2018年10月03日

商品パッケージを使った工具ホルダー

自転車を触るようになって、圧倒的に出番が増えた六角レンチ。使用頻度が高いと色々と欲が出てきて「これ使勝手良さそうだなぁ〜」とか、「あれカッコイイなぁ〜」とか、気になる物を買ってみたり、ワゴンセールでお得そうなのを見つけては買ってみたりするうちにどんどん増えてしまった・・・
hex001.jpg
我が家は至る所に自転車が置いてあって、どこそこで整備し始めるから常に手の届くところに六角レンチがあるというのは便利っちゃ便利なんだけど(笑)

これだけたくさん持っているのに、一番使い勝手の良いお気に入りの六角レンチはメインのメンテナンススタンドの所に1組、そして車に常備しておく用にもう1組と、合計2セットも買ってしまいましたよ。
hex002.jpg
【UNIOR(ユニオール) Tハンドルヘックスレンチ】
ボルトに差し込んだ時の先端のカッチリ感と、レンチ本体の剛性感が何とも心地よく、整備性の向上と心の充足感を高めてくれます。
噂によるとハゼッ・・・いや何でもありません。
お買い求めは最寄りのtakebow-tune Bikeworks(タケボウチューンバイクワークス)へ。通販対応可(たぶん)

で、これパッケージも良く出来ていて、なかなか捨てられない。
hex003.jpg

ガレージのオブジェ?なんかにもしてるんだけど・・
hex004.jpg


何かに使えないかなー?と考えた時に、「そうだ!車載時のホルダーとして使おう!」となりました。やっと本題(笑)

横から見るとこんな風に固定されていて、
hex005.jpg

引っ張ると「ジョリンッ!」とピンが抜ける。
hex006.jpg

このままでも繰り返し使えそうではあるけど、工具の出し入れの度にこんな事はやってられないので、マグネットでパチッとなるような構造を考えます。

この抜けたピン、ネジ山のようなものが切られているので、目測でM4のナットをねじ込んでみると・・
hex007.jpg
入った!

ピンの方に鉄を配置したので、あとは受け側にマグネットを配置するだけ。なので、受け側の方のピンをバツンッと切り取って、
hex008.jpg

そこへネオジム磁石を強力両面テープで固定します。
hex009.jpg

の前に、ナットは接触面積の広いフランジナットに変えます。
hex010.jpg

完成!
hex011.jpg

レンチを収納するとこんな感じ。
hex012.jpg
何故かマグネットの中心に収まってくれないのは少しモヤモヤするけども、良しとしよう。

揺さぶって保持力のチェックなど。


さっそくハイエースのベンチシート下収納へ設置。
hex014.jpg
hex013.jpg
うん、いい感じ。揺れてもガチャガチャ鳴らないのもイイネ!
posted by ないちん工場長 at 23:42| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: