2018年04月24日

SL輪行で行く人吉の旅【後編】

到着した人吉駅では「ななつ星」がお出迎え。
slr2-001.jpg
実際は着いたらいたのか、着いたあとにななつ星が来たのかは覚えてませんが真横に停車。


9:45に熊本駅を出発したSLが人吉駅に到着するのは12:09。着いたらすぐに昼食です。駅から歩いて行ける商店街(飲食街?)の中にある、
slr2-002.jpg

「茶びん」で人吉餃子を頂きます。
slr2-003.jpg

まずはチャーハンから
slr2-004.jpg

そして運ばれてきた餃子の自分の取り分をチャーハン皿にドンッ!(笑)
slr2-005.jpg
大粒で、ニラがぎっしり詰まってて食べ応え充分。とっても美味しかったです。


食後は腹ごなしに川沿いを散策。
slr2-006.jpg

それからまた自転車をパッキングしてホテルに預け、「くま川下りへ」
slr2-007.jpg

天気が良く日差しが強かったのでレンタル料300円の編み笠を借りて、
slr2-008.jpg

船頭さんのお話を聞きながら40〜50分の優雅なクルージング。
slr2-009.jpg
今は下り終えた舟はクレーンで吊り上げて、陸送で乗り場まで運んでいるけど、昔は3日ぐらい掛けて泊まりながら舟を漕いで乗り場まで戻っていたそうです。乗り場と下り場にあったクレーンは景観としては台無しだったけど、そんな事情なら許す!(上から目線)

戻って来てからは伝統あそびの「ウンスンカルタ」体験。
slr2-010.jpg

詳しい解説はこちらをドゾー
slr2-011.jpg

カルタって言うから、上の句を詠みあげてバシッ!と叩くアレを想像してたけど、4対4のトランプチーム戦みたいな感じでした。全国大会では学生さんたちは通しのサインを使って戦うそう。やってみるとあっという間に1時間。思い返すと最近はトランプとか花札とか全然やらなくなったなぁ〜。
slr2-012.jpg

カルタを終えて宿に戻るも、夕食までは少し時間があるので街を少し散策。すると、かなり雰囲気の良い鍛冶屋さんを発見!中にいた店主っぽい人も若くて話しやすそう(体格はかなりイカツイ感じだったけど)だったので入店。ここがこの旅一番のハイライト!

今、作ったばかりのナイフをインスタ用に撮影してたんですヨ!とお店の雰囲気からは想像もできないほど今風な会話(笑)
slr2-013.jpg
それをそのまま撮影させてもらいました。

他にも、店内には昔ながらの包丁や鉈などの刃物から、アウトドア向けのカッコ良いナイフがショーケースに並んでました。
slr2-014.jpg
slr2-015.jpg
1年前に地元に戻って来て10代目を継いだ30歳の店主と、ひとしきりアウトドアやMTB山遊び、ナイフの用途などのトークで盛り上がり、「自分ももっとアウトドアをやったりMTBで山に入ったりとかすごく興味あるんですよね〜」と話す彼に「ちなみに前職は?」と聞くと・・・なんと海上自衛隊に10年いたそうです。アウトドア通り越して生死を賭けたマジのやつですやん!

んで、真鍮板に槌目の入ったデザインと包丁のような和風な刃に一目ぼれ、そして小学校の授業で指を血だらけにしながら学んだ「肥後守(ひごのかみ)」のような懐かしさからこちらを購入。
knife01.jpg
knife02.jpg
そんな蓑毛(みのも)鍛冶屋さんは5/15〜5/20に熊本県伝統工芸館の展示即売会に参加されるそうです。要チェックや!!プレイベントで5/12に、びぷれすにも来るでよ。

そんな感じでホクホクしながら1日目を終え、翌日に備えて早めの就寝。
2日目は他のメンバーがタクシーで移動する所を、自分だけ自転車で移動します。朝食後は他のメンバーよりも1時間以上早く宿を後にし、寄り道しながら第一目的地の「クラフトパーク石野公園」を目指します。

人吉城跡に立ち寄ったり、
slr2-016.jpg
slr2-017.jpg

見知らぬお寺を見かけたりしながら、
slr2-018.jpg

サクッとクラフトパークへ到着。普段ポタリングなんてしないから、こういう時どうしていいか分かんない(笑)
slr2-019.jpg

予定時刻より1時間も早く到着してしまった。
でも、パークはオープンしてる。そうだ!鍛冶屋体験を見学しよう。
slr2-020.jpg
本当はこれをやりたかったんだけど、時間の都合上NGを食らって「きじ馬作り体験」になったのです(涙)

前日にナイフを購入した蓑毛鍛冶屋さんのお爺さん(8代目)がここの体験館の担当をしていると聞いていて、「じーちゃんによろしく」と言われていたので声を掛けると、「あー、マウンテンバイクの・・」と返ってきました(笑)

そして時間が来るまでず〜っと8代目の作業を見学しながら根掘り葉掘り質問攻めするという贅沢な時間を過ごしました。
slr2-021.jpg
slr2-022.jpg
slr2-023.jpg
slr2-024.jpg

時間が来たので、きじ馬作り。意外と面白い。
見本(左)と並べて、どうにかレッドブルのパロディーデザインできないかなーなんて思案中。
slr2-025.jpg

クラフトパーク体験を終えると、昼食は「きじや」で。自分は自転車移動なので早めに出発し、延々と登り基調の道を進んで行きます。
slr2-026.jpg

またしても早めに到着したので、
slr2-027.jpg

ちょっと寄り道を・・・
slr2-028.jpg
2kmなら間に合うかなーと軽い気持ちで登り始めるも、結構な勾配と荒れた道。折り畳み小径車ではかなり厳しい道のり。もうちょっとで滝かな?というところで、「みんな早く着いたから戻って来い!」の電話が・・

シャーっと下山して、きじやでキジ料理を堪能。
slr2-030.jpg
slr2-031.jpg

食後、他のメンバーは人吉駅横の鉄道ミュージアムへ向かうも、自分は食後のティータイムをしにこちらへ逆走(登り基調)
slr2-032.jpg
slr2-033.jpg
冷たくて、旨みがギュッと詰まってるのに口当たりはまろやかな、素晴らしく美味しいお茶とノンストップな楽しいトークをご馳走になり(お仕事中にお邪魔しました)、人吉駅までラストスパート!

10kmの道のりを23〜25分程度で爆走し、到着!
slr2-034.jpg
なんかカラクリ時計みたいなのが動いてました。

帰りもSLで。
slr2-035.jpg

で、帰りも行きと同じで途中止まったりしながら。
slr2-036.jpg

熊本駅へ到着。お疲れ様でした。SLの旅、かなり良かったです。
slr2-037.jpg

帰宅して、まだ容量に余裕のあるサドルバッグの中には
slr2-038.jpg

これだけの物が入ってます。
slr2-039.jpg
slr2-040.jpg
お土産を諦めるなら3泊ぐらいまではイケそう。

これでSL輪行で行く人吉の旅は終了です。ありがとうございました。
posted by ないちん工場長 at 01:20| Comment(6) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに僕のしたいSLチャリ旅行ではありませんか!
キジ馬というのですね、そして人吉のだったのですね、7、8年前から実家の玄関に置いてあってなんだろうと思ってました。
クルージングの旅もランドヌール熊本でもたまに楽しめるのでいかがでしょうか?お待ちしております。
Posted by N家 at 2018年04月24日 12:47
以下同文であります!
Posted by okd at 2018年04月24日 15:21
>N家さん

人吉駅に到着するとまず丸ポストがお出迎えしてくれるので、N家さんにとっては最高の旅じゃないでしょうか。トイレの真ん前にあるので写真映えしないのが難点ですが(笑)
ちょうど1年前の社員旅行では島原から帰ってくるフェリーでブルベ中の人を数人見かけました。途中でフェリー挟むのはなかなか難易度が高そうですね。
Posted by ないちん工場長 at 2018年04月24日 19:35
>okdさん

ちょっと雑になってませんか?
もう少し頑張って下さい!
Posted by ないちん工場長 at 2018年04月24日 19:35
反省して追記します。
ブルベのルートにも毎年流行があり昨年は航路を使うのが流行ってました。フェリーで見かけたのは
多比良なら 嘉麻発 (カモメの)ジョナサン300
島原なら熊本発 有一200
口之津なら鬼池発 Max有一400か嘉麻発 ウミネコ600
だと思われます。

Posted by okd at 2018年04月24日 20:45
>okdさん

ありがとうございます。見かけたのは島原だったので200ぽいですね。途中にフェリーを挟むと、乗れるか乗れないかのギリギリの戦いとかあってかなりドキドキしそうです(^^;
Posted by ないちん工場長 at 2018年04月25日 01:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: