2020年05月10日

ハンドミルを電動化

コーヒーが好きだ。

特に深いこだわりは無いけど、好みの飲み方はある。

それは、淹れる直前に豆を挽くこと。


パパッと大量に挽く時は前に買ったメリタの電動ミルを使うんだけど、これはプロペラカッター式なので挽き具合の調節が難しくムラも出る。

なので、普段はほとんど手回しのハンドミル。これはコーン式挽き刃なので安定して均一の挽き具合になる。
mill001.jpg

ハンドルを装着して、ゴリゴリゴリゴリと。
mill002.jpg

1杯分ぐらいならテレビ見ながらやってるといつの間にか終わってるんだけど、2杯分以上挽く時や、ちょっと濃いめのコーヒーが飲みたくて細挽きの設定にした時、「これ、いつ終わるんだろ?」ってぐらい長く感じる。

そうだ!電動化しよう!

ここのハンドルを付ける部分、五角形の軸を電動モーターで回せば良いワケですよ。
mill003.jpg


はい、終了!
mill004.jpg
めずらしく仕事が早い(笑)


キモはこのキーレスドリルチャック
mill005.jpg



いつかは忘れたけど、我らのハンズマンで購入。
mill006.jpg



posted by ないちん工場長 at 10:46| Comment(3) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

STAY HOME〜ないちん工場の場合〜

バレンタインデー、給料3ヶ月分の指輪、スイート10ダイヤモンドなど、メディアの創り出した幻想は星の数ほど存在するが、その最たるものは断捨離だ。断捨離isファンタジー(意味不明


ちょっとした気分転換みたいな感覚で、人生のリセットボタンを半押しするようなファッション断捨離は、買っては処分して、買っては処分してを繰り返し、永遠にループしてしまうのだ。
(そういうライフスタイルの人もいるでしょうし、別に否定しているワケではありません)

そんな断捨離という輪廻から解脱したワタシは、断たない・捨てない・執着する。

捨てずに家に残す・・・すてホーム・・ステイ ホーム!

「な」と「@」は聞こえないんじゃない、最初から言ってないんだ!


自転車ウェアもステイホーム、
st001.jpg
st002.jpg

サングラスもステイホーム、
st003.jpg

ツールケースもステイホーム、
st004.jpg

タイヤ・チューブもステイホーム、
st005.jpg

サドルバッグもフレームバッグもステイホーム、
st006.jpg
st007.jpg

ホイールもステイホーム。
st008.jpg

ローラー台なんて3台ありますねん。
st009.jpg

するとこうなって、
st010.jpg

こうなりますよね。
st011.jpg
st012.jpg
備蓄は文化だ。備蓄こそ正義!
posted by ないちん工場長 at 17:12| Comment(6) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

真のガラクタ市

ホームセンターハンズマンが半年に一度、春と秋に開催する大人気イベント、ガラクタ市。
昔は本当に「これどこから持ってきたの?」的な掘り出し物満載で、発見する楽しさがあったけど、今となっては単なる「セール期間」になってしまい、ガラクタ発掘は初日(しかもド平日木曜日)の午前中で取り尽くされ終わってしまう印象。だって、仕事が終わって夕方に行っても全然残っていないんだもの。

【参考・ガラクタ市過去記事】
・ハンズマンのガラクタ市に行ってきた
・ハンズマン「ガラクタ市」・2014秋
・ハンズマン・ガラクタ市(2015春)
・ハンズマン・ガラクタ市(2015春)その2
・ハンズマン・ガラクタ市(2015秋)
・ハンズマン・ガラクタ市(2016年春)
・ちょびっとだけガラクタ市
・ハンズマンガラクタ市・2017秋

でも安心してください。真の掘り出し物は何でもない日に突然出現します。

【参考】
・ネジの福袋
・バンドソーがやってきた

特に「現品限り」の赤札は型落ち品やワケあり品、展示品ではあるものの、とんでもない価格になっている。


そして、9/13(金)、13日の金曜日の閉店間際、また出会ってしまいました。

一通り予定の買い物を終え、妻子と合流するまでの数分、ふらぁ〜っとそういうコーナー(定位置ではない)を見に行くと、「現品限り」の赤札を発見!その赤札に直接マジックで価格が書き込まれて、商品整理棚に貼られていたので「何が現品限りだろう?」と思っていくつか引き出しを開けてみたけど、全て空っぽ・・・

え!?これ本体が500円なの・・か・??

ほんとにこれ本体が500円かどうか店員さんに確認したかったけど、閉店間際だったためか近くにスタッフさんが見当たらない。ダメ元でレジに持って行こうと、外から台車を持ってきて載せていると、通りすがりのオバチャンが「これが500円なんですか?ほんとに?」と聞いてきた。心の中で「知らんがな!俺に聞くな!」と思いつつも、「そうだったらいいなーと思って台車に載せてます(笑)」と返答。

あまりに嬉しくて、記念撮影(笑)
sg002.jpg

電気小物コーナーで電子パーツを入れていた什器の中古。
sg001.jpg

記念にこのまま使っちゃおうかと思うぐらいハンズマン大好き。
sg006.jpg

引き出しも奥行きがあって、仕切りも付いてて、かなり使えそう。
sg007.jpg

福岡の超絶技巧自転車店の店主から「それ、HOZAN?」と聞かれ、改めて見ると何とHOZANのロゴが付いてました。マジか!!
sg008.jpg

まごうことなく、これでした。マジか!
sg010.jpg

こちらこそ、ありがとうございます!一生ついていきます!
sg009.jpg

※ちなみに翌朝には完売していました。
ラベル:Team物欲
posted by ないちん工場長 at 21:27| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

BONDIC(ボンディック)でベルト修理

長年愛用しているガーミンのライフロガー、vivosmartHRJ。ベルト交換や修理を重ね、大事に大事に延命しながら使ってましたが、充電で床に置いていたところを子どもが踏んづけて「バキッ!」と強制終了を食らいました。
bon001.jpg

本体がピンピンしてるのに買い替えるのももったいない。でも、メーカー修理に出して1万円超を払ってベルト交換するほど本体の寿命も長くないだろうから、とりあえずはアマゾンで社外ベルトを購入し、次のライフロガーを用意するまでの繋ぎにしようと。


その社外ベルトが届くまでの1〜2日使えるだけの応急処置をしようというのが今回の記事です。

シリコンバンドに接着されているブラスチック土台のネジ止め部分がモゲてしまってます。
bon002.jpg

ネジが貫通してしまいます。
bon003.jpg

そこでこのアイテム、「BONDIC」〜!!テッテレー
bon004.jpg

ドロっとした液体を塗布し、
bon005.jpg

付属の紫外線装置でピカー!っと
shu.jpg

あ、画像を間違えました。正解はコチラ。
bon006.jpg

わずか数秒でカッチカチに。
bon007.jpg

すぐに穴が開けられる程度に硬化します。
bon008.jpg

これ、けっこう凄くない?
bon009.jpg

ネジ径まで穴を広げて、
bon010.jpg

装着!ジャストフィットとまではいかないけど、ブランブランしても落ちない程度には付きました。
bon011.jpg


どのぐらい硬化が早いか、動画を撮ってみました。

これは使える!いや、できることなら必要な状況になるのは避けたいんだけども(笑)


ラベル:自転車 DIY
posted by ないちん工場長 at 22:58| Comment(5) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

バンド止めの千切れ問題に終止符を

もうこれ何個目だろうか・・・
wnh001.jpg
ガーミンのライフロガー[vivo smart HRJ]のバンド止め。
参考:vivosmartHRJのバンド留めを交換しました

充電時以外は肌身離さず装着するものだし、耐久性を上げると装着感が損なわれるというのは分かるけど、これが千切れないように気を使うというのも結構なストレス。千切れては交換し、千切れては交換し・・・もう疲れました。

バンド止めが無いと、余ったバンドがブラブラして邪魔だし格好悪い。
wnh002.jpg

なんか良い方法がないかなー?と考えた時、ハイエースのセンターカーテンを取り付けた時のアイテムを思い出しました。

プラスチックスナップ
wnh003.jpg

こんな風に2つの部品でサンドイッチして、
wnh004.jpg

専用工具で圧着します。
wnh005.jpg

こんな感じの仕上がり。バックルもちゃんと通る。
wnh006.jpg

メス側も取り付けて、
wnh007.jpg

完成!
wnh008.jpg

ん??これもうバックルいらなくね?

バックルを外して、そこにプラスチックスナップを付ける事にしました。
位置合わせをして、
wnh011.jpg

千枚通しでガイド穴を開け、
wnh012.jpg

温度調節ができるハンダごてで
wnh013.jpg

ジュッ!と。
wnh014.jpg

綺麗な穴が開きました。
wnh015.jpg

ドンピシャ!
wnh016.jpg

気持ち良くパチッ!と止まる。
wnh017.jpg

施工して2日間付けてるけど、全く問題なし!
wnh018.jpg

なんと3gの軽量化も実現(笑)
wnh009.jpg
wnh010.jpg

我ながら天才だな!
ラベル:Team物欲 DIY
posted by ないちん工場長 at 16:58| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

Digitsole(デジットソール)完結編

前回までの記事
(1)靴底 de ペダリング分析【準備編】
(2)靴底 de ペダリング分析【設定&ローラー試走】
(3)まだ買ってはいけない!Digitsole(デジットソール)実走編
(4)まだまだ買ってはいけない!Digitsole(デジットソール)・バグってハニー編

日本正規代理店へ問い合わせをして丸3ヶ月、しびれを切らしてこちらから連絡。
その後の進捗はどうですか?ずっとこのままなら返品したいのですが?と。

すると、フランス本社に改善要求を出しているけど明確な返事が来ないらしく、返品対応してもらえる事になりました。
dssfinal.jpg
代理店さんも巻き込まれた形になるのかな?仕様通りの製品と思って輸入したけど実際は半完成品で、メーカーのレスポンスも鈍い、みたいな。

まあそこはビジネスですし販売時にうたっていた機能、それも結構重要な部分が実装されてないとなると購入したこちらとしては、なんでやねん!となりますよね。しかし最後まできっちりフォローしてくれた代理店さんの姿勢は素晴らしいと思います。

こういうの考えると、ガーミンジャパンの頑張りって凄いんだな!と気付かされたり(笑)

という事で、自分の中でDNF(Do Not Finish)により完結!
アプリの修正が進めば面白いデバイスになるのは間違いないので、今後に期待します。
アプリの開発がちゃんと完了して、両足センサーのバージョンが出たらまた考えようかな。


【まとめ】

(1)購入前のゴタゴタ

【クラウドファンディング成立前に販売元から届いたメッセージ】
本製品の機能紹介で、公開当初「パワーメーター」と表記しておりましたが、
本製品では、リアルタイムのパワー計測はできません。
ライド終了時の平均パワー及びパワーロスは計測できます。

従いまして、本日プロジェクトページより
「パワーメーター」の文言を削除いたしました。

本製品は、ペダリングテクニックの向上にフォーカスしており
計測・分析できるデータは主に下記の通りとなります。
踏み脚・引き脚の効率
右脚・左脚バランス
足の角度
リアルタイムのケイデンス・スピード・Elevation gain・Elevation Loss計測
パワーロス・平均パワー計測(ライド終了時)
筋肉のストレス探知
疲労度・ケガのリスク探知

(2)手元に届いた時

え?!センサーは右足にしか入ってないの?
確かに商品説明には両足に入っていると明記されてないけど、右足のみとも書かれていない。
取扱説明書を熟読すれば右足のみと解釈できなくもないけど・・レベルにボカしてある。
そもそも、足の角度が分析できるとうたってるのにセンサー右足だけってどうなのよ?

(3)何度か使用してみて

・ライド終了後に「やめる」ボタンが押せないバグにより、走行時間が増える=平均スピードが低く出る。
・アプリがずっとベータ版。販売時に修正され明記されたライド終了時の平均パワーの値も出ない。
・商品説明に載っている「クロップアウト機能」(実際に走行している間のデータのみ切り取る事ができる)が実装されていない。

・FAQ「走行中はスマートフォンを携行する必要がありますか?

A. 必要ありません。インソールにはメモリが内蔵されています。スマートフォンを持たずに、ライドに出掛けることができます。データを取得するには、インソールとスマ ートフォンを接続し、データ検索を行ってください。」
→スマートフォンを携行しないとスピードはおろか走行距離も反映されず、計測データもバグります。

(4)不具合を報告

代理店さんからはスマートフォン機種と使用OSを聞かれたので、返答。
それ以降、3ヶ月進展なし。

以上。
posted by ないちん工場長 at 23:05| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

まだまだ買ってはいけない!Digitsole(デジットソール)・バグってハニー編

人気シリーズ?の続編です。

前回の記事は自転車仲間のうちの割とガチ寄りな方に記事のシェアをしてもらったお陰で、上半期最高のアクセス数を記録していました。うちのブログ、書いてるネタはここ数年、自転車の事ばかりなんですがアクセス数の上位を占めるのはハイエースネタとガレージの電気工事ネタなんですよね・・・まあ、工場ってうたってるブログなので本筋かもしれませんが。

そしてそのアクセス数がポンッと跳ねた翌日、慌てたように日本正規代理店(メーカーさん)より問い合わせに対する返答が届きました。いや、偶然かもしれないけど、タイミング良すぎるよねぇ(笑)

お返事をお待たせして申し訳ございません。
長いライドのデータ転送に時間がかかる件と平均パワーの件、フランス本部に確認しております。
スマートフォンの種類とOSのバージョンを教えていただけますか?


そのメッセージに対してすぐにスマートフォン機種とOSのバージョンを伝える形で返答して、現在まで3週間放置されております。
アプリがアップデートされてないかチェックしたり、めげずにログ取ってみたりと、活用する努力をしながら。

そして、昨日土曜の取れたてホヤホヤのデータがこちらになります。

あ、ガーミンの走行データはこんな感じ。
mmdjs01.jpg

パワーロス94%!!!新記録達成!!
mmdjs02.jpg


足首の角度がめちゃめちゃおかしい!
mmdjs03.jpg


踏み足ゼロという、夢のペダリングスキルを習得!!
mmdjs04.jpg


今日は何かおかしいですね。たぶんお疲れなのか、道が悪かったのですね。
mmdjs05.jpg

おかしいのはお前じゃい!

この商品に付き合うのには疲れたし、相手が悪かったというのは正解である。
ラベル:自転車 Team物欲
posted by ないちん工場長 at 16:34| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

ガーミンマウントをちょっと変わったヤツに交換

どうも!ハンドル周りをごちゃごちゃさせたくない委員会のないちんです!

ヘブンライド対策練を始めた去年の秋ごろに文字通りお蔵入りさせていたロードバイクを引っ張り出して、ぼちぼち乗る準備を・・と言っても、お蔵入りさせる時にきっちり洗車と整備をしているので、やる事はホコリを払ってワックス掛けしたぐらい。
wax01.jpg

トゥルントゥルンの濡れたような艶を出したいなら、ワコーズの「shake wax」がオススメ
wax02.jpg


これだけじゃ物足りないので、ガーミンのマウントを交換してハンドル周りをすっきりさせてみます。

現状はこんな感じ。
gmm001.jpg
ガーミン純正のマウントもよく出来ていて、これ単体では全く不満がないんだけど、ヘッドライトを取り付けた時の、これじゃない感。

キャットアイ(ヘッドライトのメーカー名)のライトホルダーも汎用品としては完成度が高く、愛用者も多い。
gmm002.jpg
でもやっぱりライトは邪魔にならない場所に付けたいな。

それが解決できそうなマウントを買ってみました。ハンドルステムの固定ボルトに共締めするタイプ。
gmm003.jpg
LifeLineステムフェースプレート

取付部分は長穴になっているので、ある程度のステムには対応してるんじゃないでしょうか。
gmm004.jpg

カメラやライトなどを取り付けるための土台も完備。
gmm005.jpg

ただこれ、アルミでずっしり重い気がしたので、重さを比較してみました。軽量化にはこだわりがないんですけどね。
まずは純正マウント&純正ライトホルダー
gmm006.jpg
65g

そして、新しいガーミンマウントと、ライトホルダー(レックマウント製)
gmm007.jpg
60g

なんと、少し軽いようです。ラッキー!

取り付けは、付属の黒いスペーサーを入れて段差をなくします。こんな感じのイメージ。
gmm008.jpg

付きました。
gmm011.jpg

ガーミンとライトを付けるとこんな感じ。
gmm012.jpg
ハンドルと同じ高さにできる純正マウントに比べて、1段上がった位置になるのは見た目的に少し残念だけど、それだけ顔に近づいて表示が見やすくなるという事でヨシとしよう。

かなり主張が強かったメーカーロゴも、
gmm013.jpg

ガーミンを取り付けると見えなくなるので、これもヨシとしよう。
gmm014.jpg

取付角度が調整できないという所にだけ目をつぶれば、お勧めの一品です(笑)
ラベル:Team物欲 DIY 自転車
posted by ないちん工場長 at 01:30| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

ナタ・デ・コンコン

MTBで山に入るようになって、道なき道を突き進んで行くこともしばしば。そんな時、鉈があったらなぁ・・・と思う事もあった。また、最近自分の周りではキャンプが流行りつつある。そんな折、妻から「誕生日に何が欲しい?」と聞かれたので、「ナタ!」と言ってみました。

いいよ!と、しぶしぶ了解を得たので、人吉の蓑毛鍛冶屋へオーダーしました。

鍛冶屋さんへオーダーする最大のメリットは、希望のサイズで作ってくれるという事。自転車に乗る時に携帯できて、大きすぎず小さすぎず、重すぎず軽すぎず、携帯性と実用性をギリギリまで攻めたつもりのサイズで作ってもらいました。とはいえ、自分の使いやすい鉈のサイズなんて分からないので、夏ごろにホームセンターで適当なサイズのものを買って、ある程度の期間庭仕事で使ってみて準備はしていたのであった(笑)

オーダーする時に「自分の誕生日プレゼントなんですよ」と話していたので、届いた時の包装はこちら
ntc001.jpg

超カッコイイ「俺の自転車鉈」はこちら。
ntc004.jpg

オーダーなので、シース(鞘)も特注サイズ。
ntc002.jpg
というかそもそも、鍛冶屋さんは全て手作りなので規格品とオーダー品に大した差はないのかもしれない。

刃渡り14cmほど
ntc003.jpg
料金は単純にサイズ(材料の分量)と手間賃。特注という事での追加料金はないようです。この金鎚で叩いた痕の模様は「鎚目」と言うんですが、これもわざわざ入れてもらったもの。通常なら2〜3千円ほど追加料金がかかるみたいだけど、誕生日なのでサービスで入れてくれました。

試しに使っていたホームセンター鉈との比較
ntc005.jpg
このホムセン鉈と、蓑毛さんの規格品の腰鉈の中間サイズ(刃渡り・刃厚ともに)が「俺の自転車鉈」。

で、先日キャンプ場で遊ぶ機会があったのでフィールドテストを。
ntc006.jpg
通常サイズの薪をさらに細かく割っていくのに使ってみました。

薪をくれた山小屋(キャンプ場)のおっちゃんが鉈しか持ってない私を不憫に思って、斧を貸してくれました。
ntc007.jpg

が、固い土台がなく、薪もそれほど太くないこの状況では斧で割るのは難易度が高い。全くもって刃が食い込みもしないので、鉈でやってみると・・・
ntc008.jpg
やりやすい!薪に鉈を当てて、別の薪でコンコンと鉈をブッ叩いてやるとスコーン!と割れる。チョー気持ちいい!

さらに細かく裂いて、
ntc009.jpg

仕上げにフェザースティックもどきを作り(まだうまく作れないからもどきw)、
ntc011.jpg
※写真を撮り忘れたのでイメージ図

ファイヤースターターで火花を散らして、無事に焚き火ができました。
ntc010.jpg

焚き火って面白い。ずーっとやってられる。
posted by ないちん工場長 at 22:40| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

ハッピーなニューイヤー・・・パッド

自転車遊びにシーズンオフは無い(サーフィンやってた頃も同じこと言ってましたw)。

九州の平野部では雪が積もったり路面が凍結することが滅多にないので(あったらあったで喜んで飛び出して行くんだけど)、ウェアの選択さえちゃんとしていれば特に問題なく遊べてしまう。

朝4時に起きて氷点下の金峰山へ向かって行くのは全く苦にならないし、どんなに寒くても一瞬で布団から脱出できるのだが、耳が冷えるのだけは耐えられない。手足の末端が冷えて感覚がマヒするのも何とか耐えられるけど、耳が冷えると脳天までキーンと痛みが走り、バランス感覚が失われてしまうほど辛い。

なので、今まで色々なアイテムで冬場の耳の保護を試してきて、ついに理想のアイテムにめぐり逢えたという感動的かつステマ的なお話です(オイ)

■自転車用ではないイヤーマフ
ew002.jpg
ew003.jpg
まあまあ暖かいけど、かさばるしヘルメットと干渉するし、やはり自転車には適していない。

■耳まで覆うタイプのスカルキャップ
ew004.jpg
薄手だけど防風素材でできているので実用性は高い。耳の下側が露出してしまうので完全防備にはならない。薄くてペラペラなので風切り音がすごい。走ってるとゴーゴー言うので会話ができない。

■耳まで覆うタイプのフェイスカバー
ew005.jpg
顔は暖かいけど、単体では耳の上部が露出してしまう。呼吸が苦しくなって鼻や口を露出させると同時に耳も出てしまうのが難点。そして一度ずり下げるとヘルメットの顎ひもと干渉して再度耳を覆うにはヘルメットを脱がなければならない。

今まではスカルキャップとフェイスカバーを併用してお互いの欠点を補完するように使用していました。
ew006.jpg
ただ、補完しているのは耳を覆う範囲だけで、風切り音がうるさいというのと、フェイスカバーを下にズラすと耳が出てしまうという欠点はそのまま。


しかし、ついに見つけてしまったのです。理想のイヤーパッドを!
ew001.jpg
R250(アールニーゴーマル) イアーウォーマー※写真はメーカーサイトより


耳をすっぽり覆うパッドをヘルメットに取り付けるスタイル。
ew007.jpg

装着イメージはこんな感じ。
ew008.jpg

裏起毛でエレガントな肌触り(笑)
ew009.jpg

ズレないように顎ひもを通すようになっているけど、
ew010.jpg

メインの固定はヘルメットのアジャスターにベルクロで固定する仕組み。
ew011.jpg
ew012.jpg

ヘルメット内側の「こめかみ」部分に3〜4mmの厚みのパッドが左右に追加されるので、人によっては窮屈に感じるかもしれません。
ew013.jpg
購入を検討される方は3〜4mmのフェルト等を該当部分に貼り付けてみて、感触を試してみると良いと思います。
私のこのヘルメット「Kask Vertigo 2.0」はこの部分に元々保護パッドがついているので、それを取り外しての装着だと若干厚みが増した程度に収まり、違和感もなく超快適になりました。Amazonレビューに星1つを付けている人はその部分が不満だったようです。

で、さっそく極寒の金峰山へ行ってきました。
ew014.jpg
めちゃめちゃ良い!!すきま風など一切の侵入もなく、風切り音もかなり低減。走りながら快適に会話できる程度にノイズをカット。これは安全面から考えても、良いかもしれない。ただし、ノイズが低減するぶん相対的に音が聞きとり易くなるだけで、耳に入って来る音量は当然ながら少なくなるので、止まった状態で会話するには不便を感じる。まあ、その時はパチッと顎ひもを外せばいいんだけど。

この商品、ワールドサイクルという通販専門メーカーのオリジナル品なので通販でしか買えません。たぶん。本家サイトとAmazonでは同じ値段なので、送料を考えるとAmazonの方が良いと思います。

という事は、我がブログのアフィリエイトリンクからお願いしまーす!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
posted by ないちん工場長 at 23:30| Comment(6) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする