2018年12月03日

これもまた、ヘブン。

先に断っておきますが、その日のうちにブログを書くなんて滅多にやらないワタシがこうして書いているのは、無念のDNSになった我らがリーダー1008さんの遺志を継ぐものであり(生きてますw)、決して今回のコースが楽勝だったわけではありませんので、来年以降のコース設定をこれ以上ハードにしないでくださいね。ほんと頼みます。

そう、人間GPSの異名を持つ酷道ハンターの1008さんがヘブンライド本番の1週間前に突然のDNS。他のメンバーはみんな、「道に詳しい1008さんがいるから大丈夫!」とタカをくくっており、ぶっつけ本番で臨む気マンマンだったのが、急に夏休みの宿題が終わってないのに気付いた小学生のごとくコースの予習と計画立てを余儀なくされるハメになったのである。しかしそのお陰で我々は少し成長できたような気がします。気のせいかもしれません。

1008さんから大量のエイド食と、チームメンバーへ貸出してくれたガーミン1030x2個・1000Jx1個を預かって会場へ向かいます。
kshr2018-001.jpg


前夜祭から参加のD橋さんと昼頃に会場入り。
kshr2018-002.jpg

会場にあるレストラン「北里バラン」で昼食。
kshr2018-003.jpg
去年も食べたこの「鶏の玉ねぎソース」、大のお気に入り。これを食べるために前日入りしていると言っても過言ではない。

前日入りのもう一つの理由は、初見殺しの「例のトンネル」を初参加のD橋さんに見せておきたいというのもある。前日の下見ライドは禁止しますとのアナウンスがあったけど、ご近所サイクリングなら可能ということで、トンネルとその周辺をウロウロ。
kshr2018-004.jpg
kshr2018-005.jpg

夕方には会場へ戻り、温泉で汗を流した後は前夜祭へ。
kshr2018-006.jpg
バイキング料理を堪能して、チームプレゼンテーションを終えたあとは、

LaTICAさんのミニライブを堪能。
kshr2018-007.jpg
電子音とサックスを融合させた幻想的な曲から、クラシックベースの曲、めっちゃカッコいいサックスのジャズっぽい曲まで、全部良くてずーっと聞き入ってました。

12/13に熊本市でもライブがあるみたいで、聞きに行こうかと本気で考えてます。会場がバーみたいなので、お酒が全く飲めないワタシが行ってもいいのかどうか心配ではあるけど(笑)
kshr2018-008.jpg

さて、当日朝。
kshr2018-009.jpg
それほど気温も低くなく、空模様も大丈夫そう。

身支度を整えて、開会式へ。
kshr2018-010.jpg

そして、スタート!前の並んでいる時に、「これ、すげーでしょ〜!」と主催のお二人にないちん工場特製のツールボックスを見せびらかしているの図。
kshr2018-011.jpg

スタートしてそんなに走ってない段階でさっそく林道へ突入。
kshr2018-012.jpg

温泉の湯気がモクモクの所で写真を撮ったりしてキャッキャウフフしながら進みます。女子が一人いるだけで和みますね・・・
kshr2018-013.jpg

ちゃんと分岐点が分かってて、曲がって入って行って初めて現れるコース矢印。そしてそんな分岐点の多くは軽快に下っていく舗装路の途中に設定してあるので、見過ごすと登り返さなければならない。こんなスパルタンな設定もまた、ヘブンの醍醐味。
kshr2018-014.jpg


で、結構な荒れた未舗装路を走っていると、目の前を走る我がチームの紅一点「鮫ちゃん」がキャァ!と叫んで停止。何事かと思って近づくと、「これ、大丈夫なヤツですかね?」と言って見せられたリア回りは・・・
kshr2018-015.jpg
リアハンガーが折れて、ディレイラーを巻き込んでる・・・その衝撃でプーリーケージが曲がり、チェーンも2か所捻じれてる。
kshr2018-016.jpg

おおぅ、これはまた神は試練を与えて下さる。しかしここは直してみせる!工場長の名にかけて!
kshr2018-017.jpg
5個しかない七つ道具の中の一つ、「エマージェンシーハンガー」を取り付けて応急処置。捻じれたチェーンとプーリーケージは六角レンチを突っ込んでハンドパワーでグイッと修復。説明しよう、エマージェンシーハンガーとは大概の自転車に応急的に対応するディレイラーハンガーなのだ!(そのまんま)

もともと九州ヘブンライドはRapha Gentlemen’s Raceをオマージュしたイベント。未舗装路を含む過酷なコースをチーム員だけの力で協力し合いながら乗り越えていくというのが醍醐味。
そう、これもまた・・・いや、これこそヘブンなのだ。

あくまでも応急処置で、耐久性も低く変速のセッティングも出ないので、未舗装路は大事をとって押し歩きで。
kshr2018-018.jpg

舗装路に出ると、何とか走行は可能。
kshr2018-019.jpg
しかしながら、捻じれた各所は完全には修復できておらず、ジャリジャリと定期的に不快な異音がする。その後、第一チェックポイントまで20kmは走行したけど、その後のコースの事も考えた結果、大事をとって鮫ちゃんはリタイヤを選択しました。これもまた、ヘブン。

エマージェンシーハンガーを使っての復活、初めての経験だったけど何とかなるもんだなと、経験値がアップした気分。
そして、第一チェックポイントで狩野選手に「えー!あれ直ったのー?マジでー!?」と言われたのは嬉しかったですね(笑)

そしてその第一チェックポイントで補給タイム。
kshr2018-021.jpg
味噌まんじゅうに、

陣太鼓(自分が買って行ったものだけどw)
kshr2018-022.jpg

ここからチーム土橋塾+狩野選手と共に走り、第二チェックポイントを目指します。
kshr2018-023.jpg

狩野選手と一緒に走れる嬉しさと、ほどよい緊張感があったおかげで、この精神的に最も辛い時間帯を乗り切れたような気がします。
kshr2018-038.jpg

で、第二チェックポイントへ到着。
kshr2018-024.jpg

ここから湯平温泉の石畳を登って、トイレポイントで狩野選手とはお別れ。
kshr2018-025.jpg
コースはちょうど残り半分。

狩野選手とはお別れしたけど、チーム土橋塾とはこの先もずっと一緒に。
kshr2018-026.jpg

第三チェックポイントでは多くのチームで賑わってました。
kshr2018-027.jpg
kshr2018-028.jpg

多くのチームがわちゃわちゃと。これ、ハンマーチェイスの展開あるのか!?
kshr2018-029.jpg
kshr2018-030.jpg

最終チェックポイントの「Tea room 茶のこ」でも複数のチームがせめぎ合う・・ちなみにみなさん順位を気にしているフシは無しw
kshr2018-031.jpg

さて、この信号待ちを抜けるとヘブン名物の「例のトンネル」だ。
kshr2018-032.jpg

誰かヘブンっぽい演出をする為に木を切ったのか?と思えるほどイイ感じの倒木
kshr2018-033.jpg

未舗装路区間で抜きつ抜かれつのデッドヒート!※してません
kshr2018-034.jpg

例のトンネルを抜けたら、みんなでゴール!!!
kshr2018-035.jpg
あれ?チーム員が半分入れ替わってるww
鮫ちゃんがリタイヤしたのしたのは書いたけど、もう一人のチーム員「N家クン」はなんと・・・・レンタカーを返す時間に間に合わないとの事で我々を置いて先にゴールしたのでした。

これもまた、ヘブン・・・なのか?(笑)

終盤は予報通り雨が降り出し、多少パラつく程度ではあったが
kshr2018-039.jpg

例のトンネル区間でドロッドロに。
kshr2018-036.jpg

その日の汚れ、その日のうちに。
kshr2018-037.jpg


お疲れさまでした。今年も素晴らしいイベントをありがとうございました。
1年に1回なら、ギリ耐えられるかな(笑)
posted by ないちん工場長 at 01:37| Comment(6) | シクロクロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした!
途中で、鮫島ざんがスタッフしてる?
と気になっていましたが、通常ならその場で終わり。
そこでエマージェンシーハンガーが出てくるとは、
さすが工場長ですね。
前日も、えらく早い出発だな〜と思っていたら、
トンネル探索でしたか(^^)
何はともあれ、皆さん怪我も無く終える事が出来、
ホッとしました。
Posted by 1008 at 2018年12月03日 07:27
>1008さん

その節はお世話になりました。
途中の未舗装路に例のなんちゃってブルべのアノ区間を彷彿とさせる場所があって、少しフラッシュバックしましたが、用心しすぎるぐらい用心して走行しました。が、枝の巻き込みは運によるところも大きいですよね。鮫ちゃんのハンガーが犠牲になりました。
チェーンも捻じれている部分だけ切って繋ぎ直そうかと思ったんですが、常備しているシマノ・クイックリンクは11速用で、鮫ちゃんのコンポは10速だったので焦って先に切断しなくて良かったです。エマージェンシーハンガーはまあ・・・物欲のお陰ですね(笑)
Posted by ないちん工場長 at 2018年12月03日 12:15
無事完走お疲れ様でした。
枝がらみのトラブルが続いてますね。
こりゃディスクホィール導入するしかありませんね。
バンクでもグラベルでも何時もディスクホィールだなんて素敵すぎます…
Posted by okd at 2018年12月03日 18:11
>okdさん

なるほど!その発想はありませんでした。
確かにディープホイールやエアロフレームでの参加者がいましたが、枝の巻き込みを華麗にかわすためだったんですね!(違)
Posted by ないちん工場長 at 2018年12月03日 20:48
今年も完走おめでとうございます!
何かあった時も、5つしかない7つ道具で無敵の工場長が居れば安心ですね。
次回に向けて、秘密道具残りの2つを開発なさってください。


時期的には思ったよりも気温が下がらず、また比較的お天気も良く、ヘブンなヘブンライドだったようで何よりです。
N家君のマイペースっぷりに、フフフとなってしまいました。
お疲れ様でした!

しかし今年のなんちゃっては、前回より変な道が多かったので参加しなくて良かったですw
Posted by しの at 2018年12月04日 03:23
>しのさん

7つ道具の残りの2枠はこれからじっくり1年かけて熟成させようと思います。いや、そこはゴールに辿り着かない方が良いのかもしれません。工場長の探求は永遠と続く・・的な。

そうなんですよ、天気さえ良ければ単なる登りが少し多めの、いや登りと下りしかない最高のコースなので次回こそは是非ともご同行願えればと思います。エイド食もかなり充実してきました(陣太鼓は自分で買って行ったやつだけど)。

N家氏は狩野選手と走りながらずーっと丸ポストの魅力と群馬界隈に存在する丸ポストの位置を熱く語ってました。そして湯平温泉の石畳では狩野選手と丸ポストと石畳を写真フレームに収める事に成功しかなりご満悦の様子でしたよ(笑)
Posted by ないちん工場長 at 2018年12月04日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: