2018年06月11日

人吉DE鍛冶屋体験

4月に人吉に行った時、どうしても心残りだった鍛冶屋体験。水上村へ行く用事があったので、行ってきました。いや、鍛冶屋体験したいがために水上村での用事を入れたのかもしれない・・・

お邪魔したのは前回同様、「蓑毛鍛冶屋(みのもかじや)」さん。
kjt001.jpg
今回は店舗でもクラフトパークでもなく、工房の方です。

標準メニューは三徳包丁5,000円(右)、子包丁3,500円(左)。
kjt002.jpg

まずは「ハンマーがゴチーン!ゴチーン!と自動で往復するマシーン」の手慣らしに、練習用の端材?でゴチーンゴチーンの練習をします。それの材料を熱しているところ。
kjt003.jpg

熱した鉄を「やっとこ」のようなもので掴み、台にセットしてペダルを踏むと、ゴチーン!ゴチーン!となります。
kjt004.jpg

ある程度慣れたところで(恐怖心が薄れたところで)、本番に入ります。下ごしらえしているもの(鉄に鋼を挟み込んで、大まかな形まで作ってある状態)からのスタートで、チョークで線を引いて「ここからスタートしてこういう順番で叩いて行きますよ」と、丁寧にレクチャーしてくれます。
kjt005.jpg

熱して〜
kjt006.jpg

ゴチーン!ゴチーン!
kjt007.jpg
この工程は叩いて伸ばしながら形を整えつつ、厚みも調整するという極めて難易度の高いものなんですが・・・実はお父さん(9代目)がずっと誘導してくれているので安心です(笑)

熱しては叩き、熱しては叩きを繰り返して、
kjt008.jpg

水で濡らしたハンマーで叩いて、表面のススけた層(酸化鉄の被膜?)を叩き落とします。
kjt009.jpg

はい、やって!とバトンタッチされ、自分でもパキーン、パキーン!と。
kjt010.jpg

それをすると急に包丁感(って何だw)が出てきます。
kjt011.jpg

作業前の状態と比べるとこんな感じ。
kjt012.jpg

歪みなどの微調整は若き10代目にやってもらいました。
kjt013.jpg
kjt014.jpg

それから、ベンチグラインダーで「包丁の形」を成形していきます。まずはレクチャーを受けて、
kjt015.jpg

はい、バトンタッチ。
kjt016.jpg
kjt017.jpg


最終的にはプロが仕上げてくれるので、安心してギュイイイィ〜ン!できます。
kjt018.jpg
そう、あくまでも体験なのです。極めて冷静に分析すると、「プロが製作している途中の全ての工程で、いらんこと邪魔してる」ってのが正直なところ(笑)

成形が終わると、焼き入れ&焼き戻しをして仕上げに入って行きます。
kjt019.jpg
狙った温度まで上げて、油に浸けて冷却したりします。ここは赤く熱された色で温度を判断したりするので素人では絶対に無理で、10代目もまだわからないそうで、お父さんにしてもらってました。


重ね合わせてある軟鉄と鋼の引っ張り合いで歪みが出るので、ハンマーで叩いて調整するそうです。
kjt020.jpg

ここから刃を作っていく工程。回転砥石に水を掛けながら、シノギを削っていきます。まずはレクチャーから。
kjt021.jpg
刃の部分になる鋼を露出させるように削るというイメージでしょうか。あの銀色の部分です。ちなみに、半分ぐらいまで埋まって?いる鋼の部分がある限り研ぎながら使い続けられるそうです。

はい、バトンタッチ。
kjt022.jpg


仕上げはちゃんとやってくれるので安心。
kjt023.jpg
長年蓄積した砥石と鉄粉が積もって鍾乳洞みたいになってます。

最後に、砥石の使い方を習って終了(これもちゃんと仕上げはプロが)!
kjt024.jpg

名前を入れられますけど、何にします?って聞かれたので、即答で。
kjt025.jpg

9代目と10代目が共同作業で。なんかすみません(笑)
kjt026.jpg
kjt027.jpg

完成!
kjt028.jpg

ちゃんと箱に入れて、
kjt029.jpg

包装してもらえるので、職質対策もバッチリです!
kjt030.jpg

これだけ付きっきりで丁寧にレクチャーしてもらえて(およそ1時間半)、立派な包丁も持ち帰る事ができて5,000円って・・・安すぎじゃないでしょうか。

ラベル:工具
posted by ないちん工場長 at 23:32| Comment(2) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体験とはプロの仕事を公式に邪魔する事ができるという事ですね。とても良く理解できました。
この包丁鍛治体験はとても魅力的です!僕もやりたいです、泊まりでのロングライドの計画でも立てようかしら。包丁の切れ味はいかがですか?
Posted by N家 at 2018年06月13日 00:18
>N家さん

N家さんの職場には体験メニューは無いでしょうか?そちらもすごく気になります(笑)
鍛冶屋体験、ぜひ行かれて下さい!泊まりのロングライドなら、人吉には我らが大藪メンバーの幹部であるお茶のヒトがいらっしゃるので、かまってくれるかも・・
包丁の切れ味はまだ試しておりません。箱から出しては眺めてニヤニヤしております(通報はヤメてね)
Posted by ないちん工場長 at 2018年06月13日 07:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: