2020年06月28日

秘密兵器を持ってカフェ巡り

午後イチまで用事があって、14時頃からフリーになる。

梅雨の晴れ間の日曜日、自転車に乗るチャンスだ!

妻子の許可は下りたものの、1日で最も外気温が上がる時間帯。心頭滅却がライフワークの某坊さんにも、「暑いから無理!」と断られるほど今日は日差しが強かった。

これは秘密兵器を試す願ってもないチャンス!

キャメルバック シャワータイプ リプレースメントキャップ
cafe000.jpg
右が通常の飲み口。これはこれで使い勝手が最高の自動開閉バルブ付き。これを使うともう手放せない。そして左が、シャワーキャップ。夏場の灼熱ライドでは飲み物用のボトルと、体に水を掛けてクールダウンする用のボトルを持参する。その水を浴びる時、通常の飲み口では一点集中の水がビームのようにドバッと出るから少々効率が悪い。そんな悩みを解消する便利グッズがこのシャワーキャップと言うわけです。

峠の茶屋に着くまではところどころ山から染み出た水が川のようになっていて涼しかったので出番なし(笑)
cafe003.jpg

でもせっかくなので、ここでお試しシャワ〜

画像暗くてすみません・・

それから山頂の方へ向かうも、展望所はスキップして第二駐車場で折り返し。なぜなら、お目当てのカフェに行かねばならないからだ。

ナスシストに看板が立って以来、ずっと気になっていたあそこへ。
cafe004.jpg

営業時間が日没までらしいので、急がねば(笑)


バイク乗りでごった返していたナルシストの丘もスルーして、ROUTE61へ。
cafe005.jpg

密を避けるため、というよりも心地よさそうだったのでテラス席へ。
cafe006.jpg
※エアコンの効いた店内も利用可能です。

見晴らしと、心地よい休日感を堪能したいならテラスが良いかも
cafe007.jpg

夕食前だったので、軽くデザートセットを。
cafe008.jpg
あ、そうそう、ここでがっつり朝食を食べたいと思ったので、「土日だけでも朝7時OPENにしてぇ〜!」とお願いしてみました。実現するといいな〜

店名のアタマにCAMP&CAFEって書いてあって気になって調べたら、キャンプ場もあるのね。オーナーさんのアカウントより。
※音が出ます

これは行ってみたいかも〜

さて、優雅なひとときを過ごしたあとは、いつもナルシストの帰り道で気になっていた謎のカフェ・フォルチェを探しに。
cafe009.jpg

入口ここ
cafe002.jpg

入口からして、奥にカフェなんて無さそうなのに、登った先にも無さそうな雰囲気・・・
cafe010.jpg

お!矢印看板発見!
cafe011.jpg

道がどんどん荒れていく・・
cafe012.jpg

分岐点に看板立ってるから諦めつかない(笑)
cafe013.jpg

さらにどんどん奥に進んでも店はおろか民家も無さそうな予感。ここでタイムアップ!
cafe014.jpg

ここから先は探検の要素が入ってくるかもしれないので、次回予告の画像を貼っておきますね。
cafe015.jpg

乞う、ご期待!


午後2時からにしては満足のサイクリングでした。
cafe001.jpg
posted by ないちん工場長 at 22:37| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

復活の狼煙(のろし)は阿蘇から

経済を回そうとか、免疫力を上げようとか、自粛がどうとか、そういった高尚な意識はない意識低い系男子ですこんにちは。

何となくあそこには近づきたくないな、何となく触るのヤだなという雰囲気で行動しています。とはいえ、直接飛沫を浴びるようなシチュエーションはなるべく避けるというのと、食事の時や手指を顔に触れさせる前には手洗いorアルコール消毒を徹底してます。他人と行動を共にする時、目の前でアルコールシュッシュすると相手をバイキン扱いしてるようで気が引けるのでいつもこっそりシュッシュしてます(笑)

さて、周りを見ているとお出かけしたり外食したりウロウロしたりするのが許容されるような雰囲気に何となくなってきた気がするので、久々に距離多めのグルメライドをしようと、自由dayが与えられた土曜日の計画を練る。


計画を練る・・・


久々すぎて忘れていたけど、ルート引いたり店を選んだりとライド計画を立てるの苦手だったわ


あ、そうだ!阿蘇なら無数の素敵スポットがイイ感じの距離感で散らばってるし、道を一本入れば車の来ない快適ロードを走れるし、迷ったら阿蘇山の方角へ向かえばほぼ間違いなく道の駅・阿蘇へたどりつけるのでノープラン旅に最適だ。よし、グルメライド復活は阿蘇から始めよう。

てな事を考えながらネットを巡回していると、ヘブンライドメンバーであり大藪サイクル常連客であり丸ポストハンターのN家クンが同じ日に坊中線(道の駅阿蘇の所から草千里へ上がっていく山道)でエベレスティングに挑戦するとの事。車を持たない彼に、スタート地点への移動分約30kmだけでも体力温存させてやろうと、「行きだけは載せてくよ〜!」と約束。
※エベレスティングとはエベレストの標高8,848mに達するまで同じ道を登って下りるというあたおか過酷なチャレンジなのでR


朝3時に起床し、4時にN家クンちまでお迎え、4時45分にスタート地点近くの「カルキフーズ」駐車場へ到着。
hna001.jpg
ここでN家クンを放流し、私は朝食スポットの開店時間まで約1.5時間の車中泊(笑)

身支度を整え駐車場を出ると、ちょうどシャッターを開けていた軽木さんを発見!
hna002.jpg
少し談笑して、朝食会場へ。

ここら地域の早朝食事スポットと言えばそう、「あそら食堂」
hna003.jpg
以前は6時オープンだったけど、今は7時オープンみたい。ここで1本目を走り終えて下ってきたN家クンと、阿蘇界隈で自転車の事ならこの人に聞け!でお馴染みの(勝手にそう言ってますごめんなさい)井上夫妻に遭遇。

入ってびっくり、朝食メニューにコロッケや唐揚げなどのバリエーションが増えていた!
hna005.jpg
相変わらず野菜がうまい!ご飯も美味い!そしてコロッケも美味かった!

なんて朝食を堪能していると、まったりオートバイ遊び仲間「クラブトリプルコーション!!!」の若さんも登場(笑)
hna006.jpg
この人は「え!?なんでいるの?」というサプライズ登場が趣味の人です。

朝食を終えると、気温15度というやや曇りの中、坊中線を登って行く。
hna007.jpg
ファッションマスクはマスト!

米塚観賞ポイントで小休止。
hna008.jpg

頂上へ到着〜!
hna009.jpg
しばらく景色を楽しんだ後、N家クンへエールを送って我々は井上夫妻オススメの「とっておきの場所」へ向かいます。

寒かったのでウインドブレーカーを羽織って、南阿蘇方面へビュ〜ンと。
hna010.jpg

そしてまあまあしんどい細道を登って、絶景ポイントへ。
hna011.jpg
第二のラピュタか?は言い過ぎかもしれないけど、私の技量では再現できないほどの絶景。もう少し経つと草がボーボーに生えて入って来られなくなるそうで、新緑を楽しむなら今の時期しかチャンスは無いそう。

一応、動画でも。


さあここからはグルメだ!

まずは南阿蘇ホリデーパーク内のCALM BURN COFFEE(カームバーンコーヒー)
hna012.jpg

水出しコーヒー、すっきりしてるのに味わいもあって美味い!
hna013.jpg

お菓子との相性も抜群。
hna014.jpg
名前は分からないけど甘くてサックサクの生地と香ばしいアーモンドの香りが絶妙で、食べだすと止まらないやつ!

水分と糖分を補給したあとは、天然酵母のパンダイゴで昼食
hna015.jpg
ここ、ほぼ全てのパンを個包装してあったり、トング置き場に「一度触ったものは戻さないで下さい」の注意書きがあったり、感染症対策にかなり気を遣ってました。店内イートインスペースも閉鎖中。

外テラスは利用可能。
hna016.jpg
この為に大型サドルバッグを付けていったので、お土産盛りだくさん。

南阿蘇からはなるべく登りが少なく車通りも少ない快適ロードを通り、道の駅阿蘇でトイレ休憩。
hna017.jpg
店内は超満員のお客さんでごった返してました。マスク装着率はかなり高く、レジ待ちもちゃんとソーシャルディスタンスは保たれていたので皆さん気が緩んでいるワケではなさそうです。

グルメライドも終盤は終盤、おやつの時間は前々から気になっていたここへ。
hna018.jpg

めちゃめちゃ雰囲気良いな(笑)
hna019.jpg

そして安い!
hna020.jpg

宇治金時に+50円で練乳をかけてもらい400円
hna021.jpg
もうね、ふわっふわ。ふわっふわで、スゥ〜と消える。シロップもあんこもたっぷりで、やべぇやつ。流行りの映え系かき氷屋さんもここを見習ってほしいわ・・

氷を食べていると、何本目かを下ってきたN家クンも合流し、彼もクールダウン補給。
hna022.jpg
食べ終わると、ちゃんと下まで戻りリスタート。

まだ時間に余裕もあるし、豆腐買って帰ろうと木村豆腐店へ
hna023.jpg
ヘブンメンバーだった鮫ちゃん(もう苗字変わったけどw)と旦那さんもちょうどいらっしゃって、近況報告会など(笑)

さて何を買ったんでしょ〜か?
hna024.jpg

じゃじゃ〜ん!
hna036.jpg

豆腐6丁とピリ辛味噌入り油揚げ3枚
hna025.jpg

悪くならないようにハイエース常設の冷蔵庫へIN!
hna026.jpg

気持ち的には満たされたけど、体力気力は余っている感があり現在97km獲得標高1550mほど。よし、獲得標高2000mに達するまで2本目いっとくか!2000mとなると何ティングチャレンジかな?

米塚を越えて少し登って行ったところで達成!
hna027.jpg

という記念撮影をしていたら、後ろからN家クンが追い付いてきた。
hna029.jpg

彼のメーターは4227m!あと半分ちょっとだねw
hna028.jpg

まだまだ頑張る彼を見送って、私はくだり〜
hna030.jpg

夕方の米塚も写真におさめて、
hna031.jpg

ぴゅ〜っと下る


充実したグルメライドでした。
hna034.jpg

帰宅してからは、カルキフーズで購入した赤牛のひもと、
hna033.jpg

木村豆腐店で購入した、えだまめ豆腐でグルメのシメ!
hna032.jpg

そして翌朝、チャレンジしていたN家クンから無事に終了した連絡が届く。
hna035.jpg
果たして、成功したんでしょうか!?結果発表はご自身のブログを優先させましょうかね(はよ書けプレッシャー)。
posted by ないちん工場長 at 13:32| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

ホームDEファッションショー

COVID-19の感染拡大を防止するため「他人と濃厚接触しない・店に立ち寄らない」という風潮で、主目的を失ってしまったグルメライダーの私は、週末ルーティーンである「峠の茶屋〜ナルシスト」というホームコースをただ淡々と、軽く汗を流す程度に走るのみ。ラジオ体操に通っていた幼少期のように、いつものコースをいつものように、汗を流してスタンプ押して(茶屋看板で写真を撮って)、買い食いせずに帰ってくる。

習慣なので苦しいとか嫌だとか、つまらない・退屈だとかいう感情は全く無いんだけど、いつもとは少し違った趣向で楽しんでみようかなと思いついたのが、「毎回違う格好で走る」だ。普段はお気に入りのウェアをヘビーローテーションしがちだけど、我が家の潤沢な備蓄(資産)を駆使して遊んでみようかなと。

これ、いつもと違う格好で走れば万が一知り合いに遭遇しても気付かれずにスルーできるという利点もある(ホンマかいな)。


さあさあ、ファッションショーの始まり〜!

滅多に着ないラファの長袖。小学校は休業に入っているものの、熊本では緊急事態宣言が出る前のまだ少し肌寒い4月アタマ。
fs001.jpg

自転車に合わせて、ロットソウダル・ドイツナショナルチャンピオンジャージ。帽子から靴下、グローブ、ドリンクボトルまでコーディネート。
fs002.jpg

ウェア置き場から発掘したスポーツマスクが嬉しくて、マスクどアップを撮影しちゃったりなんかして(笑)
fs003.jpg
これ、買った時は4,000円ぐらいで予備の交換フィルタも1,000円前後だったと思うけど、ネットではめっちゃ高騰してる・・


STEM DESIGN(ステムデザイン)バーディーサイクルジャージ
fs004.jpg
fs005.jpg
STEM DESIGNのジャージは少しお高級だけど、抜群の着心地でオススメ!

STEM DESIGN ホップヘッズジャージ
fs006.jpg
fs008.jpg
ビール好きの為の、IPA(インディアンペールエール)原料のホップ柄。お酒、全く飲めないんだけど。

このへんでこの背の低い三脚に限界を感じたので、
fs021.jpg

これを導入。
fs022.jpg

びよーんと伸びる
fs024.jpg

自撮り棒。
fs023.jpg

Bluetoothシャッターリモコンは、
fs025.jpg

着脱できるので超便利。
fs026.jpg

折り畳むとコンパクト
fs027.jpg
これがなんと、1,399円!超お買い得!



話は戻って、ミルクボーイでお馴染みの、ケロッグコーンフロスティ
fs009.jpg
fs010.jpg
ミルクボーイがM-1優勝する遥か前から持ってたんだからねっ!

PIPPALAピッパラ-菩提樹-ジャージ
fs011.jpg
fs012.jpg
某坊さんでお馴染みの、お坊さんのイトコ(イタコじゃないよ)がデザインした逸品。

とあるパーティー参加者にのみ購入が許された、激レア中のレア!熊本輪事国会ジャージ。
fs014.jpgfs015.jpg
いつもの時間にいつものジャージで行ったから、同じジャージを着た知り合いに遭遇してしまったパターン。

海外通販のお供、Wiggleさんが女子チームをスポンサーしてた時のジャージ。そこに所属していた最初の日本人選手・萩原麻由子サマLOVEです。
fs016.jpg
fs017.jpg
本当はWiggle HONDA時代のジャージがお気に入りなんだけど、麻由子サマにサインもらっちゃったのでもう着れない。

これら全てちょっと仰々しいデザインのスポーツマスクを装着しているけど、8割が世間体・2割がリミッター(きっぱり)。

屋根裏に潜ったり、木工をしたり、FRPを削ったりと、粉塵と関わる作業経験がある者ならば、隙間だらけの耳掛けマスクはクソの役にも立たない事を知っているし、花粉症の人間は呼吸器だけを保護しても目から花粉が入るから意味がないと知っている。そう、空気中を漂う良からぬ物が自分の体内に侵入するのを防ぐ目的として、耳掛けマスク(とサングラス)だけではほぼ無意味なのだ。(※個人の感想です。)

実際、このスポーツマスクは花粉症対策で数年前に購入したものの、息苦しいわ結局目から花粉が入って無意味だわで、予備フィルターと共にお蔵入りしていた一品(笑)

カーボンを加工する時はこれを装着しましょうね。カーボンは攻撃性が高いです。
fs018.jpg

まあしかし、マスク警察に絡まれるのも面倒なんでサイクリングに限らず、公共の場に出る時はマスクはしております。

そして残りの2割・リミッターとは、ホームコースではちょっと体調が良さげだと頑張ってタイムアタックしがちという自転車あるあるがあり、ヘロヘロになって免疫力が低下してしまうのは本末転倒極まりないので、このマスクを装着した状態でも難なく登り切れるぐらいの強度で走るという分かりやすい指標にしているという事。

そして最後に、コロナ対策というか、何となくヤダなぁという程度に意識している事を。

最初に、他人と濃厚接触しない・店に立ち寄らないと書いたけど、自販機にもお金にも触りたくないので水分も補給食も持参。

■万が一、トイレに行くことになったり自販機を使わなければならなくなった時のために、修理セットに入れているのとは別にゴム手袋と、アルコールスプレーを持参。地面に置いた三脚の脚もシュッシュとしてからポケットへ。
fs019.jpg

■自転車を立てかける時に、ハンドルを接触させない。
fs013.jpg
よくやりがちなのが峠の茶屋看板に自転車を立てかけてしまうんだけど、実はこの記事の最初からの写真を見返してもらうと、自分で支えていたり手前の石に引っ掛けたりして、ハンドルを接触させてないのだ!ハンドルって手で触るのはもちろん、ライダーの色んな汁が染み込んでる(気がする)から。

■ドリンクボトルは飲む時だけ飲み口が出るタイプを。

ロットソウダルのウェアの時だけ、トータルコーディネートでロットボトルにしたけどネ

■帰ったら洗車
fs028.jpg
ま、これはいつもやってるか(笑)

何となくでやってるだけで正解とか間違ってるとかアドバイスとか同意とか賛否両論は特に受け付けていませんので、たまには当ブログのAmazonリンクをたどって買い物をして頂けると幸いです(なんのこっちゃ)


posted by ないちん工場長 at 01:36| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

地球と濃厚接触し、よく動き、よく食べる

ネットを開いてもテレビをつけても、人との会話でもコロナコロナと新型コロナウイルス(covid-19)の言葉から逃れる事ができない。そんな中、せっかく当ブログを見に来てくれた方へまたもやコロナの文字をお見せするのは申し訳ない気持ちで一杯だけど、数年後にこのブログを読み返した時に(するかな?w)あー、そんなこともあったよねーと懐かしい気持ちになればと、あえて触れてみた。

未知のものへの恐怖があるのは理解できるけど、インターネットの普及等により何でも知りたい情報が手に入る(と錯覚している)情勢が、それをより一層加速させているような気もする。この世の中、気にし過ぎたら生きていけないぐらい危険なもので溢れかえってるでしょうに。無事なのはたまたまセーフってだけ。生きてるだけで丸儲けなのです。えーと、何の話だっけ・・

で、ウイルスの蔓延を阻止するために様々なイベントや施設などが休止・中止・延期・自粛となっていて、自転車系イベントも多分に漏れず規模の大きなものからそんな状態に。エイドステーションが設置されるようなものは厳しいですよね、みんな素手で食べ物に手を突っ込むし(笑)

そんな鬱々とした空気を払拭すべく立ち上がったのが、阿蘇の自転車系イベントBBQにこの人あり!のカルキフーズ・軽木さんと、もはや説明の必要もないコルナゴ部長・中尾さん。ショップイベントとまでは行かないぐらいの規模で、かる〜くワイワイとサイクリングしましょうよ!的なコンセプトで大藪サイクルへ集まった物好きたち(オイ
wr001.jpg

ブリーフィングを経て、軽木さん率いる「ゆるポタチーム」と、中尾さん率いる「ワイン畑見学チーム」とに振り分け。昼食は、予約してある菊鹿ワイナリーのレストランに集結する感じで。


最初は「ゆうかファミリーロード」を使って水辺プラザかもとの方へ移動し、そこからワイン畑の方へ。
wr002.jpg

ワイン愛に溢れる中尾さんの濃密な解説とともに、快適かつ自然豊かなロケーションの中をサイクリング。
wr003.jpg

そしてあの有名な、高品質で高評価の菊鹿ワインの代名詞ともなるブドウの産地、五郎丸区へ。
wr004.jpg
うろ覚えかつ、初めてやったポーズなので手がカンチョーになっとるわw


そこから、畑特有のアップダウンを繰り返し、五郎丸のカベルネ畑へ。
wr005.jpg

事前に中尾さんが許可をもらってはいたものの、偶然にも生産者の方がいらっしゃって色々と話を伺う事ができた。
wr006.jpg
この手入れされ美しく整ったブドウの樹は樹齢20年超だそう。ヴィエイユ・ヴィーニュまであと10年。シランケド

お次はナイトハーベスト(夜収穫)でお馴染みの?小伏野・シャルドネ畑へ。
wr007.jpg
ここでも中尾さんのワイン愛が炸裂し、ナイトハーベストとは?をじっくり説かれる。

少し下って小伏野地蔵様を拝み、昼食会場の菊鹿ワイナリーを目指す。
wr008.jpg

の前に、少し時間に余裕があったので相良観音へ寄り道
wr009.jpg

からの、菊鹿ワイナリーへ到着!
wr010.jpg

ワイナリーでは、さっき見てきた畑で獲れたブドウで造られたワイン・・・の空き瓶を拝ませてもらって(何のプレイだ?
wr011.jpg

いざ尋常に、昼食!ファイッ!
wr012.jpg
オーダーは、メインプレートをビーフ・ポーク・チキンの3種から選んだらあとはビュッフェのスタイル。

メインプレートが来る前に満腹になるのだけは避けたいので、1ターンで我慢。
wr013.jpg

そして待望のメインプレート。
wr014.jpg
せっかくならと、ビーフ(味彩牛グリル・赤ワインソース)を選択。ビュッフェ込みで2,970円

絶妙な焼き加減で、肉の旨味を最大限に引き立てる赤ワインソースも最高に良い仕事してる!これは美味い!きっとお酒も進むことでしょう(ワタシは超絶下戸でございます)。
wr015.jpg

午後は思っていた以上にみんな満腹になってしまったようなので、あまりがっつり走らずにゆるっと行こうという事になり、「やたにけいこくからくらたけりんどうの方へ回って帰ってきましょうかね」という謎の暗号が中尾さんと1008さんの間で取り交わされた模様。
wr017.jpg
アップとダウンしかない山道を、パンパンに張ったお腹と戦いながら進む。体は苦しいけどルートは快適(交通量的な意味で)。満腹な上に最近あまり走ってないのもたたって、苦しくはあったけど強度はあまり高くなかったように思う。

中尾さんのホームコースを存分に堪能したのち、中尾さんはそのまま帰路へ。我々は大藪サイクルへ戻る途中に、映えスポット「切通し(きりとおし)」へ立ち寄り。
wr018.jpg

そこからは壮絶な向かい風と戦いながら大藪サイクルへ到着!
軽木さん、中尾さん、大変お世話になりました。
wr016.jpg

帰りに“わらじや”の肉ごぼう天うどん大盛をチャージしてグルメもシメ!
wr019.jpg
posted by ないちん工場長 at 23:02| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

安定の・・いや、グレードアップした年末年始

どうせ自転車ばっか乗ってたんでしょ?と思ったでしょう・・・まあ、その通りです。

■正月休み一日目(12/29)■

某坊さんと素敵女子の一人ももちゃんと三人でロード乗り納めへ。この日は天気予報がかなり微妙な感じだったのでギリギリまで集合時間とルートは決定せず、直前に決める作戦で。結局、8時にいつもの場所に集合し、定番ルートをウロウロしながらグルメを2件ハシゴする事に。

ということで峠の茶屋を経て、ナルシストへ。
nn001.jpg

一件目の店がオープンするまで少し時間に余裕があったので、玉東町?にある木のジャングルジムへ・・
nn002.jpg
無くなってた・・・

インスタ用の自撮り写真を撮ったりして時間調整をして(結局アップしなかったけど)、
nn003.jpg

「みしま」のオープン時間ちょうどに入店
nn004.jpg
あつ・あつ(熱い麺・熱いダシ)に、かぼちゃ天と茄子天、いなり寿司。たいへん美味しゅうございました。

そこから100m先の吉次園で
nn005.jpg

ソフトクリーム納めをば。
nn006.jpg

ソフトでカンパイ!
nn007.jpg

時間と距離は短かったけど、大満足でロード&グルメ納めが叶いました。
log29.jpg
==========================================================================

■正月休み二日目(12/30)■

去年から2回目となる「博多の集い」。岩国(山口県)・鹿島(佐賀県)・熊本に散らばった仲良しグループが博多に集まって童心に帰る?イベント。今回は趣向を変えてデイキャンプという名のBBQをしようと、福岡市某所の公営BBQ場を予約(12/10)。管理人さんから「その日は管理棟が休みだし、駐車場も閉まってるから車は駐車できないけど中に入ってBBQしていいですよ、頑張ってください」と言われ、こちらの連絡先も伝えていたんだけど・・・
nn008.jpg
こんなん貼られてたら何か無断で入って悪い事してるみたいじゃん

まあ、食材やら炭やら道具一式準備しているし、代替案はないからBBQするんですけどね。
nn009.jpg
nn010.jpg
nn011.jpg
nn012.jpg

肉の写真撮るの忘れてたぁ〜
nn013.jpg
nn014.jpg
てな感じで、2020はどこかでちゃんとキャンプしましょうという約束をして、アウトドア納め?終了(のはず)
==========================================================================

■正月休み三日目(12/31)■

しんよさんと、行こう行こうと話していた南阿蘇のMTBコース走行が年内ギリギリに実現!
nn015.jpg

春のセキアヒルズカップの時にMCをしていた、元SCOTTのMTBライダー・山内 健正さん(現・道の駅あそ望の郷くぎの観光局)がコツコツと作り上げているMTBコース。1周が1分半程度と距離は短いものの、バンクを使ったコーナーやコブ、ジャンプなどテクニカルなセクションがギュっと凝縮していて、ずーと走っていても飽きない。すぐにスタート地点に戻ってこられるし、登りも少ないけどちゃんとダウンヒル的な乗り方もできるし、上達すればするほどスピードが上がって難易度も上がっていくような、とてもよく出来たコース。
nn016.jpg
nn017.jpg
コースを歩きながら説明を聞いたり、
nn018.jpg
動画を撮ってライディングのアドバイスをもらったり、とても有意義で楽しい時間でした。
もともと、子どもたちに教えたりするのが好きだったという山内さん。大人(私たち)へ教えるのも上手でした(笑)

昼休憩はテーブルセットを広げて、動画を見ながらワイワイと。
nn019.jpg

log31.jpg
ここのコース、一般開放というかそういう仕組みが出来上がっていないので大々的には発表されていないけれど、走行自体はもうできる状態なので山内さんへコンタクトを取ることができれば走行可能です。ゆくゆくは仕組み作りが進んで、イベント開催などの情報がご本人より発信されるはずなので乞うご期待!(と、プレッシャーをかけてみるw)

そして大晦日の夜と言えば、除夜の鐘!
nn020.jpg
某坊さん、ありがとうございました。

==========================================================================

■正月休み四日目(1/1)■

除夜会から帰って三時間ほど睡眠を摂取し、初日の出を拝みに待ち合わせ場所へ。
nn021.jpg
GINRINイエロー軍団と水曜会メンバーだらけの参加者・・日の出を拝む前に地獄を見そうだぜ!
というのは冗談で、狭くて暗くて分かり辛い道を行くので千切り合いなどは一切なく、和気あいあいと登って行きます。いやほんと。

日の出予想時刻10分前ぐらいに到着し、ブルブル震えながらその時を待ちます。ガーミンの温度計はマイナス3.5度
nn022.jpg

キタァ〜!
nn023.jpg
nn024.jpg
天気も良く、最高の初日の出を最高のメンバーで共有できて、今年も幸先の良いスタートが切れました。

ここ、場所が分かっても車で行くのはオススメしません。車で来ていた方が帰り道にパンクしてタイヤ交換をしていたぐらい狭くて道が悪いです。
log1.jpg
==========================================================================

■正月休み五日目(1/2)■

これも毎年恒例となりつつある、チポリーノ初め。

まずは自転車のお守りでおなじみの浮島神社へ
nn025.jpg

そこから10人程度のメンバーでチポリーノを目指します。
nn026.jpg

登る前のコンビニで補給休憩
nn027.jpg

そこから延々と登りなので写真はなくて、、チポリーノへ到着!
nn028.jpg

正月休みですっかり胃も膨らみ、パン3つなんて一瞬でペロリ!
nn029.jpg

自転車自走のお客へのサービス(いつもありがとうございます)、お正月はおみくじ付き。
nn030.jpg

吉ぃ・・
nn031.jpg

3000円分(胃袋に納めたパン3つとコーヒー代含)のお土産はフロントバッグとサドルバッグへIN
nn032.jpg

チポリーノを出るとしばらくは登りで、下り始める前のトンネルで一旦集合。
nn033.jpg
去年は3度だったんだけどなぁ、今年は9度もある。ほんと自転車日和。

びゃ〜っと下って最後の集合ポイント、霊台橋でトイレ休憩など。
nn034.jpg

これにてチポ初め完了!
log2.jpg
==========================================================================

■正月休み六日目(1/3)■

自覚はないけど、さんざん一人で遊びまわっていたようなので、嫁様の接待ライドの命を受けました。じゃあついでに大藪さんから入荷連絡を受けていたアレを取りに行こう。

車もアップダウンも少ないルートで大藪サイクルまで行くには・・ゆうかファミリーロードがベスト。走りにくいけどネ。
nn035.jpg

大藪サイクル年明け一発目は13時オープンなので、先に昼食をとって時間調整。
nn036.jpg
入屋うどん

食べ終わったら大藪サイクルへ立ち寄り、これをゲット!
nn037.jpg
チューブレスタイヤのパンクを、タイヤを外さずに修理できるスグレモノ「DART TOOL」

若干数ですが、大藪サイクルに在庫ありマス

大藪サイクルで予定外にゆっくり過ごし、慌てて帰路に。
nn038.jpg

慌てていても、スイーツは外さない。夫婦水入らずでスイートな時間を・・
nn039.jpg
ってことで吉次園初めもコンプリート。

ゆるゆるっと回復走ができました。
log3.jpg
==========================================================================

■正月休み七日目(1/4)■

午後から娘のプログラミング教室があるので午前中だけ自由時間をもらってサイクリングへ(またかよ

花園にある「パンの家」で朝食をとってスタートしたかったので、いつもよりだいぶ遅めの7時半に出発
nn040.jpg
ちょうどオープン直後ぐらい(8:15)に到着

横の自販機で缶コーヒーを買って、併設のテラスで食す
nn041.jpg

からの、峠の茶屋
nn042.jpg
連日走ってるし前日は回復走だったので、結構調子よく足が回り、久々に17分台いったかな?と思ったら18:11だった・・・惜しい!というか正月太りで重くなった体の割には良いタイムだったのかも。

からの、金峰山山頂。
nn044.jpg
さるすべりから上の一方通行区間では暑くてジャケットを脱いでインナー1枚で登りました。なお気温は3度前後だった模様。

展望所の神社へ参拝したら、みかんくれた
nn043.jpg

からの、ナルシスト
nn045.jpg
昼食は帰路に「ラーメン横道」へ立ち寄る予定で、行きは峠の茶屋から芳野の方へ登り、帰りはラーメンだ!と嬉々として下って行ったら・・年明け営業は1/5よりって貼紙が・・チックショー!

しょんぼりしながらいつもの道を帰ってると、何やら美味しそうなサンドイッチ屋さんを発見!
nn046.jpg
んん!このサンドイッチは某星人さんのブログで見たような(笑)

いつも通る時間は朝の7〜8時だから全然気付かなかった!
nn047.jpg
おかず系とデザート系を購入し、大事に大事にフロントバッグへIN!

ローストビーフサンドは・・思っていたのと違った。
nn048.jpg
もうちょっとジューシーだったら良かったかなー。完全に好みの問題です。不味くはないです念のため。

ハニーアップルシナモンサンドは・・・めっちゃくちゃ美味い!!生クリームもたっぷりでフルーツもしっかり味がついていて、ケーキを食べているよう。しかしケーキのように胃にもたれる感じは全くないので、非常に良い!
nn049.jpg

あれもこれも!と買えるような値段ではないけれど、フルーツサンドはマジでオススメです。
nn050.jpg
パン屋さんのサンドイッチに比べると倍ぐらいの値段なんだけど、スタバのサンドイッチとは同程度の価格って考えるとクオリティ比で不思議と安く感じる・・価値観って面白いですね(笑)

ってことで工場長の自由時間はここまで!
log4.jpg

正月休み合計313km走りました〜

posted by ないちん工場長 at 01:59| Comment(12) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

謹賀新年2020

新年あけましておめでとうございます。
2020hinode.jpg
2020.1.1 初日の出

今年もないちん工場ブログをよろしくお願いします。
95%の自己満足と、4%の備忘録、1%のアフィリエイト収入をモチベーションにコツコツと書いております。ページのどこかに貼ってあるAmazonかWiggleかCRCで買い物していただけると、モチベーションが2%ほど上昇しますのでどしどしポチッて下さいませ。


さて、毎年恒例となった初日の出ライド。
2020hinode2.jpg
GINRINイエロー軍団と水曜会メンバーなど、熊本の自転車競技ガチ勢と一緒にゆるっと走れる数少ない貴重な日。

参加メンバーには「場所の公開はしないで下さい」と周知はしているものの、SNSが活発なこのご時世に混雑する事なく快適に日の出を拝むことができます。この日も我らの他には2グループ(3〜4人)のみ。なぜかというと、車では入りにくい細くてガレた道を行かないと辿り着かないからなんです。帰りに1台、車がパンクしてタイヤ交換していました・・・こういう道を数百メートル進む点だけ、“やべぇ”ポイントであとは本当に和気あいあいとしてますので次回参加してみたいという方はご一報ください(笑)
ラベル:サイクリング
posted by ないちん工場長 at 00:00| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

ソロダバダ〜♪からの、工場建立(こんりゅう)祈願

土曜は夕方まで(16時半お迎え)自由時間をもらったので、昼過ぎ帰宅する感じでぶらっとサイクリング。たまには事前告知してみようと、FBで周知したら2件ほど釣れたので出発時間を予定より1時間遅らせて、出席率を上げる作戦で。

まずは7時に月出の「九一屋」集合でパンを調達。
cts001.jpg
※写真を撮り忘れたので写真は10月の記事より

すると、待ち合わせをしていたハジメさん夫妻が車から出てくる・・・え!?まさか・・そこでDNSが伝えられる。メール1本で済む話を、わざわざ集合場所まで来て直接伝えてくれるとは律儀ですなぁ。

そしてもう一人、萌の里で合流予定のキノピーパイセンからメッセージが・・・「起きられませんでした」と。まぁ、これはほぼ予定通り。
sdb022.jpg

8時半頃に萌の里と告知をしていたので、一応立ち寄り。
sdb001.jpg
冷えて疲れた体に温かくて甘いものでも・・・と、複数ある自動販売機を見渡すも、おしるこが見当たらない。なんてこった・・・萌の里さん、頼みますよ

決して現れる事のない、サプライズ参加者を待ったあと、一人で俵山を登る。けっこう風が強くて風車(ふうしゃ)がブンブン回っている中、登る。そして到着。
sdb002.jpg
この日の阿蘇は大人しめ。

お湯が沸くまでコーヒーの準備をしたり、撮影遊びをしたり。
sdb003.jpg

コーヒーができたら、九一屋のパンを堪能しながらダバダ〜♪タイム
sdb004.jpg

展望所の気温は3.1度。汗をかいた体には凍えるような寒さ。
sdb005.jpg
写真を見ると余裕ぶっこいているように見えるけど実はダウンベストを着て過ごしていて、撮影の時だけお気に入りのウェアが映えるように脱いでいたのでした(笑)

ダバダ〜♪タイムが終わると、ダウンベストの上からさらにウインドブレーカーを羽織って、南阿蘇側へ下山。

下山すると、トンネル手前まで少し戻って、念願の宝来宝来(ホギホギ)神社
sdb006.jpg

自転車を置いたら、
sdb007.jpg

ガッチガチに冷えた体を温めに、焚き火の所へ。
sdb008.jpg

すると、管理人さん?が焚き木と燃料を投下してくれました。
sdb009.jpg
ありがてぇ!

ほぼ全てがオートメーション化されたシステマチックな神社の、無人販売所。
sdb010.jpg
まあ、宝来を祈願しにくる参拝者はお守りを盗むなんてバチ当たりな事をするワケないよね(笑)

インスピレーションで選んで、2つ購入。ご利益がありますように・・
sdb011.jpg

順路に沿って進んでいき
sdb012.jpg
sdb013.jpg
sdb014.jpg
参拝終了。宝くじが当たって念願のリアルないちん工場が建てられますように。5000万あったら足りるかな。

参拝が終わる頃にはお昼時になっていたので、少し足を伸ばして「マグマ食堂」へ。
sdb016.jpg
ここを通る時っていつも中途半端な時間だったので、来るのは初めて。

マグマという名前とは裏腹に、辛くもなく灼熱でもなく、ややあっさり(笑)
sdb017.jpg
ごはん、サラダ、餃子付きで1,300円ぐらい。

帰りは俵山を越えずに、長陽大橋を経由して大津方面へ。
sdb018.jpg

HSR九州ドリームコースで行われている秘密の練習会へ潜入調査へ
sdb019.jpg


み、みつかったぁ〜〜!!
sdb021.jpg
バイク仲間(って言っていいかどうかわかんないぐらい凄い人もいたけど)と楽しい時間を過ごして、帰宅。

75km程度のチョイ乗りでした。
sdb020.jpg
宝くじ、当たりますように



posted by ないちん工場長 at 16:04| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

フレーム表面の欠けをBONDICで簡単補修

外を走る乗り物なので色々な要因で傷が入るのは仕方がない。
しかし、サイクリングから帰宅すると必ずその日のうちに洗車するマンとしては、その傷に汚れが入りこんでしまうのが我慢ならない。
bfh001.jpg
このように飛び石か何かで塗装膜が剥離した場合、そこへどんどん汚れが堆積してしまう。そして、洗剤で洗うぐらいでは落ちない。

そんな悩みを抱えていた時、オートバイのメンテナンス専門誌で使えそうなネタを発見!
bfh002.jpg
少し前に休刊してしまった「モトメンテナンス」の元編集長が立ちあげ、復活した「モトメカニック」

モトメンテナンス時代に大好きだったコーナー「マキシ工作室」も「マキシ自家工作」として復活。
これは嬉しい!
bfh003.jpg

そこに、紫外線を当てると硬化する樹脂「BONDIC」を使ってプラスチック部品を補修する記事があった。
bfh004.jpg
これはイケるかもしれない。さっそくトライだ。

まず、記事に忠実に「かんたんマイペット」と歯ブラシで。
bfh005.jpg

ゴシゴシ・・・
bfh006.jpg

汚れが入りこんで時間が経ち過ぎているのか、ピカピカにはならない。
bfh007.jpg

汚れ落としで困った時はNo.92ハイクオリティウォッシャ―
bfh008.jpg

ゴシゴシ・・
bfh009.jpg

完全に白くなった訳ではないが、最初よりは綺麗になった。
bfh010.jpg

そして、BONDIC登場〜
bfh011.jpg

適量を患部へ塗布。
bfh012.jpg
BONDICの良い所は、硬化させるまでは拭きとったり均したり、いくらでも修正が可能な事。

塗膜が整ったら、紫外線照射装置ィィィ〜!
bfh013.jpg

BONDICのもう1つ良い所は、数秒で硬化してすぐに作業が進められる事。
bfh014.jpg
なのですぐにペーパー掛けして、

コンパウンドで磨いて、
bfh015.jpg

ガラスコーティングまで一気に。
bfh016.jpg

どうにも写真に写りづらくて難儀したけど、仕上がりはこんな感じ。
bfh017.jpg
塗装の工程はないので傷そのものの見た目は元通りにはならないけど、表面は平滑な感じ。

ためしにインクを垂らしてみましょう。
bfh018.jpg


どうですか〜!お客さん!※インク拭き取りがアタフタ段取り悪くてごめんなさい。最後にシュッ!と掛けているのはアルコール
屋外で日中に作業すると紫外線で硬化しちゃうかもしれないので、作業するなら夜の屋内でどうぞ。

ラベル:DIY UNIOR
posted by ないちん工場長 at 01:22| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

ラストヘブン〜あの日、失ったモノを探しに〜【九州ヘブンライド2019】

あの日(11/23土曜、ルート発表前日)、
kshr19-001.jpg

ここらへんをフルサスMTBで下っている時に失くした、
kshr19-002.jpg

ASS SAVER(自転車用簡易泥除け)を
kshr19-003.jpg
無事に回収!!(笑)

これにも一つドラマがあって、この道に撮影で入っていたヘブンライド主催者であり南小国でこういうスイーツを提供してくれる
kshr19-004.jpg
お洒落で素敵なカフェ「Tea room茶のこ」のオーナーである松崎さんが、

「前にASS SAVER落としたことある?あ、やっぱり?拾ってすぐ先の所にぶら下げといたよ!」
と、教えてくれて(事前にお願いしてたわけじゃないのにこんなガレ場でよく発見したな・・・)、どこだろう?と探しながら登ったけど全然見つからなくて、諦めていたら

登り切った所にあるエイドポイントで、ゲストライダーであるマトリックスパワータグの狩野智也選手に「なんでこんな所にASS SAVERが生えてんのかなー?と思って回収しといたよ(笑)」と、2つのミラクルにより無事に手元に戻ってきました。運命のいたずらか、ヘブンの神様のきまぐれか・・・もうこれもったいなくて使えねぇよ・・額縁に入れて飾っとこう。
kshr19-60.jpg
(C)Tea room茶のこ 松崎さん提供

そんなこんなで非常に楽しい九州ヘブンライド【最終章】でした。

=完=


表題のオチを書き終わったところで、改めて今回の「九州ヘブンライド最終回?」を振り返っていきましょう。

まずは前日の出発前。
kshr19-005.jpg
スタート地点の小国の最低気温2度〜酷道区間の日田の最高気温19度、そして途中から雨の予報に備えて、考えうるありったけのウェアを準備。チームは全員同じウェアを着るというレギュレーションがあるので、一番外側にRCSCの半袖ジャージを着るのが大前提。

RCSCジャージは自分より細身で引き締まってる方から貰ったものなのでそのまま着ても窮屈なのに、長袖インナーと冬用ジャージの上から着るのでかなりパツンパツンでございます(笑)

昼前に会場の木魂館へ到着し、施設内の北里バランで腹ごしらえ。鶏のねぎソース定食(ご飯大盛)に、
kshr19-006.jpg

新発売の餃子を追加。翌日はめっちゃ運動する予定だから、これだけ食べてもゼロカロリー。
kshr19-007.jpg

お腹いっぱいになった所で、翌日いっしょに走るリーダー1008さんと、長崎からはるばるお土産を持って来るだけで翌日は参加しないkawaBさんの3人でご近所ポタ。
kshr19-008.jpg
kshr19-009.jpg
体力とタイヤを温存したいので、ほんとにゆる〜くポタリング。
本当に翌日は悪天候になるのか?と思えるほどポカポカで快適なサイクリング。日陰は寒かったけど。

穴場というか、僻地のカフェに行ったりして、
kshr19-011.jpg
kshr19-010.jpg
kshr19-012.jpg

土曜のゆるポタは終了
day1.jpg

レースエントリーしてなく、日帰りするつもりでいた(のか?)kawaBさんに「明日の朝食どうします?」という流れるようなトークで翌日までの残留を確定してもらい、一緒にウェルカムパーティーと宿の宿泊を(笑)

カンパァ〜イ!!
kshr19-013.jpg

ジュースですけどネ
kshr19-014.jpg
テーブルには我がチームRCSC with KawaBさんと、チームONEOFF with神楽坂つむりさんでワイワイと。つむりさんが私のCO2ボンベホルダーに興味津々で動画撮ってたのが嬉しかったなぁ(笑)

ひとしきり食事が落ち着いたところで、チームプレゼンテーションと
kshr19-015.jpg
kshr19-016.jpg

ゲストライダーの紹介。
kshr19-017.jpg
やっぱりこの主催者だからこそ、この参加者層なんだよなぁ・・・としみじみしながら最後のウェルカムパーティーを噛みしめる(涙)

明けて本番当日。気温と降水予報をチェックし、上はQ36.5の長袖インナー・カステリ春秋用ジャケット・RCSC夏用ジャージ+Raphaウインドブレーカー、下はSKINSロングタイツにRaphaカーゴビブショーツで。
kshr19-018.jpg

スタート直後はすぐに下りで、やはり極寒。朝は日向でも寒い〜
kshr19-019.jpg
kshr19-020.jpg

いつもより飛ばし気味の1008リーダーに「え!ウソ!はやくない?」と心の中で呟きながらヒィヒィ付いて行く。
kshr19-021.jpg

第1CP蜂の巣公園へ到着。
kshr19-022.jpg

上から3分置きのスタート順なので、ほぼ順当の順位っぽいけど・・
kshr19-023.jpg
間が抜けてるのは迷ってるのかな??誰も追い越さなかったような(笑)

そこからジャブ程度の山道へ。
kshr19-024.jpg

比較的きれいな道を登りながら、
kshr19-025.jpg
kawaBさんからいただいた長崎のカスドースを堪能。これ、大好き。

それからしばらく上り坂を進み、例の入り口に到着。
kshr19-026.jpg

やっぱこれやっとかないとな!
kshr19-027.jpg

※これは8日前の画像
kshr19-001.jpg

到着タイムはばらけているけど、
kshr19-028.jpg
みなさん突入前に補給を採ったり心の準備をしたりで、ほぼ同時に突入。怖い酷道、みんなで入れば怖くない!※怖いです

ちなみにワタシもオニギリチャージ!・・いま写真見たら消費期限切れてるやん
kshr19-029.jpg

県道9号線では至る所から、うわー!!とか、リア(ディレイラー)がもげたぁ〜!とか叫び声が聞こえてきてカオスな状態に。スイスイ進んで行く1008リーダーを追いかけるのに必死で写真を撮る余裕はなし。その森を抜けて、ひらけたガレ場が冒頭のシーンである。

最初の有人CPではみなさんが各地から持ち寄った名産品を堪能。
kshr19-030.jpg
これ、今まで参加してきたサイクリングイベントの中でもトップクラスの豪華さ。
kshr19-031.jpg
モグモグが止まらない!

ここから先はしばらくマトリックスパワータグの狩野選手に同行してもらって、恒例の夢の時間。
kshr19-032.jpg
ツーショット成功!と思ってたら自分が見切れてるぅ〜

そこから下ったり登ったりを繰り返しながら、CP4:鯛生金山へ。なんとここのCPは一番乗りでした!
kshr19-033.jpg
※主催者撮影

鯛生金山では「道の駅阿蘇」さまからの提供でスペシャルフード・アップルパイを堪能。
kshr19-034.jpg
kshr19-035.jpg
ゴロッと大きなリンゴが入っててウマい!

その他も上質なお菓子が盛りだくさん。
kshr19-036.jpg

次から次へと貪り食べて、
kshr19-037.jpg
kshr19-038.jpg

暖かいコーヒーもいただいて、
kshr19-039.jpg

N家氏の夢も叶えてw
kshr19-040.jpg
出発。

裏水曜会とデッドヒートを繰り広げながら(嘘)、
kshr19-041.jpg

チームONEOFFをパスし(たかどうかは覚えてないけどw)、
kshr19-042.jpg

34x32のギアをヒィヒィ回してやっとこさピークのKOMポイントへ。
kshr19-043.jpg

そこから先はピュ〜っと下って、CP5:道の駅かみつえへ到着。
kshr19-045.jpg

さっきたくさん登ったからいいよね?と、またお菓子を貪る。このオグラポルト、美味しかった〜
kshr19-046.jpg

ここまで応援に来てたうちの妻子が狩野選手と一緒に写真を撮ったりしてもらいながら、まったりと交流タイムを堪能し、リスタート。
kshr19-047.jpg
kshr19-048.jpg
なんとか熊本県(南小国)へ帰還し、

まっすぐ進めば難なく最後のCP7:茶のこへ着くのに、指定ルートはグラベル・・
kshr19-049.jpg
ここで一緒になった裏水曜会のK店長と談笑しながら楽しく登り、気付けばチーム員から離れてしまっていたので「仲間を待ちます!」という口実で、止まって休憩。

茶の子フォトポイントでは先回りしていた妻子と1008奥様と皆で記念撮影。
kshr19-050.jpg
みんな晴れやかな表情だ(笑)

茶のこを出ると、毎度お馴染みのトンネルへ向かって進みます。
kshr19-051.jpg

トンネルが見えた!
kshr19-052.jpg

中は暗いしガタガタ道なので写真を撮るとこんな感じ
kshr19-053.jpg

橋を渡って、もう1本のトンネルも無事にクリア!
kshr19-054.jpg

もうゴールは目の前
kshr19-055.jpg

一旦止まって、ゴールシーン用の仕込みをして・・

ゴール!!
kshr19-056.jpg
リボルバーを片手にバキューンポーズ!

誰ひとりパンクせず、CO2ボンベは全く必要なかったけどな!

サドルバッグ一度も開けてない・・・(笑)

day2-1.jpg
day2-2.jpg
運も味方したノントラブル走法のお陰で(本当はマドンDiskのじょにぃさんが舗装路の下りでスリップダウンしたけどw)、なんとリザルトは5位!
1位常連の、ののののじ、セレクシオン南九州(鹿児島)、セレクシオン南九州(熊本)、裏水曜会に次ぐ5位って、めちゃくちゃ凄い結果なんですけど!こりゃ次回の出走順が心配だ・・ゴール後はしばらく会場の即席バーで暖かい飲み物と上質スイーツを堪能して何組かのゴールを見守り、帰路へ。

帰宅後、その日の汚れ、その日のうちに。
kshr19-058.jpg
kshr19-057.jpg

心配していた天気も崩れることなく、楽しく快適に走れて、なんか噂に聞いてた超過酷なヘブンライドは幻だったのか?と思えるほど最高の2日間でした。イベントそのもののクオリティもさることながら、参加者みんなで作るあの雰囲気があってこその九州ヘブンライド。またいつの日にかご一緒できる日を夢見て・・

posted by ないちん工場長 at 00:07| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

工場長的天国来吐準備

今回でラストを迎える九州ヘブンライド。登りと下りしかない120kmほどの道のりに獲得標高3000mとガレ場を含むグラベル区間で絶妙に味付けされたスペシャルコースは多くの自転車人を魅了し、ゆるポタ勢からリアルガチ勢まで幅広い中毒者を輩出している。

MTBで走ってギリギリ楽しいと思える程度の酷道をロードで走るなんて頭おかしいと思っていた傍観者の私は、2年前に酷道ハンター1008さんの代役(仕事が入りそう)として参加し、去年は本番前にリタイヤした1008さんの代わりにリーダー的存在になり走った。

その時、どういう形でリーダーシップを発揮するか?と考え、自分なりにできる事を模索した。そして、メカトラブルが起きても不安を感じないような体制で臨むという結論に至った。様々な状況を想定し、思いつく限りの物をフレームバッグに詰め込んだ。
nofh020.jpg
このCO2ボンベ5本ホルダーは一部のマニアには大ウケだった。

幸いにもCO2ボンベの出番は無かったが、ほぼ全てのディレーラーハンガーの代替になる「エマージェンシーハンガー」は少し役に立った。

さて、今年はどうするか。

1008リーダーも直近の活動は自粛していたようで(ほんとかな?)、無事にスタートラインに立てそう。よって、自分はリーダーシップを発揮する必要が無くなった。しかし自称・工場長の名にかけて、メカトラブルへの対応力は発揮しようと思う。

ただ、今回のグラベル区間は結構ハードで、自転車を担ぐシーンが幾度となく訪れる。フレームバッグは邪魔で使えない・・・よし!大型サドルバッグに詰め込もう。CO2ボンベの収納どうしようかな・・

と、本題に入る前に11月に42歳の誕生日を迎えて我が工場に導入したニューマシーンの話を。


ドーン!
lh001.jpg
lh004.jpg

ドドーン!
lh002.jpg

ドドドーン!
lh003.jpg
このサイズのボール盤を買うような人に六角レンチ付ける必要ある??

いつも使っている卓上フライス盤の方にもボール盤の機能があって精度は段違いに良いんだけど、小さいし非力だしモーターの負担を考えて、ちょっと出力に余裕のある大きな専用機を購入。現状、置き場が無いので床に直置きで・・。頑丈な台を作りたいなぁ、溶接機欲しいなぁ・・・(溶接経験なし)。

そしてやっと本題へ(笑)

スムーズに、スマートにC02ボンベを収納&取り出しできるものをボヤッと考えながら端材BOXを物色していると、良さげなものを発見。何に使った物かは覚えていない。
lh005.jpg

ふむふむ、これをこうやって、ああやって・・とイメージしながら製図。
lh006.jpg

外径が大きいので、結構な量を削り込み。作業自体は面白いんだけど、単純作業の繰り返しって苦痛だ
lh007.jpg

ボール盤で穴を開けて、タップ切って、
lh008.jpg

うん、いい感じ!
lh009.jpg
10本もいらない、というか何で10本もうちにあるんだよ(笑)

あるものでテキトーにベアリング受けを作って、
lh010.jpg

圧入。
lh011.jpg

そして10mmの丸棒で軸を作り、、
lh012.jpg
lh013.jpg
lh014.jpg


完成!
lh016.jpg

めっちゃよく回るでしょww


これをイメージして作りました。
lh015.jpg

スペアタイヤ(中古)は輪ゴムで縛って、
lh017.jpg

衣類用圧縮袋で
lh018.jpg

ギュッギュッ!プシュ〜っと。
lh019.jpg

ツール&小物類は広げるとそのまま敷物にもなるロールバッグへ。
lh020.jpg
先日、宮崎の国見峠でパンクした時に学んだのは、ガレ場や未舗装路で物をそのまま地面に置くと見失ったり汚れたりするので、敷物があった方が作業性が良いという事。足の踏み場もない、じゃなくて「物の置き場も無い」ってのは急いでいる時には特にストレスを感じるので、敷物はオススメ。


これにて最後のヘブンライドは終了!
posted by ないちん工場長 at 23:02| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする