2018年11月20日

自転車携帯用プラスドライバーを作りました

汎用性の高いマルチツールは突き詰めていくと逆に不便だという記事を以前書きました。

要約すると、マルチツールは複数の工具がコンパクトにまとまっているけど不要な物も多くて結果的に荷物が増える。そして1つ1つの使い勝手が悪い。短い・ボディが大きくて入らない・精度が悪いなど。なので、必要な物だけ単品を、それもコンパクトかつ精度が良いものを選んだ方が良いという結論。

ここ最近、九州ヘブンライドに向けてシクロクロス車に乗っているんだけど、機械式コンポにはプラスドライバーが必要だと思い出した(笑)。自分でメンテナンスをするようになってからはほぼずっと電動コンポだったのですっかり忘れてました・・・このシクロクロス車も去年のヘブンライド以来触ってなかったもんなぁ。

自転車のネジってほぼ六角レンチで事足りるのに、変速機の調整だけプラスネジってどういう事よ?(と思ったら、現行モデルから六角穴ネジになってたぜコノヤロー!気付くのおせーよシマノさん)

で、小ぶりかつネジ穴を舐めにくいという理由で+2番を採用してると思うんだけど、一般的に+2番のネジを使うのってそこそこのトルクで締め付ける所なので、ドライバーがデカいんすよ。
drv001.jpg
変速機の調整にこんなデカいドライバーは要らないんすよ。

ホームセンターや工具屋さんを探しても、やはり先端サイズとドライバー本体の大きさは比例していて、細いネジ用は短く細い・太いネジ用は長くて太い。スタビドライバーって言って、極端に短いドライバーもあるけどグリップは太い。これでは携帯工具として相応しくない。


よし、困った時は作ろう!

工具のストレート熊本店の店内を物色していたら、使えそうなものを発見!
drv002.jpg
これにグリップを付けたら理想のサイズ感だ!

グリップは手持ちにあるPOM(ジュラコン)を使用。
ドライバービットの対角距離は7.2mmだったので7mmの穴を開けて、
drv003.jpg

そのドリルチャックをそのまま使って、まっすぐビットを圧入。
drv004.jpg
樹脂だし、0.2mm程度のプラス公差なら心押し台の力で十分でしょう。すんなり入った!

それから、ビットの方をチャックにくわえて、グリップ部分を好みの太さに。
drv005.jpg

滑り止めにローレット加工。
drv006.jpg

クオリティを上げるために、角丸加工を・・・彫刻刀で(笑)
drv007.jpg

できました!
drv008.jpg

通常サイズのドライバー、スタビドライバーとの比較はこんな感じ。
drv015.jpg

うん、調整だけなら必要十分。
drv009.jpg

と、思ったけど追加工。

グリップ後端に4.3mmの穴を開けて、
drv010.jpg

トルクが必要な時はそこにL字六角レンチを差し込んで回せるように一工夫。これで大体の事には対応できるでしょう。
drv012.jpg
drv013.jpg
drv014.jpg


欲しい方は1個1,000円で販売します。いや、むしろ商品化求ム!
posted by ないちん工場長 at 23:52| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

商品パッケージを使った工具ホルダー

自転車を触るようになって、圧倒的に出番が増えた六角レンチ。使用頻度が高いと色々と欲が出てきて「これ使勝手良さそうだなぁ〜」とか、「あれカッコイイなぁ〜」とか、気になる物を買ってみたり、ワゴンセールでお得そうなのを見つけては買ってみたりするうちにどんどん増えてしまった・・・
hex001.jpg
我が家は至る所に自転車が置いてあって、どこそこで整備し始めるから常に手の届くところに六角レンチがあるというのは便利っちゃ便利なんだけど(笑)

これだけたくさん持っているのに、一番使い勝手の良いお気に入りの六角レンチはメインのメンテナンススタンドの所に1組、そして車に常備しておく用にもう1組と、合計2セットも買ってしまいましたよ。
hex002.jpg
【UNIOR(ユニオール) Tハンドルヘックスレンチ】
ボルトに差し込んだ時の先端のカッチリ感と、レンチ本体の剛性感が何とも心地よく、整備性の向上と心の充足感を高めてくれます。
噂によるとハゼッ・・・いや何でもありません。
お買い求めは最寄りのtakebow-tune Bikeworks(タケボウチューンバイクワークス)へ。通販対応可(たぶん)

で、これパッケージも良く出来ていて、なかなか捨てられない。
hex003.jpg

ガレージのオブジェ?なんかにもしてるんだけど・・
hex004.jpg


何かに使えないかなー?と考えた時に、「そうだ!車載時のホルダーとして使おう!」となりました。やっと本題(笑)

横から見るとこんな風に固定されていて、
hex005.jpg

引っ張ると「ジョリンッ!」とピンが抜ける。
hex006.jpg

このままでも繰り返し使えそうではあるけど、工具の出し入れの度にこんな事はやってられないので、マグネットでパチッとなるような構造を考えます。

この抜けたピン、ネジ山のようなものが切られているので、目測でM4のナットをねじ込んでみると・・
hex007.jpg
入った!

ピンの方に鉄を配置したので、あとは受け側にマグネットを配置するだけ。なので、受け側の方のピンをバツンッと切り取って、
hex008.jpg

そこへネオジム磁石を強力両面テープで固定します。
hex009.jpg

の前に、ナットは接触面積の広いフランジナットに変えます。
hex010.jpg

完成!
hex011.jpg

レンチを収納するとこんな感じ。
hex012.jpg
何故かマグネットの中心に収まってくれないのは少しモヤモヤするけども、良しとしよう。

揺さぶって保持力のチェックなど。


さっそくハイエースのベンチシート下収納へ設置。
hex014.jpg
hex013.jpg
うん、いい感じ。揺れてもガチャガチャ鳴らないのもイイネ!
posted by ないちん工場長 at 23:42| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

携帯工具、どれにする?

サイクリングに出かける時はなるべく荷物を減らしたいというのは誰もが思う事。それプラス、たくさんのものがコンパクトにまとまっている物が好き。機能美ってやつでしょうか。あれもいいな、これもいいな、と買っていたら増えてしまいました。それに関しては後悔していません(笑)
kkd001.jpg

一番古いのがこれ。
kkd002.jpg
ロードを購入する前、まだ街乗りピストしか持っていなかった時に街にあったピストメインのお洒落な自転車屋さんで見つけて一目惚れして購入。

すんごい薄くてコンパクトなのに、必要な物がほぼ揃っている。チェーンカッターまで付いているのは驚き。
kkd003.jpg

次に買ったのがこれ。前に記事にもした携帯用トルクレンチ。
kkd004.jpg

アイテム数こそ少ないが、トルクレンチとしては十分コンパクト。
kkd005.jpg

これは最近買ったもの。
kkd006.jpg

トピークのチェーンカッター「Link11」。
kkd007.jpg
コンパクトかつ収納しやすい形状で、カンパニョーロの11速チェーンまで対応。


次もトピーク。これはMTB用に買ったんだったかな・・
kkd008.jpg

プラスチックのカバーっぽい所が取り外せてタイヤレバーやチェーンツールに早変わり。
kkd009.jpg

以下二つは海外通販のセールで、日本国内では考えられないような価格になっていたので、衝動買い。
そこそこ小さいのにチェーンカッターまで付いている。
kkd010.jpg
これもタイヤレバー内蔵。
kkd011.jpg

これは型番にMTBって入ってたので、何となく購入(笑)
kkd012.jpg

セパレートする構造になっていて、幅広のタイヤレバーになります。
kkd013.jpg

しかし、六角ボルトを回す機会なんてないだろうなぁ〜
kkd014.jpg


さて、私が普段からサイクリング時に携帯しているものは・・・

まずはチューブ、タイヤブート、タイヤレバー、イージーパッチ、ゴム手袋、ミッシングリンク、エマージェンシーハンガー、バルブエクステンション。
kkd015.jpg

空気入れはCO2ボンベ一個と、携帯用ミニポンプ「air bone スーパーミニポンプ」。
kkd016.jpg

ワイヤーロックもお忘れなきよう。
kkd017.jpg

さて、お待ちかね。私の選ぶ携帯工具は・・・・










ジャジャーン!!
kkd018.jpg
ナント、携帯用工具ではなかったという(笑)
実際に使ってみると分かるんだけど、コンパクトであればあるほど、そしてアイテム数が多ければ多いほど、使いにくいんですよ。ネジまで届かなかったり、狭くて回せなかったり。
このドイツwera社のステンレス製L字六角レンチは丸軸になっているので、誤ってフレームに傷を入れてしまうリスクも軽減します。六角レンチを狭い場所で無理に回すと、六つの頂点がガガガッっとフレームに無慈悲な攻撃をしてしまう事があるんですよね。


仕上げのトルク管理はこれで。
kkd019.jpg

あれ?ドライバーは無いの?って思った方もいるかもしれませんが、Di2のディレーラー調整は2mmの六角レンチなのでドライバーを使うシーンが無いんです。
kkd020.jpg
ハンズマン・ガラクタ市で20円ぐらいだったかなぁ〜。そろそろガラクタ市の季節ですね(笑)

全部並べると、こんな感じ。
kkd021.jpg

ビットリアのツールケースに収まる内容です。
kkd023.jpg


ちゃんとボトルケージ(ドリンクホルダー)に収まってます。
kkd024.jpg
posted by ないちん工場長 at 01:01| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

転ばぬ先のユニオール【自転車リペアスタンド】

もとい、転ばないスタンド「UNIOR(ユニオール)リペアスタンドプロ」を導入しました。これ、かなり良いです。抜群に使いやすい。理由は後述します。
takebow-tune bikeworksさんの所で絶賛大特価セール中です(在庫僅か)
rsp001.jpg
鋼鉄のベースプレートが30kgもあるので、小さい接地面積で抜群の安定感を保ちます。

とはいえ、重いが故に利便性が損なわれるのではないか、置きっぱなしになると逆に邪魔になるのではないか、と心配しているとtakebow-tune bikeworksさんが「キャスター付けたらめっちゃ使いやすくなりますよ、ベースが重いので倒れる事もありません。僕、ず〜っとこうやって使ってますよ(ほれ、ほれ、YOU早く買っちゃいなよ)」とアドバイスをくれました。この程度は企業秘密にならないんでしょうか、惜しげもなくノウハウを授けて頂きました。

という事で、持ち帰って早速施工。
rsp002.jpg
精密設計のお供、万能型紙で型をとってキャスター取付穴の位置を出します。

そこへポンチをバコーン!と。
rsp003.jpg

10mmの穴を開けて、
rsp004.jpg
(この安物のドリルスタンドはヨレヨレで全く役に立ちませんでした。そのせいか、販売終了品)

M12のタップを立てます。
rsp005.jpg

タッピングのお供にはこちら。
rsp006.jpg

出来ました!キャスターはその辺のホームセンターで普通に売っている物です。今回は我らの味方ハンズマンで購入。M12のタイプで1個当りの対荷重20kgのものをチョイス。
rsp007.jpg
この、ボルトの頭をそのまま出しているのもtakebow-tune bikeworksさんのアドバイス通り。ベースプレートを足で踏んでグイッと移動させる時にこれがあると引っ掛かりが良く、楽に動かせます。

自転車を吊るとこんな感じ。
rsp008.jpg

エアロシートポストもしっかり掴めます。
rsp009.jpg

■抜群に使いやすいポイント1■
接地面積の小ささ&キャスター。折り畳みタイプのスタンドと比較するとこんなに違う。
rsp010.jpg
この差は狭いガレージだと特に顕著で、ちょっと動かそうにもこの張り出した足が邪魔で着地点が確保できずに持ち上げたままウロウロ、腕プルプル。また、つまづいて転びそうにもなります。ちょっとずらすにも持ち上げないといけないし、意外と面倒です。それが鋼鉄台座+キャスターだと、移動は楽チンなのにどっしりとした安定感で作業効率が格段にアップします。

■抜群に使いやすいポイント2■
ワンタッチなクランプ。
rsp012.jpg
掴み幅を先に設定しておけば、ワンタッチでクランプできます。


今までお世話になったアストロの激安品(セール時は5,000円ぐらいになるやつ)では、クランプする時にネジをグルグルグル〜!と回す必要があるので、自転車を抱えたまま腕プルプルです(笑)
rsp011.jpg
これ、かなり大変だったなぁ〜

というワケで、プロも愛用するリペアスタンド。移動楽チン、クランプ楽チン、どっしりとした安定感で、お値段なんと・・・takebow-tune bikeworksさんにお問い合わせ下さい(笑)
半額以下ってレベルじゃねーぞ!って価格でご提供いただけます。

ちなみに、「ないちん工場を見た!」と伝えれば、「ふーん、あ、そう」と言われるだけです。
posted by ないちん工場長 at 22:36| Comment(2) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

スプロケ交換に最強のコンビ

unior001.jpg

吉無田高原のMTBイベントにブースを出していた「takebow-tune Bikeworks]さんのUNIOR(ユニオール)という工具のコーナーを見て「これ、何ですか?」をキッカケに見つけた工具。

パッと見、何をする工具か分かりませんよね。
unior002.jpg
unior003.jpg

スプロケットに引っ掛けます。
unior006.jpg

従来の工具は、ハンドルの先にチェーンが付いていて、それをジャラッとスプロケに引っ掛けますが、
unior004.jpg

これは突起をカッチリと歯車に引っ掛けます。
unior005.jpg

そしてもう一つ、ロックリング外し。
unior007.jpg

従来品(左)と外見上は大差ないようですが、
unior008.jpg

なんと、
unior009.jpg

クイックシャフト(ナット)が付いたままでも、スッポリと。
unior010.jpg
これは便利!!

しかし、
unior011.jpg

ハマらないものもあります。ナットの径が大きいとつっかえます(笑)
unior012.jpg

しかしこのカッチリ感。たまりませんなぁ。
unior013.jpg

UNIOR(ユニオール)という工具メーカーはあまり馴染みがなかったんですが、聞くところによるとHAZET(ハゼット)を作っている所だそうです。言われてみると色や質感が似てる!というかそのもの(笑)

ダートフリーク取り扱いなので、大体の自転車屋さんやバイク屋さんで取り寄せてもらえるんじゃないでしょうか。

実物を見て、触って、購入したい方は特約店へどうぞ。九州では「takebow-tune Bikeworks]さんと、もう1店舗しかありませんが・・takebow-tuneさんでは実際にメインで使われているので、使用感を確かめさせてもらって購入できます(モノによるとは思いますが)。

せっかちな方は通販でどうぞ
posted by ないちん工場長 at 00:52| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

ツールキャビネット導入

どうも、廃番とか限定とか処分特価という言葉に弱い工場長です。

屋根と壁とドアがちゃんとあるガレージになったら買おうと思っていた、というよりもずっと欲しかったけど屋根しかないガレージには置けないので買えなかったツールキャビネット。予算さえ気にしなければ欲しい物はいくつかあるけれど、使用頻度を考えるとそこまでお金は掛けられない。自分の必要とする機能と、ある程度のクオリティを満たすもので、なるべく安い物を探します。

本当はこれが欲しかったけど、実物を見て触る事ができなかったのと、ちょっと高い(実売13〜15万程度)、メーカー直送&トラックの荷台で引き渡し(110kgある)なので断念。
ekx-118.png


何かいいものがないかな〜と色々見て回ったら、アストロプロダクツでちょうど良いのを見つけました。
tc001.jpg
転がしやすい、引き出しにロック機構がある、サイドパネルが使える、サイドラックがある・・と、多機能で質感もまあまあ。そして何より、在庫限りの処分特価(笑)

衝動買いをしそうになりつつも、一旦頭を冷やすために帰宅。2週間ほど悩んでいるうちに、アストロプロダクツ熊本店に2個あった在庫が全部売れてしまっていました。

しかし、在庫を持っている他店舗(他県)より取り寄せてもらい、無事に入手する事ができました。
tc002.jpg
控えめの色・濃度とはいえ、アストロのロゴ大きすぎじゃない?主張しすぎじゃない?

どげんかせんといかん!(これ、鹿児島弁らしいですねw)

ダメ元で、ガムテープでベリッ!!作戦
tc003.jpg

おおぅ・・・イケそうではないか!これぞアストロクオリティ!(失礼)
tc004.jpg

しかし、シボ加工って言うのかな?表面がザラザラしている所へ印刷されているロゴの入り組んだ所はガムテープだけでは剥がれませんでした。

続きまして、木工ボンドを塗ってベリッ!作戦。スネ毛除去的なアレ・・
tc005.jpg
多少は剥離できたけど、完全には取れませんでした。

友人からのアドバイスを受け、最終手段として剥離剤を使ってみました。
tc006.jpg
「環境に優しいをウリにしている剥離剤ならシルク印刷だけをペロンと剥がせますよ」と。

ぬりぬりして・・すぐに拭き取る。
tc007.jpg
本当は剥離剤は塗布して数分置いて、塗料が浮いてきたら剥がすんだけど、それをやると下地も剥がしそうだったので。

目を凝らすと、うす〜く残っているかな?ぐらいはあるけれど、納得のいく仕上がりにはなりました。
tc008.jpg

完全に無地だとちょっと寂しいので、とりあえずカッティングシートでも。
tc009.jpg
何故か元々のアストロロゴに寄せたデザインで(笑)

完成!
tc010.jpg

ラベル:工具 Team物欲 DIY
posted by ないちん工場長 at 01:19| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

ちょびっとだけガラクタ市

ここ最近はどんどんショボくなっていくハンズマンのガラクタ市。前回の2016年春はかなりガッカリしたので秋は行くつもりはありませんでした。しかし毎年楽しみにしている「全日本スーパーモト選手権」(モタードのレースね)の九州ラウンドを見に行く朝、せっかく朝早くから前を通るならちょっと寄ってみようと思い立って、寄ってみました。

と、その前に全日本スーパーモト選手権のプチレポートを。
mas04.jpg
熊本地震により中止→やっぱ延期にします、という流れで開催された九州ラウンド。日程的な問題なのか参加者数が例年よりもかなり少なく、会場も本コースからドリームコースへ変更となりちょっぴり寂しい大会になりました。

と思いきや、いつも遠路はるばるお越しいただく宮城勢は今回も来ていただき、
ちばさんの豪快なドリフトや、
mas02.jpg
IKKIさんのアグレッシブな走りをまた見る事ができてすごく見応えのあるレースでした。
mas01.jpg

それに加え今回は地元熊本勢の活躍もあり、
mas03.jpg
mas05.jpg
かなりの盛り上がりでした。詳しいレポートは他の方に託します(笑)

で、本当にちょろっと寄っただけで、短時間でテキトーに買い物かごに放りこんだ今回のガラクタ商品を雑に紹介します。

ベッセル メガドラ貫通ドライバーショートタイプ 930 -6×38 50円
gki001.jpg


SK11スナップリングプライヤー各190円
gki002.jpg


フジ矢 ケーブルハンディカッター 200mm 480円
gki003.jpg


精密ドライバー 六角 HEX:2.0mm 5円(笑)
これは自転車のフロントディレイラー(Di2だけかな?)調整で重宝します。
gki004.jpg


エイト 六角棒スパナ ボールポイント セミロング 0161.5MM
gki005.jpg


FPC 化粧ナット用ソケット 21mm 差込角12.7mm WM-21 190円
SK11(エスケー11) インパクトレンチ用ソケット ショート 30mm 差込角12.7mm 50円
gki006.jpg


日本精器 エアフィルタ8Aコンパクトタイプ BN27208 760円
gki008.jpg


ベツセル 彩ビット+3x45 60円
gki009.jpg

ベツセル スタビドライバー?30円
gki010.jpg
gki011.jpg

マスキングテープと思い込んで間違って買った「マーキングテープ」
gki007.jpg
これ、コンサートで使うの?

木工DIYでは割と重宝するスライド丁番
gki012.jpg
安いからと沢山買ったけど、施工に必要な26mm座ぐりカッター持ってないんだよな・・

2x4(ツーバイフォー)材のDIYで重宝する金具。大体90円前後するのが20円。
gki013.jpg

よーく見ると・・・
gki014.jpg
Mr.JOHNて書いてある。調べたら「三重県津市に本社を置き、三重県全域、和歌山県と滋賀県の一部でホームセンターを展開していた企業。2006年に株式会社コメリへの吸収合併に伴い解散した。ウィキペディアより」らしい。やはりガラクタ市企画の為だけにあらゆる所から掻き集めてきてるんだねぇ。血のにじむような努力がうかがえます。けど、シールは剥がそうよ(笑)
posted by ないちん工場長 at 23:57| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

プロが絶賛した栗むき道具

初めて足を運んで以来、20年近い付き合いのある近所のケーキ屋さん。お菓子を買いに行った時や、ケーキの予約に行った時によくオマケをくれる。帰宅途中のうちの娘を見つけてはクッキーやチョコレートをくれる(時がある)。

そんな店主の奥さんが毎年この時期になると「栗をむくのが大変なのよ〜」と言っていたのを思い出し、とある買い物の時にレジカウンターに置かれていたこの商品を見つけ「これだ!」と思って即購入。
newkuri.jpg
SUWADA(スワダ)の栗くり坊主という商品。


いつもオマケをくれる感謝を込めて、先日プレゼントしてきた。渡した時は「まだ今年の栗が入らないのよ〜」なんて言っていたけど、後日うちの奥さんに会ったとき、「あれ、すっごい使いやすかった。ちょーラクに栗がむけた!生のまま皮がむける!」と大絶賛だったみたい。喜んでいただけて何よりだ。

んで、そのケーキ屋の奥さんから今日、一本の電話が入り・・・・

kuri.jpg
モンブラン持って来てくれた(笑)
posted by ないちん工場長 at 21:11| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

携帯用トルクレンチ「M-Torque 4」

カーボン製品のメンテナンスをする時の必須アイテム「トルクレンチ」。ネジを締めつける力を数値化する工具です。相手が鉄やアルミであっても強く締め過ぎれば壊してしまうんですが、よりデリケートなカーボン製品を扱う時は必ず使用しましょうという事になっています。トルクレンチに関しては要・不要を論じ出すと決着がつかない永遠のテーマですが、私は必要派です。だって工具が好きなんだもの。

ただこのトルクレンチ、測定工具という位置づけなだけあって、普通のレンチより大きいんです。自宅でじっくり整備をする分には問題ないんですが、サイクリングに気軽に持ち出す大きさではありません。

どうしても持って行きたい場合はこうなります(笑)
torque001.jpg


あ、もっと小さいの持ってるんだった。うっかり!
torque002.jpg

とまあ、こんな事にならないように発売されたのが「Birzman M-TORQUE 4」。←使い方や商品詳細はこちらをクリック!
torque003.jpg


パッケージには「使用方法はここから動画をチェックして下さい」とQRコードが記載されていますが、取扱説明書はちゃんと中に入っています。
torque004.jpg

この仕組みのキモはここです。
torque005.jpg
この要領で締め付けていくと、5Nmに達した時に親指部分のプッシュボタンがカチッ!と沈みます。
そう、5Nmに限定したトルクレンチです。潔い!

それでいいのか?いいんです。
シートポストも、
torque006.jpg

ステムも、
torque007.jpg
torque008.jpg
大体5Nmぐらい。

本体フレームはアルミなので、思ったより軽いです。
torque009.jpg

大きさも気になるほどではありません。みんな大好きなビットリアのツールケースにもスッポリ!
torque010.jpg

これが必要な部分、シートポストやハンドル周りのネジは乗っている時に緩むと危ないし、かと言って強く締め過ぎるとバキッ!っといってしまうので、出先に触らなければならなくなった時に非常に悩ましい所です。携帯用のトルクレンチ、お一ついかがですか?

ちなみに、自宅でじっくり整備する時はKTCのデジタルトルクレンチがオススメです。
torque011.jpg
従来のトルクレンチのような小難しいルールがなく、初心者でも気軽に扱う事ができます。

posted by ないちん工場長 at 00:10| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

当たっちゃったので有言実行

少し前の話になりますが、仕事から帰ると1通の不在票が入っていました。送り主の名前は「京都機械工具」。そう、日本が誇る工具メーカーKTCです。
ktc02.jpg

色々と考えをめぐらせ、はやる気持ちを抑えて営業所まで引き取りに行きます。受け取った時の伝票に「プレゼント在中」と書かれていたんですが、家に戻って袋を開けるまで中身が何なのかは思い出せませんでした。ktc03.jpg
(この時点でも中身は思い出せません)

箱を見てびっくり仰天!ネプロス!NEPROS!
ktc04.jpg


何と中身は90枚ギアのラチェットハンドルが入っていました。これ、買うと10,000円以上します。
ktc05.jpg

これを見てピン!ときました。KTCの工場見学に行った際に薦められて入会した「KTCファンクラブ」の2015年新春プレゼントキャンペーンでした。

応募した履歴を見返してみると・・・
新春プレゼントキャンペーン(「ネプロス9.5sq.ショートラチェットハンドル(NBR390S)」)に応募します。当たったら、今注文中のホンダ・グロム用に超高級車載工具を揃えようかと思います。
なんて書いてある。このアピールが功を奏したかは分かりませんが、これは守るしかないでしょう。

ということで、ドン!
ktc09.jpg
ネプロス12角ソケット、KTCヘキサゴンソケット、KTCスタビードライバー、FACOMエクステンションバー。超高級とするからにはALLネプロスで揃えたい所ですが、それはおいおい、ね。

さて、このショートラチェットは実用に耐えるのか?を実験してみました。
デジタルトルクレンチをバイスに固定して、
ktc06.jpg

うおりゃ〜!と力を掛けます。
ktc07.jpg

結果は21N・m
ktc08.jpg

サービスマニュアルのトルク表をざっと眺めてみましたが、何とかなりそうな、ならないような(笑)
GROM-SM-12.jpg



posted by ないちん工場長 at 23:53| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする