2017年09月20日

Road to 工場長

ル・マンへのロマンを現実のものとし、『Road to LeMans』というル・マン24時間耐久レースのサポートレース出場を果たした友人に刺激されて、自分も工場長への第一歩を踏み出した。

・・・というのは半分冗談で、DIYをこじらせて国家資格を取っちゃったという話です(笑)

ガレージの電気工事の記事で書いた通り、法律上、自宅であっても有資格者でないと施工できないという決まりにモヤモヤして、「じゃあ資格取っちゃおう!」となりました。まったくもって正論です。

目指すは「第二種電気工事士」。これを持っていると、一般住宅や小規模な店舗、事業所などのように、電力会社から低圧(600ボルト以下)で受電する場所の配線や電気使用設備等の一般用電気工作物の電気工事の作業に従事することができます(一般財団法人・電気技術者試験センターサイトより)。年に1度だけ挑戦できる資格で、筆記試験をパスするとその合格発表から20日後に技能試験があります。


仕事で使うわけではないので資格が取れれば良いという程度の、いわゆる受験の為の勉強をしました。ネットでの評判が良いこの参考書を使いました。
r2k001.jpg
察しの良い方はお気づきかもしれませんが、2016年版の本です。実は去年受けて落ちました。試験の申込が3月で、筆記試験は6月。申し込みをして、本を買って、そろそろ勉強を始めようかなというタイミングでの熊本地震。まあ勉強どころではないですよね(5/3のツール・ド・国東には出ましたがね)。地震の特例措置として試験日程を下期の10月に振り替える事はできたけど、イマイチ気持ちが入らずに全く勉強をせずに記念受験しました。下期の会場は九州地区は福岡だったのでわざわざ九州産業大学まで行って。

受験料の9,587円と福岡までの交通費(まあこれはついでだったけどw)を払って、無駄な事をしたのかって言うとそうではなくて、試験本番の会場の雰囲気と試験問題の内容がどんな感じなのか、そして全く勉強しなくても自分の知識で50点は取れるという事が分かりました。筆記は60点取れれば合格なのです。

で、気を取り直して今年。今年も3月に申し込みをして、そろそろ勉強始めよう、来週から始めよう、いやもう始めないといい加減ヤバイ・・・という全然気を取り直せてないスタートをゴールデンウイーク明けに切ります。試験まで約1ヶ月(笑)

参考にしたサイトによると、参考書は2周は読みましょう(推奨3周)と書いてありましたが、結局は1周しか読みませんでした。しかも「しおり」は使わずに毎回本をパラっとめくって、ここからだっけ?と読み始めて数ページ進んで、あ!ここやったとこじゃん・・・の繰り返し。過去問集の赤い本は1度もめくる事なく試験に挑みました。

参考書の半分は過去問になってるので、それで十分でした(結果論)。
r2k002.jpg

そして、半分が過去問ということは、勉強すべきページも半分しかないワケで、しかも写真や絵が多くて非常に見やすい参考書でした。
r2k003.jpg
r2k004.jpg
そんな試験に特化した参考書の内容を自分なりに吟味して、ここは覚える、ここはやらない、とさらに絞ります。もともと丸暗記って好きじゃなくて、調べて済む事は覚える必要がないと思っていて、意味の分からないものをただ覚えるって無意味だし、大事な事は自然と頭に入ってきます。

そして、試験前日にニンテンドースイッチのゼルダの伝説を開封してしまったという試練を乗り越えて臨んだ試験本番。ママチャリでてれ〜っと試験会場に行き、非常にリラックスした気分で受験できました。問題は持ち帰りできるので、試験から数日後に自己採点してみると・・・12問間違い。1問2点なので、76点でした。おおむね60点以上は合格ラインなので、予定よりも点を取り過ぎたかな(笑)


技能試験が7月22日なので、筆記試験の合格発表(7/3)を待っていると、技能試験の練習が間に合いません。なので、何かの間違いで落ちてたらと思うとちょっとリスキーですが自己採点で合格が分かった時点で技能試験の参考書や材料の調達をします。

参考書は筆記合格にあやかって、同じ「すい〜っと」シリーズ(笑)
r2k005.jpg

資材はオーム社の3回セットを購入しました。
r2k006.jpg
r2k007.jpg
r2k008.jpg
検品だけでも大変。

技能試験は予め13問の問題が発表されていて、そのうちどれか1つが出題される事になっています。かといって丸暗記すれば良いってものでもなく、肝心の「施工条件」(ケーブルの長さや種類、接続方法などの細かい部分)は当日にならないと分からないので、基本を身につけて応用する能力が必要になってきます。
r2k014.jpg


そして自分の中では一番重要な工具選び。ペンチ、ドライバー(プラス、マイナス)、電工ナイフ、リングスリーブ用圧着工具、ウォーターポンププライヤー、スケールは指定工具として決まっていて、他には「電動工具以外なら何でも持ち込みOK」というゆる〜い決まりです。お得で便利なセット品もあるんですが、必要な物の半分ぐらいは手持ちのものがあるので、バラ買いしました。

新たに購入したのがこちら。
r2k009.jpg

自分でもびっくりしたのがこんだけたくさん握り物を持っているのに、普通のペンチを持ってなかった事(笑)
r2k010.jpg

でもせっかくだから、クニペックスにしました。ペンチの厚み(切断幅)が12mmの物を選ぶのも大事なポイント。アストロプロダクツでノギスを借りて厚みを計測して購入しました。
r2k011.jpg


1日に2〜3問もやれば3周終わるかな?とナメてかかってたんですが、いざ練習を開始すると意外と時間がかかる。本番さながらに1問目をやったら39分。本番は40分なのでギリッギリ(笑)
問題ごとにケーブルを切り分け、部品を選定し1問分のセットを作る・問題を解く(作品を作る)・自己分析をする・作品を分解して元通りにするという作業を含めると1問あたり2時間ぐらいはかかります。

問題ごとに資材のリストを見て準備します。
r2k012.jpg

その時間も短縮する為に、2周目は最初に全ての問題のケーブル類だけ予め切り分けてタイラップで巻いて番号を振っておきました。
r2k013.jpg
これだけで準備がだいぶ楽になります。

技能試験はほぼタイムトライアル競技。時間内に手際良くミス無く作り上げる必要があります。欠陥1つで不合格、当然未完成で不合格という厳しい基準があります。問題を見て、複線図(回路図)を書いて、作り上げて、欠陥のチェックまでしての制限時間40分なので、制作時間自体は30分程で作り上げるのが理想。なので、タイムロスをしないように自分はどの作業で手間取るのか、どこでミスしやすいのか?を毎回検証しながら、無駄を削って行く作業を繰り返します。

時間短縮に役立つ工具を活用しながら、最終的には大体20〜25分ほどで見直しまでできるようになりました(試験本番では途中退出一切不可なので早すぎるのもそれはそれで面倒だけど)

特にこのケーブルストリッパーと「合格ゲージ」が時間短縮に一役買いました。
r2k015.jpg

サッと長さを測って、
r2k017.jpg

スッとシースを剥いて、
r2k018.jpg
r2k019.jpg
r2k020.jpg

一瞬で狙った長さに芯線を剥く事ができ、
r2k021.jpg
r2k023.jpg

さらにその先端形状は輪作りをするのに最適。これは買いです。
r2k024.jpg
※試験問題の輪作りが必要な作業ではこんなに長くシースを剥く作業はありません


で、発表されている13問の問題は難易度としてはそれほど差が無く、作業工程数の多い少ないで差がある感じ。そして熊本は一番難易度が高いとされている「11番」が出題されました。まあ、自分では難易度に差は無いと思っているので淡々と、難なく終了。各問題は2回ずつしかやってないんですが、前述の通り丸暗記するものでもないので、全ての練習が役に立っているわけです。

試験終了から1ヶ月と1週間待たされてようやく合格発表。こればっかりは自己採点はできないので、ドキドキしましたね。合格通知が届いて、免状の申請を出して1週間かからず免状が届きました。熊本県電気工事業工業組合さん、仕事が早いぜ!
r2k025.jpg
発行手数料5,200円の割にはクオリティがアレですが・・ラミネートかよ。どこぞのHSR九州ドリームコースのライセンスでもあるまいし(爆)

そして残った大量の配線クズ。
r2k026.jpg
これが全国の受験者の数だけ発生すると考えたら環境に優しくない資格試験ですね。工具セットといい、材料セットといい、高額な講習会とか、資格ビジネスの闇の部分ですな。

テレビを見ながらチマチマと剥いていって(何百本あったんだろう・・・)
r2k027.jpg

取れた銅線(ピカ銅)は2.485kg
r2k028.jpg

売りに行ってきました。作業量に見合わない金額だなぁ。しかも端数切り捨てかよ。
r2k029.jpg
まあせめてものエコ・リサイクルという事で。

受験料、テキスト代、工具代(これは好きで買ったんだけど)、練習資材セット、免状発行手数料まで入れると5万円ぐらいかかった資格取得でした。趣味だから一生元は取れないぜ!
posted by ないちん工場長 at 22:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

熊本・大分・鹿児島・トワイライトゾーンが一気に堪能できる夏のオススメスポットを発見

kko001.jpg

まずは先日のグルメライドで行きそびれた「高森ツリーハウス」へ。ケニーズカフェのすぐ近くです。
kko002.jpg
kko003.jpg
自然の木をそのまま使ったように人工的に作られた、どう解釈した良いか分からない不思議な空間です。人気(ひとけ)もなくひっそりと佇んでます。これ、夜に来たら怖いだろうな(笑)

そこから少し移動した所の、お弁当を広げて涼もうと思っていた水場が大雨による増水で使用不能と分かり、地図(まっぷる)を広げて見ていたご婦人が「あ、ここに滝て書いてある!滝がある、ここ行こう」
と目指した所は、
kko004.jpg
白水の滝。

駐車場、トイレ、キャンプ場、茶屋完備です。
kko005.jpg
立地が悪いのか、夏休みの週末なのに遭遇した家族連れは他に2,3組。滝を見に行く道中ですれ違った人も4,5人と、超穴場スポットです。

で、ここ大分県なんですが、
kko006.jpg
鹿児島流の「ソーメン流し」が堪能できます。鹿児島の、かの有名なお店へ視察へ行って気に入ってすぐ導入したそうです(笑)

さて、滝を楽しみに行きますか。茶屋から滝まで600m。わりと優しい設定ですね。

まずは「宇宙の水」がお出迎え・・・
kko007.jpg

そして第一の滝発見!と言っても、名前も付いていない名無しの滝です。名無しでこれならメインの滝はかなり期待が持てそうだぞ。
kko008.jpg

すると、通りすがりのレーシングドライバーが禊に来ていました。
kko009.jpg
前回優勝の浮かれたイメージを洗い流し、次戦は初心に戻って戦うぞ!(という僕の勝手な想像です)

至る所で水がしみ出してきてます
kko010.jpg

滝の案内図
kko011.jpg

案内図からすぐ先に「母滝」があります。
kko012.jpg
僕の撮影テクニックではサイズ感がイマイチ伝わりませんが、これだけでかなり大きな滝です。

左手の岩場を登ったり降りたりすれば、滝壷まで近づく事ができます。岩が大きいから子どもは無理かな。
kko013.jpg

母滝から少し上に順路を登って行くと、子どもが遊べそうな浅い水場があるんですが・・・
kko014.jpg
kko015.jpg

その水が流れた先は、
kko016.jpg

何の柵も引っ掛かりもなく、
kko017.jpg
さっきの母滝の滝壷へドーン!です(笑)

そしていよいよ、メインの白水の滝です。
kko018.jpg

手前側にわりとおとなしめの滝があり、
kko019.jpg

奥に激しい滝があります。
kko020.jpg
水の勢いから噴出する水しぶきと風がブワ〜っと吹いてきてかなり涼しいです。大当たりの滝!

思いがけずアタリに出会ってホクホクしながら帰路につくと、目の前に異様な光景が。
kko021.jpg
kko022.jpg
木がね、ぐにょ〜んと同じ所に向かって曲がってるの。雨などで均一に同方向に力が掛かったのなら、平行に曲がるはずだけど、ある一定の中心部に向かって放射状に曲がっている。自然のツリーハウスみたいに。進撃の巨人が蒸発して肋骨だけ残ったような巨大な造形。神秘的で気味が悪い。やっぱりUFOかなぁ〜。矢追さん、どう思います?(笑)


posted by ないちん工場長 at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

【リアルなお付き合いのある方へ】
今年はもう少し遊びの幅を広げて楽しみたいと思っておりますので、お付き合い下さいませ。

【全くお付き合いがないけど、よく見に来てくれる方へ】
今年もチクチクと物欲を刺激する記事を頑張って書きますので、当ブログからのAmazonリンクでどしどし買い物をお願いします。

akeome.jpg
posted by ないちん工場長 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

ツール・ド・高森?ドライブ

自転車用のカッパを買う為に南阿蘇のモンベルストアへ行く事に。モンベルストアは「あそ望の郷くぎの」の敷地内にあるので、買い物をしたり食事をしたりと、ここ1件だけでも十分に楽しめるんですが、何か他にないかな〜?と思っていたら友人がSNSで高森の「湧水トンネル」で開催されるちょっとしたイベントの情報をシェアしているのを発見し、そこにも行くことにしました。

モンベルストアが開店するのが9時、湧水トンネルイベントは10時から。「あそ望の郷くぎの」から湧水トンネルまでは十数分で行けるので、モンベルストアオープンと同時に入店し、それから湧水トンネルイベントへ参加。その後また「あそ望の郷くぎの」へ戻ってランチ&残りの買い物をする作戦。

熊本市内から南阿蘇へは地震で不通になった道路の影響で回り道をしないと行けなくなったんですが、かなり時間が掛かると思っている方も多いみたいです。実際は熊本市中央区からグリーンロード(ケニーロードor地蔵峠)を経由するルートで、雨の日の安全運転をしながら1時間ちょっとで到着します。
tdt001.jpg
7時半過ぎに家を出たんですが、オープン前に着いてしまいました。

お目当ての「モンベル・スーパーストレッチサイクルレインパンツ」をゲット!ちょっとお値段が可愛くないですが、全天候型酷道サイクリストの1008さんオススメの品なので安心です。試着もしてみましたが、吸いつくようなフィット感で伸縮性も抜群。かなり期待が持てます。
tdt002.jpg
こっそり買うつもりが奥さんに見つかってしまい・・「私も通勤用にほしい〜」と、2着購入するハメに(涙)


そして、オンラインストアでの送料が無料になるというのと、ピンバッヂがもらえるという口車に乗せられてモンベルクラブ会員に入ってしまいました。年会費1500円。
tdt003.jpg
まあ今回の買い物でつくポイントと、未来の送料無料で十分に元は取るでしょう。騙されてるのかな(笑)

んで、そこから湧水トンネルへ向かいました。
10時を少し過ぎて会場へ到着すると、ゲージツ家の村上隆氏があいさつ中。でかい!
tdt004.jpg

ここの公園入り口付近に設置されていた第一エイド(と心の中で勝手に呼んでいた)の唐揚げ屋さんでつまみ食い。
tdt005.jpg

そしてその隣の第二エイドで生姜紅茶とかりんとうをいただきます。
tdt006.jpg
何で勝手にエイドと呼んでいるかというと、全て無料だったのです。知らんかった。超ラッキー!

一通りあいさつが終わると、トンネル内で点灯式があるとの事で、皆でトンネル内へ移動します。変なカカシがお出迎え。
tdt007.jpg
時事ネタにしているのかな?愛ちゃんってのは卓球の愛ちゃん?左奥のマフラー巻いた茶色スーツのカカシには小池百合子都知事という札が立ってました。

トンネルまでの池ゾーン。この時は知らなかったんですが、左手に見えるテントが次の補給ポイントです(笑)
tdt008.jpg

トンネル入り口では地元のコ達によるブラスバンドがお出迎え。
tdt009.jpg

暗いトンネルの奥に入って行き、皆でカウントダウンをした後、点灯!
tdt010.jpg

さらに奥へ進んで行くと、やっと村上隆氏の作品が見えてきました。
tdt011.jpg

トンネル最奥のチョロチョロ噴水の奥にメインの作品が。
tdt012.jpg
人が多くてなかなか先に進みません。半分以上が色んなメディアの取材クルーでしたけど・・・

やっと前にたどりついて、記念撮影。
tdt013.jpg

一通り見物してトンネルを脱出し帰路につこうとしたら、10mおきぐらいに数々の補給ポイントが!
復路の第一エイドはお餅。
tdt014.jpg
つきたてのお餅を油で揚げて、大根おろしと麺つゆで頂きます。
tdt015.jpg
激ウマ!

食べ終わらない距離に第二エイド。今度は田楽。
tdt016.jpg
里芋を頂きました。
tdt017.jpg

その里芋をやっと1個飲み込んだぐらいで、第三エイド。高菜を練り込んだ小麦粉の生地で炒めた高菜とウインナーを包み込んだもの。
tdt018.jpg
tdt019.jpg
もちもちしてて、とっても美味しいです。
tdt020.jpg

お次は何やら鶏肉を焼いております。
tdt029.jpg
コリコリと歯ごたえのある鶏の炭火焼でした。
tdt021.jpg

最後は豚汁とコンニャク。
tdt022.jpg
具だくさんでとっても美味い。
tdt023.jpg
こんにゃくもいただきま〜す。
tdt024.jpg

運動もしていないのに次々と現れる補給ポイント。かなり満腹にはなったんですが、デザートまでいかないとやっぱり締まりませんよね〜(笑)
tdt025.jpg
チョコペンも付いていて、娘もご満悦。
tdt026.jpg
ここまでぜ〜んぶタダ!

パンケーキを食べていると、踏切の音が鳴り出した。もしや!と思ってカメラを構えていると、現れました。ワンピース列車。1両編成だけど。
tdt027.jpg
熊本復興プロジェクトですって。
tdt028.jpg

「あそ望の郷くぎの」あじわい館でランチをして帰る予定でしたが、満腹すぎて断念。しかし帰りにも立ち寄って、朝イチに買えなかった野菜を買い足したり、敷地内のイタリアンなお店でコーヒーを飲んで帰りました。

復興支援イベントが多いせいか、明らかに震災前よりも阿蘇に行ってるなぁ(笑)

posted by ないちん工場長 at 00:51| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

震災メモ色々

大地震を実際に体験して、気付いた事、大事な事などを忘れないうちにメモしておきます。

【14日(木)1回目の震度7】
大混乱にはなったものの、翌日金曜の昼間はガソリンスタンドもスーパーも普通に入れて混雑する事もありませんでした。さすがに飲料水は売り切れていたけど、お茶やその他飲料、食料品など不自由なく買い物できました。この時点では水道・ガス・電気は生きていました。余震回数も減ってきて、収束ムードというかもう終わってほしいという希望的観測により完全に気を抜いていた方も多かったんじゃないでしょうか。私は知人のアドバイスもあり念のため、ハイエースと原付バイク(GROM)のガソリンを満タンに。そしてお茶やパン、冷凍食品や即席麺などの食料もある程度買いこみました。米も買ったかな。

【15日(金)2回目の震度7】
正確には明けて1時26分だったので16日ですが、、まあそれは置いといて、この2回目の地震で被害は一気に拡大。水道・ガス・電気のライフラインが途絶え、建物は壊れ、道路や橋が不通になる。ここで物資の不足が加速します。ガソリンスタンドは大行列で1時間以上待ちのうえ数量制限、飲料水の配給も大行列、スーパー・コンビニなど店舗はほとんど開いていないという状態に。生活用水も不足してトイレも困ります。

水に関しては給水ポイントが徐々に増え、井戸水を電気ポンプでくみ上げている方が自宅の水道を開放したり、江津湖の湧水をくみに行ったりと、くみに行ける人は何とかなる程度になるものの、容器が不足していました。

【そして3、4日経つと飲料水・食料は供給過多に。】
全国各地からありがたい支援物資が届き出すのと、流通が復旧してスーパー・コンビニが機能し出すのがほぼ同じタイミング。水・保存食・お菓子が余って増えて行きます。そう、普段の生活よりも物(主に食料品)が増えます。

震災から13日目、困っている人の多くは、寝る場所が無い・ライフラインの復旧待ち(風呂に入れず銭湯では1時間以上待たなければならない、料理できない、トイレが不自由)がほとんど。
なので、飲料・食料の備蓄はそこそこ(3,4日分)に、生活用水の確保とテントや寝袋などのアウトドアグッズを比較的出入りが容易な屋外物置や車のトランクなどに準備しておくと良いかもしれません。

我が家はと言いますと、実家にある備えと総動員して何とか乗り切りました。

東日本大震災を受けて、もしもの備えにと買っておいた発電機(実家の機材)と私のガソリン携行缶。
hh.jpg
これで電気が復旧するまでの二日間、実家の2台の冷蔵庫やケータイ・スマホの充電をまかないました。

水用のポリタンク2つは私のサーフィングッズ。
pump01.jpg

特にこの冬のサーフィンのお供、電池式ポンプシャワーは大助かり。
pump02.jpg

黒いレバーを倒すと、勢いの強いジョーロのようなシャワーが出ます。
pump03.jpg
カセットコンロとヤカンで沸かした熱湯と水でぬるま湯を作り、簡易シャワーに。

左は電池不要の手動ポンプ式。20回のプッシュで1.5L出るそうです。
右はラクラクな電動式(電池orシガー電源)。

そして就寝はハイエースのベッドに。
bed01.jpg

横幅170cm、縦184cm、家族で足を伸ばして川の字になって眠れます。
bed02.jpg

今までの自分の趣味が全て役に立っているようで、一気に元をとった気分。ほらね、ハイエースを買ってて良かったでしょ?と奥さんに言える!言いたい。言えないけど。

ただ、生活は問題なく出来てるってだけで、自宅の修繕工事はいつになるかわからないし、屋内の片付けもほぼ手付かず(やっと家の周りが終わったぐらい)。日常生活を取り戻すには程遠いですナ。
posted by ないちん工場長 at 20:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

ハンズマン・ガラクタ市(2016年春)

garakuta01.jpg

ガラクタ市の前後で当ブログのアクセス件数がハネ上がるのは毎度の事。「ガラクタ市」で検索すると、NAVERまとめサイトで当ブログの写真が使われ、出典としてリンクが貼られていました。そんなのも要因の1つかな?しかし、そういうのを期待してガラクタ市に足を運ぶ人の為にあえて書きます。

今回、2016年春のガラクタ市は前回の2015年秋に引き続き大ハズレでした。掘り出し物を見つけるという意味でのガラクタ市はもうオワコン(終わったコンテンツの意)なのかもしれません。

駐車場の埋まっている割合は普段とは比べ物にならないぐらい多かったけど、従来のガラクタ市のように駐車場に入りきれない車の列がバイパス沿いに溢れている光景を見なくなったので、客足も徐々に遠のいているのではないでしょうか。ガラクタ市と言えば、チラシにも載っていない掘り出し物をガラクタの山から発掘するのが最大の楽しみで、今までは途中投入されるアイテムがあり期間中にタイミング良くそれに出会えればラッキー!という展開があったんですが、ここ数回は途中投入もなく日に日にガラクタ陳列スペースが空いていく自然消滅パターン。と言う事は、木曜開始のこのイベント、朝7時オープンの店で一番良い状態でお宝発掘を楽しめる一般人はどれ程いるのでしょうか?お店がそういう層(いつでも買い物に行ける悠々自適な生活を送っている富裕層)をターゲットにしているなら成功していると言えますが、果たして実際はどうでしょう・・

ガラクタ商品の質も下がったというか、いつも楽しみにしている工具に限って言えば同じような、見飽きた物ばかり。何かそういう激安品を扱う仕入れルートでもあるんでしょうね(笑)

と言った感じで、ガラクタ市は「普段より”広告の品”の掲載点数が多いだけの単なるセール」になりました。いつもチラシは出しても実はセール品の点数が少ないハンズマン。こんな事ならわざわざコストを掛けて捌ききれない客を1点に集中させるよりも、普段のセール品点数を増やして集客を分散させた方がトータルではプラスになるような気がします。ガラクタ商品が集まらないなら無理して開催しなくてもいいです。

余談ですが、私は掘り出し物を見つけるのが一番の楽しみで、決して転売などは一切していない事をここに誓います。
garakuta02.jpg
ありがたく使わせてもらっているものもあれば、倉庫の肥やしになっているものもありますが(笑)

今回は2度、お店に足を運びましたが、もしかしたら本当にタイミングが悪かっただけかもしれません(まあ、今までずっと見てきた身からすると、とてもそうは思えませんが)。実際は途中追加品もたくさんあったし、質も落ちていないヨ!という事であればゴメンナサイ。どっちにしろ、そこらへんは自分の目で確かめるしかありませんけどね。そして、ここまで酷評しても、結局は次回も行ってしまうんだろうなぁと思うないちん工場長でした。オワリ。
ラベル:DIY Team物欲 工具
posted by ないちん工場長 at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

Amazon好きな方は今月中だ!

Amazonのギフトカードを3,000円以上購入すると、500円のクーポンがもらえるというキャンペーンが開催されています。
amazon.jpg

AmazonギフトカードのEメールタイプは、メールで送られてきたコードを自分のAmazonアカウントへ登録するとすぐに利用可能になる。キャンペーンのサブタイトル?に「まずは自分で使ってみるのもおすすめ」と書いてあるので、お言葉に甘えて自分に贈ってみましょう。自分へ、いつもありがとう。

贈りました。
amazon2.jpg

EメールタイプのAmazonギフトカードを3000円分、クレジットカード決済で購入して、直後にメールで送られてくるコードを自分のAmazonアカウントへ登録すると完了。
※500円クーポンの受け取りは後日になるので、すぐに3,500円使えるようになるワケではありません。


posted by ないちん工場長 at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

2015年の通信簿

以前から何度かお伝えしておりますが、当ブログに貼り付けてあるamazonのリンクは全てアフィリエイトです。こちらをクリックしてamazonサイトに入り、何かしらの買い物をしていただくと買い物金額に対して数パーセントの手数料が私のフトコロに入ってきます。と言っても、現金が振り込まれる訳ではなくamazonギフトカードという形で私のamazonアカウントへ還元されます。

それもあってか、当サイトのアクセス解析とamazonアフィリエイトのアクセス解析はほぼ毎日チェックするのが日課となってます。そこで、記事のアクセス数や内容に連動してamazonの商品購入があった時は思わずニヤリとしてしまいます。決して売るための記事を書いているんじゃないんですが、日記に共感してもらえた、見に来た人のお役に立てたという実感が嬉しく、ブログを書くモチベーションにもなりますネ。

最近の傾向としては、工具系の記事のアクセス数が多く、KTCやネプロス、クニペックスといった割とお高級な工具の購入が増えてきました。みんな寒くてシーズンオフに入ったんでしょうか(笑)

あとは、amazonで買い物をする際にわざわざウチのアフィリエイトを経由して行ってくれると明らかに分かるような、生活必需品や事務用品・備品の購入も嬉しいです。いつもありがとうございます。

と、毎度の事ながら長い前置きはこのぐらいにして、成績発表です。
※参考:2015年上半期の成績はこちら。

2015年の年間売り上げは・・・
amazon.jpg
売上325,266円、手数料10,141円でした!下半期は上半期を少し上回った形になりました。ありがたや〜ありがたや〜

ちなみに、ブログの日別アクセス第1位は12月10日に「エリーゼの為に、サイクルキャリアを」の記事がアクセス数480件/日をたたき出し、ブログランキングも歴代最高位のカテゴリ25位まで登りつめました。
hit.jpg

ブログを更新した時に、連動しているFBからイイネやシェアをされた時はポンッとアクセス数が上がるんですが、この12月10日だけは謎でした。ロータス・エリーゼのオーナーの方に当記事のシェアをされた時もかなりのアクセス数だったんですが、この日はそれを上回るアクセスでした。なぜだ?!

そんな感じで今年もどうぞご贔屓に。
posted by ないちん工場長 at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年総括

cycling.jpg
※自転車のログデータ

今年1年を振り返ると、自転車ばっかり乗ってるイメージが自分でもあったんですが、データを見るとそうでもない。昨年は年間1500kmぐらいだったので少しは距離は伸びたものの、ちゃんとトレーニングをしている人なら一カ月で走る距離ですね(笑)

バイク(オートバイ)は、モトクロス2回、ジムカーナ4回、ミニバイク購入&ツーリング、スポーツバイク(モタード車)買い替えと、実は去年より活発で走行回数も多かったです。しかし、モタード走行だけやってないという結果に。

DIY工作は旋盤の導入により、工作の幅が広がってとても充実したものとなりました。

カメラは、ハイスペック機の導入で子どもの撮影はかなり満足のいくものが撮れました。しかしサーキット撮影は技術不足をひしひしと感じており、「もうちょっと何とかならないかな?」と宿題を残す結果となりました。

Amazonアフィリエイトの売り上げはまだ結果が出ていないので、総括はまた今度。売り上げは去年より確実に増えている事だけはわかります。ご協力ありがとうございました。

1つだけ言える事は、1年間ず〜〜〜〜っと楽しかった。
遊んでくれた皆さま、ありがとうございました。来年もぼちぼちマイペースで行きますので、どしどし誘って・遊んで下さい。
posted by ないちん工場長 at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

通販のジレンマ

「いつもお世話になっている行きつけのショップ(以下、ショップ)」がある身にとって、通販で買い物をしていいものか?と悩む場面がある。というか毎回だ。「カートに入れる」ボタンの上をマウスカーソルでウロウロしながら、店主の顔が頭に浮かぶ。まあ、ほぼポチッと押すんだけど。

ここで感じる後ろめたさの強さは、如何にそのショップが営業努力をしているかのバロメーターだ。

良いショップには末永く続いてほしいと思うのが当たり前で、なるべくならそこで買い物をしたいという思いはある。まあ、優良なショップには富裕層のお得意様が集まるので、私なんかの買い物がお店に貢献しているか?と言われればほぼ影響はない。気持ちの問題(笑)

でもね、そんな綺麗事では済まされない、低所得者特有?のお財布事情というものもある。やはり、価格差が数千円〜一万円前後になってくると、非常に厳しい。そうなってくると、もう一個別のアイテムが買えちゃうじゃん?という思考が働いてくる。また、価格の問題だけではなく、在庫や納期の関係で通販に頼らざるを得ない場合だってある。

なので、自分の中で何となく決めているルールをまとめてみた。
1.「これってどうですかねぇ?」などと一言でも相談した事のあるものは他所で買わない。(ショップの知識=付加価値を提供してもらっているので)
2.ショップで発見した商品はそこで購入する。(実店舗はネットショップのショールームではない)
3.どこで買っても同じもの(定価販売が徹底しているメーカーの物など)はショップで。
文章でまとめてみると、改めて書くほどのものでもない当たり前のものになってしまったが、上記に該当しない場合、ネットや他所のお店で買い物をする「場合」がある。

一方、ネットショッピングは価格という点以外にも楽しみがある。注文して、受注確認メールが来て、発送完了メールが来て、荷物追跡番号を入力して今どこにあるのか?を見ながら、ワクワクする楽しみは何ものにも代えがたい。平日は仕事、休日は遊びに出掛けたくてお店を回るヒマもないサラリーマンにはうってつけの「趣味」だ。しかし、大量の商品が並ぶ店舗に足を運んで目をキラキラさせながらじっくりと品定めをするのも楽しい。

そうやって、実店舗と通販の狭間で日々、揺れ動くのである。



はい、前置きと言い訳、終了。


di2-01.jpg
アルテグラDi2フルセットをイギリスから取り寄せました。

先方に、「商品説明欄だけじゃ分からないからセット内容の全てをシマノ品番で教えてくれ」と問い合わせるも、「品番は把握できておりません」とざっくりした商品名のみの返答が来たので???と思っていたら、何と1つも箱に入っていない(笑)
di2-02.jpg
シマノのパーツって一個一個が箱に入ってますよね、普通は。

プチプチに包まれた各種部品を取り出すと、ブレーキワイヤーが雑に入ってました。
di2-03.jpg

その層を取り出すと、下にクランクが入ってました。
di2-04.jpg

日本では「グループセット」という商品展開がないので、こんな梱包は見た事ないんじゃないでしょうか。
di2-05.jpg
posted by ないちん工場長 at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする