2016年11月07日

阿蘇を満喫!大藪サイクル波野BBQサイクリング

毎年恒例の大藪サイクル阿蘇BBQサイクリング。阿蘇の山道をちょろっと走ったあと、「肉の軽木」さん(いまきん食堂へ卸しているお肉屋さん)提供のお肉をBBQでいただき、最後は抽選会で締めるという夢のようなイベントに家族で参加してきました。

の前に、前日の土曜に車でラジオを聞いていると「ひばり工房」の池田さんが出演し、とあるイベントのPRをしているではないか!
namino000.jpg
内牧(うちのまき)で開催される「阿蘇マルシェ」で朝ご飯を食べませんか?と。イベントの開始時間は朝7時。大藪イベントは9時ぐらいまでに波野「やすらぎ交流館」に行けばよいので、何とも丁度良い時間帯。と言うことで、5時に起床して会場へ向かいました。

57号線は地震の影響で阿蘇大橋付近で不通になっているので、ミルクロード入口付近の「二重(ふたえ)の峠」を通って内の牧へ降りて行きます。途中の展望駐車場で雲海をパチリ。
namino001.jpg

6時40分頃、会場へ到着。
namino002.jpg

7時開始を前に、出店ブースが準備を進めています。
namino003.jpg
namino004.jpg
namino005.jpg
namino006.jpg
namino007.jpg
namino008.jpg
namino009.jpg
namino010.jpg
namino011.jpg

オープニングセレモニーでバルーンリリースを行うので、みんなで待機。
namino012.jpg

有名なイベントなのか、TKU、KKT、NHKが取材に来てました。KABのカメラマンをしている友人にバッタリ会うも、単に遊びに来ていただけでした(笑)
namino013.jpg

ありがとう〜!と叫びながら、リリース!!
namino014.jpg

オープニングイベントが無事に終了し、整理券を握りしめて「ふるまいメニュー」の配布に並びます(1008夫妻様、その節はお世話になりました)。
がんもどきの蕎麦の実あんかけに、
namino015.jpg

あか牛田楽、
namino016.jpg
namino017.jpg

鰻(う)巻
namino018.jpg

とき鮭ときのこ、甘栗の炊き込みご飯・うまか汁、りんごのゼリー小豆あんくず餅のせ。
namino019.jpg
こんな豪華な朝ご飯がなんとタダ!無料ですよ。意味わからん(笑)

食べ終わって、少し時間があったので「引き馬」体験。狭い所を一周歩くだけで500円・・・
namino020.jpg

ひばり工房のチーズフランクもマストだろ!と、行ってみると大行列が。
namino021.jpg
これに並ぶと大藪イベントに間に合わなくなってしまうので、泣く泣く諦めて本命のイベントへ向かいます。

さて、やっと大藪サイクルイベントが始まります(笑)
namino022.jpg
受付開始前の楽しいおしゃべりタイム。

丁寧なブリーフィングの後、
namino023.jpg

走行開始!57号線を少し大分方面へ走り、
namino024.jpg

左に曲がって山道へ入って行きます。
namino025.jpg

そんなに登ってないんですが、スタートがすでに山なので景色は良いですね(笑)
namino026.jpg

第一チェックポイントのナントカ公民館。ここで一旦休憩してみんな揃うのを待ちます。
namino027.jpg
この時点で約23km。全行程は30kmなので、残す所あと7km。みんなで「もう終わっちゃうよね〜」などと話しながら、ある文章が頭をよぎります。

イベントの注意事項に書かれていた、
「ロードコース参加の方は参勤交代石畳(車両通行不可)は自転車を担いで歩くのでシューズを履き替える事をお勧めします。」

サイクルロードレースを見慣れた身としては「石畳ってパヴェだよね?あのぐらいなら乗って行けるでしょ?プロだって同じ自転車で走ってるんだし」と思ってました。

が、道はどんどん険しくなり、
namino028.jpg

あれ?
namino029.jpg

あれ?
namino030.jpg
※立入禁止と書かれていますが、大藪さんが事前にちゃんと産山村の教育委員会に許可を取っています。許可を取りに行った時、親切丁寧に案内までしてくれたそうです。いや、事前にココを下見しておきながらなぜGOサインを出したのか(笑)

石畳というよりは、
namino031.jpg

石垣のような・・
namino032.jpg

これ、何のイベントだったっけ?
namino033.jpg
namino034.jpg
namino035.jpg

ここ、弁天坂の石畳と言うそうです。
namino036.jpg

ここを登りきったらすぐゴール!そしてお待ちかねのBBQです。
namino037.jpg
参加費たったの2,500円で、このお肉!

サイクリング後でお腹減ってても苦しいぐらいの量が入ってます。
namino038.jpg

宴もたけなわ?になったところで抽選会の始まり。くじ引きスタイルで。
namino039.jpg

自分が引いた44番の袋には・・・
namino040.jpg
アソスのタイツが入ってました。22,464円って書いてあるんですけど(汗)
Lサイズって書いてあったので、試着して大きすぎるなら誰かに譲ろうと思って試着してみたら、何これ!?ってぐらい着心地良くて最高のタイツでした。

くじ引き大会の後は、参加者持ち込み協賛賞品争奪のジャンケン大会。何とうちの娘があの「寺本製茶」の豪華セットを勝ち取りました!
namino041.jpg
ティーバッグのセットと、特殊マグカップ&お茶&茶筒のセット。
namino042.jpg
うち、夕食後は必ずティータイムがあるので、一家団らんが捗ります。これを飲みきったら今度こそ注文しますね(笑)

そして、欠席者が出た為に余った景品を争奪するジャンケン大会でこんなモノをゲットしてしまいました。
namino043.jpg
61.6って聞いたことないメーカーだなーと良く見てみると、assos.comと書いてある。これもアソスでした。15,120円って書いてあるし・・こんなにもらっていいんでしょうか。しかし、誰かこのバッグの用途を教えて下さい(笑)

その後もおしゃべりで楽しい時間を過ごし、15時半ぐらいに帰路につきました。

食後のデザート兼3時のおやつで、道の駅なみのに立ち寄り、ソフトクリームを。
namino045.jpg

娘はキャベツソフト、
namino046.jpg
マズからず、ウマからず。娘は美味しいと言ってました。

自分は、そばソフト。
namino047.jpg
香ばしい香りがしてかなり美味しかったです。ほうじ茶ソフトに近いかな。

そして、どうしても心残りだったので、ひばり工房に立ち寄りチーズフランクとその他もろもろを購入。
namino048.jpg
その時、池田さんに「この時間は二重の峠は渋滞キツいよ。ここから大観峰に登って、ミルクロードから下りた方がイイヨ!」とアドバイスをいただき、2時間掛からないぐらいで帰りつきました。

大藪サイクルさんは「基本、定価販売で値引きはしない代わりに(たまーにブッ飛んだセールしますけどw)、アフターサポートや楽しいイベント開催で還元しています」と謳っているだけあって、本当にイベントが凄いです。何度も入念に下見を重ね、綿密な計画を立て、とてつもない労力をかけてくれます。また、自転車購入時は乗り方・ホイールの取り外し方・ブレーキの掛け方・ビンディングペダルの使い方など、じっくり時間を掛けてレクチャーしてくれます。熊本地震により店舗が使えなくなり、山鹿に移転してしまいますが、スポーツ車「最初の一台」を買うなら絶対にお勧めのお店ですので、この記事を読んで気になった方は是非足を運んでみて下さい。

で、あんだけ高い物ばかり当たって(もらって)さすがに悪い気がしたので、今日仕事帰りにペダル買って帰りました。もちろん定価で。
pedal.jpg
ということで、超長文で高い買い物をした自分への言い訳でした。めでたしめでたし。
posted by ないちん工場長 at 22:33| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

迷ったらチポリーノ

計画性が無く、道覚えが悪く、めんどくさがりな私は、普段の金峰山ライドを除けば基本的にサイクリングは誰かが作った計画に乗っかり、その人に付いて行くだけである。なので、「サイクリングをしよう!」と思い立った時の引き出しは非常に少ない。

この日は妻子が旅行に出かけていて1日自由dayだったので、久しぶりに1日がっつり、しかしマッタリ乗ってやろうと、ぼんやり行き先を考えてみました。80〜100kmぐらいをのんびり乗って、目的地(折り返し地点)では美味しい物を食べたいな、と考えた時に自分の引き出しにはチポリーノしかありません。

熊本の自転車乗りの方には説明するまでもないんだけど、チポリーノは山都町にあるパン屋さん。熊本市内からだと適度な距離と適度な登りを経た先で美味しいパンが食べられるという事で、サイクリングの定番ルートにしている自転車乗りも少なくない。オーナーさん夫婦も自転車に乗る方なので、自転車で来たお客を寛容に受け入れてくれる体制もポイントが高い。

サイクリング前日の昼ごろに声掛けをして集まったのは自分を含め3人。朝8時に大藪サイクルの前に集合し、とりあえずチポリーノを目指します。と言っても、道に自信がないので仲間の後ろを付いて行きます。言いだしっぺの計画者のクセに(笑)

行きは気温もかなり低く、登りもキツかったので写真を撮ったりなんたりする余裕もなく、ただひたすらにチポリーノへ向かってペダルを回します。そして、到着。
acr002.jpg
パニーニ(だったかな?)と、あんもちパイが自分の定番。

そして、食後のデザートを頂きます。
acr003.jpg

チポリーノのお作法として、サコッシュなどのカバンを携帯する事をオススメします。
acr006.jpg
全部美味しそうで、あれもこれも!と迷うけどその場では3つぐらいしか食べられないので、最終選考をパスしなかった準決勝敗退のパンを買って帰る為です。この日はアップルパイ・あんバター・ブルーベリーパイ・たこ焼きパンを買って帰りました。

で、帰路はせっかくだから違うルートを、という事で霊台橋(れいたいきょう)に立ち寄り散策。
acr004.jpg
いつも車で来た時に橋の上から見て気になっていた下の方に降りてみました。
acr005.jpg
しばらく写真撮ったりおしゃべりしたりしたあと、そこからちょっと下った所にある佐俣の湯で足湯に浸かろうという事になりそこを目指します。

と、その前に「森のぱんや」でオヤツを調達
acr007.jpg

佐俣の足湯に到着
acr008.jpg

爽やかな秋風を感じながら、足湯に浸かり仲間とおしゃべり。
acr009.jpg

オヤツを食べながら。女子かっ!
acr010.jpg
ちなみにメンバー3人全員アラフォー男子です。

そして「熊本の自転車乗り定番ツアー」のシメは(あれ?テーマ変わってるような・・・)、お好み焼きシマダ白藤店へ。こちらの店主も自転車乗りで、自転車トークに花が咲きます。といっても、大繁盛店なので食事の時間帯に行ってもゆっくりおしゃべりできませんのでご注意を。
acr011.jpg
3時のおやつタイムに行ったのが良かったのか、コーヒーが出てきました。ちゃんとドリップコーヒーが出てくるお好み焼き屋さん(笑) これ、メニューにあるのかしら?

ここのお好み焼き、お腹を空かせて行っても1枚食べるのに苦労するぐらい量が多いので、今回は無理を言って1枚を3人で分けて食べました。
acr012.jpg
15時台ならではの荒業かな・・・ありがとうございました。

そこから東バイパスをびゃ〜っと走り、スタート地点の大藪サイクルへ戻り補給食などを購入、もちろんそこでのおしゃべりも楽しんだのち、解散。

本日の走行距離104km、消費カロリー1915kcal、摂取カロリー不明
acr001.jpg
やっぱりね、仲間と行くグルメライドが一番好き。本日かまってくれた方々、ありがとうございました。
posted by ないちん工場長 at 01:38| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

ちょびっとだけガラクタ市

ここ最近はどんどんショボくなっていくハンズマンのガラクタ市。前回の2016年春はかなりガッカリしたので秋は行くつもりはありませんでした。しかし毎年楽しみにしている「全日本スーパーモト選手権」(モタードのレースね)の九州ラウンドを見に行く朝、せっかく朝早くから前を通るならちょっと寄ってみようと思い立って、寄ってみました。

と、その前に全日本スーパーモト選手権のプチレポートを。
mas04.jpg
熊本地震により中止→やっぱ延期にします、という流れで開催された九州ラウンド。日程的な問題なのか参加者数が例年よりもかなり少なく、会場も本コースからドリームコースへ変更となりちょっぴり寂しい大会になりました。

と思いきや、いつも遠路はるばるお越しいただく宮城勢は今回も来ていただき、
ちばさんの豪快なドリフトや、
mas02.jpg
IKKIさんのアグレッシブな走りをまた見る事ができてすごく見応えのあるレースでした。
mas01.jpg

それに加え今回は地元熊本勢の活躍もあり、
mas03.jpg
mas05.jpg
かなりの盛り上がりでした。詳しいレポートは他の方に託します(笑)

で、本当にちょろっと寄っただけで、短時間でテキトーに買い物かごに放りこんだ今回のガラクタ商品を雑に紹介します。

ベッセル メガドラ貫通ドライバーショートタイプ 930 -6×38 50円
gki001.jpg


SK11スナップリングプライヤー各190円
gki002.jpg


フジ矢 ケーブルハンディカッター 200mm 480円
gki003.jpg


精密ドライバー 六角 HEX:2.0mm 5円(笑)
これは自転車のフロントディレイラー(Di2だけかな?)調整で重宝します。
gki004.jpg


エイト 六角棒スパナ ボールポイント セミロング 0161.5MM
gki005.jpg


FPC 化粧ナット用ソケット 21mm 差込角12.7mm WM-21 190円
SK11(エスケー11) インパクトレンチ用ソケット ショート 30mm 差込角12.7mm 50円
gki006.jpg


日本精器 エアフィルタ8Aコンパクトタイプ BN27208 760円
gki008.jpg


ベツセル 彩ビット+3x45 60円
gki009.jpg

ベツセル スタビドライバー?30円
gki010.jpg
gki011.jpg

マスキングテープと思い込んで間違って買った「マーキングテープ」
gki007.jpg
これ、コンサートで使うの?

木工DIYでは割と重宝するスライド丁番
gki012.jpg
安いからと沢山買ったけど、施工に必要な26mm座ぐりカッター持ってないんだよな・・

2x4(ツーバイフォー)材のDIYで重宝する金具。大体90円前後するのが20円。
gki013.jpg

よーく見ると・・・
gki014.jpg
Mr.JOHNて書いてある。調べたら「三重県津市に本社を置き、三重県全域、和歌山県と滋賀県の一部でホームセンターを展開していた企業。2006年に株式会社コメリへの吸収合併に伴い解散した。ウィキペディアより」らしい。やはりガラクタ市企画の為だけにあらゆる所から掻き集めてきてるんだねぇ。血のにじむような努力がうかがえます。けど、シールは剥がそうよ(笑)
posted by ないちん工場長 at 23:57| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

vivosmartHRJのバンド留めを交換しました

1月末頃に購入し、それからほぼ毎日使用してきたガーミンvivosmartHRJ。24時間のライフログを取るので、充電する時以外は基本的に外しません。という事は単純計算で約50回、付け外しをした計算になりますが、このバンド留めがいつのまにか千切れて無くなってしまっていました。

四六時中付けっぱなしのライフロガーとして、この程度の耐久性はいかがなものか?と思いましたが、スポーツウォッチのバンドよりも柔らかくて肌触りの良いこのバンド、耐久性と肌触りのバランスを極限まで詰めた結果なのかな?と思います。

ガーミンの日本正規代理店「いいよねっと」に問い合わせたところ、パーツ単体での供給が可能との事。商品名もちゃんとあるみたいで、vivokeeper 1個 540円(税込)。税抜き金額合計が1500円以下だと送料216円のDM便にする事ができます。1個だけ買えば756円、3個買えば1個612円。送料がもったいないと思ってしまう貧乏性な私は3個注文しました。
vivokeep003.jpg

注文はしたものの、バンド留めが無いとバンドの余った部分がピラピラして邪魔なので、応急処置をしました。ミニコンポを修理した時に使用した「ゴムベルト代替品」。好きな長さに切って、熱で溶着します。
vivokeep001.jpg

vivokeep002.jpg
この状態で1週間使用しましたが、全く気にならなかったのでしばらくはこのままでいようかと思ったんですがブログネタの為に交換しました。

こんなチンチクリンな輪っかが1個540円もする・・
vivokeep004.jpg

取り付けるにはまずバックルを外します。
vivokeep005.jpg

バンドが柔らかいので、指でグイッとずらして爪でバネ棒を縮めて外します。
vivokeep006.jpg
時計用の特殊工具(と言っても先端がコの字型になっている精密工具)なんて要りません。
vivokeep007.jpg
vivokeep008.jpg

そして、vivokeeperを通して、バックルを復元して完了!
vivokeep009.jpg

これ、vivokeeperのストックを使いきる前にメインの本体のバンドがダメになる予感・・
posted by ないちん工場長 at 01:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

車中泊で行くF1日本GPin鈴鹿の旅2016

前回のレポートはこちら

szk001.jpg
前回行った時は、こんなに休みとお金が必要な遊びは二度と無いかなと思ったんですが、今年の4月に大地震を受け、そのゴタゴタがちょっと落ち着いて一息ついた5月中旬、「この先、何か楽しみでもないとやってられないな」と思い色々と考えてみました。家族全員で一番楽しかった事を思い返した時、頭に浮かんだのが3年前のF1日本グランプリin鈴鹿の観戦旅行。あの非日常感は今でも忘れられない。よし、今年も鈴鹿に行こう!と衝動的にチケットを購入しました。

一般論で考えると「お前が行きたかっただけだろ」と思われがちですが、自分自身はレース会場の雰囲気は大好きではあるけれど、実はF1自体そんなに詳しくなく、F1大好きなのはうちの奥さん。言うなればオタクです。私は現役ドライバーで言えばライコネン・ベッテル・アロンソ・バトンぐらいしか顔分かんないし、車のゼッケンナンバーを見ても誰か分からないレベル(笑)
なので、フリー走行や予選を奥さんが楽しんでいる間やその他の空き時間は娘と思いっきり遊園地で遊び、たまにコース内の写真を撮る程度の過ごし方でした。あと、ビールや食べ物を買いに行ったり、パシリ。
自分の楽しみはどっちかって言うと快適な車中泊の為にハイエースを改造した時がピークでした(笑)

そして今回の旅のポイントは何と言っても阪九フェリーの「熊本地震被災者は、り災証明を提示すると運賃半額になる」です。なので、なるべくフェリーを使う・宿泊は全て車中泊、この2点で費用と体力を温存します。ちなみに、阪九フェリーのサイトから料金シミュレーションをすると、ネット割引の20%OFF適用後の金額が表示されてしまい、そこからさらに半額にはなりません(割引併用不可の為)ので注意して下さい。

大まかな日程(予定)は、
10/6(木)18:00北九州からフェリーに乗る
10/7(金)6:00着港〜移動 夕食:サーキット内のレストラン「そらたべよ」、風呂「天然温泉・天名(あまな)の湯」、車中泊
10/8(土)夕食:前夜祭を見ながらベンチで食事、風呂:サーキット内温泉施設「天然温泉クア・ガーデン」、車中泊
10/9(日)決勝レース後、夕食は3年前に行った「亀八食堂」に行き、渋滞に巻き込まれながら高速道路を800km、マイペースでボチボチ帰る。

前置きが長くなりましたが、レポートです。
■10/6(木)
仕事は半休をとり、午後から北九州までドライブです。
途中、基山SAで昼食をとり、
szk002.jpg

門司港へ到着。今回は泉大津港へ行く「ひびき」に乗ります。
szk003.jpg

客室に入ってびっくり!なん・・・だ・・これ・・旅館!?
szk004.jpg
szk005.jpg
大人2名、小学生1名、ハイエース1台で、り災証明の割引を使って25,000円ぐらい。
予約していた焼き立てパンを朝5時に受け取り、ゆっくりと朝食をとりながら6時の着港を待ちます。
szk006.jpg

■10/7(金)
駐車場からコースまでのとてつもない距離を歩くのがかなりきつく、途中ハイキングばりに起伏のある山道のような所を歩かないといけなかったという前回の教訓を生かし、今回は自転車を持って行きました。
szk008.jpg

金曜は座席指定は関係なく、V1/V2席以外には自由に出入りできるので、色んな場所に行ってレースの雰囲気を満喫します。
F1を撮影してみたり(200mmのレンズじゃ客席から遠い〜)、
szk009.jpg

友人が出場しているPCCJ(ポルシェカレラカップジャパン)を撮影してみたり、
szk010.jpg

娘とジェットコースターに乗ったり、
szk011.jpg

娘とデッドヒートを繰り広げたり、
szk012.jpg

土日は雨予報が出ていたので遊ぶなら今日がベスト!と、時間の許す限り遊び倒しました。この日の夕食は場内のレストラン「そら・たべよ」でバイキング料理を堪能し、お風呂はサーキットから約4km離れた「天然温泉・天名(あまな)の湯」へ。この温泉、前回行った時は土曜の夜に行って待ち時間が発生するほど大混雑していたので、今回は金曜にしてみました。予想通り空いてて快適に入る事ができました。駐車場に戻るとその日の疲れがドッと出て、22時前には就寝。

■10/8(土)
ゆっくりと8時ぐらいに起き、朝食をとったり色々と身支度。今回も活躍した我が家の唯一のキャンピング用品が(文字通り)火を噴くぜ!
szk013.jpg

そして家族3人でサーキット入り口に向かっていると、交差点付近に行列が。
szk014.jpg
タクシーやバスに並ぶにしては時間が早すぎるよな〜?と思って良く見てみると、カメラを構えたり応援グッズを構えたりしてみんな車道を見てる・・・なんとホテルからパドックへ選手達が入って行くのを待ちかまえている人たちでした。自分も便乗してカメラを構えます。

アロンソ!の助手席の人しか写ってなかった(笑)
szk015.jpg

グティエレス!
szk016.jpg

グロージャン!
szk017.jpg

ロズベルグ!
szk018.jpg

そしてフェラーリを運転して現れたのは・・・
szk019.jpg

ライコネン!
szk020.jpg

と、ひとしきり入り待ちをした後は会場に入ってまた娘と遊び倒します。
シャッター押しながらズームリングを動かす遊び。
szk021.jpg


こんな催しも。
szk022.jpg
こういうのが出来上がります(笑)
szk023.jpg
ほんっと、鈴鹿サーキットって子どもを楽しませる仕組みがよく出来ていて、スタッフもみんな子どもの相手が上手くて凄いなと毎回感心させられます。

もちろん、ポルシェなカップも見守ります(今回、半分はこれが目的)。
szk024.jpg
自前のTシャツと、新世さんにもらったキャップを身にまとい「ハゼットおじさん」ないでたちで。(ハゼットはポルシェカップのスポンサーです)
szk025.jpg

そして夕方からはお待ちかねの前夜祭(つっても19時過ぎには終わるんだけど)。
トロロッソのお二人に、
szk026.jpg

フェラーリの二人も。まずはライコネンが登場・・・
szk027.jpg
あれ?カメラ目線?こっち見てる?かなり遠くから撮ってるんですけど〜
szk028.jpg

ベッテルも登場し、
szk029.jpg

二人仲良くトークショー。
szk030.jpg
ベッテルもこっち見てる!(完全に気のせい)
szk031.jpg

夕食はトークショーを聞きながら頂いたので、前夜祭の後はお風呂に向かいます。本日は会場内のお風呂「天然温泉クア・ガーデン」で時間に余裕を持ってゆっくり入ります。このお風呂、時間帯指定の予約制なので現地で不用意に待たされたり、中がギチギチに混み合ったりはしません。1,600円もするけどね!

今夜も駐車場にて車中泊。前回の3年前は車中泊初心者で不安もあり、サーキット会場では土曜の一泊のみで木曜・金曜は外にホテルを取りましたが、3年間で経験を積み、震災の避難生活で車中泊スキルがグッと上がり、何の不満も無く寝られるようになりました。今回のアップデート(サブバッテリー増設)の恩恵もかなりあるとは思います。


■10/9(日)最終日
この日はポルシェカップ決勝から始まります。
szk032.jpg

それからドライバーズパレードを経て、
szk033.jpg

決勝レース!
szk034.jpg
っていうかこの写真じゃ決勝てわからんよね。

そしてフィニッシュ後はファミリーシートの醍醐味、キッズF1表彰式ツアー!
szk035.jpg

一般客の中では一番近くまで見に行くことが出来ます。
szk036.jpg
V1・V2席よりも前に出られるこの優越感たるや。

肉眼で選手の表情が見えるぐらい表彰台が近い!
200mmのレンズでもそこそこ撮れました。
szk037.jpg
szk038.jpg

そんな撮影をしている自分が国際映像に映ってました。良い記念だ(笑)
szk044.jpg

で、帰りはダメ元で神戸の阪九フェリー乗り場を目指し、間に合いそうなら30分ほど前に電話で予約、間に合わなそうならそのまま高速道路を自走して帰路につくという作戦に。前回は鈴鹿から高速に乗るまで&乗ってからも大渋滞、しかも六甲アイランド周辺でも大渋滞だったので100%無理だと思っていたら、鈴鹿周辺で若干の渋滞に巻き込まれるも、あとはスイスイとスムーズに進み何とギリギリ間に合いました。

帰りは部屋のグレードが1つ落ちて、2段ベッドが2列にあるB客室へ。
szk039.jpg
大人2名・小学生1名・ハイエース1台で、り災証明割引適用して18,000円ぐらいでした。安い!

カーテンを開けると〜、
szk040.jpg

通路!
szk041.jpg
まあ安いから仕方ないよね。どのみち移動中は真っ暗で何も見えないし。

しかしテレビと洗面台はあって、まあまあ快適でしたよ。
szk042.jpg

そして寝ている間に北九州へ移動し、8時に門司港へ到着。
基山SAでマロンソフトを経て、11時前には自宅に到着しました。お疲れ様でした、俺。
szk043.jpg
posted by ないちん工場長 at 20:30| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

ハイエースの電池BOX

「ハイエースの電気工事」の続きです。前回は照明の設置について書いたので、今回はサブバッテリーと電源関係を書いて完了です。

バッテリーは当然、ただ単に設置するだけでは減っていく一方なので充電する必要があります。なので、車の発電機(オルタネーター)から余った分を少し分けてもらいつつ、満充電したい時は充電器を使ってガッツリ充電するという方法をとります。

そこで使用するのが「バッテリーセパレーター」。メインバッテリーとサブバッテリーを並列に繋ぐ時に間に噛ませる事で、うまい事メインとサブのバッテリーを自動的に切り分けてくれます。まず、車の発電機は先にメインを充電し十分な量に達するとサブの充電に回ります。そして、後付けの充電器はサブを先に充電し十分な量に達するとメインの充電に回ります。電装品への電気の供給は両方のバッテリーから並列に供給されますが、電圧が一定以下に下がるとメインを切り離しエンジン始動に影響が出ないよう守ってくれます。これは便利!一万円以上もするけどね

ざっくり配線図を書くとこんな感じ。
batt01.gif

しかし、サブバッテリー、充電器、バッテリーセパレーター、ヒューズBOXにオマケのインバーター、これらを設置するにはある程度まとまったスペースを確保する必要があり、配線むきだしにする訳にもいかないので、これらを収納するBOXを作ります。

まずは何度もフィッティングを繰り返しながら大枠の箱を組みます。
box001.jpg

箱の中は熱を持つものばかりなので、通気口を開けます。どうせ隠れるので直接エンピツで書いて、、
box002.jpg

ルータービットを差し込む穴を四隅に開けます。
box003.jpg

そこからルーターでくり抜き、
box004.jpg

ダクトカバーのくぼみが綺麗に収まるように外枠を少し彫り込みます。これもルーターで。
box005.jpg

ぴったり!
box006.jpg

電源コンセントを取り付ける穴も開けないといけないので、これもエンピツで書き込んで、、
box007.jpg

自在鋸でガリガリっと開けます。
box008.jpg

ピッタリ!?
box009.jpg

AC100V用コンセントの穴も開けました。
box010.jpg

あとはセンターコンソールBOXを作った時の要領で、表面的な仕上げをしていきます。

ポンリウムを巻いて〜
box011.jpg

天板を作って、完成!
box012.jpg
box013.jpg

サブバッテリーとセパレーターとヒューズBOXは右のBOXへ、
box014.jpg

充電器とインバーターは左のBOXへ。
box015.jpg
この仰々しいアルミダクトはインバーターの排熱ファンから出る熱気をBOXの排気ダクトへ誘導するものです。配線長の関係上、排熱ファン側をサブバッテリーの方向に向けて置かないといけなかったので、苦肉の策です。このアルミダクト、高かったぁ〜。

全体図はこんな感じ。なんか強そう(笑)
box016.jpg

チラッとBOXの外に見えるバッテリーは「遠出するなら俺のバッテリーを貸すッスよ!」と、「サブバはいいぞおじさん」が貸してくれたものです。これで多い日も安心!(何が?)

これにてハイエースの電気工事は終了です。
スペシャルサンクス「通りすがりの近所に住むサブバに詳しいひと」。
posted by ないちん工場長 at 01:14| Comment(2) | 200系ハイエースワゴンGL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

ハイエースの電気工事

ハイエースにベッドを作って居住性が格段に向上し、涼しい時期限定ではあるけど車中泊も快適にできるようになった。熊本地震の際も、緊急避難先として約2週間、快適に車中泊が出来た。しかし一つだけ、不便とはいかないまでもモヤモヤするというか、たまに気になる点がある。

それは電源。

車の中で過ごす時間が長くなると必要になってくるのが電子機器の充電と照明。シガー電源や100Vコンセント(ワゴンGLには標準装備)は車のキーをONにしないと電気が供給されない。ルームランプは何もなくてもスイッチONで点ける事はできるけど、LEDとは言えバッテリー上がりを心配しながら使うのはまあまあのストレスだ。

「う〜ん、、どうにかならないかな〜」と悩んでいたら、突然目の前に「サブバはいいぞ!おじさん」が現れて「サブバはいいぞぉ〜、サブバは。ないちん、サブバ積んじゃいましょう」と悪魔の囁きをしてくるではないか。※サブバ=サブバッテリーの意

サブバッテリー搭載にはバッテリーだけではなく充電器など他にも色々と部品が必要で、全部揃えるとそこそこの金額になるんだけど、そこは先の震災車中泊生活でハイエースが大活躍したばかり。予算も通しやすかったですよ。フヒヒ。

悪魔の囁きで背中を押してくれた通りすがりの「サブバはいいぞ!おじさん」のアドバイス通り、サブバッテリー関連の用品を揃えます。そして、せっかく電源があるなら!とコンセントと照明もついでに注文し、さらなるグレードアップを図ります。

■今回のレシピ■

<サブバッテリー関連>
・PowerSonic ディープサイクルバッテリー PS-121000 (汎用)
・バッテリーセパレーター (汎用)
・20A バッテリーチャージャー BCH-1220M (汎用)
・AC外部入力コネクター(キャップ付きレセプタクル・プラグセット) (汎用)
・エーモン 大容量電源取出しコード AV5.00sq 6m 赤
・エーモン 大容量アースコード AV5.00sq 2m


<照明関連>
・タッチ式LEDスリムインテリアランプ (丸・小) (汎用)
・LEDブライトバー 200系ハイエースキット (200系ハイエース)
・ コンパクト スイッチ (汎用)

<電源関連>
・扉付き2口コンセント (汎用)
・USB2ポート (汎用)
・USB2ポート+シガーソケット (汎用)
・ブレード ヒューズ ボックス 汎用

・GOODGOODS 純正弦波 インバーター 2000W 12V-100V DC→AC 変換器 50Hz/60Hz 瞬間最大4000W 車から家庭用電源 SPI2000 非常電源・補助電源に
・配線(1.25sq)や端子類

Amazonリンクを貼っていない商品はオグショーオフィシャルネットストアで手に入ります。

電源を設置する前にまずはルームランプとスイッチ類の配線を回します。
ルームランプは丸くて薄いやつを4つと、蛍光灯みたいなバーのタイプを1つ。
rl001.jpg
rl002.jpg
丸いの4つは階段の照明スイッチのように二ヶ所でON/OFFできるように3路スイッチを配置します。
配線図はこんな感じ。
batt02.gif

天井をバリッっと剥がして配線を配置。
rl003.jpg

ワゴンGLの天井には後部座席までエアコンダクトが通っていて、
rl004.jpg

裏側はこんな風になっているのでルームランプの取り付け位置には気を使います。
rl005.jpg

天井に開ける穴は最小限にとどめます。
rl006.jpg

エアコンダクトのラインに位置を揃えて、見た目の違和感が無いように配置しました。
rl007.jpg

ランプは温かみのある色にして、高級感を演出(笑)
rl008.jpg

このルームランプは中心部をタッチすると個別にON/OFFできる機能がついていてかなり便利。
※再生すると音が出ます


次回はメインのサブバッテリーの取付けとその他です。
posted by ないちん工場長 at 23:08| Comment(0) | 200系ハイエースワゴンGL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

ちゃんぽんに始まり、ちゃんぽんに終わる、ツール・ド・ちゃんぽん参加

長崎県西海市で行われる「ツール・ド・ちゃんぽん」に家族で参加してきました。

前日に妻子が福岡で用事があったので、自分は単独で福岡の自転車店めぐり。
まずは朝9時から開いている「正屋」へ。こちらのオーナーさんは先日のラコルサ九州イベントを主催されていた方なので、あいさつがてらちょっと立ち寄り。
cpn001.jpg

そこから博多駅近くのウエムラサイクルパーツへ。近隣のコインパーキングは高いので、ちょっと離れたパーキングからミニベロでケチケチサイクリング(笑)
cpn002.jpg

そして今回のメイン、中央区今川のお洒落な大人のセレクトショップ「PROMENADER(プロムナーダー)」へ。
目当てのサイクリングバッグを見て、触って、質問攻めしてオーダー。ついでに一目ぼれしたサイクルキャップをお買い上げ。
cpn003.jpg
ありあわせの材料で作るので全て一点物だそうです。

それから用事を済ませた妻子と合流し、一路長崎へ。高速道路の周遊ドライブパスを利用して高速メインの大移動。まずはフライングデザート。
cpn004.jpg

そしてまたフライングデザート・その2(笑)
cpn005.jpg

雨の中、ビューンと飛ばして予定していたハウステンボス地域の温泉施設へ。その施設のレストランでフライングちゃんぽん。値段の割に・・・というか、ハウステンボス価格なんでしょうね、敷地外なのに。
cpn006.jpg
そこから移動するのもダルくなったので、そのまま駐車場で車中泊。翌朝5時半に起きて出発したけど、駐車場代1,500円でした。セレブゥ〜

早く出発したのが功を奏して、スタート会場から一番近くの駐車場をゲット!到着時は車が数台でしたが、ふと気付いたらすぐに満車になっていました。開会式まで1時間以上あるので、車内で時間を潰していると豪雨&雷雨に・・・
cpn007.jpg
前日に購入した小さな「ぶどう大福」をモグモグしながら、「天気がこのままだったらもう帰ろうかなぁ〜」なんて思っていると、雨が上がりました。現地で合流した仲間たちもみんな着替えて走る気マンマン。うちの子も走る気マンマン。どうせ走りだしたら土砂降りだろうけどな!と思いながらも自分も走る事に。

結構な雨を予想していたので、いつも持って行くカメラ(非防水)は娘と一緒に20kmコースを走る妻に渡して、空いた背中のポケットには本気のカッパを詰め込んで行きました。なので、写真は全てスマホ画像です(ゴール後以外)。

最初のエイドでは「三時のおやつは文明堂〜♪」でおなじみ、文明堂のカステラ巻と、水。
cpn008.jpg

その後、アップダウンを繰り返し、軽快に下っている最中に前輪が「パシュ〜!!」と・・すぐに減速停車したので、タイヤがペチャンコになる前に止まれたと思います。
cpn009.jpg
外でパンクするのは初めてで、CO2ボンベも初めて使用しました。

後から通りがかった仲間も気付いて止まってくれて・・・中でも、「大丈夫で〜す!」と声を掛けたにもかかわらず戻ってきて見守ってくれたBenbowさんには助けられました。修理する前にパンクの原因を調べるのは鉄則で、自分もちゃんと見たつもりで「チューブの内周側が破れている。ハズレのチューブだったかな?」と思ってチャッチャッとチューブ交換してボンベで空気を充填している時に「ちょっと待って!これ、サイドだよ。サイドカットしてない?」と指摘してくれました。それに気付かずに空気を入れてしまうと、また同じ所でパンクするので危なかったです。あやうくリタイヤでした。なので、タイヤの内面に応急処置用の「タイヤブート」を貼って事無きを得ました。持ってて良かったタイヤブート。

あ、そうそう、パンクをすると晒し者になる風習があるようです・・
cpn010.jpg
今回は初パンク記念の写真なので、許す!(偉そう)

気を取り直して、第2エイドでは「つるっとっと」と、水。
cpn011.jpg
つるっとっとのスペックはこちら。
cpn012.jpg
もずく酢より食べやすくて美味しかったです。

続きまして第3エイド。
cpn013.jpg
ここでは青リンゴゼリーとマンゴーゼリー、バナナと、水。
cpn014.jpg
ここで大変な事に気付く。ゴール地点でちゃんぽんが準備されているので、昼食エイドが無い!!これはエネルギーが足りなくなるのでは?と思って、ゼリーを二つとも食べてバナナも一個食べたんですが、全然足りませんでした。

第4エイドまでの上り坂がキツいのなんの。で、やっとたどり着いた第4エイド。
cpn015.jpg
ここでは焼きカマボコと、長崎名物のハトシと、水。
cpn016.jpg
炭水化物とぉ〜、甘いものを〜下さいぃぃぃ〜。朝食もまともに食べてないので本当に辛かったです。

ガーミンの獲得標高を見るとまだ予定の半分も登っていないみたいだったので、この先の峠から下りながら背中のポッケに入れていた唯一のエナジーバーを頬張りました。下りきった所で、ちょびっとコースから外れて私設エイド(自動販売機とも言う)でスコールをチャージ!
cpn017.jpg

栄養補給が効いたのか急に足がクルクル回り出し、みんな口をそろえて後半の登りがキツかったと言っていた区間を難なくクリアし、最終エイド(と思い込んでいた)の西海橋公園へ到着。
cpn018.jpg
ここのエイド看板は、終盤に来て煽ってくるスタイル(笑)
cpn019.jpg
楽しんでますか?

エイド食は「鯛宝楽」の鯛焼きと、コーラ!初めて甘い飲み物出た!おせーよ。
配布用にカットしてある鯛焼きを撮影しようとしたら、「せっかくだから切る前のを写して〜!」と言われたので、切る前の完全体(鯛)を。
cpn020.jpg

「せっかくなので、鯛焼きと一緒に写しましょうか?」と言うと、え〜ヤダ〜でもせっかくだから〜とまんざらでもない様子だったので、、
cpn021.jpg
素敵な笑顔、ご馳走様でした。

実はコーラを配っているレディと一緒に記念撮影をしたんですが、私の表情が緩み過ぎていたのでトリミングゥ〜
cpn022.jpg

ここ西海橋公園からは、なんと渦潮が見えました!ラッキー
cpn023.jpg
↓拡大↓
cpn024.jpg

良い景色も拝めたし、レディー達とキャッキャウフフして心も満タンに、残り10kmの帰路につきます。脚も回復し、ほぼ平坦だったので30〜40km/hぐらいでびゃ〜っと走ってたらまさかのエイド案内が!
cpn025.jpg
先ほどのが最終だと思っていたので(コースマップちゃんと見とけよ)、得した気分。

ここでは「ニューヨーク堂」の長崎アイスを頂きます。チョー美味しい!スイーツ男子師匠は3つも食べたそうですが・・
cpn026.jpg

そこからまた、びゃ〜っとラストスパートして、感動の?ゴール!!!
cpn027.jpg

からの、ちゃんぽん(参加賞)。
cpn028.jpg
うん、前日の温泉施設のより何倍も美味い!

んで、自転車を積み込んだり会場内をウロウロしたり仲間とおしゃべりしたり、しばらく時間をつぶして抽選会&表彰式(何の表彰だ?)を待ちます。ず〜っと土砂降り。
cpn029.jpg

抽選会も終盤になり、仲間もみんな何かしら当って、「体も冷えてきた事だし(参加賞の)温泉に入ってもう帰ります」と仲間に告げて、車に戻り帰宅準備を進めていると、「間に合ったぁ〜!」と1008さんの奥さんがカピバラのぬいぐるみを持って全力で駆けつけてきてくれました。
cpn030.jpg
どうやらうちの子が「最年少賞」を受賞したらしいです(笑)
ぬいぐるみはイベント協賛の「長崎バイオパーク」様より。

ゆっくり温泉に浸かったあと帰路につくも、高速道路(波佐見〜武雄)が大雨により通行止め。下の道で大渋滞に巻き込まれながら武雄北ICで高速に乗り、20:45頃やっと夕食にありつきました。
トルコライスと、
cpn031.jpg
辛味噌ちゃんぽん。
cpn032.jpg
あら?金立SAって佐賀県だったような・・まあいいか。味の方は、自分の知っているSAの中では断トツ美味しい食事でした。レベル高い。さすがハイウェイオアシスと名乗るだけの事はある。

食後のデザートは抹茶ソフト(嬉野茶入り)で。
cpn033.jpg

ん?ソフトクリームに始まりソフトクリームに終わるサイクリングになってしまった。

そして翌日は洗車祭り。フレームの中は水がジャボジャボ・・
自分の自転車は従来のメンテナンススタンドに掛けてあったので、妻の自転車は出先用に持っていたトピークのフラッシュッスタンドを使ってみました。
cpn034.jpg
フレームに当る部分は全てラバーが付いていて傷の心配もなく、安定感もしっかりある。構造上、後ろに動かすと脚が折れて外れてしまうけど、後輪を外すメンテナンスができるのがポイント高い。

そして、折り畳むとコンパクトになるので、出先用に1つ持っておくと重宝するでしょう。
cpn035.jpg


以上、長くなりました。最後までお読みいただきありがとうございました。
Amazonでお買い物の際はぜひ当ブログより(宣伝です)

posted by ないちん工場長 at 00:27| Comment(6) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

プロが絶賛した栗むき道具

初めて足を運んで以来、20年近い付き合いのある近所のケーキ屋さん。お菓子を買いに行った時や、ケーキの予約に行った時によくオマケをくれる。帰宅途中のうちの娘を見つけてはクッキーやチョコレートをくれる(時がある)。

そんな店主の奥さんが毎年この時期になると「栗をむくのが大変なのよ〜」と言っていたのを思い出し、とある買い物の時にレジカウンターに置かれていたこの商品を見つけ「これだ!」と思って即購入。
newkuri.jpg
SUWADA(スワダ)の栗くり坊主という商品。


いつもオマケをくれる感謝を込めて、先日プレゼントしてきた。渡した時は「まだ今年の栗が入らないのよ〜」なんて言っていたけど、後日うちの奥さんに会ったとき、「あれ、すっごい使いやすかった。ちょーラクに栗がむけた!生のまま皮がむける!」と大絶賛だったみたい。喜んでいただけて何よりだ。

んで、そのケーキ屋の奥さんから今日、一本の電話が入り・・・・

kuri.jpg
モンブラン持って来てくれた(笑)
posted by ないちん工場長 at 21:11| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

新機材はメリタに決定!

merita01.jpg
世界で戦うプロロードレーサー「新城幸也」がシーズンオフにタイで合宿する、その合宿所のオーナーである中川茂さん(通称:父ちゃん・写真右)のトークショーが8月末に熊本であるということで、参加してきた。

裏話ってほどの秘密の話はないものの、なかなか聞くことができない合宿の内容や雰囲気、参加者達の様子など、先日放映されたドキュメンタリー番組でも見る事のできなかった面白い話を聞くことができた。そしてその講演の最後に父ちゃんがタイから持ってきたアイテムの即売会があり、合宿所の隣の畑?で父ちゃんが栽培した超高級コーヒー豆を購入した。え?なぜ超高級かって?この合宿所の滞在費の半日分もするお値段なんですよ!!
merita02.jpg
ちなみに滞在費は朝夕ご飯付きで1日1,000円だそうです。つまりこの豆は500円でした。プププ


なぁ〜に、うちにはミルがあるから豆を買っても大丈夫!挽きたてを味わうぜ!と思っていたら・・・
merita03.jpg
長いこと放置されていたコーヒーミルは残念な状態に。これは表面だけ拭いても中は厳しいだろうなぁ〜と。

そこで、お手軽な電動ミルを購入しました。手回しのやつと値段変わらないし(笑)
merita04.jpg

そして今夜、美味しくコーヒーをいただきました。オワリ。

あ、そうそう、新機材「メリタ」の話でしたね。

merita05.jpg

メリタ。
posted by ないちん工場長 at 20:53| Comment(4) | GOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする