2015年01月05日

バンドソーがやってきた

金属加工・三種の神器(と勝手に思っている)の1つ、バンドソー。ベルト状になった金切りノコの刃がぐるぐると回って材料を切断する超絶便利な道具です。ゴリゴリゴリゴリ・・と騒音も気にせずにサクッと切ってくれます。高速切断機のように爆音も火花も出ない夢のようなマシン。

アルミ加工の何が一番大変かって、材料の切り出しなんです。何か作ろうと動き出す時、まず初めにするのが手持ちの素材から使用する分だけを切り出す作業。手ノコでは素材の厚さ20mmを超えるものは切り出すだけで10〜20分かかります。かなりの厚みがあるなど本当に大変な切断の時はバイクショップに持ち込んでバンドソーをお借りして切断していました。そのぐらい億劫な作業が段取りの一番最初にあると、だんだんと重い腰が上がらなくなります。

いつかは欲しい、けど高い。なぜ高価なのかは分かりませんが、10万円ぐらい出さないと買えない代物。切断するだけなのに10万円。これは便利だけど優先順位としてはかなり下になります。だって、切るだけなんだもの。

ところが12月29日の夜、フラッと立ち寄ったハンズマンでとんでもない出物を発見しました。
bs01.jpg
えっ!?と二度見して立ち止まってしばらく悩む。一晩悩みました。ネットの最安値の半額にも満たない価格。とはいえ、それでもポンと出せる金額ではない・・・しかし二度とめぐり会えないような気もする。



翌朝またハンズマンに行き、店員さんに何でこんなに安いのか?など色々と質問をして購入に至りました。カードの2回払いで(笑)
bs02.jpg

そして、試し切り。
bs03.jpg
やはり切断が早くて静かというだけでなく、いつでも気軽に「ちょっと切れる」というのはかなりの効率アップにつながり、気持ち的には半年ほどで元が取れる事でしょう(と思いたい)。
posted by ないちん工場長 at 00:00| Comment(0) | アルミ加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

未知の素材-アルミフレーム-

知ってる人にとっては、何を今さら!というネタではありますが、ホームセンターではまず見かける事が無いし、自分自身はじめて見た時に衝撃を受けた(大げさ)のでご紹介します。

alf01.jpg
きっかけは自転車つながりで知り合った方のお宅に遊びに行った時に、見た事もない素材でDIYをされていて「これ何すか!?何て言う素材ですか?」と質問責めにしたのが始まりです。こんな特殊な形状をしているので、きっと商品名があるだろうと思っていたんですが、返ってきた答えは「アルミフレーム、としか言わないなぁ。」でした。

そんなバカな!と思ったら本当に「アルミフレーム」でした(笑)

4面すべてにTスロットがあり、ブラケットで接合するだけで簡単に直角が出て強度もあります。
産業機械の架台や作業台、ベースフレームに使われるものらしいですね。
alf02.jpg
alf03.jpg
これはDIYの幅が広がるぞぉ〜!

ホームセンターで扱ってなくて通販でしか買えないのがネックですけどね。建デポあたりで取り扱いしないかなぁ。
posted by ないちん工場長 at 23:57| Comment(0) | アルミ加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする