2018年10月09日

「お土産は、おやつでいいのよ、お父さん」ツール・ド・佐伯2018に参加

今回も家族3人で車中泊の旅です。

子どもの自転車は、ペダルを外して
tds2018-002.jpg

ハンドルを90度回して、
tds2018-003.jpg

ベッド下へ収納。
tds2018-004.jpg

ロード2台は、MTB積載アダプターを作った時の応用で、取り付け位置に自由度を持たせたフロントフォークホルダーを利用。
tds2018-005.jpg

こんな風に荷室スペースの一番前に詰めて積載。こうする事により、家族3人分の自転車を積載したままベッドスペースが確保でき、就寝前のベッドメイクをしなくて済みます。
tds2018-006.jpg

外したフロントホイールは専用バッグに入れて、壁際にぶら下げ。
tds2018-007.jpg


前日入りなので、翌朝のパンを阿蘇のパン屋さん「豆の木」で調達。
tds2018-008.jpg

ランチは「道の駅すごう」の丸福で唐揚げづくし!
tds2018-009.jpg
tds2018-010.jpg

食後のデザートは「道の駅あさじ」で
tds2018-011.jpg

謎のスイーツ・たいパフェを頂きました。
tds2018-012.jpg

佐伯の前日受付開始までは少し時間があったので、久々にナイアガラを見に「原尻の滝」へ。
tds2018-013.jpg
何か妙に水量が多くて荒ぶってました

そんなこんなで会場へ到着
tds2018-014.jpg

ちょっと時間を潰したのち、夕食は回らない回転寿司「マルマン」へ
tds2018-015.jpg

というのも、ツール・ド・佐伯の参加者には1,000円の寿司チケットが付いてくるのです(大人のみ)
tds2018-016.jpg

一皿180円〜550円まであるちょっとお高級な回転寿司(しかし回らない)。チケットのお陰で思う存分食べる事ができました。
tds2018-017.jpg
※右の皿タワーは1008夫妻の分です(笑)

夕食後は「道の駅・弥生」で温泉に入って、
tds2018-018.jpg
会場の駐車場に戻り就寝。

翌朝は5時半に起きてテーブルセットを出し、コーヒーを淹れてゆっくりと美味しいパンを食べながらまったりと準備。
tds2018-019.jpg

陸上競技場の方で開会式を経て、
tds2018-020.jpg

スタート!
tds2018-021.jpg
ペースがちょうど良さそうだなーと思った小集団に付いて行ったら結構なハイペースでグイグイ進む。登りに入った所で「もう無理〜!」と離脱したんですが、その先の下りで落車が発生してました・・・下りきった所あたりで救急車とすれ違ったので早めの処置はできたと思いますがちょっとその後が気になりますね。

第1エイドでは名物の「うずまき」などを。もちろん両方の「あん」を頂きます。
tds2018-023.jpg

それと冷え冷えのコーラも。
tds2018-024.jpg
その後の全てのエイドでコーラは2杯ずつ頂きました。

次のエイドは見晴らしの良い山の上だと知ってるので、登ってる途中の「あと2km」は心折れそう・・
tds2018-026.jpg

空の公園へ到着!
tds2018-027.jpg

アジのまる寿司ゲット!
tds2018-028.jpg
tds2018-029.jpg

何だこのパン?ここのエイドで初めて見るような・・と思いつつ、美味しく頂きました。
tds2018-030.jpg

帰宅してツールド佐伯の公式FBページを見たら、、、
tds2018-001.jpg
アジのまる寿司が無くなった時に代替品として振る舞われるものだと書いてありました。そんな説明もなく、フツーに配ってましたけど(笑)

次の昼食会場までは主に海岸沿いを走ります。ちょっと向かい風が強かったので、見知らぬこの方に牽いてもらいました。
tds2018-031.jpg
ここの区間、時おり見通しが悪くて狭い急カーブがあって、凄い勢いで車が突っ込んで来るので用心しながら走ってましたが、前を走るこの方も「あわや・・」という瞬間が1回だけありました。実際、車と正面衝突する事故が発生したという噂が・・・

この海岸線の景色は最高でした。自撮り技術は非常にザンネンですけど。ほぼ腕の写真!
tds2018-032.jpg

昼食エイドへ到着!
tds2018-033.jpg
空いてて非常に快適でした。

あつめし、干物、ごまだしうどんの豪華セット。
tds2018-034.jpg

なるべく危険が少ないように&一般の人の迷惑にならないようにという主催者の苦悩がうかがえる、たまに出現する「歩道を走ったり、ぐにょぐにょ行ったり来たり」の道。迷わないように地面に矢印が書かれているのはありがたいですね。
tds2018-035.jpg

ここの川沿いはちょっと向かい風が強くてしんどかったです。
tds2018-036.jpg

気温は快適そのもの!最高の自転車日和。
tds2018-037.jpg
しっかし、そこそこの登りと向かい風区間を走ってきたにもかかわらず、ここまでの平均速度が27km/hっていくらなんでもオーバーペース。これ、後半持つかな?という不安がよぎります。

そんな心配をよそに、胃袋に追い打ちをかける私設エイド。
tds2018-038.jpg

いつもありがとうございます!
tds2018-039.jpg
ちょうど居合わせた若者が「こういうイベントに初めて参加したんですが、めっちゃ楽しいですね!」とエイド主に話しかけてて、「この先5kmに公設エイドがあるけどなっ!」「え!ここ公設じゃないんですか?」「ここはね、勝手にやってるとこなんよ。日本一の私設エイド目指してる!」っていうほほえましい会話を横で聞きながら椅子に座ってまったりと休憩。

で、すぐに公設エイドの「やよい」へ到着(笑)
tds2018-040.jpg
ここの右3人のレディの黄色い声援が凄まじく、ずーっと笑いっぱなしのエイドでした。笑いのパワーって凄く元気出ますね。

しょうがモチや
tds2018-041.jpg

しょうがコロッケ、
tds2018-042.jpg

特製しょうがサイダーやラスクをいただいて大満足!
tds2018-043.jpg
「また来年もきないえー!顔は覚えたきなー!(訳:また来年もきてネ!顔は覚えたからね!)」という声援を浴びながら会場を後にします

ここら辺から前半の無理がたたって、全然脚に力が入らなくなりながらやっとこさ「大水車のエイド」へ到着
tds2018-044.jpg

魚ではないお寿司や漬け物を頂き、
tds2018-045.jpg

ほたっぴーと記念撮影(笑)
tds2018-046.jpg

デザートの抹茶アイスはラグジュアリーな休憩スペースで他の参加者と談笑しながらまったりと
tds2018-047.jpg

大水車を後にして、前にも後ろにも人が見えない一人旅で「道合ってるかな?」とドキドキしながら終わりかけの脚で登ってると、
tds2018-048.jpg

地元のオバーチャンによる私設エイドが!良かった、道合ってた(笑)
tds2018-049.jpg
超濃厚な搾りたてのカボスとはちみつの入った特製ドリンクを頂いて、元気回復!お替りしちゃいましたよ。

ここまで来ると、ゴールは近い!
tds2018-050.jpg

悲鳴を上げる胃袋に鞭打って、唐揚げと
tds2018-051.jpg

栗の回転まんじゅうをいただきます。
tds2018-052.jpg

これが見えたらあと少し。
tds2018-053.jpg

ここの最終エイド、こんなに寂しかったっけ・・・
tds2018-054.jpg

名物・カブトムシパンはまだまだ大量にありました。
tds2018-055.jpg
これ、いつもここから先の道中に落として行く人がいて、今回も1つ誰かのポケットからこぼれおちて無残な姿で道路上に転がってました・・アーメン

残り距離は少ないのに地味に登りが続いて参加者の心を弄びます
tds2018-056.jpg
ラストに登りが待ちかまえているのは何となく覚えてたので、ちょっとしか心は折れなかったです。

そして、感動のゴール!の写真はないので、ゴール後にもらったジュースの画像でも。
tds2018-057.jpg

ゴールでのかしわ餅とすり身バーガーもちゃんといただいて、グルメの旅は終了!
tds2018-058.jpg


さて今回は秘策がありまして、このシートチューブのボトルケージに刺さっている工具ポーチ、
tds2018-059.jpg


オヤツを収納する為のものでした(笑)
tds2018-060.jpg

トップチューブの小物入れにも食料が満載!
tds2018-061.jpg
カブトムシパンを安全に大事に運ぶ為に、背中ポケットを空にしておくという秘術でした。これで家庭内平和維持も万全!
posted by ないちん工場長 at 01:40| Comment(6) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリンカルチャーセンターがスタートの頃は手作り感いっぱいのイベントでしたが すっかりオーガナイズされたイベントになってるみたいですね。
当時は国東をすごく意識してましたが 今は下関かな?
Posted by okd at 2018年10月09日 12:46
>okdさん

僕は今回で3回目なので古い歴史は存じ上げませんが、進行もスムーズでとても快適なイベントです。エイドは国東よりもレベル高いです。ツールドしものせきにも勝るとも劣らないというか、しものせきはエントリーの大変さと、イベント当日のスタート前に自転車を並べておくあの無駄な儀式がかなりダルく、もう出なくていいかな?という感じです。家族は行きたいと言うので今年もエントリーする努力はしましたが、エントリー合戦に敗れました(笑)
Posted by ないちん工場長 at 2018年10月09日 18:47
お疲れ様でした。今年はフレームバックとジップロック作戦で臨んだ心の余裕からか序盤から中盤をハイペースで食べて行き唐揚げからは全く食べれなくなり唐揚げをジップロックに入れてのお持ち帰りでした。今年もまた完食出来ず、グルメライダーの道はまだまだ険しいです、来年頑張ります。
僕がゴールした時にはフィッシュバーガーは売り切れてなかったです。今年は空のなんたらの所のくじゃくパンがやたらとうまかったです。
Posted by N家 at 2018年10月09日 21:48
下関よりエイドが圧倒的に良いので、こっちならお腹いっぱいになりそう…?
もし来年申し込むときは、ツールケースとトップチューブバッグの活用法を丸パクリしようと思います。

それにしてもたいパフェは、なんだか苦しさのあまり泡を吹いているようで心が痛みますね:(;゙゚'ω゚'):
Posted by しの at 2018年10月09日 22:30
>N家さん

自走&Sコースお疲れ様でした!
スタート会場で新品のジップロックをドヤ顔で見せられた時、???となりましたが、そういう秘策があったんですね(笑)
佐伯は自制心との戦いでもあります。目の前の誘惑に負けてお替りしたりすると後が続かなくなります。
そうそう、ゴール後に待ち構える各エイドからの余りものも楽しみの一つですね。妻子がゴールした時は第一エイドの「うずまき」が切らずに1本単位で配られていたそうです。僕がゴールしてしばらくするとCコースの昼食っぽいお弁当が続々と並べられていました。来年はそれも考慮に入れましょうネ!
Posted by ないちん工場長 at 2018年10月10日 06:27
>しのさん

しものせきより圧倒的に良いですか・・・今年出てないので忘れてしまいました(爆)
来年でも、再来年でも、気が向いたときにお越し下さい。我が家は毎年参加するようなので、そのうち会場でお会いできるでしょう(笑)
しものせきのようなエントリー合戦にならない事を祈るばかりです。

たいパフェ、やはり見た目が少しグロいですよね。味のほうも、あんこと生クリームが中の仕切りで完全に分けられていて混ざらないようになっていたので、あんとクリームのマリアージュが楽しめずにちょっとがっかりしました。
Posted by ないちん工場長 at 2018年10月10日 06:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: