2018年08月14日

マニュアル養成マシーン製作マニュアル(ややこしい)

マニュアルというのはウイリーのようでウイリーではない、ペダルを漕ぐ力を全く利用せずにフロントタイヤを浮かせたまま進むトリック。

それを練習する為の養成マシーン(木材だけどw)を作りました的な動画がFacebookでシェアされていたのを見かけ、よし!作ってみよう!いや、作ってみたい!と。そう、作りたいのが9割で使ってみたいが1割です。何か問題でも?

参考動画はこちら


作る手順などは動画をよくみてもらう事にして、材料の詳細や寸法などを書いていきます。

寸法は動画をじっくり見みながら自分の自転車と見比べて、ざっくりしたサイズ感からキリの良い数字で出しました。それと、木材が最小限で済むように少しアレンジを加えてます。
cut.jpg

2x6材 8feet x1本 1feetが約30cmなので、長さ約240cm
2x4材 6feet x2本 約180cm
コーススレッド(木ネジ)75mmを25本ぐらい。

木材は1枚の大きさが大きく・長くなればなるほど割高になっていく傾向にあるので、土台になる木材のみ幅広の2x6材を使用。

リアタイヤのストッパーはタイヤ外径の7割程度、それを切り取った後に残る土台部分でちゃんとフロントタイヤが接地できる寸法になってるかどうか?でキリの良い所の50cmに設定。
myg001.jpg

2x材のカットはZソーガイドと鋸が便利で快適。45度の角度切りも簡単にできます。
myg002.jpg


何も考えずに鋸を前後に動かして、クオリティの高いナナメ切り。
myg003.jpg

先にタイヤホルダーを組み立てて、
myg004.jpg

土台に取付。
myg005.jpg

タイヤストッパー(フロント側)を取り付けて、仕上げ。
myg006.jpg

ちょっと隙間が空いてタイヤが前後に動いてしまうので(赤丸部分)、それが嫌な方は66cmの材料を4cm詰めて62cmにすると良いでしょう。※29インチタイヤの場合。
myg007.jpg

使わない時は自転車ラックとしても使える。※使いません
myg008.jpg

ちょっと試用してみました。
myg009.jpg
体重移動だけでフロントアップするのは意外に難しい。そして左右にブレるとホイールに優しくない負荷が掛かってる感があるのでちょっとドキドキ(笑)
posted by ないちん工場長 at 13:02| Comment(0) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: