2017年02月21日

ステキ女子と行く、諫早サイクリング

ihr001.jpg

いつも頼りになるお坊さんから、「フェリーであっち方面に渡って、ぐるっとあちらこちら走りませんか?」とお誘いを頂いたので二つ返事で参加してきました。本当はちゃんと地名を織り交ぜながらどこどこを走って・・・と説明を受けたんですが、道を覚える気がない私の脳内で前述のように変換されます。脳って万能。

まずはお寺に集合し、熊本からの参加者5名を自転車運搬車と人間運搬車の2台に集約して長洲港へ向かいます。「自転車」としてバラバラでフェリーに乗ろうとすると車両スペースの関係で全員同時に乗れなかったりするので、大事を取って自転車は全てハイエースに積載し、「自動車(運転手1名)+大人4人」で乗船しました。

8時出港のフェリーに、7時58分に到着するというギリギリっぷりにもかかわらず、車両はガラガラ・・・
ihr002.jpg

45分の船移動はオヤツを食べながらゆったり過ごす(つもりでした)。
ihr003.jpg
コーヒーとチーズちくわと、カモメパン。

「有明フェリーに乗るなら、ちくわは食べておいた方が良い」と、助言をいただいたので食べてみると、確かにウマい!(まだ自転車に乗る前なので、乗った後は何でも美味しく感じてしまう自転車補正は掛かっていません)。クリーミーなチーズがぎっしり詰まってて、ちくわとの相性も抜群でした。
ihr004.jpg

カモメパンは、「オススメ品」と書いてあったので。
ihr005.jpg
シンプルかつ素朴な味で、ちょっと物足りないかなーと思いつつ噛んでいくと甘みが出てきて、まあこんなもんか?と思っていたら、「え、食べてる・・・」的な雰囲気を察したので、冷静に状況を見てみると、どうやらカモメに餌付けする為のものだったみたい。奈良公園で鹿せんべいを食べてしまったような心境ですな。


誰かがパンをやり始めると、たくさんのカモメが近づいてきました。
ihr006.jpg

試しにパンを持って待ちかまえてみると・・・近づいてきた
ihr007.jpg

キャッチ!!
ihr008.jpg
ihr009.jpg
おもしれ〜!

ちなみに、撮影風景をはたから見るとこんな感じになります(笑)
ihr0081.jpg

遊んでいるとアッという間に多比良港に到着。
ihr010.jpg

下船する時はみんな一緒に行きましょう!と、密航スタイルで。何でそんなに楽しそうなんだ(笑)
ihr011.jpg

あ、ちゃんと運賃は払っておりますよ、大人なので。
ihr012.jpg

下りたら準備して、
ihr013.jpg

長崎組と合流しました。
ihr014.jpg

長崎の方々に先導してもらいしばらく進んでトイレ休憩の後、
ihr015.jpg

堤防道路と呼ばれる「雲仙多良シーライン」に突入します。
ihr016.jpg
ず〜〜っと直線。


中間地点の展望所に立ち寄り、休憩&撮影会。仲間にリドレー乗りのコがいたので、
ihr017.jpg

チーム・リドレー結成!
ihr018.jpg
「僕のリドレーが組み上がったらチーム・リドレーを結成しましょうね!」と約束した、大藪サイクルでリドレーのフレームを買ってくれたMさん(男)、すみません先に女の子と結成してしまいました(爆)


で、見晴らしの良い所で自転車を並べてパチリ
ihr019.jpg

客観的に見るとこんな感じ(笑)
ihr020.jpg

そこからまったりと進み、昼食スポットの隆砲ラーメンへ。長崎へ来て、久留米ラーメン。
ihr021.jpg
写真はこれだけ。

なぜなら、撮影お断り。
ihr022.jpg
店内にも色々なルールが書かれており、面白いお店でした。覚えているもので、14時まで禁煙・取り皿は出しません・子ども用を含め飲食物の持ち込み禁止・会計は一緒で・段取りがあるので替え玉を注文予定の人は先に言っといて・バイクは入り口前に止めて、など。なるべくたくさんの人に快適にラーメンを食べてもらうという事を突き詰めれば、こうなるんだろうなと妙に納得しました。もちろん、美味しかったです。替え玉すればよかったなぁ〜と食べながら後悔はしましたけどね。


ラーメンを食べ終わると、「五家原岳を見たくないですか?」との提案が・・
ihr024.jpg
イベント概要のメールには、登りはほとんどなしと書いてありますけど?はて?


イケる所まで行きましょうか、と結局向かうハメに。
ihr023.jpg

いつも走っている金峰山とは違って、ほぼ直線の登り。
ihr025.jpg

結成ホヤホヤのチーム・リドレー+αで登って行きます。
ihr026.jpg

今日のところはこれぐらいでカンベンしてやるか!と、ここで折り返し。助かった!
ihr027.jpg

そこからビャーッと下って、干拓地の方へ。
ihr028.jpg
気持ちいいぐらい、ずーっと直線。風が強くなければ最高なんですが、遮るものがないのでビュービュー。

ここは日本か?っていうぐらい、だだっ広い湿地帯へ到着。見晴らしはすごく良い。何もないけど。マイクロバスでここを見に来たじぃさま達がいたけど、ここを見る為だけに来たのかな?干拓地マニア?
ihr029.jpg

そして、帰りの港を目指しながら、シメのスイーツスポットに向かいます。
ihr030.jpg

長崎石畳ショコラでおなじみの、「ネオクラシック クローバー」へ到着。
ihr031.jpg

しかし、自分はケーキの気分ではなかったので、隣の和菓子屋さん「しみず茶屋」で、
ihr032.jpg

ソフトクリーム!・・いたって普通のソフトクリームでした。
ihr033.jpg

女子たちは店内で名物の石畳ショコラを注文。
ihr034.jpg

ヨダレを垂らしながら見ていたワケじゃないけど、ステキ女子から「ないちんさん一口食べますか?」と、「あ〜ん」してもらいました!

あ〜ん♪されたケーキを口に含んだん瞬間、「お坊さんと間接キッスになりますけどねっ!」の一言。

チッキショ〜〜〜!!※小梅太夫風に


間接キッスのショックを引きずりながら、多比良港へ到着。
ihr035.jpg

帰り仕度をしてフェリー乗り場に並ぶも、次の次!というところで満車・・次の便に回されました。その待ち時間の間のオシャベリ会議で、「せっかくだからどこかで晩御飯食べて帰りますか!」となって、まさかのグルメスポット追加!やったぜ!

念願の夢だった荒尾の「シャ・ラ・ラ」
ihr036.jpg
ずっと気になるお店だったけど、わざわざ荒尾までは来ないよね〜的な。


何で気になっていたかというと、
ihr037.jpg
99種類のパフェ!!メニュー裏面もびっしりです。いやー、そそられますなぁ〜

しかし、ハンバーグについてきた大盛り御飯の量が予想以上に多くお腹一杯になってしまったので、
割とスタンダードなマロンパフェにしてしまいました。ホントは冒険したかった。
ihr038.jpg


日曜日に、ほぼ丸一日家族をほっぽって遊びまわった代償は・・

これと(これは嫁様用)
ihr039.jpg

これ(これは主に娘用)
ihr040.jpg
ihr041.jpg
ihr042.jpg
石畳ショコラ・お持ち帰り用ハーフサイズ。

やっぱリドレー乗りは石畳と聞けば外せないよね!
ihr043.jpg
Tested on pave=パヴェ(石畳)走行による厳しいテストを経た証

たった一日しか家を空けていないのに、帰宅すると何だか長い間旅に出ていたような、そんな気になる楽しい一日でした。遊んでくれた方々、遊ばせてくれた地域の方々、ありがとうございました。

【追記】
※石畳ショコラの持ち帰り方※
(1)バイシクルクラブ3月号を買います。
ihr045.jpg


(2)付録のハンドルバッグに詰めます
ihr044.jpg

(3)ハンドルへ装着します
ihr046.jpg

このバッグは折り畳むと、おまんじゅう1個分ぐらいの大きさになるので今回のような旅にはオススメですね!(実は今回の旅もリュックのサイドポケットに入れて持って行っていたんですが、すっかり忘れてて使わなかったという・・)
posted by ないちん工場長 at 23:19| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ニューマシンの進水式は極寒のナルシストで優雅な朝食と共に。

新しい自転車を組んだので、遠出する前に一度チェックを兼ねてチョイ乗りしたいです!と声を掛けたら朝5時半という時間にもかかわらず3人の友が集まってくれました。(なぜ進水式と書いたかは次の次あたりの記事で書きます、たぶん)

まずはお決まりの「峠の茶屋」看板前でパチリ。ニューマシンでは初。
sss001.jpg
ここで1人、門限で退散したので残った3人で「ナルシストの丘」へ。

ナルシストの丘へ到着!まだ薄暗いですね。
sss002.jpg

空のグラデーションと、お月さまと共に。
sss003.jpg

ニヤニヤしながらニューマシンの一人撮影会をしていると、テーブルにはお坊さんの四次元ポケットから出てきたアイテムが続々と並びます。
sss004.jpg

「本物の進水式はシャンパンだけど、代わりにコーヒーをご馳走します」と、粋な計らい。しかし、並んでいるのはエスプレッソ器具とミルクの入った鍋。
sss005.jpg

温めたミルクを泡立てて、エスプレッソに注ぎ、上からシナモンをまぶして、何とカプチーノを作ってくれました。惚れてまうやろ!
sss006.jpg

そこへ、ステキ女子がおもむろにリュックから取り出した物は・・・出来たてホヤホヤの、手作りの塩パン!
sss007.jpg
惚れてまう・・いや、もう好きです!

しかし、コップが無い!!というハプニングによりカプチーノを鍋のままでいただくという、ワイルドカフェとなりました。
sss008.jpg
冷たい風が吹き荒れて本当に寒かったんですが、仲間達のおもてなしにより心はポッカポカ。

一滴残らず最後まで、美味しく頂きました。
sss009.jpg
最高の進水式でした。
posted by ないちん工場長 at 00:18| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

2日連続で山鹿へ

【1日目】
毎度おなじみ?の頼れるお坊さんから、「ゆる〜くラーメンライドがてら、大藪さんとこに遊びにいきましょう」とお誘いがあり、夫婦で参加してきました。

ルートのほとんどが、あまりスピードが出せない「ゆうかファミリーロード」という事もあり、お坊さんと私の男性陣は事前に申し合わせてMTBで行く事に。
ymg001.jpg
集合場所で皆が集まるまでの間、悪ふざけ・・

ポタリングと呼ぶにふさわしい、のどかな道を進んで行きます。
ymg003.jpg

電車とすれ違ったりなんかして、風情がありますなぁ
ymg002.jpg

ゆうかファミリーロード名物の「なぜ?階段!?」スポット(写真後部)もMTBなら楽勝でスイスイ♪
ymg004.jpg

終盤はファミリーロードから外れて、走りやすい河川敷の方を進みます。
ymg005.jpg

大藪サイクルへ到着!!
ymg006.jpg
私のポーズはとある友人の選挙ポスターをオマージュしております(笑)
メインのラーメンがまだったったので、挨拶もそこそこにラーメン屋さんに向かいます。

さくら湯の横の「温泉プラザ山鹿」内にある華北飯店の豆乳坦々麺が美味しいらしいです。
ymg007.jpg
※写真はちよさんのブログより勝手に拝借。今度ジュースおごります。

別にひねくれているワケではありませんが、豆乳が嫌いな私は「ゴマラーメン」を注文。
ymg008.jpg
あっさりピリ辛に、にんにくの芽と肉の炒め物のアクセントが効いて美味しかったです。

食後のデザートに、有名らしい(私は知らなかった)灯篭饅頭を吉田屋の
ymg009.jpg


隣の、看板も名前もメニューも価格表示も無いお店へ。値段も分からないお店へ入るなんて、セレブぅ〜
ymg010.jpg

この回転焼きとはちょっと形がちがう、もっこりドーム状なのが灯篭を模しているんでしょうか・・
ymg011.jpg

大藪サイクルまで持ち帰り、みんなでワイワイおやつタイム。
ymg012.jpg

ゆっくりおしゃべりができるテーブルセットのおかげで、ついつい長居してしまいます。
ooyabu03.jpg

帰りは夕陽を浴びながら、優雅に河川敷〜ファミリーロードを走り帰宅。
ymg013.jpg
ロードバイクだとちょっと不完全燃焼に終わってしまうファミリーロードも、MTBだと結構満足できる運動量になりました。

【2日目】
大藪さんとこへちょっとした作業を依頼する為に山鹿へ。

山鹿へ到着してまずはブログやFB投稿での写真を見て行きたいと思っていた念願のカレー屋さん「千鈴(ちりん)」へ。
ymg015.jpg
あら?ちょっと早く着いたかな?まあ、オープンまであと2分だから待つか・・・中に人のいる気配が全くない。定休日とは書いてないけどなぁ〜

諦めて、華北飯店へ(笑)
ymg014.jpg
前日は我慢した、「セット」を注文。メインは昨日美味しかったゴマラーメンを。全然運動していないのでこの量はかなり苦しかったです。しかし美味しいので完食。

そこから大藪サイクルへ到着したのが13時前ぐらい。寛ぎスペースや、次々にやってくる仲間たちのお陰で、またまた長居してしまいました。なんか、帯山に店があった時よりも頻繁に通っているような(笑)

ここ最近、山鹿に行く機会が多く色々と山鹿の良さを体験しているんですが、不思議な事に豊富な観光資源の割には観光客が少ないような気がします。遠すぎず、近すぎず、中途半端な距離がイカンのかなぁ〜
posted by ないちん工場長 at 00:52| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

自転車用品の値段を表す単位のご提案

今回は(も?)くだらない話なので忙しい方や真面目な方はスルー推奨です(笑)
趣味の世界ではそれに全く興味がない人からすると理解に苦しむような値段のものが多々あります。

去年の夏の終わりごろに購入し、まだ組み立てていない我が家のリドレー・ノアさんもフレーム単体で、
noah003.jpg

この通勤用GROMと同じ値段。
grom.jpg

なので、どストレートに○○万円!と言ってしまうと「こいつアタマおかしいんじゃねーの?」と思われてしまう可能性が高いし、そもそもお金の話ばかりするのも下品な感じがしますよね。特価品を激安で購入できた時は金額を言う事はあっても、高価なものを買った時に自分から「これ、○万円もしたんだぜ!?」などと言う事は滅多にないので、高級品の購入価格の話題になる事は少ないんですが、自然な話の流れで金額の話題になる事もたまにあるし、脊髄反射で「それいくら?」ってすぐ聞いてくるデリカシーの無い人もいるので、うまい具合にボカシて表現する方法は無いのかな?と考えてみました。


そして、良い単位を思いつきました。それは「ママチャリ」。
ママチャリ1台分の値段を1ママチャリ(いちままちゃり)、2台分の値段を2ママチャリ・・・

ママチャリと聞いて普通の人が思い浮かべるのは、ホームセンターなどで売られている自転車の形をした粗悪品のアレ(ちゃんとしたメーカーのちゃんとしたやつはシティサイクルと呼びましょうネ)。値段も下は8,000円ぐらいから上は15,000円ぐらいまで幅があるので、聞いた人の受け取り方によってその人が思い浮かべる価格が違ってくるというのがキモ。うまい具合にボカシた表現になる。また、この安売り品を基準にする事で親しみのあるような、なんだか安いような気がするというのもポイント。この表現を使う立場としては、1ママチャリ=1万円ぐらいで使用すると良いでしょう。

「それ、何(なん)ママチャリ?」
「5ママチャリぐらい」


ほら!どうでしょう?「それ、いくら?」と聞かれるよりもはるかに楽しい会話になりましたね。これ、流行らないかなぁ(笑)


で、今日は昨年末に福岡のプロムナーダーさんで購入した2ママチャリのサドル(英国製)を20ママチャリの折り畳み自転車に装着しました。
brooks01.jpg

装着前
khs001.jpg

装着後
khs002.jpg
横から見た感じほぼ分からない・・

上から見ると結構大きくなりました。
brooks02.jpg
元々付いていたサドル(写真左)はクッションが入ったソフトなタイプなのにお尻が痛く、今回購入したサドルはクッションが一切入っていない革サドルなのに全然お尻が痛くなくて座り心地抜群。不思議〜

posted by ないちん工場長 at 23:30| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

大藪サイクル、本日オープン!

40年近く帯山で営業していた大藪サイクルが熊本地震により店舗が使用不能になり、山鹿へ移転しました。約一ヶ月に及ぶ引越し作業を経て、本日オープンです。引越し作業では片付け、梱包、輸送、什器の修理、新店舗作り、開梱、陳列など撤収から開店準備まで、のべ100人以上は集まったんじゃないかという大藪サイクルファンの皆で手伝いをしました。こんなに大勢の人に愛されているお店ってなかなかないんじゃないでしょうか。

店舗スペースの制約から解き放たれた大藪サイクルを、とくと見よ!
ooyabu02.jpg
ooyabu03.jpg
ooyabu04.jpg
ooyabu05.jpg
ooyabu06.jpg

駐車場もばっちり!
ooyabu01.jpg

オープンセールもやってるみたいですよ。
ooyabu07.jpg

ちょっと心配なお店へのルートですが、数回にわたる手伝いの末、ワタクシが開発した渋滞を避けるルートを紹介します。

まず、飛田バイパスのナフコ(旧ニコニコドー)から左斜めに入ります。七城へ抜ける道ですね。
map01.jpg

で、ずーっと道なりに進んで「馬丼」の看板がある交差点を左折。
map02.jpg

そこからまた道なりにひたすらまっすぐ進むと丁字路に突き当たるので、そこを左折。
map03.jpg

そのまままっすぐ進むと国道3号線に出ます。3号線はここから先は渋滞はありません。
map04.jpg

3号線を北上して行くと、右側にセブンイレブンとファミリーマートがあり、その間に入るように右斜めに入ります。オグショー827の方へ曲がると言った方が分かる人が多いかな(自分の知り合いでは)。
map05.jpg

それからずっと道なりに進んで橋を渡ると、
map06.jpg

すぐに左手にセブンイレブンがある信号交差点があるので、そこを左折。ストリートビューではまだ更地でした(笑)
map07.jpg

しばらく行くと大きめの信号交差点があるので、そこを過ぎてすぐ斜め右へ
map08.jpg
map09.jpg


途中、ゆうかファミリーロードと交差します(ガードレールの所)
map010.jpg

道は狭いですが頑張って進んで行くと、民家が立ち並ぶ所に突然、大藪サイクルが現れます。
map011.jpg
グーグルマップではすでに記載されていた・・今日オープンなんですけど(笑)

道が細い所がちょくちょくありますが、ハイエースワイドボディでも難なく通れるので大丈夫でしょう。自転車なら楽勝ですな!

以上。


posted by ないちん工場長 at 12:17| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

ナルシストの先、どこに行く?

narusaki001.jpg
サイクリングの定番スポット、ナルシストの丘。バイク乗りの間では結構前から知られていた場所で、最近は自転車乗りもそこに来てコーヒーでも飲みながら景色を堪能して一息つく場所。

金峰山ふもとのセブンイレブン花園1丁目店から峠の茶屋まで登り、そこから山頂の方へは曲がらずにまっすぐ進んでナルシストまで行くと大体満足できるぐらいの運動量で、時間もそんなにかからない。自宅からだと往復40kmぐらいで獲得標高668m。仕事前や家族サービス前にチョイ乗りするにはちょうど良い。

しかし、いつもより時間に余裕がある時、もうちょっと運動したい時に定番になりつつあるコースが、広域農道〜吉次峠〜3号線のパン屋さん。
narusaki007.jpg
いつもはナルシストから引き返すんだけど、そこからそのまま向こう側に下りて行き、ループ橋をぐるっと回った後右に入る。そこからが広域農道で、楽しいアップダウンがあります。

ただ、何を目指すわけでもない、競技をしているわけでもない、ダイエットをしてるわけでもない、トレーニングをしてるわけでもない我らホビーライダーにとって、きついだけじゃ面白くない。やっぱり何かしらの目的地、特に美味しい物がないとやってられませんな(笑)

という事でどこか美味しいスポットがないかと、いつも探し求めているんですが、今日は新しいパン屋さんを発掘しました(というか、一緒に走った人のオススメで行ってみた、というのが正しいけど)。

BACKEREI HESTIA(ベッカライ ヘスティア)
narusaki002.jpg
自転車ラックが設置されていて、食べるスペースがある。これは自転車乗りにとって嬉しいですね。

国道3号線のフジバンビの先の無法松がある丁字路のところにあります。
narusaki004.jpg

デコポンのデニッシュと、白桃のデニッシュ、そしてサラダサンドを頂きました。
narusaki003.jpg

物干し台?を改造した自作の自転車ラックを設置しているオーナーさんも、自転車乗りが来店したのがよほど嬉しかったみたいで、すごくテンションが上がってました(笑)
そして、出来たてホヤホヤのチョコのパンを差し入れに頂きました。
narusaki005.jpg
某チポリーノさんのように自転車乗り全員に出てくるという類のものではないと思いますのでご注意を。というか、チポリーノさんも差し入れのサービスはそろそろ終了してもいいんじゃないかなーと思います。あの空間を提供していただけるだけで嬉しいし、我らは「チポリーノなう!」って言いたいだけなんです。差し入れは嬉しいですが、無くなっても何とも思いません(笑)

写真では写らなかったけど、湯気が出ていてホッカホカのトロットロ。
narusaki006.jpg
大変おいしゅうございました。
「ぜひ拡散しといて〜!」と言われたので賄賂を貰った分、宣伝しときましたよ。

本日の走行距離50km、獲得標高823m、消費カロリー1009kcal
narusaki000.jpg
posted by ないちん工場長 at 12:33| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

ネジの整理、進化してたテプラ

先の熊本地震でグッチャグチャになった物置内。中でも酷かったのが、パーツ整理BOXに小分けしていたネジ類の散乱でした。ぜーんぶバラバラ。引き出しに差し込んでいたネームプレートも漏れなく外れて、1からやり直しです。
neji001.jpg

とりあえず全部広げて、サイズ・種類・材質ごとに並べていきます。
neji002.jpg
※画像は総数の半分ぐらい

それから、パーツ整理BOXの引き出しに小分けしていくんですが・・・またネームプレートを作るの面倒だなぁ・・・そうだ!テプラで作ろう!

テプラと言えばあの小さい液晶画面しか付いてなくて、文字入力や書式設定などが超絶面倒な従来のテプラマシーンを想像する方も多いでしょう。しかし、PCで編集してプリンターのように出力できる上位機種が存在するんです。

テプラPRO(SR3500P)
tepra001.jpg


書式やレイアウトなど、自由度が高いのも優れた点ではあるけど、特筆すべき点は「流し込み出力」が出来る事。
tepra002.jpg
テキストエリアにセルを割り当てて入力していく事で、大量の管理ラベルを作るのが格段に楽になります。

余白を充分にとっていれば、ラベル毎に自動カットされるんですが、ギリギリに設定してしまった為につながって出て来ました。
tepra003.jpg

しかしちゃんとカットラインが入っているという親切設定。
tepra004.jpg

これを引き出しに貼っていって・・・
tepra005.jpg

完成!
tepra006.jpg

テプラによって効率が上がったのはラベル作成だけで、ネジの分別はとてつもなく面倒でしたけどね。まあ、その場しのぎでテキトーにやってたら一生面倒な思いをするハメになるので、最初だけ苦労をしておくのは正解ではないでしょうか。

で、進化していたテプラ。他にも有用な用途がないかなぁ〜?と思ってメーカーサイトを見に行ってみたら、ありました!ないちん工場的に使えそうなラベルが。
tepra007.jpg
熱収縮チューブと、ケーブル表示ラベル。


熱収縮チューブはその名の通り、チューブですな。
tepra008.jpg

ケーブル表示ラベルは印字面を透明フィルムで巻いて保護する仕組みになってます。
tepra009.jpg

出力するとこんな感じ。
tepra010.jpg

端子を作ったり、結線する前のコードならチューブに挿入して、
tepra011.jpg

ドライヤーやライターなどで熱を加えると、キュッと縮みます。
tepra012.jpg

耐久性を確かめるために、パーツクリーナをつけて擦ってみました。
tepra013.jpg
うっすらとインクがペーパーに付着するぐらい剥がれはしたものの、パーツクリーナーで擦ってこの程度で済むなら耐久性は充分すぎるほどでしょう。

すでに結線してあるコードにはケーブル表示ラベルを。
tepra014.jpg
ここまで小さくて入り組んだ所だとちょっと面倒ですが・・・この透明フィルムを一周巻いて、完成。
tepra015.jpg

テプラをちゃんと垂直に切ったり、角を丸く落としたりするのに便利な専用ハサミも合わせてどうぞ(笑)
posted by ないちん工場長 at 23:52| Comment(0) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

ガレージの電気工事

ガレージ内であーんな事やこーんな事をするには電気が無いと話になりません。なのでまずは電気を引っ張ってきます。しかし、いくら自宅であっても電気工事は電気工事士の資格が無いとやってはいけません。資格を持っている人なら誰でも分かる事なので、細かい方法や解説は書いても意味がないので書きません。え?僕ですか?資格なんて持ってません。それについては後述します。

まずは材料調達。資格なんてなくても材料の調達はできる!
dk001.jpg
VVF2芯に各種パネルや、

露出ボックス、差し込みコネクタなど・・
dk002.jpg

下準備として、ガレージ内の壁にどうやってスイッチやコンセントを設置するか考えます。壁は薄い鉄板1枚のみなので、直接ビス留めするワケにはいきません。

そこで、ほぼ等間隔にある出っ張りに木枠をビス留めし、そこにパネルを挟み込みました。
dk008.jpg

出っ張りの高さとほぼ同じサイズの桟木2m(1本80円)をハンズマンで発見!
dk009.jpg

それに「コーナーフィット」を使用してパネルを取り付けます。
dk010.jpg

ちゃんとフタも付いていて仕上がりもバッチリ。
dk011.jpg
コーナーフィットはキャンピングカー屋さんの通販にてご購入下さい。他所で見た事ないです。

そして、電線の引込口を作ります。
20mmのホールソーで穴を開け、リーマーでバリ取り。
dk012.jpg

電線を傷つけないようにグロメットを取り付けます。
dk013.jpg

ここから水が入ったら大変な事になるので、引込カバーを取り付けます。PF管を差し込むタイプ。一応、コーキングを塗ってからビス留め。
dk014.jpg
dk015.jpg

電源は屋外コンセントの「送り側」から取ります。
dk005.jpg

が、この屋外コンセント、数年前にプロに依頼したものですが仕上がりが雑なのでちょっと手直し。
dk004.jpg

露出ボックスとPF管コネクタを使って、ちゃんとね。
dk006.jpg
dk007.jpg


その穴から引き込んだ線を上まで立ち上げ、
dk016.jpg

ブレーカー→差し込みコネクタへ
dk017.jpg

この差し込みコネクタは電源・送り・スイッチ・負荷と、差し込むだけでスッキリ分岐出来るスグレモノ。
dk003.jpg
普通の差し込みコネクタに比べると数倍の値段がしますが、たくさん使うものでもないし、スッキリ仕上がるので使ってみました。


その送り側から伸ばした電線は、換気扇近くのコンセントへ。
dk018.jpg

そこから下へコンセントボックスを延ばして完了。
dk019.jpg

で、今回の電気工事は資格が不要な部分までは全部自分でやって、資格が必要な部分は近所に住んでいる(と思い込んでたけど実は違っててわざわざうちまで来てくれた)高校時代の同級生に手伝ってもらいました。
ik.jpg
ワイヤーストリッパーの存在意義を否定するかのように、普通のニッパーでピュンピュンと電線の被覆を剥く様は見ていて気持ちいい職人技でしたね。マジすごいの!IK君お世話になりました。

照明がついて明るくなったガレージ。壁が寂しいから時計が欲しいなぁ〜(チラッ
購入したら自動的に「ないちん工場」へ届くAmazon欲しい物リストはこちら→http://amzn.asia/akYSOqN
ガレージ完成祝い、お待ちしております(笑)
タグ:DIY
posted by ないちん工場長 at 01:27| Comment(0) | イナバFXN-81HDドマール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

除夜会からの初日の出ライド

昨年に続き、大晦日は「頼れるお坊さん」のお寺で除夜会(じょやえ、と読みます。じょやかい、じょやかいと言ってたら「じょやえ、ですよ(汗)」と教えてくれました。はずかピー)に参加し、お坊さんのありがたいお話を聞いて、除夜の鐘を突きながら新年を迎えました。

そのお坊さんから初日の出ライドのお誘いを受けていたので、帰宅してベッドに入ったのがAM2時でしたがAM5時に起きて準備し、「いつものセブンイレブン」へ向かいます。

セブンイレブンへ一番乗りして、参加者を待っていると・・・
hhr001.jpg
またもや黄色いジャージの人々が・・・今回は事前に聞いてましたけどね(笑)
チームGINRIN熊本の方々と、除夜会からお寺に集合した長崎の方々、そしてお坊さん率いる大藪サイクルメンバー、その他名前も所属も存じ上げない方と初日の出を目指します。

YONEX、TIMEの自転車に囲まれて、オセロみたいに自分の自転車も高級車に変わらないかな〜と妄想してみたけど、自分の自転車は端っこだった・・
hhr003.jpg

長崎のサイクルショップ店長からお土産をいただきました!
hhr002.jpg
これ、日の出を拝みながら味わいましたが、大変美味しゅうございました。思いがけずスイーツ初め(ぞめ)もできてシアワセ〜な1年の始まり。今度長崎に行った時はカステラじゃなくてこれ買って帰ろ。

「金峰山の山頂へ行きましょう」と登って行くと、峠の茶屋交差点で警察官が交通整理を行っていました。そこから金峰山の方へ左折すると、ずら〜っと車の列が出来ていて超渋滞。というか上まで行けないので車を止めて皆歩いて登っていました。今ココを歩いている人は日の出に間に合うんだろうか?そんな人たちを尻目に登って行くと、なんと「さるすべり」から上は自転車も通行禁止みたいで、これは日の出に間に合わないと急きょ行き先を変更。すぐに下って、ある場所へ登り直します。

普通の人ならロードバイクで入って行かないような所。
hhr004.jpg

道は悪いけど標高はそんなに高くないので日の出に間に合いました。
hhr010.jpg

幻想的な景色に、参加者もウットリ
hhr005.jpg
うちらの他には4人ほどしかいなかったので、穴場と言えば穴場だけど簡単に入って来られるような場所でもないので支障はないかもしれませんが、一応場所は秘密という事で。知っている方も「そこは○○ですね!」等のコメントを差し控えていただけると幸いです。

他に人がほぼいないので、撮影遊びが始まったり(笑)
hhr006.jpg

私も遊んでみたり。
hhr007.jpg

天上天下唯我独尊!(とは言ってませんが)
hhr008.jpg

ひとしきり遊んだ後、悪路区間の終点で集まって、解散。
hhr009.jpg
遊んでくれた方、ありがとうございました。
そして、今年もよろしくお願いします。
posted by ないちん工場長 at 04:08| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

【リアルなお付き合いのある方へ】
今年はもう少し遊びの幅を広げて楽しみたいと思っておりますので、お付き合い下さいませ。

【全くお付き合いがないけど、よく見に来てくれる方へ】
今年もチクチクと物欲を刺激する記事を頑張って書きますので、当ブログからのAmazonリンクでどしどし買い物をお願いします。

akeome.jpg
posted by ないちん工場長 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする