2018年04月22日

SL輪行で行く人吉の旅【前編】

とある理由でSLに乗って人吉まで旅行する事になったので、よし!自転車持って行こう!となりました。完全に自転車脳です。

しかしいつものように自由気ままな旅ではなく、タイムスケジュールがちゃんとあって要所要所で時間が決まっているし、SLも指定席なので時間は厳守。スムーズに手早く自転車を出したり包んだりする必要があるので、今回は折り畳みのKHS F-20ASをチョイス。
slr001.jpg

輪行バッグをステムに縛りつけ、便利な大容量サドルバッグ「RawLow Mountain works Bike'n Hike Bag」に全ての荷物を詰め込んで、このようなスタイルで行ってみます。


今回使用するのは折り畳み自転車用の輪行バッグ「オーストリッチ・ちび輪バッグ」
slr002.jpg

ちび輪バッグPWという生地が厚くてしっかりしたバージョンのものもあるんですが、それは収納サイズが巨大で持ち歩くのを諦めたくなるレベルなのでご注意ください(笑)

ミカシマのプラスチック製折り畳みペダルをパタッと倒して、
slr003.jpg
slr004.jpg

ハンドルもパタッと倒して、
slr005.jpg
slr006.jpg

フレームをバコッと折ります。
slr007.jpg
slr008.jpg
ボトルケージが可愛いでしょ(笑)

KHSは折り畳んだあとの座りが悪く、折り畳んだ状態で自立できずにパカッと開いて倒れてしまうので、そうならないように対策します。

ハンズマン・ガラクタ市で買ったこれを使って、
slr009.jpg

ホイールを2ヶ所縛って平行状態にしてやると、自立できるようになります。
slr010.jpg

んで、輪行バッグを広げて〜
slr011.jpg

中に置いて〜
slr012.jpg

サドルはシートポストごと引き抜いて、タイヤの間に収納。
slr013.jpg

肩掛けストラップなどを通して、完了!
slr014.jpg

ハンドルにはスマホホルダーを付けたかったので、標準装備の野暮ったいベルを
slr015.jpg

スッキリとしたこれに交換
slr016.jpg

かなりスッキリしました(比較画像)。
slr017.jpg


スマホホルダーはミノウラを選択
slr018.jpg

昔に比べると値段も安いし、クオリティも充分。
slr019.jpg

かなりの存在感。ハンドル周りがごちゃごちゃするのは嫌いなんだけど、これはしょうがない。
slr020.jpg

ハンドルの取り付け部はこんな感じ。
slr021.jpg



さて、準備も整ったところで、いよいよ出発!


かなり時間に余裕を持って出たので、寄り道しながら熊本駅へ向かいます。考えてみればそんな事してたら早く出た意味ないよね(笑)
slr022.jpg

熊本駅に到着して、
slr023.jpg

サクッとパッキング
slr024.jpg

ホームで待っていると、SLキター!
slr025.jpg

少し早めで人もまばらだったので、SLとツーショット。
slr026.jpg


自転車はどこに置いたら良いか車掌さんに確認すると、ここを指示されました。
slr027.jpg
車いすのスペースなので、車いすの方が来られたら移動してもらいます・・・が、今日はいらっしゃらないのでたぶん大丈夫ですよ、と。電車が走り出す頃にはここはベビーカー置場と化してました。


ビュッフェで晩白柚(ばんぺいゆ)サイダーを飲みながら、長旅を楽しみます。
slr028.jpg
というのも、SLの運行は移動が主目的ではなく「SLを堪能しながら旅をする」ってのが目的みたいで、3〜4か所ほど駅に10分ぐらい停車して、SLと一緒に写真を撮ったりレトロな駅舎で土産物を買ったりというアトラクション要素がふんだんに盛り込まれています。
slr029.jpg

めんどくさくなってきた長くなったので、本日はここまで。そのうち(2〜3日中)後編を書きます。
posted by ないちん工場長 at 00:08| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: