2018年10月16日

Switchのスイッチをスイッチしました(ややこしい)

sw001.jpg
ニンテンドースイッチをプレイしていると、ある日突然 あらら?あれれ?と勝手にあさっての方向にキャラクターが動くようになった。どうやら、スプラトゥーン2をやりすぎるとコントローラーのジョイスティックが壊れて誤作動を起こすようになるらしい。小学校のスプラ仲間はみんなそうなっているそうな・・・

修理できるのかな?と、ニンテンドーのサイトを見に行くと、修理代金2,160円。しかも送って修理してもらってまた送り返してもらうという無駄な時間も掛かる。その間、何もできなくなるので自分で修理できないかな?と。世界的に売れているものなら修理部品が出てるでしょ?と思って、Amazonを覗いてみると・・・あった!

2つで710円(2018.10現在)

送られてきたパーツはこんな感じ。説明書などは一切なし!まあ何とかなるでしょ。
sw002.jpg

カバーを留めているのはメルセデスベンツタイプの特殊ネジ。まあ、このへんは昔からケータイの改造をしていたので工具はある。
sw003.jpg

開いた!
sw004.jpg

もう一層剥いて、やっとジョイスティックにたどり着いた
sw005.jpg

壊れているのを外して、
sw006.jpg

新しいのを取り付け。
sw007.jpg

青い方とは中身の構造が若干違う
sw008.jpg

ジョイスティックの取付ネジがフレキコネクタの下に隠れていたりと楽しませてくれる
sw009.jpg

作業時間は写真を撮りながらでも5分ずつぐらい。ケータイやスマホの修理・改造ができる人なら難なくこなせるレベルじゃないでしょうか。
sw010.jpg
使用工具は主にスマートフォン用工具だけど、コントローラー内部のプラスねじだけはKTCのベビードライバーの食いつきが抜群に良くて、ネジをナメる事もなく、外れたネジもドライバーに食いついたままキャッチできて作業性が良かった。安いしオススメ。

ラベル:DIY おもちゃ 修理
posted by ないちん工場長 at 00:26| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: