2018年03月17日

タンカンなカンタンスタンド

よほどの事がない限り、自転車に乗ったら帰宅後すぐ洗車を心がけている。そんな時、簡単に自転車をぶら下げる事ができると、とても楽だ。

メンテナンススタンドは持っているけど、洗車の時は水を掛ける事も多いので後処理が面倒くさい。日曜大工の端材も山ほどあるけど、やはり水を掛けるのを考えるとNG。水掛けっ放しで放置しても良くて、重量と剛性が確保できるもの・・・あるじゃない、単管パイプが!単管パイプはホームセンターによっては雨ざらしで置いてあるので耐久性は信頼できる。パイプはガレージ内フレームを組んだ時の余りがあるので、金具類を買い足して適当に作ってみた。

「単管 自転車スタンド」や「単管 メンテナンススタンド」で検索すると山ほどヒットするんだけど、ほとんどがサイクルラック的(自転車置き場)な物。自分の想像するものが見つからなかったので適当に脳内設計図に従って作ってみた。

といっても脳内イメージはこんなの
PCS-10.jpg


出来上がったのはこんなの
tks001.jpg

パイプの接合は、直交クランプと
tks003.jpg


コーナーY継ぎ
tks002.jpg

コーナーY継ぎの設置側にはタップを切ってアジャスターを仕込みました。これで傾きを調整します。
tks004.jpg


サドルを引っ掛けるパイプには滑り止め&傷防止の目的でスポンジをタイラップで固定。
tks005.jpg

終端部は脱落防止の為にスポンジを二重巻きして「かえし」を付けました。
tks006.jpg

実際にぶら下げるとこんな感じ
tks007.jpg
29インチのMTBでも問題なく使え、寸法もバッチリ!(テキトーにやったのにw)これは洗車が捗りますな!

【レシピ】※全て税込
コーナーY継ぎx1個=998円
直交クランプx1個=148円
単管パイプ1.5mx2本 745円x2=1,490円
単管キャップ 45円x4個=180円
アジャスター=200円ぐらい
スポンジ=物置の肥やし=プライスレス
===================
合計3,016円(コメリドットネット調べ)

【材料寸法】
1300mmx1、375mmx1、500mmx2
tks008.jpg

【使用工具】
ノコギリ
17mmレンチ
+ドライバー(もしくは六角レンチ)
※全て100円ショップで揃います。もちろんうちは違うけど
ラベル:MTB DIY 自転車 工具
posted by ないちん工場長 at 10:19| Comment(0) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: