2018年11月27日

HEAVENへは荷物多めでFLY HIGH!

九州ヘブンライドまで1週間を切りました。

噂によると1年毎にイージーモードとハードモードが入れ替わるそうで、去年はベテラン参加者によるとイージーモードだったらしい。結構きつかったけどなぁ・・・という事は、今年はハードモード。どんな道を走らされるか分かったもんじゃない。なので、パンク修理用品など、いつもより荷物多めで臨みます。

ヘブン対策練でシクロクロス号に乗る時に大きめのフレームバッグを装着して、違和感がないか、何か問題は起きないか?を入念にチェック。バッグが膨らんだ時に少し膝が当たってしまうのと、担ぎにくいという点を覗いては特に問題が無かったので、採用!
nofh001.jpg

ただ、容積が大きくても縦に長いと利便性が悪いのでちょっと改良します。その分重くはなるけど。

まずはコピー用紙で大まかに型取りをして、
nofh002.jpg

段ボールに転写。Amazon段ボールのペラペラ具合が非常に良い。
nofh003.jpg

で、実際にハメては修正して・・を繰り返し、型取り完了。
nofh004.jpg

この型を元に下敷きで作ります。
nofh005.jpg

こういうカットはタミヤのラジコンボディ用はさみが便利。
nofh006.jpg



ピッタリ!バッグ内側に飛び出ている縫い代にハメ込む形で作ると、ポコッとハマるので特に固定する必要がありません。
nofh007.jpg

そしてこのネジ切りタップを使って、、
nofh008.jpg

工場に転がっていた端材にネジ穴を切っていきます。
nofh009.jpg

先ほどのタップ、通販でしか手に入らないほどマニアックなサイズ「3/8UNF24」はCO2ボンベの口金サイズでした!
nofh010.jpg

配置の目星をつけて、
nofh011.jpg

バンドソーで大まかに整形。
nofh012.jpg

フライス盤でテキトーに軽量化を施し、
nofh013.jpg

完成!細部が雑なのは面倒だったから。見える所じゃないし〜
nofh014.jpg

気になる重さは23g。え?気にならないって?(笑)
nofh015.jpg

ボンベを5本付けたら312g
nofh016.jpg

あとはベースプレートにマーキングした所をドレメルのガス半田ごてで
nofh017.jpg


にゅっ!と溶かして
nofh018.jpg

ベルクロを通します。
nofh019.jpg

完成!テッテレ〜♪
nofh020.jpg

チューブを2本入れてもまだ余裕がある。
nofh021.jpg
あとはオヤツをたくさん詰め込みましょうかね。
posted by ないちん工場長 at 21:04| Comment(0) | アルミ加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: