2017年01月19日

ネジの整理、進化してたテプラ

先の熊本地震でグッチャグチャになった物置内。中でも酷かったのが、パーツ整理BOXに小分けしていたネジ類の散乱でした。ぜーんぶバラバラ。引き出しに差し込んでいたネームプレートも漏れなく外れて、1からやり直しです。
neji001.jpg

とりあえず全部広げて、サイズ・種類・材質ごとに並べていきます。
neji002.jpg
※画像は総数の半分ぐらい

それから、パーツ整理BOXの引き出しに小分けしていくんですが・・・またネームプレートを作るの面倒だなぁ・・・そうだ!テプラで作ろう!

テプラと言えばあの小さい液晶画面しか付いてなくて、文字入力や書式設定などが超絶面倒な従来のテプラマシーンを想像する方も多いでしょう。しかし、PCで編集してプリンターのように出力できる上位機種が存在するんです。

テプラPRO(SR3500P)
tepra001.jpg


書式やレイアウトなど、自由度が高いのも優れた点ではあるけど、特筆すべき点は「流し込み出力」が出来る事。
tepra002.jpg
テキストエリアにセルを割り当てて入力していく事で、大量の管理ラベルを作るのが格段に楽になります。

余白を充分にとっていれば、ラベル毎に自動カットされるんですが、ギリギリに設定してしまった為につながって出て来ました。
tepra003.jpg

しかしちゃんとカットラインが入っているという親切設定。
tepra004.jpg

これを引き出しに貼っていって・・・
tepra005.jpg

完成!
tepra006.jpg

テプラによって効率が上がったのはラベル作成だけで、ネジの分別はとてつもなく面倒でしたけどね。まあ、その場しのぎでテキトーにやってたら一生面倒な思いをするハメになるので、最初だけ苦労をしておくのは正解ではないでしょうか。

で、進化していたテプラ。他にも有用な用途がないかなぁ〜?と思ってメーカーサイトを見に行ってみたら、ありました!ないちん工場的に使えそうなラベルが。
tepra007.jpg
熱収縮チューブと、ケーブル表示ラベル。


熱収縮チューブはその名の通り、チューブですな。
tepra008.jpg

ケーブル表示ラベルは印字面を透明フィルムで巻いて保護する仕組みになってます。
tepra009.jpg

出力するとこんな感じ。
tepra010.jpg

端子を作ったり、結線する前のコードならチューブに挿入して、
tepra011.jpg

ドライヤーやライターなどで熱を加えると、キュッと縮みます。
tepra012.jpg

耐久性を確かめるために、パーツクリーナをつけて擦ってみました。
tepra013.jpg
うっすらとインクがペーパーに付着するぐらい剥がれはしたものの、パーツクリーナーで擦ってこの程度で済むなら耐久性は充分すぎるほどでしょう。

すでに結線してあるコードにはケーブル表示ラベルを。
tepra014.jpg
ここまで小さくて入り組んだ所だとちょっと面倒ですが・・・この透明フィルムを一周巻いて、完成。
tepra015.jpg

テプラをちゃんと垂直に切ったり、角を丸く落としたりするのに便利な専用ハサミも合わせてどうぞ(笑)
posted by ないちん工場長 at 23:52| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

RowLow Mountain works Bike'n Hike Bag 詰め込みチャレンジ

1泊程度のキャンプサイクリングに行こうと画策して大容量のサドルバッグを探していた時、かなり良さそうなモノの展示受注会が福岡のお洒落な自転車セレクトショップ「プロムナーダー」さんで開催されるとの事で行ってきたのが9月下旬。12月アタマにやっと届いたので色々と試してみました。

【RowLow Mountain works Bike'n Hike Bag】
この商品の特徴は、ストラップで簡単に装着でき、ロールトップ構造で容量も変えられる。
rl001.jpg

そして、自転車から取り外すとリュックみたいに背負う事ができる。
rl002.jpg
これは遊びの幅が広がるぞ!

ちなみに、ここまでの写真、中に入れている物は
rl004.jpg
カッパ上下とユニクロのウルトラライトダウンジャケット。これだけ入れてもまだ余裕はあります。

詳しい使い方等は公式サイトをご覧ください。
rl003.jpg

さて、ここからチャレンジ開始!

最初の写真より少し長く伸びましたね。
rl005.jpg

中身は〜・・・
rl006.jpg

2Lペットボトル2本でした!お水は大事!
rl007.jpg


次!
下端の細い所までギッチリ詰まっている感があります。
rl008.jpg

チラ見してみましょう
rl009.jpg

お米5kgでした。お米は大事!これで奥さんからお遣いを頼まれても安心。
rl010.jpg


次!
特にこれといった特徴はないようだけど・・・
rl011.jpg

何ですかこれは?
rl012.jpg

はにわ!キャンプ地で予期せず出土しちゃっても安心!
rl013.jpg


次!
フォルムが整っていて良い感じ。
rl014.jpg

んんん〜?
rl015.jpg

缶スプレー塗料15本。遠くで塗装したくなる日もあるよね。
rl016.jpg


最後!これはもうMAX!ロールトップも一巻きのみ。
rl017.jpg

!!!
rl018.jpg

ジョジョの奇妙な冒険1〜21巻。キャンプ地での長い夜はこれを読めばOK!
rl019.jpg
真っ暗な山奥のテントの中で第一部と第二部を読むと臨場感が出ます。オススメ!

お買い求めはプロムナーダーさんで。通販も良いですが、近場の方は是非お店へ足を運んでみて下さい。他所ではお目にかかれないような素敵な商品が満載です。
posted by ないちん工場長 at 00:21| Comment(4) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

FLY6-アクションカメラ内蔵リアライト

fly600.jpg

みんな大好きWiggleさんのプロモーションで、ちょくちょく見かけるこのアイテム。欲しいけど値段がちょっとなぁ・・・と思っていたら、ある日Facebook広告にびっくりするような値段で出ているのを発見し、買ってしまいました。(ちなみにこれ、リンク先に飛んでも割引は適用されておらず、Wiggleさんに問い合わせをした人のみ安く買えたという幻のセールでした。)

ちょっと高級そうなパッケージ。
fly601.jpg

中身も頑丈なプラスチックのケースで高級感たっぷり。
fly602.jpg
ふむふむ、こんな感じでシートポストに固定するのね、とこの時初めて知ります。というのも、商品ページや紹介動画を見てもそのへんの情報がほとんどなく、詳しい事は分かりません(笑)

そしてちょっとドキドキします。なぜなら自分の自転車はエアロシートポストだから。
fly605.jpg
それについては後述します。

裏側はこんな感じ。
fly603.jpg
右側の箱に付属品が全て入っています。
fly604.jpg
左から、USBケーブル・固定用ベルト・スペーサー・エアロシートポスト用スペーサー。

そう、エアロシートポスト用のスペーサーが入っていました。しかもフレキシブルなやつ。これ、かなり汎用性が高いんじゃなかろうか。エアロシートポストユーザーの悩みを一気に解決するアイテム。キャットアイあたりから出てても良さそうなもんだが・・・
fly606.jpg

そして上の写真を見てもわかるとおり、デカい。ガーミンエッジ500と比較してこのぐらい。
fly607.jpg
サイズに関してはもうちょっと頑張っても良かったんじゃないかな?とも思えるけど、バッテリーの持ちが意外と良かった(3時間半のサイクリングで点けっぱなしで余裕で持った)ので良しとしましょう。

説明書は全て英語。
fly608.jpg
図が多いし、何でもそうだけど取説の英語って基本的に簡単な英語で書かれているので義務教育程度の英語力で理解できます。たぶん。

使い方は至ってシンプル。電源を入れる、点滅パターンを選ぶ。以上。
・画質やサイズ、撮影時間単位などの選択肢は一切無く、「AVI、1280x720px、30フレーム/秒」。
・10分毎にファイルが切り分けられ、microSDが一杯になると古いファイルから上書きされる。
・1ファイル10分450MB〜500MBなので、付属のmicroSD8GBだと約160分経過後から古いファイルが消えて行く。
・本体が60度以上傾いた状態が5秒以上続くと、その動画ファイルが保護されて上書きされない。つまり、ドライブレコーダーの役割がある。
・ライトオフで撮影のみ、という設定は無し。
・会話などの音声は拾ってくれるが、風切り音がゴーゴーうるさい。
・薄暗くて道幅が狭い所だと、赤く点滅しているのが動画に映る。

↓実際に撮影した動画。時折写り込む自分の影で体の動きが見えるのが楽しい。進路変更をする時にちゃんと後ろを確認してるんだな、的な事が分かる。
posted by ないちん工場長 at 00:33| Comment(2) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

新機材はメリタに決定!

merita01.jpg
世界で戦うプロロードレーサー「新城幸也」がシーズンオフにタイで合宿する、その合宿所のオーナーである中川茂さん(通称:父ちゃん・写真右)のトークショーが8月末に熊本であるということで、参加してきた。

裏話ってほどの秘密の話はないものの、なかなか聞くことができない合宿の内容や雰囲気、参加者達の様子など、先日放映されたドキュメンタリー番組でも見る事のできなかった面白い話を聞くことができた。そしてその講演の最後に父ちゃんがタイから持ってきたアイテムの即売会があり、合宿所の隣の畑?で父ちゃんが栽培した超高級コーヒー豆を購入した。え?なぜ超高級かって?この合宿所の滞在費の半日分もするお値段なんですよ!!
merita02.jpg
ちなみに滞在費は朝夕ご飯付きで1日1,000円だそうです。つまりこの豆は500円でした。プププ


なぁ〜に、うちにはミルがあるから豆を買っても大丈夫!挽きたてを味わうぜ!と思っていたら・・・
merita03.jpg
長いこと放置されていたコーヒーミルは残念な状態に。これは表面だけ拭いても中は厳しいだろうなぁ〜と。

そこで、お手軽な電動ミルを購入しました。手回しのやつと値段変わらないし(笑)
merita04.jpg

そして今夜、美味しくコーヒーをいただきました。オワリ。

あ、そうそう、新機材「メリタ」の話でしたね。

merita05.jpg

メリタ。
posted by ないちん工場長 at 20:53| Comment(4) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

最強のクーラーバッグ

店頭に展示してあるデモ商品をついつい触ってしまい、寄ってきた店員さんについつい根掘り葉掘り質問攻めしてしまう事ってありますよね?店員さんに話し掛けるの大好きなワタシ。本当に興味があって、納得のいく説明が聞けて、店員さんの熱意が伝わってきたら、購入する確率が格段にアップします。今回もそのパターン。

奥さんの買い物を待っている間、マリノアシティ福岡のLOGOSショップで何となーく時間を潰していたら、帰りにはLOGOSの紙袋をぶら下げていました(笑)

その名も「ハイパー氷点下クーラー」。店頭展示品には中にパリパリに凍った冷やしタオルが入っていました。濡らしたタオルを入れておくと凍ってしまうようです。というか、自分でも試したけど凍りました。
cl001.jpg


一番の食いつきポイントは、アイスクリームが11時間保存可能という所。店員さんにはこの件について、「保存可能というのはアイスクリームがどの状態を指すのか?」など、非常にめんどくさい質問をしてしまいました。
cl002.jpg

ボックスの容量が少ないほどアイスクリームの保存可能時間が伸びるので、なるべく小さいものが欲しかったんですが、2Lのペットボトルを横にして入れられるギリギリの、Lサイズをチョイス。このサイズ検証も、お店にあったペットボトルを借りて実際に試してみる事ができました。こういう点が実店舗の強みですね。
cl003.jpg

上の写真、無駄にファスナーが多いように見えますが、使わない時はコンパクトに折り畳めるようになっています。これはどんどん物が増えていく我が家には嬉しい機能(爆)
cl004.jpg

「このクーラーボックスはこれを使わないと性能を発揮しないんですよ」と説明され、セットで購入した保冷剤「倍速凍結氷点下パックL」。うすうす気付いてはいたんですが、結局のところ保冷剤の性能に依存するんじゃないの?保冷時間なんて。
cl005.jpg


持続時間が長いということは、凍る時間も長いワケで・・完全硬化には冷蔵庫の急速冷凍モードで丸2日かかりました。しかも、庫内でも「他の物にくっつけない」や「保冷剤を重ねない」など完全硬化させる為にはいつくかの厳しい条件があります。以下の写真は丸1日の状態。白っぽくなっている所が凍っている部分で、色の濃い(緑っぽい)部分がまだ凍ってない所。
cl006.jpg
一見、だいぶ凍っているように見えますが、裏返すと・・・
cl007.jpg
まだまだ色が濃い部分が多い。
マリノアシティのLOGOSショップでは冷凍庫完備で凍った状態の物も販売していました。お急ぎの方はそちらでどうぞ。

先日、8月7日にサイクリングイベントがあったので、実証してみました。
6:30頃にクーラーバッグにアイスやらお茶やらを詰め込み、集合場所の阿蘇観光牧場まで車で移動。それからずっと、阿蘇とはいえ気温が高い屋根も何もない場所に止めた灼熱の車内に放置。

車に戻ってきた時間が15:30なので、パッキングから約9時間。
cl008.jpg

うまいこと保冷剤にサンドイッチされていたアイスは原形を留めていたどころか、シャクッ!と新鮮な?アイスの食感でした。アイス表面の霜の感じから想像して下さい。
cl009.jpg

ただし、保冷剤サンドイッチからズレてしまっていたアイスはドロドロに・・袋から取り出そうとすると棒だけスポッと外れてしまうほど溶けていました。完璧を目指すなら保冷剤の増量をして、中の物が動かないような工夫が必要ですね。

記事タイトルに「最強の」と書きましたが、正しくは「自分が知る限りでは最強の」ですね。多分、ハードタイプのBOXなどにはもっと凄いのがあるんじゃないかなぁ〜。何万もするやつあるもんね。
posted by ないちん工場長 at 00:08| Comment(2) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

物欲速報!ガーミンvivosmartHRJが値下がりしてる!

いつも「ないちん工場」ブログをご愛顧頂き誠にありがとうございます。今月はボーナス効果なのか、Amazonアフィリエイトではいつもより多くの売上をいただいており、現時点で2,800円もの手数料が確定しております。

そして、売上内容に目をやると、vivosmartHRJが売れてる!・・え?安くない?並行輸入品?と思って見てみると、どうやら日本正規品みたいです。発売日に入手した自分としては何とも微妙な気分ですが、発売から半年で6,000円ほど値下がりしました。購入をためらっていた方、そろそろ買い時ではないでしょうか。

ちなみに、Amazonでは売上数が伸びてくると値上げしてくるので、この価格は早い物勝ちかもしれません。実際、当ブログ経由での売上時点より1,000円上がっています。さあ、今こそクリックだ!↓↓↓



物自体は非常に気に入っており、購入からずっとほぼ毎日24時間装着しております。充電が若干面倒だけど。
インプレ http://naichin-kojo.seesaa.net/article/433169284.html
Mioと比較記事 http://naichin-kojo.seesaa.net/article/432878464.html
posted by ないちん工場長 at 12:08| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

サイクリストに嬉しい充電器

最近、自転車用品に限ったことではないが何でもかんでもUSB充電だ。機器側の8割はmicroUSB、1割がminiUSB、残り1割が専用品ではあるものの(ないちん工場調べ)、コンセント側はパソコンにも備わっているあの長方形の平べったいやつ(スタンダードA)である。規格が統一されていると、充電器をいくつも準備しなくても良いし、何よりもスマートフォンと共通っていうのがありがたい。大体みんな持っているので、自分が忘れても何とかなる。

しかしその反面、スマートフォン用のを持っているが故にそれだけで済ませている方も多いんじゃないでしょうか。無駄な出費をしなくて済むという点では良いが、スマートフォン用の充電器は自転車用品の充電には向いていない。スマートフォン用の充電器は基本的に1A(アンペア)しか出力が無いので、ヘッドライト系の電池容量が大きい物を充電しようとすると一晩で終わらない。

さて、明日のサイクリングの準備をするかぁ〜!と準備に取り掛かると、ヘッドライト・テールライト・サイクルコンピューター・心拍計・たまに、Di2(電動変速機)と、充電するものが沢山あり、コンセントを占拠する。
charge03.jpg

何か良い物がないかなぁ〜と、ヤマダ電機をウロウロしていたら良さそうな物を発見。
charge02.jpg

「4Port USB Charger BOX」
(アマゾンに取り扱いがなく、アフィリエイト貼れませんでした。無念)

スペックは
DC5V/6.0A(最大)
5V/6Ax1ポート・5V/2.4Ax2ポート5V/2Ax3ポート・5V1.5Ax4ポート 各USBポートに独立電源供給
他にも類似品はいくつかあったけど、最大出力(1つだけ刺した状態)と、最小出力(フルに刺した状態)の数値が一番大きいこの商品にした。

charge01.jpg
キャットアイのVOLT1200は入力アンペア数の大きさで普通充電or急速充電に切り替わるが、この充電器で初めて急速充電モードを見た。これ、スマートフォンの充電もめっちゃ早い(機器に優しいかどうかは分かりません)。

まあ、似たような商品はたくさんあるので気になる方はお好きなものをどうぞ。


posted by ないちん工場長 at 21:34| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

超簡単な監視カメラ「スマカメ」

今回の震災で、遠くはなれた場所の状況をすぐに把握したいというシーンは多かったんじゃないでしょうか?お店がどうなっているか知りたい、家がどうなっているか知りたい、しばらく家から離れるのでどうにか監視したい・・など。それを安価で簡単に実現する監視カメラをご紹介します。

sc01.jpg
スマカメ
スマカメナイトビジョン

簡単に説明すると、カメラ設置場所にネット環境と電源がある・スマートフォンを持っているという2つの条件を満たせば運用できます。

<大まかな流れ>
カメラ本体を設置する→電源をつなぐ→ネットをつなげる(有線LAN・無線LANどちらでもOK)→スマートフォンに専用アプリ(無料)をインストール→アプリを立ち上げて自宅のカメラを登録&画質などの設定

わずか5ステップほどで完了します。今までのネットワークカメラのような難しい設定はいりません。

開封の儀
sc02.jpg

同梱内容
sc03.jpg

組み立てるとこんな感じ
sc04.jpg
カメラ映像の設定で、上下反転・上下左右反転などが選べるので、置いて設置も逆さ吊り設置もOKです。

また、アプリで「カメラ追加」もできるので、複数台の運用もできます。
sc05.jpg

動体検知モードも付いていて、動体を検知したらお知らせを鳴らしたり、挿入したmicroSDへ録画をしたりする事ができます。アプリ上からは、リアルタイムに映像を見ながら、写真を撮影したり音声を聞いたりできます。

1万円にも満たない金額でちょっとした安心、一家に一台どうでしょうか?
※一通り設定が終わったら必ずパスワードを変更して下さいネ


夜に暗視撮影ができるスマカメ・ナイトビジョンの方がオススメ
posted by ないちん工場長 at 08:14| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

型落ちという選択肢

新しい物が出ると、古い物は値下げをしてでも売りきってしまわなければならないという風潮がある。新しい技術はどんどん開発してもらって、どんどん進化していくのは喜ばしい事ではあるけど、ちょっとした技術向上がある度にしょっちゅう新製品を出されてもユーザーとしては買い替える理由にはならないし、メーカーとしてもコストは掛かるし旧製品は値下げしないといけなくなるしで、その分は新商品の価格に上乗せされているのでは?と思うと、新製品の発売サイクルは今の倍ぐらいでいいんじゃないでしょうか。ぶっちゃけ、壊れない限り買い替える理由はありません(キッパリ)。

とはいえ、Team物欲のチーム員としてはワゴンセールやアウトレットセール、ガラクタ市などの型落ち投げ売り品はとても魅力的なジャンルでもあります。見るだけでも楽しいですよね。ネットで流通している物は型落ちにてセール開始からどんどん値下がりして行って市場から消えてしまう直前にグンと値上がりするので、そこを見極めるという楽しみもあります。これは安いショップから先に売れて行って、結果的に高い店が残るという現象ですね。この時点ではすでに大手家電量販店ではすでに店頭から姿を消して、他店取り寄せ不能になっています。

先日、ケーズデンキのワゴンセール品をちょろっと覗いた時に目に入った商品「クリップスタンド」。
clip01.jpg
カメラ以外に応用できそうだし、クリップ部分を外せば普通のカメラ三脚として使えそうだし、まあ使い物にならなくても54円だしいいかな?と思い購入しました。使用例の写真のケータイがかなり初期のガラケー・・・何年前の商品だ?一体(笑) 古すぎて検索してもなかなか見つかりませんでしたが、もともとは1400円ぐらいの商品みたいです。カメラ用品ではおなじみのケンコーの商品。

使用例に従ってスマートフォンを立ててみました。画面に悪そう・・
clip02.jpg
ちなみにこのスマートフォンも、2年落ちのものを譲ってもらってそれからさらに2年ほど使用しています。ケータイなんて電話とメールができればそれでいいんです。

そして今回の目玉商品はこちら。
nikon1-01.jpg
「Nikon1 S2」。発売は2014年6月で、まだ2年経っていないんですが発売当初より半額以下にまで下がっていました。購入したのは3月頭でしたが、3/13時点ですでに購入時より15,000円ほど値上がりしている(価格.com調べ)ので、これ以上ないジャストなタイミングで購入できたという満足感で一杯です。

使用時に背中のポケットからヒョイッと出して撮影するサイクリングのお供として持ち出すコンパクトなカメラが欲しくて、ケータイカメラでは問題外、コンデジでは力不足、しかしミラーレス一眼は高すぎるしなぁ・・と、ずっと悶々としていた所に良い物が出ました。
島原サイクリングの時に実践したNikon D60+ニンジャストラップも悪くなかったんですけどね、もうちょっと気軽にできないかなと。
ore02.jpg
この時のカメラと今回購入のカメラを比較。
nikon1-02.jpg
だいぶ小さくなりますね。

ちなみに、ケータイとの比較。
nikon1-03.jpg
さすがにケータイよりは大きいですが、結構がんばってるサイズだと思いませんか?

ついでに、メインのカメラとの比較。
nikon1-04.jpg
ニコンが好きです。硬派っぽい所が好きです。

で、このカメラの使い勝手・性能を試すべく、ホームコースの金峰山へ行ってきました。
japan05.jpg
japan06.jpg
japan01.jpg
やはりケータイカメラとは比べ物にならないくらい性能が良いですね。画質もさることながら、ホールド感や操作性の点においてもやはり写真を撮るにはカメラじゃないと。

実店舗を探し回ったけど、このサイズのミラーレス一眼は現行ではもう無いので、小さくてそこそこ性能が良いカメラが欲しい人は今のうちに買っておいた方がいいかもしれません。
アマゾンではまだ安いのが残っているみたいですね。それでも私が買った時よりは数千円高いですがね(エッヘン!)。


posted by ないちん工場長 at 00:54| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

ガラス系ボディーコート剤

glass001.jpg
ある日、久々にデューン・モトに遊びに行くとテーブルに何やら気になるアイテムが。ガラス系ボディーコート剤と書いてある。ラスターネオ、バリアスコート、シェイクワックスと試してきたボディピカピカ愛好家としては非常に気になるとこ。まじまじと見ていると、「ないちん、それお試し品だから使ってみてイイヨ!」とありがたいお言葉をいただきました。

え!じゃあお言葉に甘えて・・・

はい、ちょっとお邪魔しますよ〜
glass002.jpg
自転車・メンテナンススタンド・工具を持ち込んで、お試しさせてもらいます。こういう時に本気を出すのが、ないちん工場クオリティ(笑)

いつもは手の届きにくい場所にも施工したかったので、クランクも外してガッツリと。本気出し過ぎぃ〜
glass003.jpg

施工は、難しい事は考えずにシュッシュと噴きかけてマイクロファイバークロスで塗り伸ばして行く感じで。その後、乾いたウエスで拭き取るという作業をします。

作業途中は特に写すような特別な事はないので写真はありません。という事で、完成!
glass005.jpg
glass006.jpg
艶が目立ちにくい白のフレームなのでそんなに期待していなかったんですが、かなりツヤッツヤになりました。ラスターネオのような粘り気がなくサラサラとした液体なので簡単に塗り拡げやすく、バリアスコートのようにボディに到達するまでに空気中に飛散してしまうロスも少なく(ケチくさくてすみません)、シェイクワックスほど施工後の拭き取り作業も大変ではないので、かなり良い感じです。
そして何より、安い。税込1,500円!

お買い求めは最寄りのデューン・モトへ。※1店舗しかありません

そして余談ではありますが、表の方では店主が「Newカラー完成!」とか言って写真を撮っているバイクがありました。
glass007.jpg

ん???
glass008.jpg
ないちん工場(NAICHIN-KOJO)はこんな所にも寄生しておりました(笑)

posted by ないちん工場長 at 23:38| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする