2018年07月18日

ガレージにエアコン取付け、まさかのDIYで。

梅雨が明けると、ないちん工場ガレージは灼熱地獄が訪れる。何もしなくてじっとしているだけでTシャツがずぶ濡れになるほど暑い。扉を開けると蚊や蛾が入ってくるし、開けて風を通したところでさほど気温は変わらない。ちょっと物を取りに行くのも躊躇してしまうぐらい暑い。

我がガレージ「イナバドマール」は物置に毛が生えたようなもので、壁が薄い鉄板のみ。一般的な家庭用エアコンを取り付けるのはちょっと厳しそうだな―と漠然と思っていて、設置の手間がほとんどない置き型のスポットクーラーを物色していました。

スポットクーラーならその手軽さ故に使わなくなった中古というものが存在するのではないか?という淡い期待を込めてFacebookに「誰かスポットクーラーちょーだい!」(※原文ママ)と書くと、翌日にまさかの反応が!!

「六畳用が余っていたような」

マ、マ、マ、マジすか!ありがとうございます!!

しかしその後に続く文が・・・「外しているので、付けるだけだけど。」

んんんっ?

あの電気屋さんで買うと業者さんが設置しに来るタイプの、ごく一般的なノーマルエアコンでした(笑)
ac001.jpg

「工場長なら自分でできるでしょ!道具もあるヨ!」と、ありがたいお言葉と共に必要な工具一式も貸して頂きました。自転車整備も、DIYも、機械加工も全てにおいて敵わない真の工場長として心の師匠と勝手に崇めているそのお方は自転車の走力、カンナシ度(標準語で言うと頭のネジの飛び具合)、家庭内平和維持活動など全てにおいて敵いません。スイーツの師匠でもあります(笑)

まず第一のハードルは、室内機をどうやって設置するか?前述の通り壁は薄い鉄板のみなので、直接ビス穴を開けるとそこから雨漏りしてしまいます。考えに考えた結果、昨年組んだ単管パイプを活用する事にしました。

既存のフレームにT継ぎというジョイント金具を入れて、
ac002.jpg

横棒を一本追加。
ac003.jpg

そこに必要最小限のボードを取り付けて、
ac004.jpg

取付用金具を設置。
ac005.jpg

室内機を仮留めして、寸法確認。うん、ばっちり!
ac006.jpg

室内機と室外機をつなぐホースの通り道、直径70mmの壁穴を開ける為のホールソーなんて持ってないので、自在鋸で。
ac007.jpg

木工用しか持ってない(鉄工用は高価なので買えない)けど鉄板は薄いからイケるでしょ?と簡単に考えていたら、なかなか開かない・・・内からと外からとゴリゴリゴリゴリ地道に削ってやっと開きました。
ac008.jpg

薄い鉄板の切り口は鋭利なのでU字型のゴムで保護。ハンズマンで10cm単位で切り売りしてくれます。
ac009.jpg

さて、やっとエアコン取付のキモである冷媒管の接続に取りかかります。

室外機と室内機をつなぐあのフワフワした管の中は銅管が通っているんですね。この銅管を伝ってエアコンガスが中と外を行ったり来たりしながら冷やすという仕組みなので、ここを失敗するとエアコンが機能しなくなります。
ac010.jpg

室内から出した冷媒管を折れたり潰れたりしないように慎重にちょっとずつ手曲げしながら、室外機の接続箇所まで持って来て、
ac012.jpg

パイプカッターで切断。
ac013.jpg

フレアツールを使って先端をラッパ状に加工して、
ac014.jpg

室外機へ繋ぎ込みます。
ac015.jpg

管内に空気と水分が入っていると管が詰まって動作不良を起こすので、「真空引き」という作業を行う必要があります。圧力計とバルブがついたマニホールドゲージと、真空ポンプを使って、
ac016.jpg
ac017.jpg

20分ほど真空引き。
ac018.jpg

圧力計とポンプの間にあるバルブを閉じてから、ポンプをOFFに。そのまましばらく放置して接続不良・エア漏れがないかチェックします。
ac019.jpg
1時間放置して、圧力計の針は振れてなかったので成功!良かったぁ〜


六角レンチでバルブを2ヶ所とも全開にして、室内機に留めていたガスをプシュ〜っと開放します。これで冷媒管の作業は完了!
ac020.jpg

続いて、室内機から伸びてきてる電線を室外機の方に繋ぎます。室外機の方にコンセントが無いのがずっと不思議だったんですが、こういう仕組みになってたんですね、納得。
ac021.jpg
電気工事士の資格を持っているので何の後ろめたさもためらいもなく、結線。えっへん!


仕上げはこのテープで、
ac022.jpg

グルグル巻きに。これで見慣れたあの感じになりましたね。
ac023.jpg

壁穴から水などが浸入しないようにパテ埋め。
ac024.jpg


念の為、穴の所だけ化粧カバーで二重に保護しました。化粧カバーも安くはないので、ここだけー(笑)
ac025.jpg

試運転も終了し、最高のガレージ生活が始まります。ありがとうございました。

ちなみに、ないちん工場ではエアコン取付の依頼は受けておりません。工具はぜーんぶ借り物だったし、何よりもミスった時の責任は取れませんのであしからず。もちろん、この工具一式を貸してくれた方にも依頼しないで下さいネ!
ラベル:電気工事 DIY 工具
posted by ないちん工場長 at 22:35| Comment(0) | イナバFXN-81HDドマール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: