快調なのでビャ〜っと下って、皆を待つ間一人で絶景ポイントで写真を撮っていると、
kshr049.jpg

みんな集まってきて、主催の松崎さんも立ち寄ってくれたので集合写真を撮ってもらいました。
kshr050.jpg
(C)chanoko


そこから一旦、一の宮まで下りて市街地を走っていると、残り距離も短くなり完走の二文字が見えてきたところで姫が「ゴールが近くなってくるとなんか寂しくなってきました・・・」なんて言うもんだからオッサンたちはみんなこっそり「グッ」ときてましたよ。危うくギュッと抱きしめるとこだったぜ!※セクハラです
kshr051.jpg

例の給水ポイントで最後の登りに備えて束の間の休息。
kshr052.jpg

そして最大のヤマ場(文字通りねw)、カルデラベルグへ!!

ここから先の方針は一任しますとリーダーに言われたので、迷わず「押し」で(笑)
kshr053.jpg

まあ、最初から押すつもりでこんな靴で臨んだんですけど(爆)
kshr054.jpg
歩きやすそうでしょ?そりゃーもう快適でした。

果敢に挑戦する人もチラホラいましたが、写真撮ったりキャッキャウフフしながら終始歩いて登った自分達を追い越す人もほとんどいなかったので、乗車率は低かったんじゃないでしょうか。
kshr055.jpg

kshr056.jpg
kshr057.jpg
お見せできないのが残念なぐらい皆良い表情です。一番辛い登りポイントなんですが。


登りきった所からすぐに最後のチェックポイント「大観峰」。
kshr058.jpg
強いチームほど出走が後になるシステムが顕著に出て、やはり最終チェックでは半分から下、つまり強いチームのサインばかりでした。半分から上の中では我がRCSCチームがトップ!まあ、順位を気にしているチームが一体何チームあるのか?というぐらいみんな遊びながら進んでるんですけどね。

大観峰からは「そば街道」を一気に下り、南小国へ。
kshr059.jpg

チェックポイントではないけれど、必須のフォトポイント「Tea room 茶のこ」で記念撮影をパチリ。
kshr060.jpg
写真を撮ってくれた「茶のこ」の奥様に、「今回はみなさんしゃべる余裕があって楽しそうですね。去年はみんな死体のような顔でしたからw」と言われる。

kshr002.jpg
ゴールまであと4kmぐらいの所で、じょにぃさんが痛恨のパンク!みんなで協力してバババーっとチューブ交換して、走り出してまたパンク!今度は慎重に交換して再スタート。修理している間に2、3チームに抜かれてしまいました。しかし我らが争っているのは他チームではありません。自然と競争しているのです。リーダーのハヂメさんが日没がぁ〜日没がぁ〜と唱えてます。ゴール時の写真が日没前と後では全く見栄えが違うらしく、そこだけは真剣に頑張るようです(笑)


そして、ついに、ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜ル!
kshr061.jpg
あ、失礼!これは別のチームでした。
皆こんなやってゴールチェックのサインそっちのけで写真撮ったり遊んでるからゴールタイムが本当の順位と全然違う。これもヘブンライド(笑)

チームRCSC、余裕のゴールだぜ!
kshr062.jpg

天気に恵まれ、仲間に恵まれ、スイーツに恵まれ、1年を締めくくる最高のイベントでした。関わってくれた全ての方へ、ありがとうございました。
kshr001.jpg
posted by ないちん工場長 at 23:17| Comment(10) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年のヘブンライドは色々と新しい試みを考えているので、楽しみにしていてくださいと聞いていました。
ブログ書く人で誰か出ないかなーと思っていましたが、様子を知ることが出来て感謝感激です。

2日間かけて、とても楽しそうなグルメライドでしたね(辛そうな所は薄目で読みました)
来年は、是非雪やら何やらでもっと過酷なヘブンライドになることを願っておりますので、もし出走される時はまた楽しく完走を目指して頑張ってくださいね!

しかしやっぱり日ノ尾峠は良いですね。
暖かくなったら、ちゃんと最後まで通過しようと思います。
Posted by しの at 2017年12月06日 02:28
>しのさん

なんと、新しい試みがあったんですね!初参加なのでわかりませんでしたが、洗練されたイベントだなぁという印象はありました。
もっとたくさん書きたい事はあるんですが、文才がないのと長くなりすぎるのでヘブンの楽しさは半分も伝わってないと思います。団体行動が苦手な私でも「チームっていいな」と思えるほど素晴らしいイベントなので、是非とも一度はご自身で体験される事をオススメします。
大会規模が大きくなってくるとあんまり過酷なコースにはしづらいんじゃないかなーと淡い期待を寄せて、また来年を楽しみにしています(笑)
Posted by ないちん工場長 at 2017年12月06日 07:23
いつの間に!ケトリストを!!(←そっちか!)
まぁ私も工場長からエースパックをパクらせてもらいましたがね。

それにしても完走おめでとうございます!!
あのコースを走りきって、余裕でキメ写真とか…!すごいっ!!
一年前とは別人のような走力と楽しみっぷりですな!
私もいつか再挑戦してやるーー…かな。
Posted by きくち at 2017年12月06日 08:50
判決
貴方は余りにも快適なヘブンライドを満喫してしまいました。よって来年の台風ブルベへ参加し悪条件の中完走することを言い渡します。

露天風呂に入ってる写真とか第三段で記載されるのでスカ?
Posted by okd at 2017年12月06日 09:29
>きくちさん

ヤカンですか?これ、ケトリストって言うんですね。取っ手の動きが渋いという理由だけでB級品半額!ってなってたのでとりあえず買ってみたものです。何の知識もありません(笑)

カルデラベルグは10秒ぐらいしか乗車しなかったんですがそれでも走りきった!と胸張ってもよろしいでしょうか?
走っている時はしんどかったし、膝や腰は痛くなったんですが不思議と体力は残っていたようで、閉会式に出たあと仮眠もとらずに休憩なしで自宅まで運転して帰って来て片付けと洗車まで済ませました。適度な補給とペース配分が良かったんでしょうね、リーダーに感謝です。
Posted by ないちん工場長 at 2017年12月06日 12:12
>okdさん

控訴します!
登りか下りしかなくてきつかったですよ?
しかし、日陰に入った時に寒い〜と言っていたらリーダーと姫に「は?何言ってんの?こんなん去年に比べたら天国よ」と突っ込まれましたが(笑)

帰りの道中、兜岩展望所の所の温度計は6度でした。19時台で6度ってかなり暖かいですよね。温泉に飛び込まずに済みました。
Posted by ないちん工場長 at 2017年12月06日 12:17
お〜っ!このコースは俺の遊び場!!
矢津田御霊神社からの峠は今年の峠初めで、登り方向で走った道。この峠も遂に日の目を見る事が出来たか。よかったよかった。
それにしても、SPDシューズ良さそうですね。片面フラットでも掛かりがよさそう。
Posted by 読み逃げ屋 at 2017年12月06日 12:29
>読み逃げ屋さん

遊び場広すぎぃ〜(笑)
ヘブンライドのコースをトレースしたいなんて物好きはそうそういないでしょうから、ここの峠もまだまだ日の目を見ないと思いますヨ!

このシューズ、海外のMTB乗りでは定番のメーカーみたいですね。国内で買うと高いので海外つ・・ゲフンゲフン
Posted by ないちん工場長 at 2017年12月06日 19:45
ヘブンズライドらしからぬ天候でさぞ楽しい天国だったのでしょう!お疲れ様です、この日にストラバの通知で『カルストベルグのKOMが奪われました』と来てこの時期にここを走るクレイジーな輩はと思いチェックするとえらい人数が登っていてあぁヘブンズライドかと納得しました。僕の力だとそりゃ猛者達に敵いませんよとブー垂れました。高森からの日の尾峠も好きです
Posted by N家 at 2017年12月10日 23:12
>N家さん

ヘブンライド=悪天候というイメージは幻想です。少なくとも我らのチームは皆、好天を望んでました(笑)
カルデラベルグですか?数名のガチ勢が本気で取りにきてたので我ら素人勢は全く歯が立ちませんよ。うちらなんて30分近く掛かりましたからね。まあ、記念撮影しながら歩いて登ったんですが。
Posted by ないちん工場長 at 2017年12月11日 13:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: